Photo by Toshiharu Minagawa.

 ウィンダム・ヒルの歴史はウィリアム・アッカーマンの歴史でもあります。特に彼がプロデュースした作品は、レーベル色が色濃く反映されているといってよいでしょう。というのも、やはり彼がウィンダム・ヒルそのものだからに他ありません。
 
ここでは、ウィンダム・ヒル・レーベルを売却した後に立ち上げたImaginary Roadという新しいレーベルに併せて新設したウィルのスタジオ、イマジナリー・ロード・スタジオで制作されたウィルのプロデュース作品のうち、2021年にリリースされたアルバム、ならびに元ウィンダム・ヒルのアーティストのアルバムを紹介します。 なお、オムニバスなどのエグゼクティブ作品は割愛しています。ウィンダム・ヒルの作品集はコチラをご覧下さい。

 新型コロナウィルスに関しては、世界中でまだまだ余談を許さない自体が続いていますが、ウィルのスタジオでは、昨年からコロナ対策を施した上で、私たちに勇気を与えてくれる音楽を、ミュージシャンとともに作り続けてくれています。




FOXING HOUR/ KoMaGa Trio -2021-
日本人ハーピスト古佐小基史と2014年のDeManiaのリズム隊によるトリオ編成。日本のレーベルから2021年1月にリリース(レビュー)。

古佐小基史:ハープ マイケル・マンリング:フレットレス・ベース クリス・ガルシア:パーカッション




HOPE/ Todd Boston -2021-
 クラウド・ファウンディングで企画され、晴れてリリースされたアルバム。




THE CANYONS AND MESAS OF BANDELIER/ Jill Haley-2021-
 Jillの『US NATIONAL PARKS』シリーズの7作目にあたります。今のところデジタル配信のみ。また、レコーディングにはImaginari Road Studiosが関わっていません。

 

Imaginary Road Studios 2019Imaginary Road Studios 2020|Imaginary Road Studios 2021|
 
 
もどる
 
(2021/02/27)