ウィンダム・ヒルの掲示板

NEW ENGLAND ROADS / William Ackerman -2010-

Produced by William Ackerman and Corin Nelson.
Engineer, Mixing: Corin Nelson.
Recorded at Imaginary Road Studio.

Will Ackerman

 2004年に自身の新しいレーベルMary's Treeから『RETURNING』をリリースし、2008年にはCOMPASSというレーベルからの『MEDITATIONS』という2作続けてリ・レコーディングでしたが、ようやく新曲が届けられました。とはいっても数曲、過去の作品を、異なるアレンジ、異なるアーティストと焼き直して新しい命を吹き込んでいます。そして今回のアルバムは2010年に急逝したベーシストT-Bone Wolkに捧げられています。

 いくつか気になった曲を上げてみると、マイケル・ヘッジスから贈られたParlor Guitarを奏でてレコーディングされた「Castle Hill」は、印象的、というよりウィルはこの音色を好んでレコーディングに使っているので聞き慣れた色です。今回のアルバムの中では最もウィンダム・ヒルっぽさを感じます。ちょっとメランコリーな曲に感じるのはJill Haleyのイングリッシュ・ホーンのせいばかりではないと思います。
「For The Asking」と「A Koan From Hugh」は2001年の『HEARING VOICES』に収録されていた楽曲で、それぞれオリジナルはギターソロによる楽曲でしたが、今回のレコーディングに際し、「For The Asking」はJeff Osterに、そして「A Koan From Hugh」はJill Haleyにリードを任せて、よりイマジネーションが膨らみます。
「The River Is Wide/Shanandoah」はアメリカのトラディショナルソング。ウィンダム・ヒルでも『AMERICA』というコンピレーションでポール・マッキャンドレスがレコーディングしています。今回はギタリストのDavid Cullenが「Shanandoah」とメドレーにアレンジしています。
そしてもっとも印象的な曲、そして感傷的に浸ってしまう「T Bone Called It Motown」。オープニングはウィルの感傷的なギターソロに始まり、ヴォーカル、パーカッション、ホーンと厚みを増していくサウンド。圧巻です。
「Walk With Me」も『HEARING VOICES』からの楽曲ですが、こちらは前出の楽曲と違い、当時の音源をリミックスして収録していますが、詳細がクレジットされていない(edited it to make it even strongerとだけ)ので、もっとも古い音源かもしれません。なので下記のクレジットも、当時のミュージシャンを記載しました。


01.The Waves In Novenber
Will Ackerman ; Guitar/ Steve Schuch ; Violin/
Tony Levin ; Bass / Derrik Jordan ; Percussion / Jeff Haynes; Percussion

02.For John Hannah Though I've Never Met Him
Will Ackerman ; Guitar/ -- ; Piano / Tony Levin ; Bass / Derrik Jordan ; Percussion / Jeff Haynes; Percussion

03.Goodness Who Knows(Will Ackerman/David Cullen)
Will Ackerman ; Guitar / David Cullen ; Guitar

04.The Wheel
Will Ackerman ; Guitar/ Steve Schuch ; Violin / Charlie Bisharat ; Violin/
Tony Levin ; Bass / Derrik Jordan ; Percussion / Jeff Haynes

05.Castle Hll
Will Ackerman ; Guitar/ Jill Haley ; English Horn

06.For The Asking(Will Ackerman/Jeff Oster)
Will Ackerman ; Guitar/ Jeff Oster ; Flugel Horn

07.The River Is Wide/Shanandoah(traditional)
Will Ackerman ; Guitar / David Cullen ; Guitar

08.T Bone Called It Motown
Will Ackerman ; Guitar / Noah Wilding ; Vocal / Jeff Oster ; Flugel Horn
Tony Levin ; Bass / Derrik Jordan ; Percussion / Jeff Haynes; Percussion

09.Driving
Will Ackerman ; Guitar/ Steve Schuch ; Violin / Charlie Bisharat ; Violin / Michael Manring ; Bass

10.Walk With Me(Will Ackerman/Heather Rankin/Bob Muller)
Will Ackerman ; Guitar/ Heather Rankin ; Vocal
Bob Muller ; Percussion / Marc Shulman ; Electric Guitar / T-Bone Wolk

11.Imagine(Will Ackerman/Shambhu)
Will Ackerman ; Guitar/ Shambhu ; Guitar

12. B4B
Will Ackerman ; Guitar / Noah Wilding ; Vocal

13.A Koan From Hugh(Will Ackerman/Jill Haley)
Will Ackerman ; Guitar/ Jill Haley ; English Horn


2008年(MEDITATIONS)以降、ウィルがギタリストとしてゲスト参加しているアーティスト及びアルバムは以下の通り。

Cobalt Interlude / Fiona Joy Hawkins---BLUE MOON(2008)
Prelude To A Painting / Fiona Joy Hawkins---BLUE MOON(2008)
Inspiress / Matt Millecchia---SILHOUETTE OF A SEASON(2008)
Acid Lake / Matt Millecchia---SILHOUETTE OF A SEASON(2008)
Mountain River / Paul Jensen---THE OTHER SIDE(2008)
Cold Mountain / Paul Jensen---THE OTHER SIDE(2008)
After The Runway / Paul Jensen---THE OTHER SIDE(2008)
Flow / Paul Jensen---THE OTHER SIDE(2008)
Wild Flowers / Stanton Lanier---UNVEILED(2009)
Just This Side Of Spring / Ann Sweeten---JUST THIS SIDE OF SPRING(2009)
Tangled Up / Kori Linae Cartothers---TRILLIUM(2009)
The Long View / Kori Linae Cartothers---TRILLIUM(2009)
Carpe Diem / Kori Linae Cartothers---TRILLIUM(2009)
The Color Of Sunshine / Lawrence Blatt---THE COLOR OF SUNSHINE(2009)
Reach For The Rainbow / Lawrence Blatt---THE COLOR OF SUNSHINE(2009)
Rocky Fretz---THE PATH AHEAD(2009)
Ride The Rails / Rory Sullivan---HERE ALL ALONG(2009)
Out Of Here / Rory Sullivan---HERE ALL ALONG(2009)
From The Bottom / Rory Sullivan---HERE ALL ALONG(2009)
Whiskey In The Watertower / Devin Rice & Erin Aas---ARRIVAL(2010)
The One(Love Song Across The Horizon) / Peter Jennison---LONGING FOR HOME(2010)

ファーストクレジットのアーティストの作品にゲスト参加しています。
(パーカッション系の楽器でちょい参加をを除く)

Will Ackermanアッカーマンプロデュース作品 もどるhome