カントリー界にとどまらず、アメリカの音楽シーンに多大な影響を与えたジョニー・キャッシュが2003年9月12日に逝去しました。もはや、彼のディープな歌声を聴くことはアルバムやビデオのみになってしまったわけです。
 今となっては白鳥の歌と呼ぶにふさわしい、リック・ルービンとのコラヴォレーション【AMERICAN RECORDINGS】で、生前は【IV】までリリースされました。4枚組のBOXセット以降、2007年現在の【V】まで、本人が完成されたアルバムを聴くことはありませんでした。(2007年中に【VI】のリリースが予定されています)。

 私がジョニーの歌声を最初に聞いたのは、ボブ・ディランのアルバムでデュエットしていた“北国の少女”(相手のことを考えず、両者ともに好き勝手に歌う、なんちゅ〜デュエットじゃ、と思った)です。そしてU2の『ZOOROPPA』の中の“Wanderer ”でのソロ。

 そして本格的に聴くようになったのはDef Jam Americanから1994年にリリースされた『アメリカン・レコーディング』以降のアルバムです。好きなプロデューサーでもあるRick Rubinの制作じゃなかったらここまでのめり込むことはなかったでしょう。やはりプロデューサーの力は大きいと思います。ただし、ここでのリックは、生の音をそのまま録っているだけで、なんの細工もありません。ジョニーの声とアコースティック・ギターがあれば、それで十分なのです。 

 ここでは、鬼才リック・ルービンの下、しかし、リックでさえ震え上がる(笑)アメリカ音楽界に君臨するシンガーソングライター、ジョニー・キャッシュが、デフ・ジャム・アメリカのドン、リックと作り上げたアメリカン・レコーディングの作品群を紹介します。

 最近、彼の半生を描いたホアキン・フェニックス主演の【WALK THE LINE】が公開され、何かと名前が出てくるようになりましたが、日本では想像できないほど、彼の米国音楽界への貢献はボブ・ディラン以上かもしれません、です。

 私が、特にこのシリーズを気に入っているのは、その音作りです。デフ・ジャム・アメリカを立ち上げた1980年代当時は、Run D.M.C.やRed Hot Chili PeppersやSlayerといったハードコア、ラップといったジャンルの鬼才として米国はもとより、音楽界に悪名をとどろかせていたリック・ルービン。まさか対極のジャンルに当たるカントリー界(ひいてはアメリカ音楽)のドン、ジョニー・キャッシュをプロデュースなどと、まるで思ってもみなかったことが起きてしまいました(笑)。日本では到底考えることができない組み合わせであり、しかも、コラボがこんに素晴らしいケミストリーを生み出すとは思ってもみませんでした。

 そしてもうひとつ、アルバムのアートワークです。このシリーズでは、モノクロジャケットにCASHとだけクレジットされ、飽きることのないシンプルな構成です。久々にシリーズで飾れるジャケット。かつて私の中ではU2の【THE JOSHUA TREE】でした。

こんなに恐ろしい風貌のリック・ルービンでさえ…
ジョニーとトム・ペティを前にしてはサングラスを外して敬意を表している(?)。実に嬉しそうなにニコニコ顔
AMERICHAN RECORDINGS -1994-
 ギター1本のみによる弾き語りでここまで聴き手を惹きつけるアルバムも少ない。それは彼の深い声によるところが大きく、それを見事に捉えたプロデューサー、リック・ルービンの手腕もスゴイ(たかがプロデュースと思うなかれ)。一件シンプルなアルバムはダラダラといってしまうのが常であるが、それがないのです。
 カントリー畑のアーティストであるから、同僚のクリス・クリストファーソンやニック・ロウあたりのカヴァーは納得いくのですが、たとえばトム・ウェイツ(Down There By The Train)やレナード・コーエン(Bird On A Wire)辺りになると、やや驚きの選曲です。さらにはリック・ルービンがかつてプロデュースした
Danzingの曲(Thirteen)に至っては驚くばかり。こういったジャンルの曲でも自分流に(しかも弾き語りだ)アレンジして自分のものにしてしまっているあたりは、どんなに若手アーティストが頑張ってみても、決して届くことのない存在を示しているのです。
UNCHAINED -1996-
 前作が全くの弾き語りだった作品だったのに対して、今回のシリーズ第2作(続編が制作されるとは思ってもみなかったので非常に嬉しい)では、Tom Petty & The Heartbreakersが全面的にバックアップをしています(ゴッドと崇拝される先輩からの依頼とあれば、断るほうがどうかしている)。ハイ・トーンなトムのヴォーカルと、対照的にディープなバリトンの絡みのある曲では、Traveling Wilburys同様「ロックを聴いていて良かった〜」と思える至福の瞬間です。
 今回も選曲が凝っていて、Beckの“Rowboat”やSoundgardenの“Rusty Cage”などには驚かされました。参加アーティストもハートブレイカーズ以外ではレッチリのFleaやLindsay Buckingham,Mick Fleetwoodなどの名前がクレジットされ華を添えていますが、主役はジョニーの声であり、ここに参加しているアーティストはみんな“ゴッドファザー”のかわいい息子たち、といった感じで控えめです。ここでもリックはいい仕事をしてくれました。
AMERICAN III ; Solitary Man -2000-
 オープニングがまさかのトム・ペティの“I Won't Back Down”しかもトムもヴォーカルでハーモニーをつけていますが、オリジナルとは異なり、彼もジョニー合わせてマイナーキーに変調しているのがちょっと惜しいか。ドラムの音が入っていないのは、1stに立ち返ったようです。しかし、ここではギター1本ではなくピアノ、オルガン、フィドルなどカントリーには欠かせない表情をつけてくれる楽器もジョニーの声を引き立てています。シェリル・クロウでさえアコーディオンという役回りで(デュエットだったらどんな風に仕上がったのでしょうか…)、あくまでも主役はジョニーだと言わんばかりの思い切った起用をしたルービンに、ちょっとだけ不満だったりして。意外だったのはU2の“One”のアレンジで、オリジナルよりもテンポを上げいることでしょうか?この曲こそマイナー調でしっとり、という感じですが。とにかく、ジョニーに歌わせるとオリジナルが持つ表情が、ガラリと変わります。
CASH UNEARTHED -2003-
 デフ・ジャム・アメリカのドン、リック・ルービンとの仕事は1993年の『AMERICAN RECODINGS』から始まり、ジョニーの死により完結してしまいましたが、残された共同作業の多くがボックス・セットとして、ジョニーの死の年にリリースされました。そのほとんどが未発表の音源です。Disk5に収められた曲たちが、既にリリースされている4枚からの選曲ですが、それ以外の(4枚は!)発表されることのなかった音源集です。その数64曲。これらはデモトラックではなく、ジョニーが生きていれば5枚目のアルバムとして日の目を見ていた曲たちだったはずです。彼らの新譜を待っていた人たち、あるいはジョニーの歌声に音に酔いしれた人は、残されたボックスを手にして、彼らの偉業を讃えましょう。
MY MOTHER'S HYMN BOOK -2005-
 『UNEARTHED』からの分配です。ジョニーとリックの共同作業は、このアルバムをレコーディング途中で終了してしまいました。しかし、ボックスセットの中に丸々5枚目となるはずのレコーディングが終了していて、こうして分配されるに至りました。もともと弾き語りによることを想定していたのか、それともこの音源に、バックバンドの音をかぶせるのか。しかし、この音源を聴けば、ギター以外の音が必要なかったことがわかります。
AMERICAN V:
A HUNDRED HIGHWAYS
-2006-
 未発表ボックスセットがリリースされて(My Mother's〜はそこからの分配)、このシリーズも終わったかと思っていましたが、なんと2006年の米国独立記念日(7月4日)に合わせてニューアルバムがリリースされました。しかも今回の目玉は、ジョニー最後の録音のひとつであり、最後の作曲となった“Like The 309”が含まれ、嬉しいことに全曲未発表となっています。また、ハートブレイカーズの面々が参加。楽しみです。
AMERICAN VI:
AIN'T NO GRAVE
-2010-
 当初の予定(2007年)から遅れに遅れて届けられる最終章。プロデュースはリック・ルービン。


リック・ルービンの音に魅せられたら、コチラもどうぞ


DEAD MAN WALKIG -1996-

 ティム・ロビンス監督。サントラには豪華な(らしい)アーティストがこぞって参加していますが、注目はブルース・スプリングスティーンとエディ・ヴェダー(パール・ジャム)でした。


JACKIE BROWN (1998)

 クエンティン・タランティーノ監督。キャッシュ&ルービンのコンビとしての1stアルバム【CASH】に収録されている曲が挿入曲として使用されています。


KILL BILL VOL.2 (2004) / A Sasatisfied Mind

 またまたクエンティン・タランティーノ監督作品に挿入曲として、しかも嬉しいのはキャッシュ&ルービンでレコーディングされ、アメリカン・シリーズでは未発表作品。アコースティックギターによる弾き語り。


home