12月31日 「伊能忠敬出生の地」
 お墓参りに行って、記念館に行って、今回は出生地である九十九里へ。こんなにも偉大な人物が、澄んでいる所からさほど遠くない(といえばウソになるが)ところに。2018年も終わりになろうという日に行って来ました。大晦日の今日、こんな場所に訪れる人もなく、記念公園を掃除してくれている方と会釈をしたぐらいで、今日は誰にも会うことはありませんでした。かえって静かに会いに来れたからラッキーだったかも。暮れは動きやすいかなぁ。
---星空夜話(2019)

 

 

12月31日 「司馬江漢」
 暮れのひとけのないシーズンを見計らって、昨年から日本天文学の史跡を訪ね歩いています。今回は昨年も歩いた浅草天文台跡から高橋至時、伊能忠敬の眠る源空寺を経て、西洋天文学を一般庶民に啓蒙した洋画家司馬江漢のお墓参りです。
 先週、大阪の麻田剛立、間重富のお墓参りに行って来た勢いで再び、高橋至時(高橋景保)、伊能忠敬、そして司馬江漢です。
 彼のお墓は、そこから電車で移動することになりますが、まぁ、目と鼻の先。慈眼寺にあります。私はとげぬき地蔵で有名なJR巣鴨駅から訪れました。それにしてもスマホの「経路」機能はこういう時に優れた効果を持っていると、つくづくありがたみを感じています(その都度、人工衛星から見られてんだなぁ、などとも)。
  自動車では決して頼ることはないのですが、こうした史跡などを訪ねる際の「徒歩」ではしょっちゅう厄介になってます(笑)。 同じ墓所には芥川龍之介も眠っているとか。私はチラと墓石を見て素通りしてしまいましたが、他にも有名な方々がいらっしゃるようで… ま、私は司馬江漢がお目当てですので、他の方々には目もくれず。
---星空夜話(2019)

慈眼寺
(東京都豊島区巣鴨5−35ー33)

11月30日/12月1日/2日/3日/4日/5日/6日/7日/8日/9日/10日/11日/12日/13日/14日/15日/16日
17日/18日/19日/20日/21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日/1月1日