iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです。(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。次をなんとか考えなくちゃ…)

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務める「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように、「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがヒットチャートですが、その時その時に流行っていた曲を聴けば時代が見えてくる。個人的には当時の自分も見えてきます。こう書くとオーバーなと笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲が絡んで聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。これが、何の脈絡もない曲で並んだ「ビルボードナンバーワンソングリレー」の醍醐味でもあるのです。そして、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。
1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。
他にもまだドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 このページでは2015年の全米ナンバーワンソングを紹介します。

 なお、ビールボード公式サイトでの発表は、1週間前の火曜日に発表されます。たとえば2016年5月14日付のチャートであれば2016年5月3日です。

Billboard.com|2016/05/06更新|

20年ぶりにリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが、「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボードナンバーワンソング! 今まではレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、ネット時代の昨今、日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かな(笑)

Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです。
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100内の総週
Top100 年間チャートの順位



 

Peak 2014/11/29-2015/01/10 ♪♪♪♪♪♪♪
Song Blank Space / Taylor Swift
Writter Taylor Swift, Max Martin, Shellback
Action

1(2014/11/29)、1、1、1、1、1、2、2、3、4、4、5、7、7、8、10(2015/03/21)

Weeks 36
Top100 No.7 2015

 前曲を引き継ぐ形でTaylor Swiftが連続で頂点に立ちました。同一アーティスト(ソングライターの楽曲は除く)が、自らの曲を押しのけて1位となるのは2009年以来8組目の記録となります。

 この曲は18位に初登場し、13位、そして1位というアクション。アルバムチャートも久々に連続してTaylorの天下(笑)

1/10から3/21までの11週間連続でTop10内2曲同時ランクイン。

 

Taylor Swift

Top10内同時ランクイン
YEAR
2014
2015
MONTH
Nov
Dec
Jan
Feb
Mar
DAY
29
06
13
20
27
03
10
17
24
31
07
14
21
28
07
14
21
Blank...
1
1
1
1
1
1
1
2
2
3
4
4
5
7
4
8
10
Shake...
3
5
4
6
10
-
9
7
9
5
5
9
10
-
-
-
-
Style
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
10
8
7
6


☆1989(1位、2014/11/15-11/29、12/13-12/20、
                 2015/01/24、2015/02/14-02/21 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪)
Shake It Off(1位)
♪Blank Space(1位)

♪Style(6位)


★テイラー・スウィフト・ナンバーワン・リスト(2012-2015)
♪We Are Never Ever Getting Back Together(2012)
♪Shake It Off (2014)
♪Blank Space (2014/2015)

 

Peak 2015/01/17-04/18♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Uptown Funk! / Mark Ronson featuring Bruno Mars
Writter Mark Ronson、Jeff Bhasker、Bruno Mars、Philip Lawrence、
Devon Gallaspy、Nicholaus Williams
Action

8(2014/12/20)、5、3、2、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
               2、2、2、3、4、5、6、5、6、6、6、8(2015/07/11)

Weeks 55
Top100 No.1 2015

 主役のマーク・ロンソンは初のナンバーワン(ただしソングライターとしてのマークにとっては2曲目)、ブルーノ・マーズにとってフューチャー・ソングとして2曲目のナンバーワンです(トータルでは6曲目)。2010年以降、Katy Perryの6曲と並んで、もっともこのポジションに君臨するアーティストとなりました。男性アーティストとしてはダントツです。

 とうとう11月17日付で52週目(つまり1年)のランクインとなりました(37位)。どこまで伸びるかを注目したいところです。52週以上ランクインしている曲は以下の通り

♪(87週)Radioactive/Imagine Dragons
♪(76週)Sail/AWOLNATION
♪(76週)I'm Yours/Jason Mraz
♪(69週)How Do I Live/LeAnn Rimes
♪(68週)Party Rock Anthem/LMFAO featuring Lauren Bennett & GoonRock
♪(68週)Counting Stars / OneRepublic

♪(65週)Foolish Games/You Were Meant For Me/Jewel
♪(65週)Rolling In The Deep/Adele
♪(62週)Ho Hey/The Lumineers
♪(62週)You And Me/Lifnhouse
♪(61週)Demons/Imagine Dragons
♪(58週)Thinking Out Loud / Ed Sheeran
♪(58週)Smooth/Santana featuring Rob Thomas

♪(55週)Uptown Funk! / Mark Ronson featuring Bruno Mars

Mark Ronson.comBruno Mars.com

UPTOWN SPECIAL


☆UPTOWN SPECIAL(5位)
Uptown Funk! / Mark Ronson featuring Bruno Mars(1位)



★マーク・ロンソン ナンバー・ワン・リスト(2010-2015)
♭Locked Out Of Heaven (2012/2013)
♪Uptown Funk! / Mark Ronson featuring Bruno Mars(2015)

★ブルーノ・マーズ ナンバー・ワン・リスト(2010-2015)
♪Nothin' On You / B.o.B featuring Bruno Mars (2010)
♪Just The Way You Are (2010)
♪Grenade (2010)
♪Locked Out Of Heaven (2012/2013)
♪When I Was Your Man (2013)
♪Uptown Funk! / Mark Ronson featuring Bruno Mars(2015)
 

Peak 2015/04/25-05/30、06/13-07/18♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Song See You Again / Wiz Khalifa featuring Charlie Puth
Writter DJ Frank E、Charlie Puth、Yaseen Zuberi、Andrew Cedar
Action

10(2014/04/18)、1、1、1、1、1、1、2、1、1、1、1、1、1、
                         2、3、5、5、8(2015/08/22)

Weeks 52
Top100 No.3 2015 / No.99 2016

 3/28に初登場100位(なんかイイ!)。82→84→10…ときて、5週目にして14週続いた♪Uptown Funk! を見事蹴落としてしまいました。まさか初登場100位の曲がね〜(笑)アルバムも同時にNo.1です。

 映画『FURIOUS 7(ワイルドスピード スカイミッション)』の挿入曲。Wiz Khalifaにとっては2曲目となるポジション。俳優のポール・ウォーカー追悼の意を込めてレコーディングされた曲。レクイエム的なピアノと、メロディはチャーリー・プース。

歴代返り咲きNo.1ソングリスト

Furious 7.comWiz Khalifa.comCharlie Puth.com


FURIOUS7


☆FURIOUS7(1位)
See You Again / Wiz Khalifa featuring Charlie Puth(1位)



★ウィズ・カリファ ナンバー・ワン・リスト(2011-2015)
Black and Yellow(2011)
See You Again / Wiz Khalifa featuring Charlie Puth(2015)

 

Peak 2015/06/06 ♪
Song Bad Blood / Taylor Swift featuring Kendrick Lamar
Writter Taylor Swift、Kendrick Lamar、Max Martin、Shellback
Action

1(2015/06/06)、2、2、2、2、2、4、4、4、4、4、6、9(2015/08/29)

Weeks 25
Top100 No.15 2015

  このシングル・バージョンがリリースされる前に、アルバムからカットされたシングル・エディットは2014/11/15に80位初登場。その後、圏外に消え、再び2015/01/10に78位でリ・エントリーしました。今回のシングル・カットにはラッパーのKendrick Lamarをフューチャーして、ソングライターにもクレジットされています。
 初登場1位と思っていたら、実は総週4週目(?)でポーンと1位に(すみません、早合点でした…)。シングル・バージョンというよりは、PVがアクション映画級にド派手だからのヒットした、みたいな。最近、ヒットしないとリ・レコーディング(それもラッパーと組んで)するのが流行りなんでしょうか?

Taylor Swift



☆1989(1位、2014/11/15-11/29、12/13-12/20、
2015/01/24、2015/02/14-02/21 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪)
Shake It Off(1位)
♪Blank Space(1位)

♪Style(6位)

Bad Blood / Taylor Swift featuring Kendrick Lamar(1位)

★テイラー・スウィフト・ナンバーワン・リスト(2012-2015)
♪We Are Never Ever Getting Back Together(2012)
♪Shake It Off (2014)
♪Blank Space (2014/2015)
Bad Blood / Taylor Swift featuring Kendrick Lamar(2015)

 

Peak 2015/07/25-08/15、8/29-09/05 ♪♪♪♪
Song Cheerleader / OMI
Writter Omar Samuel Pasley, C.Dillon, M.Bradford,R.Dillon
Action

7(2015/06/27)、4、3、2、1、1、1、1、2、1、1、2、5、5、8、9(2015/10/10)

Weeks 35
Top100 No.11 2015

 これからの夏の季節にはいいかな、といった曲がトータル12週間トップの座に居座っていたバラードを追い抜きました。そして8/29には再びの返り咲き。

歴代返り咲きNo.1ソングリスト

OMI.com





 

 

Peak 2015/08/22、9/12、9/26 ♪♪♪
Song Can't Feel My Face / The Weeknd
Writter Ali Payami, Savan Kotecha, Max Martin, Abel "The Weeknd" Tesfaye, Peter Svensson
Action

6(2015/07/11)6、3、2、2、2、1、2、2、1、2、1、1、3、4、6、7、7、10(2015/11/14)

Weeks 41
Top100 No.12 2015 / No.72 2016

 マイケル・ジャクソンの声に似ているなぁ、というのが第一印象でした。


歴代返り咲きNo.1ソングリスト

 3度1位となった曲として、チャート史上5組目(6曲目)の快挙を記録しました。そして1、2位独占!

The Weeknd.com

BEAUTY BEHIND THE MADNESS
Top10内同時ランクイン
YEAR
2015
MONTH
Sep
Oct
DAY 12 19 26 03 10
Can't Feel My Face 1 2 1 3 3
The Hills 4 3 2 1 1


☆BEAUTY BEHIND THE MADNESS(1位、2015/09/19-10/03 ♪♪♪)
Can't Feel My Face(1位)
The Hills(1位)
♪In The Night(28位)


 


Peak 2015/09/19 ♪
Song What Do You Mean? / Justin Bieber
Writter Justin Bieber, Jason Boyd, Mason Levy
Action

1(2015/09/19)、3、2、2、2、3、3、3、5、5、6、5、4、4、4、5、5、5、
                             8、10、10(2016/02/06)

Weeks 31
Top100 No.33 2015 / No.31 2016

初登場1位です。Top10入り6曲目のナンバーワン。私は、ビルボードの1位と2位の曲のみをコレクションしていますが、彼の曲を聴くのは、2012年に2位まで来た♪Boyfriend、そして2010年の♪We Are the World 25 for Haitiに続き3曲目です。 そういえばWWE入りを真剣に考えているらしく、開場では時々「Justin Bieber!」というチャントが聞かれます。


12/5付のHot100にランクされた曲は以下の通り。は初登場
♪Sorry(2位)
Love Yourself(4位)
♪What Do You Mear?(5位)
♪I'll Show You(19位)
The Feeling/ Justin Bieber featuring Halsey(31位)
♪Where Are U Now/ Justin Bieber with Skrillex and Diplo(34位)
Mark My Words(42位)
Purpose(43位)
No Pressure/ Justin Bieber featuring Big Sean(49位)
Company(53位)
No Sense/ Justin Bieber featuring Travis Scott(54位)
Life Is Worth Living(67位)
Children(74位)
Been You(81位)
We Are(88位)
Get Used To Me(90位)
Trust(98位)


この記録は1964年にビートルズが14曲ランクインして以来の記録更新という快挙です。

Justin Bieber.com





 

 

Peak 2015/10/03-11/7 ♪♪♪♪
Song The Hills / The Weeknd
Writter Abel Tesfaye, Ahmad Balshe, Emmanuel Nickerson, Shane Sanders, Carlo Montagnese Mike Posner、Henry Walter
Action

5(2015/08/29)6、5、4、5、4、3、2、1、1、1、1、1、1、4、3、4、
                     6、5、5、6、7、9(2016/01/09)

Weeks 48
Top100 No.10 2015 / No.32 2016



1、2位独占!
自らの曲を押しのけて1位となるのはTaylor Swift以来9組目の記録となります。

The Weeknd.com

BEAUTY BEHIND THE MADNESS
Top10内同時ランクイン
YEAR
2015
MONTH
Sep
Oct
DAY 12 19 26 03 10
Can't Feel My Face 1 2 1 3 3
The Hills 4 3 2 1 1


☆BEAUTY BEHIND THE MADNESS(1位、2015/09/19-10/03 ♪♪♪)
Can't Feel My Face(1位)
The Hills(1位)
♪In The Night(28位)


 

 

Peak 2015/11/14-2016/01/02 ♪♪♪♪ ♪♪♪♪
Song Hello / Adel
Writter Adele Adkins, Greg Kurstin
Action

1(2015/11/14)、1、1、1、1、1、1、1、1、1、2、2、3、4、5、6、7、8(2016/03/12)

Weeks 26
Top100 No.35 2015 / No.7 2016

初登場1位。アルバムタイトルもわかりやすく25歳だから「25」。まだこの歳だからいいけど… なんて、海外アーティストは考えないでしょうね。うん
それから、記録にはなりませんでしたが、2015年11月14日にトップ10入り(初登場1位)してから2016年3月12日まで、9、10位を除くポジションにランクされました。いまだに1から10位まで、すべてのポジションにランクされたのは1998年のSavage Gardenの♪Truly Madly Deeply のみです。注目していたんですけどね(笑)

Adel.com


25


☆25(1位、2015/12/12-2016/01/23、02/13、03/05-03/12 ♪♪♪♪♪♪♪♪)
♪Hello(1位)
♪When We Were Young(14位)


 
★アデル・ナンバーワン・リスト(2012-2015)
♪We Are Never Ever Getting Back Together(2012)
♪Shake It Off (2014)
♪Blank Space (2014/2015)
Bad Blood / Taylor Swift featuring Kendrick Lamar(2015)
 
年間チャート2015
YE
HP
WK
Songs / Airtists
1
1
55
Uptown Funk! / Mark Ronson featuring Bruno Mars
2
2
58
Thinking Out Load / Ed Sheeran
3
1
52
See You Again / Wiz Khalifa featuring Charlie Puth
4
2
52
Trap Queen / Fetty Wap
5
2
42
Sugar / Maroon 5
6
4
28
Shut Up And Dance / Walk The Moon
7
1
36
Blank Space / Taylor Swift
8
3
41
Watch Me (Whip/Nae Nae) / Silento
9
3
43
Earned It(Fifty Shades Of Grey) / The Weeknd
10
1

48

The Hills / The Weeknd
YE: Year End / HP: High Posision / WK: Weeks

 




 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。 

さて、コチラ(2015)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。


もどるhome|2015年レビュー|アルバムチャート
息子とストーンズ観に行くぜ!(更新のあまりないブログ)|