ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。ここでは、ウィルが手がけた作品を紹介していますが、オムニバスなどのエグゼクティブ作品は割愛しています。

 ウィンダム・ヒル時代の作品は- WINDHAM HILL -をクリックしてください。70、80、90年代別になっています。また、ウィンダム・ヒルを売却した後に設立した新しいレーベル(IMAGINARY ROAD)からリリースされた作品や、彼のスタジオImaginary Road Studioで制作された作品は - Imaginary Road - をクリックしてください。

 ウィンダム・ヒルを離れた後は、Mary's TreeとAdam WernerらとNew Land Musicというふたつのレーベルを立ち上げましたが、現在は、同レーベルからのリリースは行っていないようです。

 それを引き継ぐようなレーベルとしてDamon Baxtonが立ち上げたAmadeo Musicがアッカーマンがプロデュースした作品をリリースしています。

 

 

Photo by Toshiharu Minagawa.


- WINDHAM HILL -

VISIONS OF THE COUNTRY/ Robbie Basho(1978)
SLOW CIRCLE / Alex deGrassi(1979)
CHILDHOOD AND MEMORY / WillIam Ackerman(1979)
PIANO SOLOS OF ERIC SATIE / William Quist(1979)
ART OF THE 6 AND 12-STRING GUITAR / Robbie Basho(1979)
AUTUMN / George Winston(1980)
WILLOW / Daniel Hecht(1980)


BREAKFAST IN THE FIELD / Michael Hedges(1981)
PASSAGE / WillIam Ackerman(1981)
WINTER INTO SPRING / George Winston(1982)
ELEMENTS / Ira Stein & Russell Walder(1982)
SOLID COLORS / Liz Story(1982)
DECEMBER / George Winston(1982)
AN EVENING WITH WINDHAM HILL LIVE(1983)
PAST LIGHT / WillIam Ackerman(1983)
AERIAL BOUNDARIES / Michael Hedges(1984)
JOGGING THE MEMORY / Malcolm Dalglish(1985)
CONFERRING WITH THE MOON / WillIam Ackerman(1986)
REUNION / Scott Cossu with Eugene Friesen(1986)
TRANSIT/ Ira Stein & Russell Walder(1986)
AVAILABLE LIGHT/ Allaudin Mathieu(1987)
IMAGINARY ROADS/ William Ackerman(1988)
UPRIGHT/ Philip Aaberg(1989)


ESCAPE OF THE CIRCUS PONIES / Liz Story(1991)
DOTS WILL ECHO / Dots Will Echo(1991)
JACK'S CROWS / John Gorka(1991)
TANGO / Patty Larkin(1991)
THE OPENING OF DOORS / Will Ackerman(1992)
SOUND OF WIND DRIVEN RAIN / Will Ackerman(1998)
HEARING VOICES / Will Ackerman(2001)

- IMAGINARY ROAD -

SONGS FROM EINSTEIN'S VIOLIN / Frank Tedesso(1996)
RUDY SHOES / Loise Taylor(1996)

STICKS & STONES / Rob Eberhard Young(1997)

RETURNING(Mary's Tree) / Will Ackerman(2005)
SONGS FROM A WISHING WELL/ Patrick Gorman(2005)
THE VOICE / Stanton Lanier(2005)
ALLURE OF SANCTUARY / Karen Marie Garrett(2005)
RELEASED / Jeff Oster(2005)

WHISPERINGS AT NIGHTFALL / Robert Linton(2006)
BRING TEXTURES / Jim Hudak(2006)

WOODSONGS (2006)

THE COLOR OF LIGHT / Dana Cunningham(2007)
THE LANGUAGE OF SPIRITS / Rudy Perrone(2007)
TRUE / Jeff Oster(2007)
IT'S ABOUT THE ROSE / Karen Marie Garrett(2007)
UNVEILED / Stanton Lanier(2007)
GARDENS OF HOPE / Frank Smith(2007)
SOMETHING YOU DREAM OF... / Denise Young(2007)
FORGIVING DREAMS / Damon Buxton (2007)
EDEN / K Ryan Brown(2007)
GREY SKY AND BITTERSWEET / Ann Sweeten(2007)
LANTEM / Dan Kennedy(2007)

BLUE DREAM / Fiona Joy Hawkins(2008)
THE OTHER SIDE / Paul Jensen(2008)

MATT MILLECCHIA/ Matt Millecchia(2009)
EMANCIPATION / Max Goldston(2009)
SET ON A HILL / Chad Lawson(2009)
THE COLOR OF SUNSHINE / Lawrence Blatt (2009)
TRILLIUM / Kori Carothers(2009)
THE PATH AHEAD / Rocky Fretz(2009)
DECEMBER PEACE / Stanton Lanier(2009)
THE WHISPERING OF HANDS / Robert Walling (2009)
JUST THIS SIDE OF SPRING / Ann Sweeten (2009)

CHASING TORNADOES / Patrick Gorman(2010)
HERE ALL ALONG / Rory Sullivan(2010)
ARRIVAL / Devin Rice & Erin Aas(2010)
LONGING FOR HOME / Peter Jennison(2010)
CHASING TORNADOES / Patrick Gorman(2010)
HERE ALL ALONG / Rory Sullivan(2010)
ARRIVAL / Devin Rice & Erin Aas(2010)
LONGING FOR HOME / Peter Jennison(2010)
SACRED LOVE / Shambhu(2010)
ANOTHER PLACE AND TIME / Heidi Breyer(2010)
NEW ENGLAND ROADS / William Ackerman(2010)

BREAKFAST IN THE FIELD / Michael Hedges -1981-
Windham Hill Records (WH1017)

01.Layover
02.The Happy Couple
03.Eleven Small Roaches
04.The Funky Avocado
05.Baby Toes
06.Breakfast In The Field
07.Two Days Old
08.Peg Leg Speed King
09.The Unexpected Visitor
10.Silent Anticipations
11.Lenono


 アッカーマンがマイケルの演奏を見て「It's a magic !」と言ったという逸話のあるアルバム。暖かみのあるサウンドの中に超絶技巧がぎっしり詰まっています。今は亡きマイケル・ヘッジスのデビューアルバム。師弟にあたるマンリングとのデュオや、ジョージ・ウィンストンも参加していますが、ほとんどサポート程度です。ヘッジスの原点であり、ウィンダム・ヒルを体験するなら外してはならない名盤です

レビュー

WINTER INTO SPRING / George Winston -1982-
Windham Hill Records (WH1019)

01.January Stars
02.February Sea
03.Ocean Waves (O Mar)
04.Reflection
05.Rain
06.Blossom/Meadow
- The Venice Dreamer
07.Part One - Introduction
08.Part Two

Produced by George Winston and Wlliam Ackerman.


 アッカーマンが手がけたウィンストンのアルバム第2章。1982年3月にレコーディングされました。前作との違いはプロデュースにウィンストンも名を連ね共同プロデュースでクレジットされていることでしょうか。そして、将来ウィンストンの右腕となるHoward Johnstonがエンジニアとしてクレジットされるようになりました。

レビュー

ELEMENTS / Ira Stein & Russell Walder -1982-
Windham Hill Records (WH1020)

01.Elements
02.Minou's Waltz
03.The Epic
04.Rice Fields
05.Eden
06.Caravan


 オーボエとピアノデュオ。ジャケットに象徴されるように、実に瑞々しいサウンドです。このアルバムで初めてフル・アンサンブル(ソロ・アーティストにゲストということはありましたが)の制作を手がけるようになりましたが、あいかわらずサウンドは統一されていて、とても心地よく流れてきます。

レビュー

SOLID COLORS / Liz Story -1982-
Windham Hill Records (WH1023)

01.Wedding Rain
02.Pacheco Pass
03.Without You
04.Hymn
05.Things With Wings
06.Solid Colors
07.Bradley's Dream
08.White Heart
09.Water Caves
10.Peace Piece


 エンジニアにSteven Millerを迎え制作されたアルバムは、ジョージ・ウィンストンの【DECEMBER】がありますが、こちらはアッカーマンの音作りが際立っているようです。同じスタインウェイを奏でているにもかかわらず、さすがに演奏スタイル(リズはジャズ、ジョージはブルース)やペダルの使い方が異なるため、同じピアノとは思えません。アーティストの個性を引き出した名盤と言えるでしょう。この2枚は聴き比べてもらいたいと思います。

レビュー

DECEMBER / George Winston -1982-
Windham Hill Records (WH1025)

01.Thanksgiving
02.Jesus, Jesus, Rest Your Head
03.Joy
04.Prelude
05.Carol Of The Bells
06.Night (
Snow/Midnight/Minstrels)
07.Variations On The kanon
08.The Holly And The Ivy
09.Some Children See Him
10.Peace

Produced by Wlliam Ackerman and George Winston.


 アッカーマンが手がけたウィンストンのアルバム第3弾。【WINTER INTO SPRING】は1982年3月にレコーディングされ、こちらは同じ年の9、10月にアッカーマン&ウィンストンによってプロデュースされています。エンジニアはリズ・ストーリーのアルバムのエンジニアを務めていたSteven Millerが引き続き担当しています。なお、2010年現在、このアルバムの共同製作以来アッカーマンはウィンストンの作品を手がけていません

レビュー

AN EVENING WITH WINDHAM HILL LIVE / Various -1983-
Windham Hill Records (WH1026)

01. Rickover's Dream / Michel Hedges
02. Turning: Turning Back / Alex de Grassi
03. Clockwork / Alex de Grassi
04. Spare Cange / Michel Hedges
05. Visiting / Will Ackerman
06. Hawk Circle / Will Ackerman
07. Reflections/Lotus Feet / George Winston

Produced by Wlliam Ackerman Steven Miller and Alex de Grassi.


 アッカーマン、ミラーそしてデ・グラッシの3人によるプロデュース。ライヴとは思えない臨場感は、当時サウンド面でウィンダム・ヒルの評価の高かさが伺える一枚となりました。もっと聴きたかった!

レビュー

AERIAL BOUNDARIES / Michael Hedges -1984-
Windham Hill Records (WH1032)

01.Aerial Boundaries
02.Bensusan
03.Rickover's Dream
04.Ragamuffin
05.After The Gold Rush
06.Hot Type
07.Spare Change
08.Menage a Trois
09.The Magic Famer

Produced by Wlliam Ackerman Steven Miller.


 マイケル・ヘッジスの代表的なアルバムで、ここでもアッカーマンとミラーのコンビで制作されています。前作のフォーキーさから一転してスケールの大きなサウンドになっています。

レビュー

TRANSIT / Ira Stein & Russell Walder-1985-
Windham Hill Records (WH1042)

01. Underground
02. Engravings
03. Marseille
04. Foreign Correspondence
05. Transit
06. Lost Time
07. Circe
08. Calling
09. Suite for Dominique: Over and Under/Round Robin/All Bounced Up

Produced by William Ackerman, Dawn Atkinson, Russel Walder.


 オーボエとピアノというデュオチームでウィンダム・ヒルデビューをした二人でしたが、今作ではレーベルメイトが参加したアンサンブルをも楽しむことができます(マイケル・マンリング、マーク・アイシャム)。意外な人選として、ポップス界でソングライターとして脚光を浴びることになるブルース・ホーンスビーがコーラスで参加していることでしょうか?彼はデビュー前に様々なレコード会社にデモテープを送ってもことごとく断られ、ウィンダム・ヒルだけが興味を持ってくれたと、当時を振り返っていましたが、レーベルとブルースの関わりはこの1枚だけですが、実に興味のある人選と言えるでしょう。また、サウンド面にも変化がみられ、エレクトリカルな楽曲をも取り入れるようになりました。
JOGGING THE MEMORY / Malcolm Dalglish -1985-
Windham Hill Records (WH1046)

01.Rivulets
02.Air Born*
03.Trouser Pockets
04.New Waltz
05.Pleiades
06.Spring Water At Jerry's Run
07.Pillars
08.St.Basil's Hymn*
09.Bell Pump
10.Jogging The Memory
11.Swimming Rocks

Produced by Elliot Mazer,Wlliam Ackerman and Malcolm Dalglish.


 ピアノの原型とも言われるハンマーダルシマーのソロアルバム。なんともチェンバロに似た不思議な音色にも関わらず、目前に広がるのは様々な情景たち。奏者のマルコムはメタモラというバンドでも活躍しています。これぞウィンダム・ヒルらしいサウンドと言える一枚です。

レビュー

REUNION / Scott Cossu with Eugene Friesen -1986-
Windham Hill Records (WH1049)

01. Sanibel
02. Mistico
03. Moira
04. Shepherd's Song
05. Ia Paloma(Flight of the Dove)
06. Gwenlaise
07. Sweet Rose
08. Wedding At Jenny Lake
09. Morning Sketches

Produced by Elliot Mazer, William Ackerman,Scott Cossu and Eugene Friesen.


 ジョージ・ウィンストンの紹介でウィンダム・ヒルと契約をしたスコット・コッスが旧友、ユージン・フリーゼンと創り上げたピアノとチェロのデュオアルバム。両者の音色が見事に調和したクラシカルな作品集で、エリオット・メーザーと共同してプロデュース。ピアノの透明感溢れる響きと、チェロの暖かな響き。傑作という言葉はあまり使いたくないのですが、これはレーベルのデュオ作としては傑作中の傑作と言えるのではないでしょうか?

レビュー

AVAILABLE LIGHT / Allaudin Mathieu -1987-
Windham Hill Records (WH1059)

01.Available Light
02.Devts Dream
03.Transparencies
04.Unseen Rain
05.What Are These Lights? (for Whiton)
06.Improvisation : Moon in the House
07.Hill Song
08.Music For Honey-Bee Dancing
09.Picture Windows
10.To The Well
11.The Moon At Noon
12.Improvisation : Kindling


 いかにもウィンダム・ヒルらしい音。1937年生まれ、キャリアの長い本人にとっては5作目となるソロアルバムで、ウィンダム・ヒルからは、このアルバムだけがリーダー作で後にも先にも、これ1枚だけというのが残念でなりません。繰り返される自然のサイクルに。光を描くと同時に影も描いていることに気づくでしょう。エリック・サティよりもフェデリコ・モンポウの世界。

レビュー

UPRIGHT / Philip Aaberg -1989-
Windham Hill Records (WH1088)

01. Upright
02. As If We Didn't Know
03. Every Deep Dream
04. Slow Dance
05. Oh, Yes
06. Welcome To The Church Of St. Anytime
07. New Life, New Blues
08. Why
09. Not Wot I Thot
10. Frogman
11. The View From Pony, Montana
12. Crying Smile
13. Slow Dance (Piano Reprise)
14. Thanks

Produced by Philip Waberg and Wlliam Ackerman.


 ウィンダム・ヒルのピアニストとして看板アーティストだったフィリップ・アーバーグですが、以外にもアッカーマンが唯一プロデュースした作品です。アーバーグにとっては2ndアルバム。1stアルバムはピアノソロでしたが、今回は意外にもブルースバンドを彷彿とさせるような陽気で賑やかな曲集です。とはいえ、彼の根底にある音楽ルーツを思えば、聴いているうちに一緒にリズムを取りたくなってしまいます。彼にインスパイアを与えた(クレジットされている)アーティストたちに共通する音楽性がたくさん詰まっているような楽しさが詰まっています。
ESCAPE OF THE CIRCUS PONIES / Liz Story -1990-
Windham Hill Records (WH1099)

01. Broken Arrow Drive
02. Inside Out
03. Escape of the Circus Ponies
04. Church of Trees
05. The Sounding Joy
06. Another Shore
07. Incision
08. Worth Winning
09. The Empty Forest

Produced by Wlliam Ackerman and Liz Story.


 いったんレーベルを離れたリズが再びウィンダム・ヒルからリリースしたアルバムの復帰作をウィルとリズが共同でプロデュースしました。
Windham Hill 1970年代 |Windham Hill 1980年代 |Windham Hill 1990年代
 
もどる
(2018/08/14)