Photo by Toshiharu Minagawa.

 ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。
 
 ここでは、ウィンダム・ヒル・レーベルを売却した後に立ち上げたImaginary Roadという新しいレーベルに併せて新設したウィルのスタジオ、イマジナリー・ロード・スタジオで制作されたウィルのプロデュース作品のうち、2022年にリリースされるアルバム、ならびに元ウィンダム・ヒルのアーティストのアルバムを紹介します。 なお、オムニバスなどのエグゼクティブ作品は割愛しています。ウィンダム・ヒルの作品集はコチラをご覧下さい。

 新型コロナウィルスに関しては、世界中でまだまだ余談を許さない自体が続いていますが、ウィルのスタジオでは、昨年からコロナ対策を施した上で、私たちに勇気を与えてくれる音楽を、ミュージシャンとともに作り続けてくれています。


LONGINGS/ Randal L.Meek -2022-

 久々にウィルがプロデュースした作品。抜けるような青空が清々しい!ウィルも参加のギターサウンドで、久々のスタジオ・メイツの面々の音も元気に聴けて嬉しい。(レビュー





POSITANO SONG/ Will Ackerman -2022-

 ウィルのソロ。作曲のインスピレーションはイタリアの避暑地、Positanoにて。ウィルのレーベルWest River Recordsよりリリース。





GARDENS OF ZION IN THE RAIN/ Michael Borowski -2022-

 ピアノ・ソロ。2020年に続く作品集。エグゼクティブ・プロデューサーにMichael Whalenが名を連ねています。(レビュー





NIGHT/ George Winston -2022-
 
 前作『RESTLESS WIND』(2019)から3年ぶりとなるピアノ・ソロ。全12曲のうちオリジナルは2曲。喜納昌吉の「花」のカバーも。またまたウィルと同時期のリリースは、ファンには嬉しいプレゼント!
|Imaginary Road Studios 2022|
 
 
(2022/02/19)