星と天界の音楽と(星のソムリエのブログ)


 このページには、作曲年代が不明の楽曲をリストとして掲載しています。多くの作曲家は、創作のインスピレーションになる出来事と関わることが多く、作曲された年がわかれば、天文現象や宇宙との関わりを持っていることを背後に考え、作品を聴く上でより深く理解することができるのではないでしょうか?

 以下のリストで作曲年代がわかる方がいらっしゃいましたらぜひご教授ください。メール

 

作曲年不明リスト
曲名 原題 作曲家
蒼白きわが太陽よ+ 声楽 シジスモンド・ディンディア(1605-1661)
Sigismondo D'India
惑星王のための音楽+
La Comete
イベリア半島を統べ「惑星王」と呼ばれたフェリペ4世(在位1621-1665)のための音楽。アンサンブル ファン・ヒダルゴ(1614-1685)
Juan Hidalgo
ラ・コメット+
La Comete
リュート。時期的にキルヒ彗星(C/1680 V1)を目撃している? ジャック・ガロ(1625?-1690?)
Jacques (de)Gallot
アンドロメダ+
Andromeda
管弦楽 エリザベス・ベル(1928-2016)
Elizabeth Bell
ザッパ・フランク小惑星3834)+
FZ for Alex
器楽曲 フランク・ザッパ(1940-1993)
Frank Zappa
年老いた天文学者+
The Old Astronomer
Sarah Williams作詩による声楽
ジェイムズ・プリモシュ(1956-)
James Primosch
カンタータ『太陽の処女』+
Tochter der Sonne
声楽 アンドレアス・N・タルクマン (1956- )
Andreas N. Tarkmann
デイビット・ダンラップ天文台+
The David Dunlap Observatory
David Dunlap声楽「Ellis Portal,Op.7a」の第1曲
アンドリュー・エイガー(1962-)
Andrew Ager
ガリレオのヴィジョン+
Galileo's Vision
管弦楽、吹奏楽
ラルフ・フォード(1963- )
Ralph Ford
交響曲第2番『天体力学』(2013?)
CELESTIAL MECHANICS
管弦楽。2013年のレコーディングあり ヤッセン・ヴォデニチャロフ (1964-)
Yassen Vodenitcharov
8558アック+
8558 Hack
朗読と音楽 イタリアの天体物理学者マルゲリータ・アック(1922-2013)の生涯を綴ったもの ダニエル・ホーベル(1973-)
Diana Hobel
我々は月に行くことを選択する+
We Choose to Go to the Moon
John Fitzgerald Kennedyこと、J.F.ケネディの演説を題材とした管弦楽 クリストファー・ティン(1976- )
Christopher Tin
天文
Astronomy
Nicolaus Copernicusを題材とした管弦楽 クリストファー・ティン(1976- )
Christopher Tin
月面着陸+
El viaje
パーカッションアンサンブル ジョン・ウィリアム・カスターノ・モントーヤ (1979- )
John William Castano Montoya
コスモロジー(2015?)
Cosmology
ピアノ。2015年録音
ニール・ゾーノック(1971-)
Neil Thornock
星座 - ベートーヴェンの主題による変奏曲(2015?)
Constellations: Variations on a Theme by Beethoven
10名の作曲によるベートーヴェンの変奏曲。 ユージン・ドラッカー(Eugene Drucker)、マイク・ブロック(Mike Block)、エリック・ガイニヴァン(Eric Guinivan)、ピーター・アースキン(Peter Erskine)、ポール・ドゥーリー(Paul Dooley)、フレッド・ハーシュ(Fred Hersch)、サミュエル・アドラー(Samuel Adler)、ジム・スカリー(Jim Scully)、クリスティーナ・スピネイ( Cristina Spinei)、ピエール・ジャルベール(Pierre Jalbert)
月の白いバラ(1900?)
Les roses blanches de la lune
作曲年不明とされる歌曲。リシュパン作詞
ルイ・ヴィエルヌ(1870-1937)
Louis Victor Vierne
星月夜
Nuit étoilée
『アルバムのつづり Op.9』手稿譜は散逸
ルイ・ヴィエルヌ(1870-1937)
Louis Victor Vierne
さやかに星はきらめき
Minuit, chrétiens
原題は「クリスマスの賛美歌」で、歌詞の冒頭に歌われる♩Minuit, chrétiensによって邦題はつけられた アドルフ・アダン(1803-1856)
Adolphe Adam
コラプサー
Collapsar
ブラックホールの旧名。ヴァイオリン、ピアノ、パーカッションのための。録音は2016 桑原まこ (1987-)
Mako Kuwabara
子供のための銀河巡礼
Starry Sky Cycle for Children
日本での出版の際、舘野泉氏が『星の組曲』と命名し2001年に楽譜出版 ウルマス・シサスク
Urmas Sisask
宇宙飛行士行進曲 (1988?)
AstronautenMarsch (Astronaut March)
ノルウェー空軍音楽隊
(LAWO Classics:LWC1163)
ヨーゼフ・ウルリヒ(1911-1976)
Josef Ullrich
天球を追われた者
Locutus est Dominus de nube ignis
カンタータ。作詞不詳 アレッサンドロ・ストラデッラ(1639-1682)
Alessandro Stradella
天のセイレーンの最高の領域から
Dalle più alte stelle
ソプラノ・ソロのための声楽。作詞不詳 アントニオ・アルキレイ(c.1550-1612)
Antonio Archilei
5月の美しい月
(Le beau mois de mai)
ピアノ曲集『幼年時代の情景 Op.9』より第4曲 セミョーン・バルモーティン(1877-1939)
Semyon Barmotin
月明かりの船旅
(Promenade en bateau au clair de la lune)
ピアノ曲集『幼年時代の情景 Op.9』より第14曲 セミョーン・バルモーティン(1877-1939)
Semyon Barmotin
宇宙の呼吸*
(Breathing of Cosmos)
室内五重奏曲 ヴィクトル・ウリヤニチ(1956-)
Victor Uliyanich
光の戯れ*
(Play of the Light)
室内楽。I. Glimmer of Stars/III.Patches of Sun on the Water/IV.Moon Aureole ヴィクトル・ウリヤニチ(1956-)
Victor Uliyanich
カシオペアの星の風*
(The Stars Wind of Cassiopeia)
電子音楽 ヴィクトル・ウリヤニチ(1956-)
Victor Uliyanich
Gravity's Rainbow* ピアノ(I. V2 / II. Herero/ III. In The Zone / IV. The Counterforce / V. Countdown / VI. Isaak / VII.Orpheus Puts Down Harp ) Alkis Papadopoulos
Into The Multiverse* サックス、チェロ、ボーカルなどに電子変調などを加えたノイジーな曲 [Ravello Records, RR8065] マーク・アインガー
Marc Ainger
日の出*
Rise
ピアノ、パーカッション、金管五重奏のための音楽。I. Hear the Sun's Thunder/IV. Moonlight Slips Through the Broken Glass デイビット・コルソン
David Colson
天上の星のように澄みきって*
Rise
スウェーデン民謡をヒューゴ・アルヴェーン(Hugo Alfvén, 1872-1960)が編曲 スウェーデン民謡
Swedish folk songs
「コスモゴニア」宇宙進化論 (2008?) *
Cosmogonia
室内楽。作曲年は不明ですが、作者が逝去した年にレコーディングされています ガブリエル・フェルナンデス・アルベス(1943-2008)
Gabriel Fernandez lvez

(2022/06/24更新)

星、宇宙がテーマの音楽集

天文学史と音楽史home(一番星のなる木)