tupichan's billboard hot 100


 このページは、ビルボードの楽しみ方の一つとしてある「1位の座をいったんほかの曲に明け渡した後、再び返り咲いた曲」という激動の(笑)楽曲のリストです。ここでは1971年から1980年の10年間の楽曲リストを紹介しています(ビルボードは「10年間」をディケイドと表現します)。

 なお、ビルボードの歴史は長いのですが、あまりにも長過ぎて個人の調査では当然追いきれない部分もあり、 1958年8月4日からのHot100という方式に変更されたチャートからはじめています。気になる方は、wikiなどで調べて見るとよいと思います。Billboard.comでも調べることはできますが、有料購読すると、その辺のデータを見ることができるようです(私は未加入)。

 2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。たとえば最新チャートなら2022年9月17日、発表9月13日となります。

 
Song(通算)
曲名 / アーティスト
Peak

No.1の期間、♪ひとつが1週間、5週目毎にです。日付が返り咲き。

Fend off
一時的に入れ替わったナンバーワンソング
Action
Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks
Top100内
Hot100
年間チャートの順位
Billboard.com|2022/09/17更新|
 





Song(14)
Alone Again (Naturally) / Gilbert O'Sullivan
Peak
1972/07/29 - 08/19、09/02 - 09/09 ♪♪♪♪
Writter
Gilbert O'Sullivan
Action
8(1972/07/15)、3、1、1、1、1、2、1、1、3、5(1972/09/23)
Weeks
18
Hot100
No.3 1972

 当時巷で流行っていたホーンセクション(シカゴとかブラッド・スエット・アンド・ティアーズが代表の)によるLooking Glassの「Brandy (You're a Fine Girl) 」に1週道を譲りました。流行りのサウンドがドーン、と来た感じだったのでしょう。「Alone Again」は名曲だけに、返り咲きは納得。


 







Song(15)
Killing Me Softly With His Song / Roberta Flack
Peak
1973/02/24 - 03/17、03/31 ♪♪♪♪
Writter
Charles Fox, Norman Gimbel
Action
5(1973/02/17)、1、1、1、1、2、1、3、9(1973/04/14)
Weeks
16
Hot100
No.3 1972

 The O'Jaysの「Love Train」に譲ったあと再び。合計5週ナンバーワンの座に。この当時の代表曲として歌い継がれている名曲です。


 






Song(16)
Let's Get It On / Marvin Gaye
Peak
1973/09/08、09/22 ♪♪
Writter
Marvin Gaye, Ed Townsend
Action
7(1973/08/11)、5、4、2、1、2、1、2、3、3、4、6、8(1973/11/03)
Weeks
19
Hot100
No.40 1973

 Helen Reddyの「Delta Dawn」に1週道を譲りました。こちらも時代を代表する名曲中の目一曲。ローリングストーン誌でもベストソング100の3位に選出されているほど。シンディ・ローパーのヒットでも有名でしょうか?


 




Song(17)
The Way We Were / Barbra Streisand
Peak
1974/02/02、02/16 - 02/23 ♪♪♪
Writter
Marvin Gaye, Ed Townsend
Action
7(1974/01/19)、3、1、2、1、1、2、3、5(1974/03/16)
Weeks
23(No.92 ; 1973/11/24 - No.53; 1974/04/27)
Hot100
No.1 1974

 大女優にして大歌手であるバーバラにとって初の全米ナンバーワンソングであり、1974年のグラミー賞を始め、アカデミー主題歌賞を受賞。そしてビルボードの年間チャートも1位となるおまけまでついた(笑)1970年代を代表する名曲です。また、ロバート・レッドフォードと共演した映画『追憶』を思い浮かべるリスナーも多いのではないでしょうか。必ずしもハッピーエンドとは云えない当時のニューシネマのラストシーンが思い浮かびます。


 






Song(18)
Fame / David Bowie
Peak
1975/09/20、10/04 ♪♪
Writter
David Bowie, Carlos Alomar, John Lennon
Action
7(1975/09/06)、5、1、2、1、3(1975/10/11)
Weeks
21
Hot100
No.7 1975

 クレジットにジョン・レノンの名があるのをご存知でしょうか?そしてまたバック・コーラスもつけているジョン。この頃はヨーコと別居したり、他のアーティスト(特にエルトン・ジョン)と共演したりと、何かに憑りつかれたかのようなジョンでした。それは結局、ヨーコと別居が寂しかったからなんですね。


 






Song(19)
That's the Way (I Like It) / KC & The Sunshine Band
Peak
1975/11/22、12/20 ♪♪
Writter
Curtis Mayfield
Action
6(1975/11/15)、1、2、2、4、1、3、8、8(1976/01/10)
Weeks
15
Hot100
No.65 1976

 Silver Conventionの「Fly, Robin, Fly」に3週間首位の座を明け渡した後に再び返り咲き。映画のヒットも影響したのでしょうが、この間隔はもっとも長い記録となりました。1位返り咲き10曲目。


 






Song(20)
Silly Love Songs / Wings
Peak
1976/05/22、06/12 - 07/03 ♪♪♪♪
Writter
Paul McCartney
Action
5(1976/05/08)、3、1、2、2、1、1、1、1、6、9(1976/07/17)、
10(1976/07/31)
Weeks
19
Hot100
No.1 1976

 Diana Rossの「Love Hangover」に2週首位を譲りました。ポール最大のヒットとなり、1976年の年間チャート1位を制した名曲。1位返り咲き20曲目の快挙です。


 






Song(21)
I Just Want to Be Your Everything / Andy Gibb
Peak
1977/07/30 - 08/13、9/17 ♪♪♪♪
Writter
Barry Gibb
Action
7(1977/07/02)、5、4、2、1、1、1、2、2、2、3、1、6、10、10、10(1977/10/15)
Weeks
31
Hot100
No.2 1976

 The Emotions「Best Of My Love」に4週首位を譲りました。最長記録を塗り替えます。作者は実のお兄さんであるビー・ジーズのバリー・ギブ。






Song(22)
Best Of My Love / The Emotions
Peak
1977/08/20 - 09/10、09/24 ♪♪♪♪
Writter
Maurice White, Al McKay
Action
10(1977/07/23)、6、3、3、1、1、1、1、3、1、4、6(1977/10/08)
Weeks
23
Hot100
No.3 1977

 前の曲Andy Gibbの「I Just Want to Be Your Everything」と抜きつ抜かれつを繰り広げた「Best Of My Love」も返り咲きのナンバーワンソングです。


 






Song(23)
You Don't Bring Me Flowers / Neil Diamond & Barbra Streisand
Peak
1978/12/02、12/16 ♪♪
Writter
Neil Diamond, Alan Bergman, Marilyn Bergman
Action
5(1978/11/18)、4、1、3、1、3、3、4、4、6(1979/01/20)
Weeks
17
Hot100
No.21 1979

 こちらもChicの「Le Freak」と抜きつ抜かれつを繰り広げた曲ですが、年末のヒットだったこともあって、年間チャートが思うようなヒットにつながりませんでした。


 




Song(24)
Le Freak / Chic
Peak
1978/12/09、12/23 - 12/30、1979/01/20 - 02/03 ♪♪♪♪
Writter
Nile Rodgers, Bernard Edwards
Action
6(1978/11/25)、4、1、2、1、1、2、2、1、1、1、3、7、7、7(1979/03/03)
Weeks
25(No.82 ; 1978/10/28 - No.99; 1979/04/14)
Hot100
No.3 1979

 ここのページで紹介している「返り咲き」の曲としては、史上初めて3回1位となった曲です。当時のシックの勢いはディスコの人気と相まって異常なほどでした。


 




Song(25)
I Will Survive / Gloria Gaynor
Peak
1979/03/10 - 03/17、04/07 ♪♪♪
Writter
Freddie Perren, Dino Fekaris
Action

10(1979/02/03)、7、5、4、3、1、1、2、2、1、2、2、5(1979/04/28)

Weeks
27(No.87 ; 1978/12/16 - No.95; 1979/06/16)

 




Song(26)
Hot Stuff / Donna Summer
Peak
1979/06/02、06/16 - 06/23 ♪♪♪
Writter
Pete Bellotte, Harold Faltermeyer, Keith Forsey
Action

3(1979/05/12)、2、2、1、2、1、1、2、3、3、3、4、9、9(1979/08/11)

Weeks
21

 







Song(27)

Escape / Rupert Holmes
Peak
1979/12/22 - 12/29、1980/01/12♪♪♪
Writter
Rupert Holmes
Action

6(1979/12/01)、5、4、1、1、2、1、3、4、6(1980/02/02)

Weeks
21

 



1958 - 19601961 - 1970

|1971 - 1980|1981 - 19901991 - 2000

2001 - 20102011 - 20202021 -

もどるBillboard


home(一番星のなる木)