ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。

 さて、このページでは2015年度のチャートでナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

 なお、ビールボードのネット上でのランキング発表は、1週間前の木曜日に発表されます。たとえば2017年4月22日付のチャートであれば4月11日に発表されることになります。

Billboard.com|2017/04/13更新|

Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Peak 2位に留まった期間
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
No.1 その時1位だった曲
Weeks *最新チャートにてランク中


Song Take Me To Church / Hozier
Writter Andrew Hozier-Byrne
Peak Highest charted position No.2,2014/12/20-2015/01/03 ♪♪♪
Action 9(2014/11/08)、10、8、6、3、3、2、2、2、3、3、3、4、3、4、3、3、
                                5、6、8(2015/03/21)
No.1 Blank Space / Taylor Swift
Weeks 41
Top100 No.14 2015

 2013年にリリースされたデビュー・シングルで、今になってアメリカ上陸(笑)。

  歌の内容もさることながら、PVはかなり衝撃的な内容です。同名の曲がシネイド・オカナー(小林克也風のSinead O'Connor)もレコーディングしていたから、てっきり同郷のよしみでカバーしているのかと思ったら違いました。1と7を取ればTop10ポジション全制覇!なんですけどね。

Hozier.com

☆HOZIER (2位)
Take Me To Church(2位)



Song Thinking Out Loud / Ed Sheeran
Writter Ed Sheeran、Amy Wadge
Peak Highest charted position No.2,2015/01/31-03/21 ♪♪♪♪♪♪♪
Action 6(2014/12/24)、4、7、4、4、2、2、2、2、2、2、2、2、3、3、3、5、7、
                           5、10、9、10(2015/05/30)
No.1 Uptown Funk! / Mark Ronson featuring Bruno Mars
Weeks 58
Top100 No.2 2015

こういった感じの曲調の曲が上がって来てくれると、なんだか応援したくなってしまいます(根っからのロック魂!)。ボノが歌ったら似合いそうな感じですな。(♪Stuck in a Moment You Can't Get Out Ofに似ていると言っている)
 8週連続で2位を維持していましたが、その上にいた楽曲が強力すぎましたね。  とうとう10月17日付で52週目(まだ38位)のランクインを続けていますが、どこまで伸びるかを注目したいところです。52週以上ランクインしている曲は以下の通り

♪(87週)Radioactive/Imagine Dragons
♪(76週)Sail/AWOLNATION
♪(76週)I'm Yours/Jason Mraz
♪(69週)How Do I Live/LeAnn Rimes
♪(68週)Party Rock Anthem/LMFAO featuring Lauren Bennett & GoonRock
♪(68週)Counting Stars / OneRepublic
♪(65週)Foolish Games/You Were Meant For Me/Jewel
♪(65週)Rolling In The Deep/Adele
♪(62週)Ho Hey/The Lumineers
♪(62週)You And Me/Lifnhouse
♪(61週)Demons/Imagine Dragons
♪(58週)Thinking Out Loud / Ed Sheeran
♪(58週)Smooth/Santana featuring Rob Thomas
♪(53週)Uptown Funk! / Mark Ronson featuring Bruno Mars

Ed Sheeran.com

☆X(1位、2014/07/12)♪
♪Sing(13位)
♪Don't(9位)
♪Thinking Out Loud(2位)


Song Sugar / Maroon 5
Writter Adam Levine、Joshua Coleman、Lukasz Gottwald、Jacob Kasher Hindlin、
Mike Posner、Henry Walter
Peak Highest charted position No.2,2015/03/28-04/11 ♪♪♪♪
Action 8(2014/01/31)6、5、4、5、4、3、3、2、2、2、2、3、4、
                     5、6、6、7、9、9、10(2015/06/20)
No.1 Uptown Funk! / Mark Ronson featuring Bruno Mars
Weeks 42
Top100 No.5 2015

 Thinking Out Loudのあとを受け継いだ曲が、同じようなローマ数字一文字のアルバムタイトルからのシングルカットで、リリースのタイミングも昨夏というのも面白いところ。

Maroon5.com

☆V(1位、2014/09/20)♪
♪Maps(6位)
♪Animals(3位)
♪Sugar(2位)

 

Song Trap Queen / Fetty Wap
Writter Willie Maxwell
Peak Highest charted position No.2,2015/05/16-05/30 ♪♪♪
Action 10(2015/03/28)、8、6、6、4、5、3、2、2、2、3、3、3、3、3、4、5、
                      6、6、6、7、9、7、9、9(2015/09/12)
No.1 See You Again / Wiz Khalifa featuring Charlie Puth
Weeks 52
Top100 No.4 2015






Top10内同時ランクイン
YEAR
2015
MONTH
AUG
SEP
DAY
08
15
22
29
05
12
Trap Queen
6
7
9
7
9
9
My Way
7
8
10
8
-
-
679
-
-
-
-
8
7
Fetty Wap.com
☆TRAP QUEEN(1位、2015/10/17)♪
Trap Queen(2位)
My Way(7位)
♪679(5位)


Song Hotline Bling / Drake
Writter Aubrey Graham、Paul Jefferies、Timmy Thomas
Peak Highest charted position No.2,2015/10/24-11/07、21 ♪♪♪♪
Action 9(2015/10/03)4、3、2、2、2、3、2、2、3、3、3、3、3、4、4、4、7、9(2016/02/06)
No.1 The Hills / The Weeknd
Weeks 36
Top100 No.30 2015 / No.24 2016






Drake.com
 

コチラ(2015)ページでは全米ナンバーワンになった曲を紹介しています。


もどるhome|2015年アルバムレビュー|アルバムチャート