ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。

 さて、このページでは2020年度のチャートでナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

  2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえ最新チャートは2021年4月17日です。発表は4月13日(最新の1位はコチラ)。

Billboard.com|2021/04/14更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)

 

Song 曲目 / アーティスト(オフィシャル・ビデオにリンク)
Writter 作詞・作曲 etc.
Peak 2位に留まった期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです(第1週目のみBillboad.com)
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
No.1 その時1位だった曲
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャート

Song Rockin' Around The Christmas Tree/ Brenda Lee
Writter Johnny Marks
Peak Highest charted position No.2,2019/12/28 - 2020/01/04、2021/01/02 ♪♪♪
Action 8(2019/12/14)、3、2、2(2020/01/04)
4(2020/12/12)、3、3、2(2021/01/02)
No.1 All I Want For Christmas Is You/ Mariah Carey
Weeks 39*(No.8; 2019/12/14 - No.2; 2020/01/04
  No.43; 2020/11/28 - No.12; 2021/01/09)

 1958年のシングル。2019年暮れから2020年初めまで、クリスマス・ソングが大挙ランクイン。01/04付けではチャート史上初1?3位を独占し、5曲もランキングしています。そしてTop100のうち21曲がクリスマスソング!

 そして2020年暮れ、再びリ・エントリーをはじめました(11/28付けで43位)。トータルで37週目、今回の動きも目が離せません(笑)。

Brenda Lee.com



2020/01/04付けでクリスマス・ソングが21曲ランクインしました。
1; All I Want For Christmas/ Mariah Carey(1994)
2; Rockin' Around The Christmas Tree/ Brenda Lee(1958)
3; Jingle Bell Rock/ Bobby Helms(1957)
4; A Holly Jolly Christmas/ Burl Ives(1965)
7; It's The Most Wonderful Time Of The Year/ Andy Williams(1963)
11; Last Christmas/ Wham!(1984)
15; Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow/ Dean Martin(1974)
16; The Christmas Song (Merry Christmas To You) / Nat King Cole(1944)
21; Sleigh Ride/ The Ronettes(1963)
22; Rudolph The Red-Nosed Reindeer/ Gene Autry(1949)
24; Happy Holiday/The Holiday Season/ Andy Williams(1963)
28; It's Beginning To Look A Lot Like Christmas
/ Perry Como & The Fontane Sisters With Mitchell Ayres And His Orchestra(1951)
29; Christmas (Baby Please Come Home) / Darlene Love(1963)
32; Here Comes Santa Claus (Right Down Santa Claus Lane)/ Gene Autry(1947)
36; Run Rudolph Run / Chuck Berry(1958)
37; (There's No Place Like) Home For The Holidays/ Perry Como(1954)
40; Blue Christmas/ Elvis Presly(1957)
42; White Christmas/ Bing Crosby(1941)
43; Jingle Bells/ Frank Sinatora(1946)
44; Like It's Christmas/ Jonas Brothers(2019)
69; Happy Xmas (War Is Over)/ John Legend(2019)


Song Memories/ Maroon5
Writter Adam Levine, Michael Pollack, Jacob Kasher Hindlin, Jonathan Bellion, Vincent Ford,
Stefan Johnson, Jordan Johnson, Johann Pachelbel
Peak Highest charted position No.2, 2020/01/11
Action 9(2020/01/04)、2、4、4、5、4、4、4、7、9、9(2020/03/14)
No.1 Circles/ Post Malone
Weeks 41(No.8; 2019/12/14 - No.42; 2020/07/11)
Hot100 No.8 2020


Maroon5.com


 ソングライターの名前を見た時に「おや?」と思ったのが、Johann Pachelbel。バロック時代の作曲家であり、山下達郎が?クリスマス・イヴで一気に知名度の上がった♪カノン。まさにそのメロディがオープニングに使用されていました。達郎ほど露骨ではないにしろ、こういうポップ・ソングに使われると、なんだか嬉しくなりますねぇ。

 


Song Yummy/ Justin Bieber
Writter Justin Bieber, Ashley Boyd, Daniel Hackett, Jason "Poo Bear" Boyd, Leon Hlabathi, Sasha Sitora
Peak Highest charted position No.2, 2020/01/18
Action 2(2020/01/18)、10(2020/01/25)
No.1 The Box/ Roddy Ricch
Weeks 15(No.2; 2020/01/18 - No.94; 2020/04/25)
Hot100 No.58 2020

Taken from Album CHANGES

Justin Bieber.com

 勢い良くNo2の座をめがけてランクインしたものの、その後は降下を辿ってしまいました。アルバムの方は初登場で1位となったのに。


☆CHANGES(1位、2020/02/29 ♪)
♪Yummy(No.2)
♪Intentions/ Justin Bieber featuring Quavo(5位)
♪Forever/ Justin Bieber featuring Post Malone & Clever(24位)

 


Song Life Is Good/ Future featuring Drake
Writter Nayvadius Wilburn, Aubrey Graham, Ozan Yildirim, Ambezza D.Hill
Peak Highest charted position No.2, 2020/01/25 - 2020/03/14 ♪♪♪♪♪♪♪
Action 2(2020/01/25)、2、2、2、2、2、2、2、
3、4、6、5、5、8、10(2020/05/02)。 6、10(2020/06/06)
No.1 The Box/ Roddy Ricch
Weeks 38(No.2; 2020/01/25 - No.41; 2020/10/10)
Hot100 No.7 2020

Taken from Album HIGH OFF LIFE

Future.comDrake.com

 初登場2位から8週連続のまま身動きが取れず。歴史はこの曲も1982年のフォリナーのように扱うでしょうか?


☆HIGH OFF LIFE(1位、2020/05/30 ♪)
♪Yummy(No.2)
♪Intentions/ Justin Bieber featuring Quavo(5位)
♪Forever/ Justin Bieber featuring Post Malone & Clever(24位)

 


Song Don't Start Now/ Dua Lipa
Writter Dua Lipa, Caroline Furoyen, Emily Schwartz, Ian Kirkpatrick
Peak Highest charted position No.2, 2020/03/21
Action 9(2020/02/08)、9、6、5、5、3、2、
           3、3、3、4、4、4、7、6、9、8、7、7、8(2020/06/20)
No.1 The Box/ Roddy Ricch
Weeks 52(No.30; 2019/11/16 - No.38; 2020/11/07)
Hot100 No.4 2020

Taken from Album FUTURE NOSTALGIA

Dua Lipa.com

 デュア・リパ(Dua Lipa)は2019年のグラミーで新人部門(Best New Artist)と最優秀ダンス・レコーディング賞(Best Dance Recording)を受賞した新人アーティストです。2020年11月7日付けのチャートでは1年(52週!)間Hot100にランクされるロングラン/ヒットとなっています。


☆FUTURE NOSTALGIA(4位)
♪Don't Start Now(2位)
♪Physical(3位)
♪Break My Heart" 6位)

2020年度第63回グラミー
♪Best Pop Vocal Album: FUTURE NOSTALGIA





Song Whats Poppin/ Jack Harlow Featuring DaBaby, Tory Lanez & Lil Wayne
Writter Jackman Harlow, Tahj Morgan, Darryl Clemons, John Lucas, Carlos Goodwin
Peak Highest charted position No.2, 2020/07/11、08/01♪♪
Action 8(2020/07/04)、2、3、3、2、3、3、4、5、6、7、8、10(2020/09/26)
No.1 Rock Star/ DaBaby featuring Roddy Ricch
Weeks 51(No.96; 2020/02/22 - No.44; 2020/12/26)
  (No.34; 2021/01/09 - No.49; 2021/02/13)
Hot100 No.13 2020


Jack.comDeBaby.comTory Lanez.comLil Wayne.com

 7月11日付けでDeBabyが1、2位独占という偉業を達成しました。もともとジャックがソロでレコーディングしていた楽曲に、豪華ラッパーが参加してのリミックス版。






Song Come & Go/ Juice WRLD x Marshmello
Writter Jarad Higgins, Marshmello
Peak Highest charted position No.2, 2020/07/25
Action 2(2020/07/25)、9(2020/08/01)
No.1 Rock Star/ DaBaby featuring Roddy Ricch
Weeks 20(No.2; 2020/07/25 - No.60; 2020/12/05)
Hot100 No.54 2020

Taken from Album LEGENDS NEVER DIE

Juice WRLD.comMarshmello.com

 7月25日付けTop10の中に5曲もランクインするというのは1964年のビートルズ以来の快挙!ただし、それはランクしたという状況であって、何十年も後になって振り返った時に、一対何曲が耳に残っているでしょうか?






Song Laugh Now Cry Later/ Drake featuring Lil Durk
Writter Aubrey Graham, Ronald LaTour, Ryan Martinez, Daveon Jackson, Roget Chahayed, Durk Banks
Peak Highest charted position No.2, 2020/08/29
Action

2(2020/08/29)、3、3、3、3、4、4、5、3、3、4、3、4、5、
              7、6、8(2020/12/19)。7、8(2021/01/16)

No.1 Wap/ Cardi B featuring Megan Thee Stallion
Weeks 29(No.2; 2020/08/29 - No.47; 2021/03/13)
Hot100 No.41 2020

Taken from Album CERTIFIED LOVER BOY

Drake.comLil Durk.com

 ドレイクのアルバム先行リリース。彼のジンクスは、初登場2位では、その場にとどまってしまうこと。この曲はどういう運命に動くでしょうか?







Song Forever After All/ Luke Combs
Writter Luke Combs, Rob Williford, Drew Parker
Peak Highest charted position No.2, 2020/11/07
Action 2(2020/11/07)
No.1 Positions/ Ariana Grande
Weeks 24*(No.2; 2020/11/07 - No.45; 2021/04/17)


Luke Combs.com

 この声、このサウンド… 待ちに待ってた、というとオーバーですが、こうした楽曲が流れて来るとホッとします。風貌は、デビュー時のクリストファー・クロス(笑)ちなみに、この曲は通常版には収録されておらず、デラックス版の方に収録されています。ジャケットが微妙に違う…






Song Therefore I Am / Billie Eilish
Writter Billie Eilish O'Connell, Finneas O'Connell
Peak Highest charted position No.2, 2020/11/28
Action 2(2020/11/28)
No.1 Mood/ 24kGoldn featuring Iann Dior
Weeks 22*(No.94; 2020/11/21 - No.20; 2021/04/17)


Billie Eilish.com

 初登場94位で、2週目で2位へジャンプアップ。今のところアルバム未収録のシングル。

2020年度第63回グラミー
♪Record Of The Year: Everything I Wanted
♪Best Song Written For Visual Media: No Time To Die [From No Time To Die]



コチラ(2020)ページでは全米ナンバーワンになった曲を紹介しています。

もどる|2020年レビュー|


home(一番星のなる木)