ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。ここでは、ウィルが手がけた作品を紹介していますが、オムニバスなどのエグゼクティブ作品は割愛しています。

 ウィンダム・ヒル時代の作品は- WINDHAM HILL -をクリックしてください。70、80、90年代別になっています。また、ウィンダム・ヒルを売却した後に設立した新しいレーベル(IMAGINARY ROAD)からリリースされた作品や、彼のスタジオImaginary Road Studioで制作された作品は - Imaginary Road - をクリックしてください。

 ウィンダム・ヒルを離れた後は、Mary's TreeとAdam WernerらとNew Land Musicというふたつのレーベルを立ち上げましたが、現在は、同レーベルからのリリースは行っていないようです。

 それを引き継ぐようなレーベルとしてDamon Baxtonが立ち上げたAmadeo Musicがアッカーマンがプロデュースした作品をリリースしています。

 

 

Photo by Toshiharu Minagawa.


- WINDHAM HILL -

VISIONS OF THE COUNTRY/ Robbie Basho(1978)
SLOW CIRCLE / Alex deGrassi(1979)
CHILDHOOD AND MEMORY / WillIam Ackerman(1979)
PIANO SOLOS OF ERIC SATIE / William Quist(1979)
ART OF THE 6 AND 12-STRING GUITAR / Robbie Basho(1979)
AUTUMN / George Winston(1980)
WILLOW / Daniel Hecht(1980)


BREAKFAST IN THE FIELD / Michael Hedges(1981)
PASSAGE / WillIam Ackerman(1981)
WINTER INTO SPRING / George Winston(1982)
ELEMENTS / Ira Stein & Russell Walder(1982)
SOLID COLORS / Liz Story(1982)
DECEMBER / George Winston(1982)
AN EVENING WITH WINDHAM HILL LIVE(1983)
PAST LIGHT / WillIam Ackerman(1983)
AERIAL BOUNDARIES / Michael Hedges(1984)
JOGGING THE MEMORY / Malcolm Dalglish(1985)
CONFERRING WITH THE MOON / WillIam Ackerman(1986)
REUNION / Scott Cossu with Eugene Friesen(1986)
TRANSIT/ Ira Stein & Russell Walder(1986)
AVAILABLE LIGHT/ Allaudin Mathieu(1987)
IMAGINARY ROADS/ William Ackerman(1988)
UPRIGHT/ Philip Aaberg(1989)


ESCAPE OF THE CIRCUS PONIES / Liz Story(1991)
DOTS WILL ECHO / Dots Will Echo(1991)
JACK'S CROWS / John Gorka(1991)
TANGO / Patty Larkin(1991)
THE OPENING OF DOORS / Will Ackerman(1992)
SOUND OF WIND DRIVEN RAIN / Will Ackerman(1998)
HEARING VOICES / Will Ackerman(2001)

- IMAGINARY ROAD -

SONGS FROM EINSTEIN'S VIOLIN / Frank Tedesso(1996)
RUDY SHOES / Loise Taylor(1996)

STICKS & STONES / Rob Eberhard Young(1997)

RETURNING(Mary's Tree) / Will Ackerman(2005)
SONGS FROM A WISHING WELL/ Patrick Gorman(2005)
THE VOICE / Stanton Lanier(2005)
ALLURE OF SANCTUARY / Karen Marie Garrett(2005)
RELEASED / Jeff Oster(2005)

WHISPERINGS AT NIGHTFALL / Robert Linton(2006)
BRING TEXTURES / Jim Hudak(2006)

WOODSONGS (2006)

THE COLOR OF LIGHT / Dana Cunningham(2007)
THE LANGUAGE OF SPIRITS / Rudy Perrone(2007)
TRUE / Jeff Oster(2007)
IT'S ABOUT THE ROSE / Karen Marie Garrett(2007)
UNVEILED / Stanton Lanier(2007)
GARDENS OF HOPE / Frank Smith(2007)
SOMETHING YOU DREAM OF... / Denise Young(2007)
FORGIVING DREAMS / Damon Buxton (2007)
EDEN / K Ryan Brown(2007)
GREY SKY AND BITTERSWEET / Ann Sweeten(2007)
LANTEM / Dan Kennedy(2007)

BLUE DREAM / Fiona Joy Hawkins(2008)
THE OTHER SIDE / Paul Jensen(2008)

MATT MILLECCHIA/ Matt Millecchia(2009)
EMANCIPATION / Max Goldston(2009)
SET ON A HILL / Chad Lawson(2009)
THE COLOR OF SUNSHINE / Lawrence Blatt (2009)
TRILLIUM / Kori Carothers(2009)
THE PATH AHEAD / Rocky Fretz(2009)
DECEMBER PEACE / Stanton Lanier(2009)
THE WHISPERING OF HANDS / Robert Walling (2009)
JUST THIS SIDE OF SPRING / Ann Sweeten (2009)

CHASING TORNADOES / Patrick Gorman(2010)
HERE ALL ALONG / Rory Sullivan(2010)
ARRIVAL / Devin Rice & Erin Aas(2010)
LONGING FOR HOME / Peter Jennison(2010)
CHASING TORNADOES / Patrick Gorman(2010)
HERE ALL ALONG / Rory Sullivan(2010)
ARRIVAL / Devin Rice & Erin Aas(2010)
LONGING FOR HOME / Peter Jennison(2010)
SACRED LOVE / Shambhu(2010)
ANOTHER PLACE AND TIME / Heidi Breyer(2010)
NEW ENGLAND ROADS / William Ackerman(2010)

DOTS WILL ECHO / Dots Will Echo-1991-
High Street Records

01. Everything In The World
02. Sandora
03. Rain
04. Someday
05. Dots Will Echo
06. Science Fiction
07. She Never Lonely
08. She's A Girl
09. I Will Too
10. Heartland
11. Big Jets


 Dots Will Echoという若手オルタナグループをプロデュースした、ウィルのプロフィールの中ではかなりの異色作品です。特にこの年はシアトルでグランジロックが爆発し、ニルヴァーナなどのフォロワーが数多く存在していました。ノイジーなギターがウリのグランジとは対照的に、ここで聴くようなアコースティックなサウンドを主体とするバンドも活動していました。ここに紹介するDots Will Echoはギター、ベース、ドラムスという最小ユニットのバンドで、このサウンドを聞いたときにはハヴァリナス(ボブ・ディランがお気に入りだった)などを連想してしまいました。
 ウィルは、このあと続けてヴォーカル系のアーティストをプロデュースしていきますが、
しばらくヴォーカル系に目を向けるようになったので、ターニングポイントになったのかもしれません。

JACK'S CROWS / John Gorka -1991-
High Street Records (72902 10309-2)

01. Silence
02. Treasure Islands
03. Jack's Crows
04. House in the Fields
05. The Mercy of the Wheels
06. Good
07. Semper Fi
08. Where the Bottles Break
09. Night is a Women
10. I'm From New Jersey
11. My New Neighborhood
12. The Ballad of Jamie Bee
13. Your On Your Way

Produced by Dawn Atkinson and Will Ackerman.
Mixing: Howerd Johnston. Mastering: Bernie Grundman


 僕がジョンの歌声を聞いたのは、【A WINTER'S SOLSTICE III】に収録されている“Chiristmas Bells”で、彼のウォーミングな声と優しいギターが、シリーズ初登場のヴォーカルと相重なって、ずっと心に残っていました。すでにレーベルからは1枚リリースされていますが(LAND OF THE BOTTOM LINE)、これはアッカーマンが手がけているということもあり、ウィンダム・ヒル特有のレーベル色が濃く、明るいアコースィックサウンドが、Patty Larkiの【TANGO】と共に楽しめます。ミキシングはジョージの全作品を手がけているハワード・ジョンストンです(パティも)。
TANGO / Patty Larkin -1991-
High Street Records

01. Tango
02. Used To Be
03. Upside Down
04. Time Was
05. Solo Flight
06. Dave's Holiday
07. Chained to These Lovin' Arms
08. Metal Drums
09. Letter from Vancouver
10. Deadlines and Dollar Signs
11. Waiting for the Dawn
12. Kathleen
13. Tango Reprise

Produced by Will Ackerman and Patty Larkin.
Mixing: Howerd Johnston. Mastering: Bernie Grundman


 日本でのデビュー時、某FM誌では“女マイケル・ヘッジス”なんて紹介の仕方をしていましたが、何を思ってそんなキャッチを考えたのか理解に苦しみます。確かに女性ギタリストにしてみれば、かなりパッションの効いたピッキングを聴かせてくれますが、ちょっと毛色が違いすぎ。マイケル・マンリングや同時期ハイストリートからデビューした(上のアルバム)ジョン・ゴルガが参加しています。アッカーマンらしい透明感のある音作りが素敵なアコースティック・ヴォーカルを楽しめます。ギターは上手いよ。
Windham Hill 1970年代 Windham Hill 1980年代 |Windham Hill 1990年代|
 
もどる
(2018/08/14)