ウィンダム・ヒルの掲示板


RUBY SHOES/
Louise Taylor

Produced by Will Ackerman.
Engineered by Billy Straus. Additional Engineering by Steve Miller. Assistant Engineer by
Corin Nelsen.
Mixed by Billy Straus. except Silver Locket mixed by Corin Nelsen. Edited and Mastered by Corin Nelsen
Recorded at Imaginary Road Studio.


All songs Composed by Louise Taylor.

   

♪ ♪ ♪

01. A Heart Never Lies
Louise Taylor ; Guitar, Vocals / Tom Duval ; Acoustic Guitar / Jenny Hersch ; Upright Bass
Dawn Atkinson ; Backup Vocals


02. My Town
Louise Taylor ; Guitar, Vocals / Tom Duval ; Acoustic Guitar / Jenny Hersch ; Upright Bass
Wendy Beckerman ; Backup Vocals


03. Walk With Me
Louise Taylor ; Guitar, Vocals / Jenny Hersch ; Upright Bass / Denny McDermott ; Drums
Dawn Atkinson ; Backup Vocals / Catie Curtis ; Backup Vocals
Molly Melloan ; French lyrics and Performance


04. Katie's Smile
Louise Taylor ; Guitar, Vocals

05. Dangerous
Louise Taylor ; Guitar, Vocals

06. The Angels Know His Name
Louise Taylor ; Guitar, Vocals / Michael Manring ; Fretless Bass / Denny McDermott ; Drums

07. Silver Locket
Louise Taylor ; Guitar, Vocals / Will Ackerman ; Electric Guitar / Michael Manring ; Fretless Bass
Denny McDermott ; Drums / Dawn Atkinson ; Backup Vocals


08. Laura
Louise Taylor ; Vocals / Phil Aaberg ; Piano

09. Back Of My Mind
Louise Taylor ; Guitar, Vocals / Michael Manring ; Fretless Bass, Ebow
Denny McDermott ; Drums


10. Softer Ground
Louise Taylor ; 12 String Guitar, Vocals / Phil Aaberg ; Piano / Michael Manring ; Fretless Bass
Denny McDermott ; Drums


11. Catch Your Kisses
Louise Taylor ; Guitar, Vocals / Dawn Atkinson ; Backup Vocals

12. Household Dreams
Louise Taylor ; Guitar, Vocals / Billy Straus ; Electric Guitar

 

 基本はルイスのアコギとベースとドラムスという3ピースバンド。まるでアメリカの田舎にあるバーで歌っている流しのような、のんびりとした雰囲気が漂う一枚。
  ウィンダム・ヒルを売却したあとに新しいレーベルを立ち上げた直後のプロデュースでしたが、今作はルイスのプライベートレーベルからリリースされました。しかし、この形がのちのウィルのスタイルとなっていくことを考えると、エポックメイキングだったのかもしれません。

 アルバムのスタイルも、彼女のスタイルであるバンドに、イマジナリー・ロード・スタジオの面々が絡んでいくという、現在のスタイルの原型を見ることができます。共演者が誰であれ、一町してわかるマイケル・マンリングのフレットレス・ベース、歌の伴奏としては初レコーディングとなるフィリップ・アーバーグのピアノは、そのままソロでも美しい佳曲です。ウィンダム・ヒルでは共同プロデューサーとしてウィルを支えたドーン・アトキンソンも美しい声でコーラスをつけています。また、ウィルも珍しくエレキを構えていますが、良く聞かないとわからないぐらいの存在です(笑)。

 


もどるhomeImaginary Road