Photo by Toshiharu Minagawa.


 ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。
  ここでは、ウィンダム・ヒル・レーベルを売却した後に立ち上げたImaginary Roadという新しいレーベルに併せて新設したウィルのスタジオ、イマジナリー・ロード・スタジオで製作されたウィルのプロデュース作品のうち、2016年にリリースされたアルバムを紹介します。

なお、オムニバスなどのエグゼクティブ作品は割愛しています。ウィンダム・ヒルの作品集はコチラをご覧下さい。

COLORS IN THE DIARY / Marika Takeuchi -2016-
 待ちに待った竹内まりかさんの4thアルバム。チェロにEugene Friesen、ヴァイオリンにボストン交響楽団のSi-Jing Huangが参加。共同プロデュースにご主人のAndreas Bjorck。エンジニアはTom Eaton。(レビュー

ABENDROMEN/ Tom Eaton-2016-
 現在、ウィルの右腕となっているエンジニアトム・イートンはマルチ・ミュージシャンでもあります。この作品はアーティストとしてのトムの側面を見ることができます(ブライアン・イーノのようなアンビエント風)。ただし、
 レコーディングはウィルのスタジオですが、レーベルはRiverwide Records。このレーベルにはウィルのお気に入りの一人であるVin Downesもいます。
(2016/02/29)
Guy Buttery-2016-
 ウィルがプロデュースした作品でもなければ、イマジナリー・ロードでレコーディングされたわけでもありませんが、ミュージシャンとしてのウィルがフューチャーされたアルバム。主役であるガイ・バッテリーは南アフリカ出身のギタリストで、どことなくAdam Werner似のヒッピーっぽい(笑)ギタリストです。
(2016/02/29)
ON EAGLE MOUNTAIN / Todd Mosby -2016-
 Imrat Guitarという特殊な(見た目はハープギターのような形)ギターもこなすというTodd Mosby(トッド・モスビー)のソロ・アルバム。当初2015年秋のリリース予定でしたが、ジャケットも差し替えられて2016年4月に延期になっています。リリース予定のジャケットは右側。どことなく…(レビュー
EMBERS / Matteo Palmer-2016-

 2013年の『OUT OF NOTHING』以来の作品集。前回はシンプルにtony Levinが静かなベースでサポートする感じでしたが、今回はピアノ、チェロ、ヴァイオリンがギターと絡むシーンがあります(これがまたいい)。
レビュー

LEGENDS / Sequential Dreams-2016-

 元タンジェリン・ドリーム(在籍2006-2014)のギタリスト、 Bernhard Beiblがメンバーのアルバム。キーボードのKori L. Carothersや、ヴォーカルのNoah Wildingの名前がクレジットされています。
(2016/06/01)


FOLLOW THE RIVER HOME / Jeff Pearce-2016-

 Imaginary Road StudioでレコーディングされたJeff Pearceのアルバム。以前もウィルの片腕だったエンジニアのCorin Nelsenを迎えて制作されていますが、今回はTom Eatonを迎えての作品。アンビエントという表現がピッタリの作風。同じTomのアルバム『ABENDROMEN』と共通の音楽(タイトルなども星空を題材)。
(2016/06/03)

 

 

LANDSCAPES OF THE HEART/Gary Schmidt-2016-
 ピアノソロ。参加ミュージシャンはEugene Friesen、Charlie Bisharat, Jill Haley。ウィルも1曲参加しています。
レビュー
RENDEZOUS / Kelly Andrew-2016-
 Imaginary Road Studiosの作品の中でも、かなりモダンな感じのサウンド集。主役はアンドリューのキーボード。ここに様々な楽器が都会的な(?)雰囲気の旋律歌い盛り上げてゆく。レビュー

 

MATTERS OF BALANCE / Richard Carr-2016-
 Jill Haley(English Horn)、Jeff Oster(Flugelhorn)、Premik Russell Tubbs(Sax)、Eugene Friesen(Cello)、Charlie Bisharat(Violin)、Jeff Haynes(Percussion)、Noah Wilding(Vocals)、Tom Eaton(Bass)、Michael Manring(Fretless Bass)らが参加。 
レビュー

 

LONGITUDES AND LATITUDES / Lawrence Blatt-2016-
 ウィルとのコラボは3作目。前作はソロ・ギターに近い作品集でしたが、今回の参加ミュージシャンは多く、ギターソロというよりはアンサンブル作品。Jeff Haynes、Jeff Oster、Premik Russell Tubbs、 Sam Bevan, Kori L Carothers, Eugene Friesen, Charlie Bisharat, Lila Sklar (レビュー

 
STAY / Christie Lenee-2016-
 ヴォーカルがメインのアルバム(10曲中7曲がヴォーカル)。ギター・インスト3曲だけをImaginary Road StudioでWillのプロデュースを行っています。力強いアコギのセンスは、かつての(まだ現役で活躍中ですが…)パティ・ラーキンを彷彿とさせます。また、この作品のように一部の曲をウィルがプロデュースしているというのは、Laura Sullivanのアルバムを思わせます。
レビュー



REFLETED IN A FLOWING STREAM / Kathryn Kaye-2016-
 毎年初頭にリリースされているKathryn Kayeのアルバムも、今年で6枚目。ジャケットもよりWindham Hillっぽくなってきました。(レビュー


INTO ETERNITY/Jim Gabriel -2016-
 ウィルの手に掛かる2枚目のピアノ・アルバム。2013年の『SOJOURN』以来の作品集。
レビュー

 

SOOTHE/ Shambhu -2016-
 プロデュースはShambhu本人と、ウィルのお気に入りTodd Boston.レコーディングはImaginary Road Studioではなく、ToddのスタジオMagic Cottage Studios。マスタリングはImaginary Road Studioで、Tom Eaton. プロデュースのToddはアーティストとしても参加し、さながらTodd色の強い作風になっているような気がします。彼の『ONE』と同じ時期に製作されているので、なおさらでしょう。Paul McCandlessの名前を見つけたときは、無性に嬉しくなりました。(レビュー

 

|Imaginary Road Studios 2016|Imaginary Road Studios 2017Imaginary Road Studios 2018
 
 
もどる
 
(2020/12/31)