ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。ここでは、ウィルが手がけた作品を紹介していますが、オムニバスなどのエグゼクティブ作品は割愛しています。

 ウィンダム・ヒル時代の作品は- WINDHAM HILL -をクリックしてください。70、80、90年代別になっています。また、ウィンダム・ヒルを売却した後に設立した新しいレーベル(IMAGINARY ROAD)からリリースされた作品や、彼のスタジオImaginary Road Studioで制作された作品は - Imaginary Road - をクリックしてください。

 ウィンダム・ヒルを離れた後は、Mary's TreeとAdam WernerらとNew Land Musicというふたつのレーベルを立ち上げましたが、現在は、同レーベルからのリリースは行っていないようです。

 それを引き継ぐようなレーベルとしてDamon Baxtonが立ち上げたAmadeo Musicがアッカーマンがプロデュースした作品をリリースしています。

 

 

Photo by Toshiharu Minagawa.


- WINDHAM HILL -

VISIONS OF THE COUNTRY/ Robbie Basho(1978)
SLOW CIRCLE / Alex deGrassi(1979)
CHILDHOOD AND MEMORY / WillIam Ackerman(1979)
PIANO SOLOS OF ERIC SATIE / William Quist(1979)
ART OF THE 6 AND 12-STRING GUITAR / Robbie Basho(1979)
AUTUMN / George Winston(1980)
WILLOW / Daniel Hecht(1980)


BREAKFAST IN THE FIELD / Michael Hedges(1981)
PASSAGE / WillIam Ackerman(1981)
WINTER INTO SPRING / George Winston(1982)
ELEMENTS / Ira Stein & Russell Walder(1982)
SOLID COLORS / Liz Story(1982)
DECEMBER / George Winston(1982)
AN EVENING WITH WINDHAM HILL LIVE(1983)
PAST LIGHT / WillIam Ackerman(1983)
AERIAL BOUNDARIES / Michael Hedges(1984)
JOGGING THE MEMORY / Malcolm Dalglish(1985)
CONFERRING WITH THE MOON / WillIam Ackerman(1986)
REUNION / Scott Cossu with Eugene Friesen(1986)
TRANSIT/ Ira Stein & Russell Walder(1986)
AVAILABLE LIGHT/ Allaudin Mathieu(1987)
IMAGINARY ROADS/ William Ackerman(1988)
UPRIGHT/ Philip Aaberg(1989)


ESCAPE OF THE CIRCUS PONIES / Liz Story(1991)
DOTS WILL ECHO / Dots Will Echo(1991)
JACK'S CROWS / John Gorka(1991)
TANGO / Patty Larkin(1991)
THE OPENING OF DOORS / Will Ackerman(1992)
SOUND OF WIND DRIVEN RAIN / Will Ackerman(1998)
HEARING VOICES / Will Ackerman(2001)

- IMAGINARY ROAD -

SONGS FROM EINSTEIN'S VIOLIN / Frank Tedesso(1996)
RUDY SHOES / Loise Taylor(1996)

STICKS & STONES / Rob Eberhard Young(1997)

RETURNING(Mary's Tree) / Will Ackerman(2005)
SONGS FROM A WISHING WELL/ Patrick Gorman(2005)
THE VOICE / Stanton Lanier(2005)
ALLURE OF SANCTUARY / Karen Marie Garrett(2005)
RELEASED / Jeff Oster(2005)

WHISPERINGS AT NIGHTFALL / Robert Linton(2006)
BRING TEXTURES / Jim Hudak(2006)

WOODSONGS (2006)

THE COLOR OF LIGHT / Dana Cunningham(2007)
THE LANGUAGE OF SPIRITS / Rudy Perrone(2007)
TRUE / Jeff Oster(2007)
IT'S ABOUT THE ROSE / Karen Marie Garrett(2007)
UNVEILED / Stanton Lanier(2007)
GARDENS OF HOPE / Frank Smith(2007)
SOMETHING YOU DREAM OF... / Denise Young(2007)
FORGIVING DREAMS / Damon Buxton (2007)
EDEN / K Ryan Brown(2007)
GREY SKY AND BITTERSWEET / Ann Sweeten(2007)
LANTEM / Dan Kennedy(2007)

BLUE DREAM / Fiona Joy Hawkins(2008)
THE OTHER SIDE / Paul Jensen(2008)

MATT MILLECCHIA/ Matt Millecchia(2009)
EMANCIPATION / Max Goldston(2009)
SET ON A HILL / Chad Lawson(2009)
THE COLOR OF SUNSHINE / Lawrence Blatt (2009)
TRILLIUM / Kori Carothers(2009)
THE PATH AHEAD / Rocky Fretz(2009)
DECEMBER PEACE / Stanton Lanier(2009)
THE WHISPERING OF HANDS / Robert Walling (2009)
JUST THIS SIDE OF SPRING / Ann Sweeten (2009)

CHASING TORNADOES / Patrick Gorman(2010)
HERE ALL ALONG / Rory Sullivan(2010)
ARRIVAL / Devin Rice & Erin Aas(2010)
LONGING FOR HOME / Peter Jennison(2010)
SACRED LOVE / Shambhu(2010)
ANOTHER PLACE AND TIME / Heidi Breyer(2010)
NEW ENGLAND ROADS / William Ackerman(2010)

VISIONS OF THE COUNTRY / Robbie Basho -1978-
Windham Hill Records (WH1005)

01. Green River Suite
02. Rodeo
03. Rocky Mountain Raga

04. Variations on Easter
05. Blue Crystal Fire

06. Orphan's Lament
07. Leaf in the Wind
08. Night Way
09. Elk Dreamer's Lament
10. Call on the Wind


 Takomaの時代から、というより、アッカーマンのスタイルのルーツでもあるロビー・バショウをレーベルに迎え、彼自身にとっても他人の作品を単独プロデュースしたのもこの作品が初めて、記念すべき初プロデュースのこと。まだまだウィンダム・ヒルのサウンド・スタイルが固まっていない処女作と言えるでしょう。日本未発売、未CD。

レビュー

PIANO SOLOS OF ERIK SATIE / Bill Quist -1979-
Windham Hill Records (WH1008)

 アッカーマンが作曲面で多大な影響を受けたというフランスの作曲家エリック・サティのピアノ作品を収めたアルバム。家具の音楽の提唱者でもあるサティの白い音楽が、無名のピアニストによってウィンダム・ヒル独特の「家具の音楽」としてレコーディングされました。幾多のピアニストたちによって演奏されている曲集ですが、アッカーマンのプロデュースによって、クラシックとは違った独特の世界が広がっています。

レビュー

SLOW CIRCLE / Alex deGrassi -1979-
Windham Hill Records (WH1009)

01. Causeway
02. Inverness
03. Klamath
04. Sleeping Lady
05. Slow Circle I

06. Slow Circle II
07. White Rain
08. March Sky
09. Midwestern Snow


 従姉妹のデグラッシをプロデュースしたのは、このアルバムが最初で最後。ジャケットもアッカーマンが担当し、これ以上ないアッカーマンの音作りがウィンダム・ヒルというレーベルを堪能できます。デグラッシのアルバムの中でも、特に牧歌的な雰囲気が味わえる一枚。日本未発売。

レビュー

ART OF THE ACOUSTIC STEEL STRING GUITAR 6 &12
/ Robbie Basho
-1979-

01.The Grail and the Lotus
02.Cathedrals Et Fleur De Lis
03.Pasha II
04.A Study for Steel String
05.Ackerman Special
06.Apres Midi American

01.Variations On Grieg
02.Scottish Rites
03.Pavan India
04.Variations on Ezumi
05.Variations on Clair De Lune


 ロビー・バショウのレーベル2作目もアッカーマンによってプロデュースされました。サウンド的にはデグラッシの『SLOW CIRCLE』、アッカーマン自身の『CHILDHOOD AND MEMORY』で確立されたような間がありますが、ここではバショウのスタイルがレーベル(アッカーマン)のプロダクションに左右されず製作されたようです。作風は前作のスタイルの延長作といった趣で、数種類のギターと、ヴォーカル曲を聴くことができます。日本未発売、未CD。

レビュー

AUTUMN / George Winston -1980-
Windham Hill Records (WH1012)

- SEPTEMBER -
01. Colors/Dance
02. Woods
03. Love/Longing
- OCTOBER -
04. Road
05. Moon
06. Sea
07. Stars


 アッカーマンにとっても、ジョージ・ウィンストンにとっても、ウィンダム・ヒルにとっても、そして音楽シーンのターニング・ポイントになったと言っても言いすぎではない時代の一枚。ローリングストーン誌をして「1980年代の奇跡」。季節を描いた四部作の第1章です。

レビュー

WILLOW / Daniel Hecht -1980-
Windham Hill Records (WH1013)

01.Willow
02.Autumn
03.Water Mantra
04.Jimmy Blue Eyes
05.Love's Reply
06.Confluence of the Rivers
07.Shell Game
08.Tanglefoot's Tales
09.March of the Trolls
10.Afternoon Postlude Solioquy


 現在はモダンホラー小説家としての存在の方が知られている異色のギタリスト。デグラッシ参加で、レーベルらしいアコースティックなサウンドが楽しめます。ヘクトにとっては唯一のレコードですが、聴くたびに「もったいない」と思えるような素朴な楽曲群が素晴らしい。音色はデグラッシのアルバムに非常に似ていて、アッカーマンの音作りがにじみ出た作品。残念なことに演奏活動を停止して執筆活動に励んでいます。(2006年復帰?)これも日本未発売。

レビュー

 

|Windham Hill 1970年代 |Windham Hill 1980年代Windham Hill 1990年代
 
もどる
(2018/08/14)