Photo by Toshiharu Minagawa.


 ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。
  ここでは、ウィンダム・ヒル・レーベルを売却した後に立ち上げたImaginary Roadという新しいレーベルに併せて新設したウィルのスタジオ、Imaginary Road Studiosで製作されたウィルのプロデュース作品(1995-2004)を紹介します。

 


Light And Song/ Will Ackerman
Will Ackerman ; Guitar / Eugene Friesen ; Cello

Produced by William Ackerman & Corin Nelson.


 
 スタジオが完成して間もない頃のレコーディング。『ウィンター・コレクション』は、初期の2枚まではウィル本人も製作に関わっていましたが、そのあとはアーティストとして参加する程度でした(なんとなくアルバム全体の雰囲気も変化していきました)。この第5集でも同様。
 アルバムの中で唯一、このスタジオでレコーディングされたのは、ウィルのナンバー。これ以降、ウィルのスタジオで常連となるチェロのユージン・フリーゼンとのデュエットは、ある意味、エポック・メイキングとなりました。(レビュー




Frank Tedesso
 Imaginary Road Studiosの1stアルバム。そしてまた、ウィルがウィンダム・ヒルの次に立ち上げた新たなレーベルImaginary Roadからの、記念すべき第一作。
  エンジニアを務めたコリン・ネルセン曰く「Frank is from another planet」とのこと(笑)。「I think so」とやり返しました(笑)以上、facebookより。(レビュー




 このアルバムもFrank Tedessoと同様、アコースティック・ヴォーカル・アルバムとなりました。ただし、前作のFrankは弾き語り、今作は3ピースバンドに、Imaginary Road Studiosの面々が絡むというスタイル。特に白眉の一曲は、フィリップ・アーバーグが伴奏を務めている ♪Laura。非常に 美しい楽曲で、ここに眠らせておくにはもったと思う佳曲です。(レビュー





Emmanuel / Will Ackerman
Will Ackerman ; Solo Acoustic Guitar

Produced by William Ackerman & Corin Nelson.

 ウィンダム・ヒルの冬の名物。ウィンター・コレクションの別ヴァージョン。総合プロデュースは『ウィンター・コレクション IV』のBrian Keane。こちらのアルバムにもジャズ・テイストが加わった感触です。
  このアルバムでもウィルのレコーディングのみが、新しいスタジオでのレコーディングされ、収録されました。ウィンダム・ヒルという看板を肩の荷からおろし、アーティストのみの関わりは、ウィルのアーティスト人生の中でも、大きな意味を持った時期となったようです。(レビュー





Rob Eberhard Young
 ウィリアム・アッカーマンが初心に戻って設立したImaginary Roadというレーベルからリリースされたこのアルバムは、奇しくも故マイケル・ヘッジスの担い手としてデビューし、彼も4曲目にハープギターで参加しているのに、それが遺作になってしまいました… マイケルに負けず劣らずのテクニックの持ち主で、彼の1stを彷彿とさせるアルバムです。(レビュー





This Clearness Of Light / William Ackerman
William Ackerman; Guitar
Rob Eberhard Young; Guitar / Eugene Friesen; Cello

Produced by William Ackerman & Corin Nelson.

 ウィルの秘蔵っ子としてレーベルからソロ・アルバムをリリースしたロブを迎え、前回のコンピレーションで初デュオを組んだチェロのユージン・フリーゼンとストリングス・トリオ。




O Christmas Tree / David Cullen & Jill Haley
David Cullen; Guitars, Synthesizer / Jill Haley; English Horn, Oboe

Yagaba / Samite
Samite ; Voice

Solstice / Rob Eberhard Young
Rob Eberhard Young; Guitars / Will Ackerman; Guitars

 
 Imaginary Roadレーベルからリリースされた冬のアルバムの中で、3曲が同スタジオでレコーディングされました。Rob Eberhard Young の曲は、彼のデビューアルバムに収録された?Elizabethと同一の曲(曲名だけ変更された)。




Impending Death Of The Virgin Spirit / William Ackerman
William Ackerman; Guitar
Produced by William Ackerman & Corin Nelson.
 アルバムが『REUNION』だったから、あえてソロをレコーディングを選んだのでしょうか? 同窓会的な内容の冬の物語。




Will Ackerman
 フル・アルバムをレコーディングしたウィルの心機一転のスタートと言って良いのではないでしょうか?新曲に交じってリ・レコーディングも数曲。ライナーの賛辞には歴代のレーベル・メイトがあげられておりサウンド以外での楽しみがあります(レビュー




Beneath The Trees/ William Ackerman & Philip Aaberg
William Ackerman; Parlor Guitar / Philip Aaberg; Piano, Keyboard
Mixed by Steven Miller.
 盟友フィリップ・アーバーグとのデュオ。レコーディングはColin NelsonとGary Henry。ミキシングはSteven Millerが手がけています。




Will Ackerman
 前作から自身のスタジオでのレコーディングとなり、思い描いていたサウンドをクリエイトできるようになった喜びに満ちあふれているかのようです。グラミーノミネート作品。アルバムジャケットと異なり、多彩なヴォーカルの音色が楽しめます(レビュー




SONGS WITHOUT WORDS II -2002-
The Beauty Of Her Soul/ Zade
Zade; Piano
Mixed by Steven Miller.
 
 1997年にリリースされた『SONGS WITHOUT WORDS』の第二弾。前回のプロデュースはChristine ReedとMichael Whalenでしたが、今回はオープニングでJim Brickmanとデュオを繰り広げているDavid Benoit。エグゼクティブには、Dawn Atkinsonです。ただ、それぞれの曲に関しては、アーティスト本人が行なっています。
 そんな中、アルバムのラストに収められている ヨルダンのピアニストZadeの曲だけ、ウィルのプロデュースでImaginary Road Studiosで行なわれました。よほどのお気に入りだったのでしょう。この1曲から発展して、フルアルバムとして直後にリリースされることになります。




ZADE/ Zade -2003-
Zade
 2002年の『SONGS WITHOUT WORDS II』(上で紹介しているアルバム)で唯一、ウィルがプロデュースを行なっていたアーティストのフル・アルバムです。(レビュー




Sergio Altamura
 
 数種類のギターを弾き分けるマルチ・プレイヤーSergio Altamura(セルジョ・アルタムーラ)。ジャンルにこだわることなく、良質の音楽を生み出すウィルにとって、刺激的なプロデュースになったのではないでしょうか?
レビュー




RETURNING/ Will Ackerman -2004-
Will Ackerman
 ウィンダム・ヒルのレーベルポリシーを再び取り戻そうと立ち上げた新しいレーベルImaginary Roadも売却し、三度あたらしいレーベルMary's Treeというレーベルを立ち上げました。その第一弾アルバムがウィル本人のアルバム。一切の装飾をそいだギター一本によるレコーディング。
レビュー

 

|Imaginary Road Studios 1995-|Imaginary Road Studios 2005Imaginary Road Studios 2006
 
 
 
(2021/08/07)