ウィンダム・ヒルの掲示板

BOROTHERS-2021-
Will Ackerman
Jeff Oster
Tom Eaton
Produced by William Ackerman, Tom Eaton
and Jeff Oster.
Recordex, arranged, mixed and mastered by Tom Eaton.

All songs written William Ackerman, Tom Eaton
and Jeff Oster.
   
♪ ♪ ♪
01. Wild Bird

02. The Golden Hour

03. While There's Time

04. Head For The Sky

05. Three Tree

06. The Confluence

07. It Had To Be Like That

08. You Make My Heart

Will Ackerman; Guitar
Jeff Oster; Flugelhorn, Trumpet
Tom Eaton; Piano, Keyboards, Bass, Electric Guitar and Percussion

 それぞれのアーティスティックな部分をもちよって、アルバムジャケットに映し出されているような彼らの絆が形になったような一枚。ウィルのギターも、なつかしいPolor Guitarの音色があったり、8曲の中に彼らのスタイルが凝縮され、ブレンドし美しい音楽を奏でてくれています。音を聴くまでは、彼らの他にもゲストで3つ以外の楽器が入っていると思いましたが、ウィルはギター、ジェフはホーン、そしてトムがマルチな活躍をみせていました。

3本の木だけが寄り添う丘の上にはゆっくりとした時と風が吹いているだけです。


〜Discography(Amazon へリンクします)、♪(レビュー)〜
IN SEARCH OF THE TURTLE'S NAVEL (1976)
IT TAKES A YEAR(1977)
CHILDHOOD AND MEMORY (1979)
PASSAGE (1981)
PAST LIGHT(1983)
CONFERRING WITH THE MOON(1986)
IMAGINARY ROADS (1988)
THE OPENING OF DOORS(1992)
WILL ACKERMAN / A WINDHAM HILL RETROSPECTIVE(1993)
SOUND OF WIND DRIVEN RAIN (1998)
HEARING VOICES(2001)
RETURNING(2004/Mary's Tree)
PURE(2006)
MEDITATIONS(2008)
NEW ENGLAND ROADS(2010)
FLOW(2017)
WAS IT THIS LIFETIME -Pieces for Guitar 1995-2011(2019)
FOUR GUITARS(2019)
PROMISE / FLOW(2019)
BROTHERS(2021)




Will AckermanJeff OsterTom Eaton

Windham Hill(ウィンダム・ヒル)Imaginary Road Studios(イマジナリー・ロード)

home(一番星のなる木)