Photo by Toshiharu Minagawa.

 ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。

  ここでは、ウィンダム・ヒル・レーベルを売却した後に立ち上げたImaginary Roadという新しいレーベルに併せて新設したウィルのスタジオ、イマジナリー・ロード・スタジオ(Imaginaru Road Studios)で制作されたウィルのプロデュース作品のうち、2020年にリリースされたアルバム、ならびに元ウィンダム・ヒルのアーティストのアルバムを紹介します。なお、オムニバスなどのエグゼクティブ作品は割愛しています。ウィンダム・ヒルの作品集はコチラをご覧下さい。

  2020年は世界中に蔓延し、現在も収まることを知らない「新型コロナウィルス」の影響により、レコーディングはままならないと思っていました。しかし、こうした逆境を跳ね返すべく、人間はそれに立ち向かうための様々な秘策を生み出しています。
  そんな中、たとえばウィルも遠隔によるパフォーマンスを活かし、スタジオにミュージシャンを集めることなくレコーディングを行う方法を駆使して、いつになく素晴らしいアルバム制作を続けてくれています。このスタイルは、ウィルが以前、理想としていた音楽の表現方法の一つでもあります。それが現実となったのが、人類を襲った悲劇からと言うのは皮肉かもしれませんが…

スタジオから新型コロナウィルスに関するメッセージ

 




MEMORIES OF WATER AND LIGHT/ Scott Cossu -2020-
 4年ぶりのニューアルバムは、ピアノ、ギター(Van Manakas)、チェロ(Holly Reeves)のトリオ。前作のウィンダム・ヒル時代のリ・レコーディングとは違って全曲が新曲。『REUNION』を思い起こさせるような作風です。




WHEN THE SEA LETS GO/ Vin Downes -2020-
 Cloud Foundingでの制作。今回はWill Ackermanのプロデュースではなく、Tom Eatonとの共同プロデュース。。(レビュー




 昨年9月から発生したオーストラリアでの火災は、年が明けて2月になった現在も被害が広がっています。オーストラリアのアーティストであるFiona Joy Hawkinsは1月からBandcampにて森林火災に関わる消防士たちを支援するための楽曲をレコーディングしています。賛同される方はぜひ支援を!
Tolling of the Fire Bell/ Fiona Joy Hawkins

Fiona Joy Hawkins; Piano
Jill Haley; English Horn
Eugene Friessen; Cello

Produced by Will Ackerman & Tom Eaton.
Mixed and Master: Tom Eaton.
Recorded by Tom Eaton at Imaginary Road Studios - Windham County, Vermont.





HIDDEN FLOWERS/ Masako -2020-
 ウィル・アッカーマンがプロデュースするImaginary Road Studiosから通算5枚目。もはや「チーム」と呼んでも差し支えないのでは?と思ってしまいます。(レビュー




SMALL MOMENTS/ Michael Manring -2020-
 ソロとしては15年ぶりとなるアルバム。そしていつものお約束(笑)、

"These are solo bass pieces, recorded live with no overdubs and minimal editing"

前作(SOLILOQUY)同様、ただただあぜんとするしかないベースソロ。残念なのは今のところダウンロードのみでのリリースしかアナウンスされていません。CDを望みますねー(笑)




 オーストラリアの大火災、コロナ渦でレコーディング(オンラインなど駆使して)されて完成されました。例年と違ったこの年に、こうしていつものようなことが行なわれると、それだけでホッとする思いです。そして、その内容も、誰もが期待するように。(レビュー





SOMETHING IN YOU REMEMBERS/ Vin Downes -2020-
 前作から間をおくことなく届けられたミニアルバム。しかもダウンロードのみで、プロデュースは本人とTom Eatonとの共同プロデュース。




THE BRIDGE/ Alex de Grassi -2020-
Alex de Grassi
 先のマイケル・マンリング同様、実にソロとしては17年ぶりとなるギター・ソロ・アルバム。オフィシャル・ビデオも




LIGHT OF THE SUN/ Paul Winter -2020-
 これまでのキャリアの中で、初めて自身のサックスをフューチャーしたコンセプト作。構想から10年目にして完成したというアルバム。日本版は独自のジャケットで「Universal Symphony」というタイトルの唐紙アート仕様でリリースされます




AERIAL VIEWS/ Todd Mosby -2020-
 コロナ渦で行なわれたレコーディング(7月Imaginary Roads Studios, 8月Dreamland Studios)。参加メンバーはWill Ackerman, Tony Levin, Jerry Marotta, Michael Manring, Jeff Haynes, Premik R Tubbs, Lola Kristine, Tom Eaton, Kristin Hoffmann, Sean Harkness(←ひさびさ!)。いつもいそうなメンバーの名前が見当たらないのは仕方ないでしょう…




CHRISTMAS MEDITATIONS/ Gary Schmidt -2020-
 思わず「おっ」とジャケットの雰囲気から、ある一枚のアルバムを連想された方もいるのではないでしょうか? 1988年にリリースされた『ウィンター・コレクション2』を。これはImaginary Road Studiosでレコーディングされたピアノ・ソロ、Gary Schmidtによるクリスマス・アルバムです。


 

Imaginary Road Studios 2019|Imaginary Road Studios 2020|Imaginary Road Studios 2021
 
 
 
(2021/08/07)