iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです。(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。次をなんとか考えなくちゃ…)

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務める「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように、「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがヒットチャートですが、その時その時に流行っていた曲を聴けば時代が見えてくる。個人的には当時の自分も見えてきます。こう書くとオーバーなと笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲が絡んで聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。これが、何の脈絡もない曲で並んだ「ビルボードナンバーワンソングリレー」の醍醐味でもあるのです。そして、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。
1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。
他にもまだドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

このページでは2017年の全米ナンバーワンソングを紹介します。

 なお、ビールボード公式サイトでの発表は、1週間前の火曜日に発表されます。たとえば最新チャートとなる2017年5月20日付のチャートであれば2017年5月9日です。

Billboard.com|2017/05/11更新|

 先にも書きましたが、1983年から聴きはじめたビルボードのチャート。今ではネットの普及も手伝って2003年以降からリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが、「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボードナンバーワンソング!

 今まではレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、ネット時代の昨今、日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かな(笑)

Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです。
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100内の総週(*最新チャートにてランク中、及び初登場と最週位のランクと日付)
Top100 年間チャートの順位

 

Peak 2017/01/07
Song Starboy / The Weeknd featuring Daft Punk
Writter Abel Tesfaye, Guy-Manuel de Homem-Christo, Thomas Bangalter, Martin McKinney, Henry Russell Walter
Action

3(2016/10/15)、2、2、2、2、2、3、3、3、2、2、2、1、3、4、4、5、8、7(2017/02/18)

Weeks 30(No.40; 2016/10/08-No.39; 2017/04/29)
Top100 No.58 2016

 個人的には興味あるタイトル(笑)。昨年10月に、ニュー・アルバムの先行シングルとして初登場40位(10/08付)。2週目からTop10入りして、実に14週目にして1位となりました。この1曲のみプロデュースと作曲を担当しているダフト・パンクがフューチャーされています。彼らにとっては初のナンバーワンとなりました。

The Weeknd.comDaft Punk.com


STARBOY


☆STARBOY(1位、2016/12/17、2017/01/21 ♪♪♪♪)
Starboy / The Weeknd featuring Daft Punk(1位)
♪I Feel It Coming / The Weeknd featuring Daft Punk(22位)

♪Party Monster(16位)

 
★ウィークエンド・ナンバーワン・リスト(2015-2017)
♪Can't Feel My Face(1位) (2015)
♪The Hills(2015)
 


Peak 2016/11/26-12/31、2017/01/14 ♪♪♪♪♪♪
Song Black Beatles / Rae Sremmurd featuring Gucci Mane
Writter Khalif Brown Aaquil Brown Radric Davis Michael Williams
Action

9(2016/11/19)、1、1、1、1、1、1、2、1、2、3、3、6、9(2017/02/18)

Weeks 27(No.96; 2016/10/08-No.40; 2017/04/01)


 前曲の♪Closerのジャケットとよく似たジャケット。まぁ、それはさておき、タイトルのビートルズとは、あのリバプールの4人組のこと。歌の内容は彼らと今の自分たちを比較しているといった内容。ビデオもオマージュ的な雰囲気がありました。
なんでも「マネキン・チャレンジ」がブームになっていて、ポール・マッカートニーが、この曲に合わせてチャレンジしているとのことで話題になっています。

Rae Sremmurd.comGucci Mane.com





Peak 2017/01/21、02/04-02/11 ♪♪♪
Song Bad and Boujee / Migos featuring Lil Uzi Vert
Writter Quavious Marshall、Kiari Cephus、Symere Woods、Leland Wayne、Robert Mandell
Action

2(2017/01/14)、1、2、1、1、2、2、3、2、2、2、3、4(2017/04/08)

Weeks 25*(No.76; 2016/12/03-No.22; 2017/05/20)


 

Migos.comLil Uzi Vert.com





Peak 2017/01/28、02/18-04/29♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Shape Of You/ Ed Sheeran
Writter Ed Sheeran, Steve Mac, Johnny McDaid
Action

1(2017/01/28)、2、2、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、2、2、5(2017/05/20)

Weeks 17*(No.1; 2017/01/28-No.5; 2017/05/20*)


 初登場1位。1月にはプロモーションで来日してました(TBSに出てた?)ね、テレビ初めて動くエドを見ました(笑)。エドにとって2曲目のナンバーソングで、自らが歌った曲がこのポジションに届いたのは初めて。


Ed Sheeran.com



☆÷(1位、2017/03/25-2017/04/01 ♪♪)
♪Castle on the Hill(6位)
♪Shape Of You(1位)

 
★エド・シーラン・ナンバーワン・リスト(2016-2017)
♭Love Yourself / Justin Bieber(2016)
♪Shape Of You(2017)
 
Peak 2017/05/04 ♪
Song Humble./ Kendrick Lamar
Writter Kendrick Duckworth, Michael Williams II, Asheton Hogan
Action

2(2017/04/22)、3、1、3、4(2017/05/20)

Weeks 5*(No.2; 2017/04/22-No.4; 05/20)


DAMN
Kendrick Lamar .com

☆DAMN(1位、2017/05/04-2017/05/20 ♪♪♪)
Humble.(1位)

 
★ケンドリック・ラーマー・ナンバーワン・リスト(2015-2017)
♪Bad Blood / Taylor Swift featuring Kendrick Lamar(2015)
Humble./ Kendrick Lamar(2017)
 

Peak 2017/05/13 ♪
Song That's What I Like/ Bruno Mars
Writter Bruno Mars, Philip Lawrence, Christopher Brody Brown, James Fauntleroy, Johnathan Yip,
Ray Romulus, Jeremy Reeves, Ray McCullough II
Action

7(2017/03/04)、4、4、4、3、2、2、2、3、2、3、1、2(2017/05/20)

Weeks 16*(No.82; 2017/02/11-No.2; 2017/05/20)

 この曲は上位で粘りましたが、ベスト3になってから長かった!7週間トップ3にとどまっていましたが、7曲目のナンバーワンソング。2010年以降男性アーティストではダントツの獲得数となりました。







XXIVK MAGIC
Bruno Mars.com

☆XXIVK MAGIC(2位)
That's What I Like(2位)

 
★ブルーノ・マーズ ナンバー・ワン・リスト(2010-2015)
♪Nothin' On You / B.o.B featuring Bruno Mars (2010)
♪Just The Way You Are (2010)
♪Grenade (2010)
♪Locked Out Of Heaven (2012/2013)
♪When I Was Your Man (2013)
♪Uptown Funk! / Mark Ronson featuring Bruno Mars(2015)
That's What I Like/ Bruno Mars
 

 

Peak 2017/05/20 ♪
Song I'm The One/ DJ Khaled featuring Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne
Writter Khaled Khaled, Jason Boyd, Quavious Marshall, Chancelor Bennett, Dwayne Carter Jr., Nicholas Balding, David Park, Bobby Brackins, Ray"August Grant"Jacobs
Action

1(2017/05/20)

Weeks 1*(No.1; 2017/05/20)

 2017年度の楽曲としては初の初登場第1位となりました。リード・シンガーではありませんが、日本の茶の間でも有名になっちゃったジャスティン・ビーバーや、2017年度のグラミーでBest New Artistを受賞したChance The Rapperが参加して、豪華(笑)PVも見物です。





GRATEFUL


ジャスティン・ビーバー ナンバー・ワン・リスト(2015-2017)
♪What Do You Mean?(2015)
♪Sorry(2016)
♪Love Yourself(2016)
I'm The One/ DJ Khaled featuring Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne(2017)
★リル・ウェイン ナンバー・ワン・リスト(2008-2015)
♪Lollipop / Lil Wayne featuring Static Major(2008)
♪Down / Jay Sean featuring Lil Wayne(2009)
I'm The One/ DJ Khaled featuring Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne(2017)

 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。 

さて、コチラ(2017)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。



もどるhome|2017年レビュー|アルバムチャート
息子とストーンズ観に行くぜ!(更新のあまりないブログ)|