iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです。(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。次をなんとか考えなくちゃ…)

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務める「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように、「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがヒットチャートですが、その時その時に流行っていた曲を聴けば時代が見えてくる。個人的には当時の自分も見えてきます。こう書くとオーバーなと笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲が絡んで聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。これが、何の脈絡もない曲で並んだ「ビルボードナンバーワンソングリレー」の醍醐味でもあるのです。そして、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。
1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。
他にもまだドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 このページは2014年の全米ナンバーワンソング9組10曲を紹介します。年間でナンバーワンソングが10曲しか誕生しなかったのは
1994年、1997年にもありましたが、もっともナンバーワンソングの少なかった年は2005年の8曲、2002年の9曲に続き3番目に少ない年となりました。

約20年ぶりにリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが、「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボードナンバーワンソング! 今まではレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、ネット時代の昨今、日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かな(笑)

 なお、ビールボードのネット上でのランキング発表は、1週間前の木曜日に発表されます。たとえば2015年8月22日付のチャートであれば2015年8月13日に発表されることになります。

Billboard.com|2015/08/15更新|
Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです。
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks *最新チャートにてランク中
Top100 年間チャートの順位




 

Peak 2013/12/21-2014/01/11 ♪♪♪♪
Song The Monster / Eminem featuring Rihanna
Writter Marshall Mathers, Bryan Fryzel, Aaron Kleinstub, M.Athanasiou Robyn,
Fenty Jon Bellion, Bebe Rexha
Action

3(2013/11/16)、2、2、2、2、1、1、1、1、3、3、5、5(2014/02/08)

Weeks 29
Top100 No.16 2014

 このコンビによる2曲目のナンバーワン・ソングになりました。リアーナは通算13曲目のナンバーワンです。女性アーティストの歴代1位であるマライア・キャリーの18曲にじわりじわりと迫ってきています。

 ところでエミネムのニューアルバムをリック・ルービンがプロデュースしているというニュースが飛び込んできて喜んでいたのですが、結局はフル・アルバムを担当したわけではなかったですねー(ちょっと残念)。

リックがプロデュースしたのは以下の曲
♪Rhyme or Reason
♪Berzerk
♪So Far...
♪Love Game featuring Kendrick Lamar

Eminem.comRihanna.com



☆THE MARSHALL MATHERS LP 2(1位、2013/11/23 ♪)
♪The Monster / Eminem featuring Rihanna(1位)
 
★エミネム・ナンバーワン・リスト(2002-2010)
♪Loose Yourself / Eminem (2002/2003)
♪Crack A Bottle / Eminem, Dr.Dre & 50 Cent (2009)
♪Not Afraid (2010)
♪Love The Way You Lie / Eminem featuring Rihanna (2010)
♪The Monster / Eminem featuring Rihanna(2013)

 
★リアーナ・ナンバーワン・リスト(2006-2013)
♪SOS (2006)
♪Umbrella / Rihanna featuring Jay-Z (2007)
♪Take A Bow (2008)
♪Disturbia (2008)
♪Live Your Life / T.I. featuring Rihanna (2008)
♪Rude Boy (2010)
♪Love The Way You Lie / Eminem featuring Rihanna (2010)
♪What's My Name? / Rihanna featuring Drake (2010)
♪Only Girl/ Rihanna (2010)
♪S & M / Rihanna featuring Britney Spears (2011)
♪We Found Love / Rihanna featuring Calvin Harris (2011)
♪Diamonds (2012)
♪The Monster / Eminem featuring Rihanna(2013)

 

 


 

Peak 2014/01/18-02/01 ♪♪♪
Song Timber / Pitbull featuring Ke$ha
Writter Armando C. Perez, Kesha Sebert, Lukasz Gottwald, Priscilla Hamilton, Jamie Sanderson,
Breyan Stanley Isaac, Henry Walter, Pebe Sebert, Lee Oskar, Keri Oskar, Greg Errico
Action

10(2013/11/30)8、4、2、2、2、1、1、1、2、3、6、7、10、10、10(2014/03/22)

Weeks 39
Top100 No.11 2014

 Ke$haのパートが、どうも彼女の♪Die Youngに聞こえてしまうのです…

Pitbull.comKe$ha.com



☆MELTDOWN EP(95位)
♪Timber / Pitbull featuring Ke$ha(1位)
 
★Pitbull・ナンバーワン・リスト(2011-2014)
♪Give Me Everything / Pitbull featuring Ne-Yo, Afrojack & Nayer (2011)
♪Timber / Pitbull featuring Ke$ha
(2014)
 
★Ke$ha・ナンバーワン・リスト(2009-2014)
♪Right Round/ Flo Rida featuring Ke$ha (2009)
♪Tik Tok (2010)
♪We R Who We R (2010)
♪Timber / Pitbull featuring Ke$ha (2014)

 


 

Peak 2014/02/08-03/01 ♪♪♪♪
Song Dark Horse / Katy Perry featuring Juicy J
Writter Katy Perry Jordan Houston Gottwald Sarah Theresa Hudson Max Martin Walter
Action 6(2014/01/18)、4、2、1、1、1、1、2、2、2、2、3、3、3、3、4、3、5、5、
6、6、7(2014/06/14)
Weeks 57
Top100 No.2 2014

なんかWiz Khalifaの♪Black And Yellow に似ていなくもないと思っていますが? 9/27付で1年ランクイン(52週)となりました。


Katy Perry.comJuicy J.com



☆PRISM(1位、2013/11/09 ♪)
♪Roar(1位)

♪Unconditionally(14位)
♪Dark Horse / Katy Perry featuring Juicy J(1位)

 

★ケティ・ペリー・ナンバーワン・リスト(2008-2014)
♪I Kissed A Girl (2008)
♪California Gurls / Katy Perry featuring Soop Dogg (2010)
♪Teenage Dream (2010)
♪Firework (2010/2011)
♪E.T. / Katy Perry featuring Kanye West (2011)
♪Last Friday Night (2011)
♪Part Of Me (2012)
♪Roar (2013)
♪Dark Horse / Katy Perry featuring Juicy J(2014)

 

Peak 2014/03/08-05/10 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Happy / Pharrell Williams
Writter Pharrell Williams
Action

8(2014/02/15)、2、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、2、2、4、4、5、6、8、
                                10、10(2014/07/05)

Weeks 47
Top100 No.1 2014

 昨年大ヒットした、しかも1、2位を独占するという快挙にもなった♪Blurred Linesと♪Get Luckyではソングライターとフューチャーヴォーカリストとして名を連ねていましたが、本人のソロ名義でシングルカットされました。2006年の♪Florin(5位)以来のTop10入りです。映画「怪盗グルーのミニオン危機一髪」の挿入曲。
  昨年の♪Blurred Lines以来の10週越え(5/10付)となりましたが、同一アーティストによる連続の10週越えは2009年のThe Black Eyed Peas(♪Boom Boom Powが12週、♪I Gotta Feelingが14週。この時は26週連続でした)以来3組目(19992000年のサンタナ)。ただし、Pharrell Williamsの場合は、自身のシングルというよりもゲスト参加(ソングライターとはいえ)という位置なので微妙といえば微妙です。

Pharrell Williams.com



★Pharrell Williams・ナンバーワン・リスト(2004-2014)
♪Drop It Like It's Hot / Snoop Dogg featuring Pharrell (2004)
♪Money Maker / Ludacris featuring Pharrell(2006)

♪Blurred Lines/ Robin Thicke featuring T.I. & Pharrell(2013)

 


 

Peak 2014/05/17-05/31 ♪♪♪
Song All Of Me / John Legend
Writter Toby Gad, John Legend
Action

4(2014/03/08)、4、3、3、2、2、2、2、2、2、1、1、1、3、3、3、4、
 7、7、8、7、6、8(2014/08/09)

Weeks 59
Top100 No.3 2014

 6週続いた2位の座から1位へとアップしました。

John Legend



☆LOVE IN THE FUTURE(4位)
♪Who Do We Think We Are
♪Made to Love
♪All Of Me(2位)


 


 

Peak 2014/06/07-07/19 ♪♪♪♪♪♪
Song Fancy / Iggy Azalea featuring Charli XCX
Writter Amethyst Kelly, Charlotte Aitchison, George Astasio, Jason Pebworth, Jon Shave, Kurtis McKenzie
Action

7(2014/05/10)、4、3、2、1、1、1、1、1、1、1、2、2、2、3、3、5(2014/08/30)

Weeks 39
Top100 No.4 2014

初の全米シングルチャートでナンバーワンに輝いたと同時に、1、2位を独占するという快挙のおまけ(おまけか?)付きとなりました。

 

 

Iggy Azalea.comCharli XCX



Top10内同時ランクイン
YEAR
2014
MONTH
Jun
Jul
Aug
DAY
07
14
21
28
05
12
19
26
02
09
16
23
30
Fancy
1
1
1
1
1
1
1
2
2
2
3
3
5
Problem
2
2
2
2
2
3
3
3
4
5
5
6
7
Black...
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
10
8



☆THE NEW CLASSIC(3位)
♪Work(3位)
♪Bounce
♪Change Your Life / Iggy Azalea featuring T.T.(46位)
♪Fancy / Iggy Azalea featuring Charli XCX(1位)


 


 

Peak 2014/07/26-08/30♪♪♪♪
Song Rude / MAGIC!
Writter Nasri Atweh, Adam Messinger, Mark Pellizzer, Ben Spivak, Alex Tanas
Action

8(2014/06/14)、7、3、3、2、2、1、1、1、1、1、1、5、8、7、9(2014/09/27)

Weeks 40
Top100 No.7 2014

 この季節はレゲエでしょうか?じわりじわりと上昇し、とうとうナンバーワンを取りました。

MAGIC!



☆DON'T KILL THE MAGIC
♪Rude(1位)
♪Don't Kill the Magic


 


 

Peak 2014/09/06-09/13、11/15-11/22 ♪♪♪♪
Song Shake It Off / Taylor Swift
Writter Taylor Swift, Max Martin, Shellback
Action

1(2014/09/06)、1、2、2、2、2、2、2、2、2、1、1、3、5、4、6、10(2014/12/27)。
               7(2015/01/17)、9、5、5、9、10(2015/02/21)

Weeks 50
Top100 No.13 2014

 久々の初登場No.1です。昨年の♪Harlem Shake以来。そして、昨年のMiley Cyrusが記録した返り咲きという記録(9週)も残してくれました。Taylor Swiftは約2か月ほど(8週間)1位の座を空けていましたが、再び1位です(2014/11/15付)。
 そしてアルバムも初登場No.1。この週のチャートにはなんと4曲初登場があり、Hot100の中に6曲もチャートインしています。

 ノリのいい曲だけに日本でもCMで使われるようになりました(笑)  

歴代返り咲きNo.1ソングリスト

Taylor Swift


Top10内同時ランクイン
YEAR
2014
2015
MONTH
Nov
Dec
Jan
Feb
Mar
DAY
29
06
13
20
27
03
10
17
24
31
07
14
21
28
07
14
21
Blank...
1
1
1
1
1
1
1
2
2
3
4
4
5
7
4
8
10
Shake...
3
5
4
6
10
-
9
7
9
5
5
9
10
-
-
-
-
Style
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
10
8
7
6


☆1989(1位、2014/11/15-11/29、12/13-12/20、
                 2015/01/24、2015/02/14-02/21 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪)
Shake It Off(1位)
♪Blank Space(1位)

♪Style(6位)


★テイラー・スウィフト・ナンバーワン・リスト(2012-2014)
♪We Are Never Ever Getting Back Together(2012)
♪Shake It Off (2014)

 

 

Peak 2014/09/20-11/08♪♪♪♪♪♪♪
Song All About That Bass / Meghan Trainor
Writter Meghan Trainor, Kevin Kadish
Action

8(2014/08/16)、4、2、3、2、1、1、1、1、1、1、1、1、2、2、2、2、2、
                        3、7、10、5、6、10、10(2015/01/31)

Weeks 47
Top100 No.8 2014

 邦題「わたしのぽちゃティブ宣言!」と付けた日本側のセンスを疑いますな。こんなんだったら、無理に国内盤なんていらないです。あまり役に立つことのない解説とかも不要。今はネットで調べられるしね。

 とまぁ、懐かしいサウンドに、郷愁を誘うオールディな曲。モノラルのラジオから流れてきたらノスタルジーに浸れそう。

 

 

Meghan Trainorh.com


Top10内同時ランクイン
YEAR
2014
2014
MONTH
Dec
Jan
DAY
20
27
03
10
17
24
31
All...
3
4
10
5
6
10
10
Lips...
8
7
5
4
5
6
6


☆TITLED(1位、2015/01/31 ♪)
♪All About That Bass(1位)

Lips Are Movin(4位)

 

Peak 2014/11/29-2015/01/10 ♪♪♪♪♪♪♪
Song Blank Space / Taylor Swift
Writter Taylor Swift, Max Martin, Shellback
Action

1(2014/11/29)、1、1、1、1、1、2、2、3、4、4、5、7、7、8、10(2015/03/21)

Weeks 36
Top100 No.7 2015

 前曲を引き継ぐ形でTaylor Swiftが連続で頂点に立ちました。同一アーティスト(ソングライターの楽曲は除く)が、自らの曲を押しのけて1位となるのは2009年以来8組目の記録となります。

この曲は18位に初登場し、13位、そして1位というアクション。アルバムチャートも久々に連続してTaylorの天下(笑)1月3日を除きTop10に2曲同時ランクインが3/21まで続きました。

 

Taylor Swift


Top10内同時ランクイン
YEAR
2014
2015
MONTH
Nov
Dec
Jan
Feb
Mar
DAY
29
06
13
20
27
03
10
17
24
31
07
14
21
28
07
14
21
Blank...
1
1
1
1
1
1
1
2
2
3
4
4
5
7
4
8
10
Shake...
3
5
4
6
10
-
9
7
9
5
5
9
10
-
-
-
-
Style
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
10
8
7
6


☆1989(1位、2014/11/15-11/29、12/13-12/20、
2015/01/24、2015/02/14-02/21 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪)
Shake It Off(1位)
♪Blank Space(1位)

♪Style(6位)


★テイラー・スウィフト・ナンバーワン・リスト(2012-2015)
♪We Are Never Ever Getting Back Together(2012)
♪Shake It Off (2014)
♪Blank Space (2014/2015)


年間チャート2014
YE
HP
WK
Songs / Airtists
1
1
47
Happy / Pharrell Williams
2
1
57
Dark Horse / Katy Perry featuring Juicy J
3
1
59
All Of Me / John Legend
4
1
39
Fancy / Iggy Azalea featuring Charli XCX
5
2
68
Counting Stars / OneRepublic
6
2
42
Talk Dirty / Jason Derulo featuring 2 Chainz
7
1
40
Rude / MAGIC!
8
1
37*
All About That Bass / Meghan Trainor
9
2
25
Problem / Ariana Grande featuring Iggy Azalea
10
2
35*
Stay With Me / Sam Smith
YE: Year End / HP: High Posision / WK: Weeks / *: 最新チャートにランク中




 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。 

さて、コチラ(2014)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。


息子とストーンズ観に行くぜ!(更新のあまりないブログ)|