ウィンダム・ヒルの掲示板


Photo by Toshiharu Minagawa.





HEARING VOICES
/ Will Ackerman

Windham Hill Records, 2001

All songs written by Will Ackerman,
excepted where noted.
Produced by Will Ackerman.
Recorde and Mixed by Imaginary Road Studios, Windham County, VT.

Engineered by Gary Henry, Corin Nelsen, Bryan Carrigan, Danny Bernini, Steven Miller.

Mixed by Steven Miller with additional mixing by Corin Nelsen.

01. Before We Left This All Behind(Will Ackerman; Guitar, Happy Rhodes)
Will Ackerman; Guitar / Happy Rhodes; All Voices

02. From The Song Of Songs(Will Ackerman, Noah Chase)
Will Ackerman; Guitar / Noah Chase; All Voices
Derrik Jordan; Percussion / T-Bone Wolk; Bass

03. Briars Above The Well(Will Ackerman, Jaya Lakshimi)
Will Ackerman; Guitar / Jaya Lakshimi; All Voices
Phil Aaberg; Keyboard / Jeff Haynes; Percussion
E.Shankar; Tabla / T-Bone Wolk; Bass

04. For The Asking
Will Ackerman; Guitar

05. Fear Not Mary(Nick Berry)
Will Ackerman; Guitar, Backup Voices / Samite; Lead Voice
Nick Berry; Guitar, Backup Voices / Phil Aaberg; Keyboard
Jeff Haynes; Percussion / T-Bone Wolk; Bass
Betty McLeod; Backup Voices

06. Walk With Me(Will Ackerman, Heather Rankin, Bob Muller)
Will Ackerman; Guitar, Lead Guitars / Heather Rankin; Voice
Bob Muller; Percussion / Marc Shulman; Electric Guitar, Lead Guitars
T-Bone Wolk; Bass

07. In The Valley Of Moses(Will Ackerman, Noah Chas)
Will Ackerman; Guitar / Noah Chase; All Voices
T-Bone Wolk; Bass / Charlie Bisharat; Violin

08. Somewhere In All This Green(Will Ackerman, Curtis King)
Will Ackerman; Guitar, Lead Guitars / Curtis King; All Voices
Phil Aaberg; Keyboards / Marc Shulman; Electric Guitar
Jeff Haynes; Drums / T-Bone Wolk; Bass

09. A Koan From Hugh
Will Ackerman; Acoustic Guitar

10. Illumina(Will Ackerman, Betty McLeod)
Will Ackerman; Guitar, Lead Guitars / Betty McLeod; All Voices

11. Beneath The Tree(Will Ackerman, Phil Aaberg)
Will Ackerman; Guitar / Heather Rankin; All Voices
Phil Aaberg; Piano, Keyboards

12. His Old Eyes(Will Ackerman, Samite)
Will Ackerman; Guitar, Backup Voices / Samite; Lead Voice, Backup Voices
Jeff Haynes; Percussion / Marc Shulman; Electric Guitar

13. As Stars Fell(Will Ackerman, Jaya Lashimi)
Will Ackerman; Acoustic Guitar / Jaya Lashimi; All Voices
Phil Aaberg; Keyboards / Marc Shulman; Electric Guitar
Jeff Haynes; Drums / T-Bone Wolk; Bass / Charlie Bisharat; Violin

14. River(Will Ackerman, Heather Rankin)
Will Ackerman; Guitar / Heather Rankin; All Voices
Phil Aaberg; Piano, Keyboards / T-Bone Wolk; Bass / Tom Parker; Percussion

15. Happy Ending
Will Ackerman; Guitar


 早いものでウィンダム・ヒルの1作目(ウィルの『IN SEARCH OF THE TURTLE'S NAVEL』)から25年経ち
ました。この新作はウィンダム・ヒルにとっても、ウィルの1stアルバムから数えても25周年という記念すべきリリースで、2003年度グラミー賞【BEST NEW AGE ALBUM】にノミネートされました。

 前作のsamiteとの共演あたりから「ヴォーカルが必要となってきた」とコメントしていますが、ウィルの初ヴォーカル作品は、ロック・ヴォーカリスト、ケニー・ロギンスの『LEAP OF FAITH』(1991年)にゲストとして参加したケニーとの共演共作での伴奏まで遡ることができます。もしかしたら、その頃から温めて来たアイデアだったのかもしれません。
  今までの作風と違い、全15曲中、3曲のソロ・ギター・ピース以外にヴォーカルをフューチャー(本人も1曲だけ、バックコーラスをつけています)しています。しかし、ヴォーカルが加わったからといって、彼の独特の音色までもが変わったわけではありません。あくまでも共演楽器の一部としての声楽なのではないでしょうか? 主役はあくまでもヴォーカルであるはずなのに、このアルバムに流れる風は、やはりウィルそのもので、いくら彼が伴奏して控えめにしていても、ウィルの音楽性(色)に変化はなく、彼のギターは優しいそよ風のように、聴き手をリラックスさせます。
  ヴァーカリストたちのプロフィールも様々で、数曲で、パーカッショナブルな曲がアクセントとなっていますが、エンヤを連想させるヴォーカルの多重録音あり(1、10、11)、フォーク調あり、ロック調と多国籍のヴォーカリストを揃えたことが大きな特色かもしれません。そしてこのアルバム一番の聴きどころは、なんといってもウィルのギターと調和するヴォーカル陣の透きとおった響きでしょうか?