ウィンダム・ヒルの掲示板

NEW ENGLAND ROADS / William Ackerman -2010-

 

 

 

Produced by William Ackerman and Corin Nelsen.
Engineered, Mixed and Mastered by Corin Nelsen.
Recorded at Imaginary Road Studio, Windham Country, VT. And at 4th Street Recording, Santa Monica, CA.

Will Ackerman

 

 

 2004年に自身の新しいレーベルMary's Treeから『RETURNING』をリリースし、2008年にはCOMPASSというレーベルからの『MEDITATIONS』という2作続けてリ・レコーディングでしたが、ようやく新曲が届けられました。とはいっても数曲、過去の作品を、異なるアレンジ、異なるアーティストと焼き直して新しい命を吹き込んでいます。そして今回のアルバムは2010年に急逝したベーシストT-Bone Wolkに捧げられています。

 いくつか気になった曲を上げてみると、マイケル・ヘッジスから贈られたParlor Guitarを奏でてレコーディングされた「Castle Hill」は、印象的、というよりウィルはこの音色を好んでレコーディングに使っているので聞き慣れた色です。今回のアルバムの中では最もウィンダム・ヒルっぽさを感じます。ちょっとメランコリーな曲に感じるのはJill Haleyのイングリッシュ・ホーンのせいばかりではないと思います。
「For The Asking」と「A Koan From Hugh」は2001年の『HEARING VOICES』に収録されていた楽曲で、それぞれオリジナルはギターソロによる楽曲でしたが、今回のレコーディングに際し、「For The Asking」はJeff Osterに、そして「A Koan From Hugh」はJill Haleyにリードを任せて、よりイマジネーションが膨らみます。
「The River Is Wide/Shanandoah」はアメリカのトラディショナルソング。ウィンダム・ヒルでも『AMERICA』というコンピレーションでポール・マッキャンドレスがレコーディングしています。今回はギタリストのDavid Cullenが「Shanandoah」とメドレーにアレンジしています。
そしてもっとも印象的な曲、そして感傷的に浸ってしまう「T Bone Called It Motown」。オープニングはウィルの感傷的なギターソロに始まり、ヴォーカル、パーカッション、ホーンと厚みを増していくサウンド。圧巻です。
「Walk With Me」も『HEARING VOICES』からの楽曲ですが、こちらは前出の楽曲と違い、当時の音源をリミックスして収録していますが、詳細がクレジットされていない(edited it to make it even strongerとだけ)ので、もっとも古い音源かもしれません。なので下記のクレジットも、当時のミュージシャンを記載しました。


01.The Waves In Novenber
Will Ackerman ; Guitar/ Steve Schuch ; Violin/
Tony Levin ; Bass / Derrik Jordan ; Percussion / Jeff Haynes; Percussion

02.For John Hannah Though I've Never Met Him
Will Ackerman ; Guitar/ -- ; Piano / Tony Levin ; Bass / Derrik Jordan ; Percussion / Jeff Haynes; Percussion

03.Goodness Who Knows(Will Ackerman/David Cullen)
Will Ackerman ; Guitar / David Cullen ; Guitar

04.The Wheel
Will Ackerman ; Guitar/ Steve Schuch ; Violin / Charlie Bisharat ; Violin/
Tony Levin ; Bass / Derrik Jordan ; Percussion / Jeff Haynes

05.Castle Hll
Will Ackerman ; Guitar/ Jill Haley ; English Horn

06.For The Asking(Will Ackerman/Jeff Oster)
Will Ackerman ; Guitar/ Jeff Oster ; Flugel Horn

07.The River Is Wide/Shanandoah(traditional)
Will Ackerman ; Guitar / David Cullen ; Guitar

08.T Bone Called It Motown
Will Ackerman ; Guitar / Noah Wilding ; Vocal / Jeff Oster ; Flugel Horn
Tony Levin ; Bass / Derrik Jordan ; Percussion / Jeff Haynes; Percussion

09.Driving
Will Ackerman ; Guitar/ Steve Schuch ; Violin / Charlie Bisharat ; Violin / Michael Manring ; Bass

10.Walk With Me(Will Ackerman/Heather Rankin/Bob Muller)
Will Ackerman ; Guitar/ Heather Rankin ; Vocal
Bob Muller ; Percussion / Marc Shulman ; Electric Guitar / T-Bone Wolk

11.Imagine(Will Ackerman/Shambhu)
Will Ackerman ; Guitar/ Shambhu ; Guitar

12. B4B
Will Ackerman ; Guitar / Noah Wilding ; Vocal

13.A Koan From Hugh(Will Ackerman/Jill Haley)
Will Ackerman ; Guitar/ Jill Haley ; English Horn


2008年(MEDITATIONS)以降、ウィルがギタリストとしてゲスト参加しているアーティスト及びアルバムは以下の通り。

Cobalt Interlude / Fiona Joy Hawkins---BLUE MOON(2008)
Prelude To A Painting / Fiona Joy Hawkins---BLUE MOON(2008)
Inspiress / Matt Millecchia---SILHOUETTE OF A SEASON(2008)
Acid Lake / Matt Millecchia---SILHOUETTE OF A SEASON(2008)
Mountain River / Paul Jensen---THE OTHER SIDE(2008)
Cold Mountain / Paul Jensen---THE OTHER SIDE(2008)
After The Runway / Paul Jensen---THE OTHER SIDE(2008)
Flow / Paul Jensen---THE OTHER SIDE(2008)
Wild Flowers / Stanton Lanier---UNVEILED(2009)
Just This Side Of Spring / Ann Sweeten---JUST THIS SIDE OF SPRING(2009)
Tangled Up / Kori Linae Cartothers---TRILLIUM(2009)
The Long View / Kori Linae Cartothers---TRILLIUM(2009)
Carpe Diem / Kori Linae Cartothers---TRILLIUM(2009)
The Color Of Sunshine / Lawrence Blatt---THE COLOR OF SUNSHINE(2009)
Reach For The Rainbow / Lawrence Blatt---THE COLOR OF SUNSHINE(2009)
Rocky Fretz---THE PATH AHEAD(2009)
Ride The Rails / Rory Sullivan---HERE ALL ALONG(2009)
Out Of Here / Rory Sullivan---HERE ALL ALONG(2009)
From The Bottom / Rory Sullivan---HERE ALL ALONG(2009)
Whiskey In The Watertower / Devin Rice & Erin Aas---ARRIVAL(2010)
The One(Love Song Across The Horizon) / Peter Jennison---LONGING FOR HOME(2010)

ファーストクレジットのアーティストの作品にゲスト参加しています。
(パーカッション系の楽器でちょい参加をを除く)

Will Ackermanアッカーマンプロデュース作品 もどるhome