ウィンダム・ヒルの掲示板

MOVING THROUGH WORLDS/ Fiona Joy Hawkings -2020-

Produced by Will Ackerman, Tom Eaton.
Executive Producer: Jim Moglia.
Engineered, Mixed and
Mastered by Tom Eaton.
Recorded by Imaginary Road Studios, VT and Crash Symphony Productions, The Village, LA, Threshold Studio, NYC.

 

 

 

   



♪ ♪ ♪

01. Calling County Clare
Fiona Joy Hawkins; Piano, Vocals
Will Ackerman; Guitar, Hopi / Tom Eaton; Accordion
Jeff Hynes; Percussion / Paul Jarman; Irish Whistle / Tony Levin: NS Bass

02. Bushfire Moon
Fiona Joy Hawkins; Piano

03. Prayer For Rain
Fiona Joy Hawkins; Piano, Alto Vocals / Rebecca Daniel; Soprano Vocal

04. All That is Left
Fiona Joy Hawkins; Piano, Vocals
Charlie Bisharat; Violin / Tom Eaton; Electric Bass
Jill Haley; English Horn / Jeff Hynes; Percussion / Jeff Oster; Flugelhorn

05. Aqua 1
Fiona Joy Hawkins; Piano

06. Prelude in E Minor(Frédéric Chopin)
Fiona Joy Hawkins; Piano / Eugene Friesen; Cello

07. Desert of Crystal
Fiona Joy Hawkins; Piano / Rebecca Daniel; Violin

08. Tolling of the Fire Bell
Fiona Joy Hawkins; Piano
Eugene Friesen; Cello / Jill Haley; English Horn

09. Aqua 2
Fiona Joy Hawkins; Piano

10. Passing Of Midnight
Fiona Joy Hawkins; Piano

11. Moving Through Worlds
Fiona Joy Hawkins; Piano, Vocals
Charlie Bisharat; Violin / Eugene Friesen; Cello

12. For the Roses
Fiona Joy Hawkins; Piano

13. Song For Louise
Fiona Joy Hawkins; Piano / Rebecca Daniel; Violin

14. Twilight Moment
Fiona Joy Hawkins; Piano, Vocals

 2019年12月から発生したオーストラリアが未曾有の大火災に見舞われていたまさに時、レコーディングが終わるたびにチャリティーシングルとして発表されていた楽曲を含む14曲入りのアルバムが無事にリリースされたことを、とても嬉しく思います。今回のアルバムは、今までのレコーディングとは異なり、オンラインを駆使して制作されました。今までも、讃歌メンバーが全員揃って一発録りをしている方法ではなく、アーティストがバラバラにやって来て、それぞれのパートをレコーディングして、それらのパーツを組み合わせていくと言うやり方がとられていました(まるでデフ・レパードみたい)。そんな方法でも、聴いている方はそんな風にしてレコーディングされたとは思えないぐらい、息のあったアンサンブルを聴かせてくれるので、メイキング映像なんか見ると驚かされます。
 私が初めてフィオナの楽曲を聴いたのは、ウィルが手がけるアーティストの中でも、結構風変わりな作品集で、一枚のアルバムが組曲風にアレンジされたものでした。しかし、最近のアルバムでは曲ごとに独立した楽曲となっているので、どこから聴いても問題ありません(笑)。

 フィオナのピアノは、時として本人の低い声(アルト)と、ヴァイオリニストのレベッカが高いパート(ソプラノ)によるデュオがあったりして、変化を付けてくれていますが、それでなくとも様々な楽器との組み合わせによるハーモニーが心地よい気持ちに誘ってくれます。


Fiona Joy HawkingsImaginary Road Studioshome