iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです。(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。次をなんとか考えなくちゃ…)

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務める「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように、「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがヒットチャートですが、その時その時に流行っていた曲を聴けば時代が見えてくる。個人的には当時の自分も見えてきます。こう書くとオーバーなと笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲が絡んで聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。これが、何の脈絡もない曲で並んだ「ビルボードナンバーワンソングリレー」の醍醐味でもあるのです。そして、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。
1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。
他にもまだドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 このページでは2018年の全米ナンバーワンソングを紹介します。ここ数年、音楽の聞き方が変わって来たことが、チャート集計にも影響を与えているようです。
  2018年からは、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更するとのこと。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえば最新チャートは2018年5月20日です。発表は5月15日。

 集計変更に伴い、2018年の最初のチャートは1月6日からなのですが、最初の週のみ調整が入り1月3日付けのチャートも存在します。それ以降は、通常通り土曜日の日付となっています。

Billboard.com|2018/05/20更新|

 先にも書きましたが、1983年から聴きはじめたビルボードのチャート。今ではネットの普及も手伝って2003年以降からリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが、「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボードナンバーワンソング!

 今まではレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、ネット時代の昨今、日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かな(笑)

Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです。
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100内の総週(*最新チャートにてランク中、及び初登場と最週位のランクと日付)
Top100 年間チャートの順位



Peak 2017/12/23-2018/01/06 ♪♪♪♪
Song Perfect / Ed Sheeran & Beyonce
Writter Will Hicks, Ed Sheeran, Benny Blanco
Action

10(2017/03/25)、
8(2017/11/25)、7、5、3、1、1、1、1、1、2、2、2、2、2、2、2、2、
      3、2、2、3、5、7、7、7(2018/04/28)。7(2018/05/19)

Weeks 37*(No.37; 2017/03/25-No.9; 2018/05/19*)


 チャート初登場は3/25(デジタル配信の影響が強かった?)。その時はアルバムからソロでのシングルでしたが、3週目にTop100より姿を消してしまいました。そして11月に入ってビヨンセとのデュエット・バージョンで一気に駆け上がってきた、というわけ。ビヨンセに取っては、デスチャを通して10曲目のナンバーワンソング。調整週となった1/3も1位。

 なお、1/8付けのチャートから再びEd Sheeran名義に戻っています。


Ed Sheeran.comBeyonce.com



☆÷(1位、2017/03/25-2017/04/01 ♪♪)
♪Castle on the Hill(6位)
♪Shape Of You(1位)

Perfect / Ed Sheeran & Beyonce(2017)

 
★エド・シーラン・ナンバーワン・リスト(2016-2018)
♭Love Yourself / Justin Bieber(2016)
♪Shape Of You(2017)
Perfect / Ed Sheeran & Beyonce(2017)
★ビヨンセ・ナンバーワン・リスト(1998-2018)
♪Bills, Bills, Bills / Destiny's Child (1998)
♪Say My Name / Destiny's Child (2000)
♪Independent Women Part I / Destiny's Child (2000/2001)
♪Bootylicious / Destiny's Child (2001)
♪Crazy in Love / Beyonce featuring Jay-Z (2003)
♪Baby Boy / Beyonce featuring Sean Paul (2003)
♪Check on It / Beyonce featuring Slim Thug (2006)
♪Irreplaceable / Beyonce (2006/2007)
♪Single Ladies(Put a Ring On It) / Beyonce(2008/2009)

Perfect / Ed Sheeran & Beyonce(2017/2018)

 

Peak 2018/01/27 ♪
Song Havana/ Camila Cabello featuring Young Thug
Writter Camila Cabello, Brittany Hazzard,Ali Tamposi,Brian Lee, Andrew Watt, Pharrell Williams,
Jeffery Lamar Williams, Adam Feeney, Louis Bell
Action

7(2017/11/11)、2、2、2、2、2、3、3、2、2、1、
                3、4、4、4、4、5、6、7、8、10(2018/04/07)

Weeks 39*(No.99; 2017/08/26-No.24; 2018/05/19*)


 Luis Fonsiのヒットを受けたのかと思いきや、元フィフスハーモニーのメンバーという話題性もあってのヒット? なんかリッキー・マーティンらのヒットがあったころのラテン・フィーバーといった感じでしょうか?

♪2018/01/03 : No.3
 

Camila Cabello.com



☆CAMILA(1位、2018/01/27 ♪)
♪Havana(1位)


Peak 2018/02/03-04/14 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song God's Plan/ Drake
Writter Aubrey Graham, Ronald LaTour, Daveon Jackson, Matthew Samuels, Noah Shebib
Action

1(2018/02/03)、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、2、2、2、3、3(2018/05/19)

Weeks

16*(No.1; 2018/02/03-No.3;2018/05/19*)



 初登場1位!

 そして、とうとう11週連続という新記録となりました。これまでは2011年にリリースされたLady Ga Gaの♪Born This Wayが初登場から6週連続1位が記録。次いで2013年のHarlem Shakeの4週でした。


Drake.com



 

Peak 2018/04/21-05/12 ♪♪♪♪
Song Nice For What/ Drake
Writter Aubrey Graham, Shane Lindstrom, Alan Bergman, Marilyn Bergman, Dennis Coles, Robert Diggs, Gary E. Grice, Marvin Hamlisch, Lamont Hawkins, Lauryn Hill, Jason Hunter, Russell Jones, Clifford Smith, Corey Woods, Orville Hall, Phillip Price
Action

1(2018/04/21) 、1、1、1、2(2018/05/19)

Weeks

5*(No.1; 2018/04/21-No.2; 2018/05/19*)



 初登場1位!自身の1位を追い抜いたのもまた本人。1、2位独占… 2曲連続と思いましたが、次のシングルは♪Diplomatic Immunityが7位どまりだったので、大記録にはならず(笑)。
 前曲もPVの内容が凄かったのですが、今回も負けず劣らずと言った感じでしょうか? 私はあまりテレビを見ない(つまり、インターネットでも動画をほとんど見ない)人間なので… いわゆる

♪Video killed radio star〜 とか
♪Radio ga ga...

 なところがあり、今回のこういう現象(♪から)も、当初は「え?なんで?」と不思議に思ってしまいます。でも、まぁ、世相にあったチャートということで。

でも、わたしはまだ映像なしの音楽で行く(楽しむ)つもり…
Drake.com



★ドレイク・ナンバーワン・リスト(2009-2018)
♪One Dance/ Drake featuring Wizkid & Kyla)(2017)
♪God's Plan(2018)
Nice For What(2018)

 

Peak 2018/05/19 ♪
Song This Is America/ Childish Gambino
Writter Donald Glover
Action

1(2018/05/19)

Weeks

1*(No.1; 2018//05/19*)



 初登場1位!現在のアメリカを取り上げる歌は、時代時代で登場し話題になりますが、この曲もそんな1曲。特にPVが話題になっています。ドナルド/グローバーという役者名でも活動しているラッパーですが、私にはリドリー・スコット監督の『オデッセイ』が役者としての彼の記憶ですが、今年は『スターウォーズ』シリーズに抜擢されているようです。見なきゃね。


Childish Gambino.com



 

 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。 

さて、コチラ(2018)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。



もどるhome|2018年レビュー|アルバムチャート
息子とストーンズ観に行くぜ!(更新のあまりないブログ)|