ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。

 さて、このページでは2020年度のチャートでナンバーワンになれなかった曲を紹介します。
 なお、ビールボード公式サイトでの発表は、2018年から4日前の火曜日に発表されるようになったので、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえば最新チャートは2020年1月25日です。発表は1月21日。

Billboard.com|2020/01/23更新|

Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Peak 2位に留まった期間
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
No.1 その時1位だった曲
Weeks *最新チャートにてランク中


Song Rockin' Around The Christmas Tree/ Brenda Lee
Writter Johnny Marks
Peak Highest charted position No.2, 2019/12/28 - 2020/01/04
Action 8(2019/12/14)、3、2、2(2020/01/04)
No.1 All I Want For Christmas Is You/ Mariah Carey
Weeks 32(No.8; 2019/12/14 - No.2; 2020/01/04)

 1958年のシングル。2019年暮れから2020年初めまで、クリスマス・ソングが大挙ランクイン。01/04付けではチャート史上初1〜3位を独占し、5曲もランキングしています。そしてTop100のうち21曲がクリスマスソング!

Brenda Lee.com


1/4付けでクリスマス・ソングが21曲ランクインしています。
1; All I Want For Christmas/ Mariah Carey(1994)
2; Rockin' Around The Christmas Tree/ Brenda Lee(1958)
3; Jingle Bell Rock/ Bobby Helms(1957)
4; A Holly Jolly Christmas/ Burl Ives(1965)
7; It's The Most Wonderful Time Of The Year/ Andy Williams(1963)
11; Last Christmas/ Wham!(1984)
15; Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow/ Dean Martin(1974)
16; The Christmas Song (Merry Christmas To You) / Nat King Cole(1944)
21; Sleigh Ride/ The Ronettes(1963)
22; Rudolph The Red-Nosed Reindeer/ Gene Autry(1949)
24; Happy Holiday/The Holiday Season/ Andy Williams(1963)
28; It's Beginning To Look A Lot Like Christmas
/ Perry Como & The Fontane Sisters With Mitchell Ayres And His Orchestra(1951)
29; Christmas (Baby Please Come Home) / Darlene Love(1963)
32; Here Comes Santa Claus (Right Down Santa Claus Lane)/ Gene Autry(1947)
36; Run Rudolph Run / Chuck Berry(1958)
37; (There's No Place Like) Home For The Holidays/ Perry Como(1954)
40; Blue Christmas/ Elvis Presly(1957)
42; White Christmas/ Bing Crosby(1941)
43; Jingle Bells/ Frank Sinatora(1946)
44; Like It's Christmas/ Jonas Brothers(2019)
69; Happy Xmas (War Is Over)/ John Legend(2019)


Song Memories/ Maroon5
Writter Adam Levine, Michael Pollack, Jacob Kasher Hindlin, Jonathan Bellion, Vincent Ford,
Stefan Johnson, Jordan Johnson, Johann Pachelbel
Peak Highest charted position No.2, 2020/01/11
Action 9(2020/01/04)、2、4、4(2020/01/25)
No.1 Circles/ Post Malone
Weeks 17*(No.8; 2019/12/14 - No.4; 2020/01/25)

 ソングライターの名前を見た時に「おや?」と思ったのが、Johann Pachelbel。バロック時代の作曲家であり、山下達郎が?クリスマス・イヴで一気に知名度の上がった♪カノン。まさにそのメロディがオープニングに使用されていました。達郎ほど露骨ではないにしろ、こういうポップ・ソングに使われると、なんだか嬉しくなりますねぇ。

Maroon5.com





 

 

Song Yummy/ Justin Bieber
Writter Justin Bieber, Ashley Boyd, Daniel Hackett, Jason "Poo Bear" Boyd, Leon Hlabathi, Sasha Sitora
Peak Highest charted position No.2, 2020/01/18
Action 2(2020/01/18)、10(2020/01/25)
No.1 The Box/ Roddy Ricch
Weeks 2*(No.2; 2020/01/18 - 2020/01/25)

 

Justin Bieber.com





 

 

Song Life Is Good/ Future featuring Drake
Writter Nayvadius Wilburn, Aubrey Graham, Ozan Yildirim, Ambezza D.Hill
Peak Highest charted position No.2, 2020/01/25
Action 2(2020/01/25)
No.1 The Box/ Roddy Ricch
Weeks 1*(No.2; 2020/01/25)

 

Future.comDrake.com





 

 


コチラ(2020)ページでは全米ナンバーワンになった曲を紹介しています。


もどるhome|2020年アルバムレビュー|