iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです。

 (でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。次をなんとか考えなくちゃ…)

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務める「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように、「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがヒットチャートですが、その時その時に流行っていた曲を聴けば時代が見えてくる。個人的には当時の自分も見えてきます。こう書くとオーバーなと笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲が絡んで聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。これが、何の脈絡もない曲で並んだ「ビルボードナンバーワンソングリレー」の醍醐味でもあるのです。そして、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。
 1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。
 他にもまだドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 このページは2012年の全米ナンバーワンソングを紹介します。約20年ぶりにリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが、「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボードナンバーワンソング! 今まではレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、ネット時代の昨今、日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かな(笑)

 なお、ビールボードのネット上でのランキング発表は、1週間前の木曜日に発表されます。たとえば2015年4月25日付のチャートであれば4月16日に発表されることになります。

Billboard.com|2015/04/21更新|

Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです。
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks *最新チャートにてランク中
Top100 年間チャートの順位

Peak 2011/01/07-01/14 ♪♪
Song Sexy And I Know It / LMFAO
Writter Stefan Gordy, Skyler Gordy, Jamahl Listenbee, Eric Beck, G.M.Robertson, Kenneth Oliver
Action 10(2011/10/08)、6、4、4、4、3、2、2、2、2、2、2、2、1、1、2、5、7、9、
                                    4(2012/02/25)
Weeks 42
Top100 No.13 2012

 後年になって、「不運な2位」の仲間入りを果たしそうなアクションでしたが、年明け彼らにとって2曲目のナンバーワンに輝きました。個人的には「Party Rock Anthem」の方が好きですねぇ。この曲のヒットに引っ張られて先にトップの座についた「Party〜」が再びトップ10入りしています。

10/10から11/19までの7週間連続でTop10内2曲同時ランクイン。

LMFAO.com

Top10内同時ランクイン
YEAR
2011
2012
MONTH
Oct
Nov
Dec
Jan
DAY
8
15
22
29
5
12
19
10
7
14
21
Party Rock...
4
5
6
9
10
8
10
10
9
6
9
Sexy...
10
6
4
4
4
3
2
2
1
1
2

 



☆SORRY FOR PARTY ROCKING
♪Party Rock Anthem / LMFAO featuring Lauren Bennett & GoonRock(1位)
♪Sexy And I Know It / LMFAO(1位)





Peak 2011/11/12-12/31、2012/01/21-01/28 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song We Found Love / Rihanna featuring Calvin Harris
Writter Calvin Harris
Action 9(2011/10/15)、7、6、2、1、1、1、1、1、1、1、1、2、2、1、1、2、3、4、6、8、6、10(2012/03/17)
Weeks 39
Top100 No.69 2011/No.8 2012
 前の曲でも書きましたが、リアーナにとって10曲目となるポジションとなりました。すごいなぁと思いつつも、振り返って聞いてみると、インパクトがあったのは「Umbrella」ぐらいです。私には。
 でも、まぁ、9週間もトップに居座り続けると、そのメロディは妙に耳に馴染んでくるもので、どこかの国の使い捨ての曲と違って、その歌いっぷりやサビなんかが耳に馴染んでくることは確かです。2012年に入って再びトップの座に返り咲きました。

 久々に10週(非連続ながら)にわたりトップの座を走っています。

Rihanna.com


☆TALK THAT TALK
♪We Found Love / Rihanna featuring Calvin Harris (1位)
★リアーナ・ナンバーワン・リスト(2006-2011)
♪SOS (2006)
♪Umbrella / Rihanna featuring Jay-Z (2007)
♪Take A Bow (2008)
♪Disturbia (2008)
♪Live Your Life / T.I. featuring Rihanna (2008)
♪Rude Boy (2010)
♪Love The Way You Lie / Eminem featuring Rihanna (2010)
♪What's My Name? / Rihanna featuring Drake (2010)
♪Only Girl/ Rihanna (2010)
♪S & M / Rihanna featuring Britney Spears (2011)
♪We Found Love / Rihanna featuring Calvin Harris (2011)


Peak 2012/02/04-02/11 ♪♪
Song Set Fire To The Rain / Adel
Writter Adele Adkins, Fraser T. Smith
Action 7(2012/01/07)、8、4、2、1、1、2、2、2、2、3、3、4、6(2012/04/07)
Weeks 42
Top100 No.12 2012

 当初はスタジオアルバム『21』からのカットでしたが、途中からライヴアルバムからのカットになりました。近々グラミーもあるので、そうした変化を狙ったのでしょうか。きっとグラミーも総なめでしょう!

 グラミー効果で3/3付けのチャート、Top10内にかつてのシングルが再びチャートインするというとんでもないことが起きています。

2012/03/03
No2 ; Set Fire To The Rain
No5 ; Rolling In The Deep
No7 ; Someone Like You


☆LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL
♪Set Fire To The Rain (1位)


Peak 2012/02/18-02/25、03/10 ♪♪♪
Song (Stronger) What Doesn't Kill You / Kelly Clarkson
Writter Jorgen Elofsson, Ali Tamposi, David Gamson, Greg Kurstin
Action 8(2012/02/04)、2、1、1、4、1、2、2、2、2、5、8、9、10、10、10(2012/05/19)
Weeks 37
Top100 No.7 2012

iTunes Session

★ケリー・クラークソン・ナンバーワン・リスト(2002-2012)
♪A Moment Like This / Kelly Clarkson (2002)
♪My Life Would Suck Without You (2009)
(Stronger) What Doesn't Kill You (2012)


Peak 2012/03/03 ♪
Song Part Of Me / Katy Perry
Writter Katy Perry, Bonnie McKee, Lukasz Gottwald, Max Martin, Henry Walter
Action 1(2012/03/03)、4、5、10、10、8、8、9、10(2012/04/28)
Weeks 21
Top100 No.31 2012
 

グラミー賞で初披露したそうで、初登場1位。


☆TEENAGE DREAM(1位、2010/09/11)
♪California Gurls / Katy Perry featuring Soop Dogg(1位)
♪Teenage Dream (1位)
♪Firework (1位)
♪E.T. / Katy Perry featuring Kanye West (1位)
♪Last Friday Night (1位)
♪The One That Got Away (3位)
♪Part Of Me(1位)
♪Wide Awake(2位)

★ケティ・ペリー・ナンバーワン・リスト(2008-2012)
♪I Kissed A Girl (2008)
♪California Gurls / Katy Perry featuring Soop Dogg (2010)
♪Teenage Dream (2010)
♪Firework (2010/2011)
♪E.T. / Katy Perry featuring Kanye West (2011)
♪Last Friday Night (2011)
♪Part Of Me (2012)


Peak 2012/03/17-04/21 ♪♪♪♪
Song We Are Young / fun. featuring Janelle Monae
Writter Nate Ruess, Andrew Dost, Jack Antonoff, Matthias Bell, Samuel Means
Action 3(2012/02/25)3、6、3、1、1、1、1、1、1、2、2、2、3、3、4、4、5、7、7、8(2012/06/30)
Weeks 42
Top100 No.3 2012
 41位からポーンとランクインした久々のロックバンドの(でも)バラード。ビートルズの「A Day In The Life」のように2つの曲を繋いだような、まったく雰囲気の異なる展開が面白い曲。




Peak 2012/04/28-06/16 ♪♪♪♪♪♪♪ Year End No.1 of 2012
Song Somebody That I Used to Know / Gotye featuring Kimbra
Writter Nate Ruess, Andrew Dost, Jack Antonoff, Matthias Bell, Samuel Means
Action 9(2012/03/17)、5、5、4、3、2、1、1、1、1、1、1、1、1、1、2、2、3、3、3、4、5、6、6、6(2012/08/25)
Weeks 59
Top100 No.1 2012
 久しぶりに繰り返し繰り返し聞きたくなってしまう曲。年間チャートの第1位になりました。




Peak 2012/06/23-08/04 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Call Me Baby / Carly Rae Jepsen
Writter Carly Rae Jepsen, Josh Ramsay, Tavish Crowe
Action 10(2012/04/21)、10、8、7、5、4、4、2、2、2、1、1、1、1、1、1、1、1、1、3、4、6、10(2012/09/15)
Weeks 49
Top100 No.2 2012
 


Peak 2012/08/25、9/15 ♪♪
Song Whistle / Flo Rida
Writter Tramar Dillard, David Glass, Marcus Killian, Justin Franks, Breyan Isaac, Antonio Mobley
Action 7(2012/07/28)、6、4、3、1、2、2、1、3、4、6、8(2012/10/13)
Weeks 29
Top100 No.17 2012
 イントロの口笛が印象的なナンバー。外出先のBGMなんかでよく耳にします。



Peak 2012/09/01-09/08、09/22 ♪♪♪
Song We Are Never Ever Getting Back Together / Taylor Swift
Writter Taylor Swift, Max Martin, Shellback
Action 1(2012/09/01)、1、2、1、2、4、4、5、5、4(2012/11/03)、5(2012/11/17)、7、9(2012/12/01)
Weeks 24
Top100 No.33 2012

 初登場72位からジャンプアップしていきなりナンバーワンです。カントリーシンガー(というカテゴリーに「一応」分類されています)のこのポジションはケニー・ロジャースの♪Island In The Streem以来。

2012/10/13
No4 ;We Are Never Ever Getting Back Together
No7 ; Begin Again

2012/10/20
No5 ;We Are Never Ever Getting Back Together
No6 ; Red

11月10日付のビルボードでは、アルバムが初登場1位になっていますが、それに合わせて(というのかなぁ)Hot100にシングルが5曲チャートインしています。


No11 ;We Are Never Ever Getting Back Together
No44 ;22
No65 ;I Almost Do
No80 ;All Too Well
No91 ; Stay Stay Stay

 

RED (1位、2012/11/10-11/24、12/22-2013/01/12 ♪♪♪♪♪♪)
♪We Are Never Ever Getting Back Together (1位)
♪Begin Again (7位)
♪I Knew You Were Trouble (2位)
♪22 (44位)
♪All Too Well (80位)
♪Stay Stay Stay (91位)
♪Red (6位)



Peak 2012/09/29-11/24 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song One More Night / Maroon 5
Writter Adam Levine, Shellback, Max Martin, Savan Kotecha
Action 9(2012/09/01)、4、3、2、1、1、1、1、1、1、1、1、1、2、3、4、5、5、7、7、9(2013/01/19)
Weeks 42
Top100 No.18 2012
 

惜しくも「Payphone」ではナンバーワンを逃してしまいましたが、同じアルバムからの2ndシングルで見事に1位。9週連続(11/24付)は、2012年最長記録となっています。

2012/09/01
No7 ; Payphone / featuring Wiz Khalifa
No9 ; One More Night

Maroon5.com


OVEREXPOSED (2位)
♪ Payphone / featuring Wiz Khalifa(2位)
♪ One More Night (1位)
★マルーン5 ナンバーワン・リスト(2007-2012)
♪Makes Me Wonder (2007)
♪Moves Like Jagger / Maroon 5 featuring Christina Aguilera(2011)
♪One More Night / Maroon 5 (2012)


Peak 2012/12/01-12/15 ♪♪♪
Song Diamonds/Rihanna
Writter Sia Furler, Benjamin Levin, Mikkel S. Eriksen, Tor E. Hermansen, Jessica Ashley
Action 8(2012/11/03)、5、4、2、1、1、1、2、2、2、3、2、5、8、8(2013/02/09)
Weeks 26
Top100 No.94 2012/No.27 2013
 2010年以来、久しぶりの完全ソロの楽曲で1位です。2012年に入ってから2曲目、通算12曲目。偉大なシンガー、ホイットニー・ヒューストンの持つ記録を抜いてマドンナと並びました。女性アーティストの歴代1位はマライア・キャリーの18曲(歴代1位はビートルズの20曲)ですが、はたして私は何曲口ずさめる曲があるでしょうか。ちょっと自信がありません(笑)。つまりは曲が良くてヒットする、という時代ではないことの象徴のような気がします。何年もたっても忘れ去られることのない曲なのかどうなのか。チャート上では面白いんですけどね。

Rihanna.com


☆UNAPOLOGETIC (1位、12/08 ♪)
♪We Found Love / Rihanna featuring Calvin Harris (1位)
★リアーナ・ナンバーワン・リスト(2006-2012)
♪SOS (2006)
♪Umbrella / Rihanna featuring Jay-Z (2007)
♪Take A Bow (2008)
♪Disturbia (2008)
♪Live Your Life / T.I. featuring Rihanna (2008)
♪Rude Boy (2010)
♪Love The Way You Lie / Eminem featuring Rihanna (2010)
♪What's My Name? / Rihanna featuring Drake (2010)
♪Only Girl/ Rihanna (2010)
♪S & M / Rihanna featuring Britney Spears (2011)
♪We Found Love / Rihanna featuring Calvin Harris (2011)

♪Diamonds (2012)


Peak 2012/12/22-2013/01/26 ♪♪♪♪
Song Locked Out Of Heaven / Bruno Mars
Writter Mark Ronson, Jeff Bhasker, Emile Haynie, Bruno Mars, Philip Lawrence, Ari Levine
Action 7(2012/11/10)、6、4、4、2、1、1、1、1、1、1、2、2、2、2、7、9、9、10(2013/03/23)
Weeks 35

 曲調といいサウンドといい、まるでポリスの「Massage In A Bottle」のような曲です。こうした歌い方(ソウルフルな)は、スティングやコリン・ヘイなどを思い浮かべてしまいますが、♪Somebody That I Used to Knowをヒットさせたゴーティエとも似ているかも(と、思うのは私だけ?)。で、ブルーノ・マーズにとって4曲目のナンバーワンソング。

2/23から3/23までの7週間連続でTop10内2曲同時ランクイン。

Bruno Mars.com

Top10内同時ランクイン
YEAR
2012
MONTH
Feb
Mar
DAY
23
02
09
16
23
...Heaven
2
7
3
3
3
...Your Man
9
8
9
9
10


☆UNORTHDOX JUKEBOX (2位)
♪Locked Out Of Heaven (1位)
♪When I Was Your Man (1位)



★ブルーノ・マーズ ナンバー・ワン・リスト(2010-2012)
♪Nothin' On You / B.o.B featuring Bruno Mars (2010)
♪Just The Way You Are (2010)
♪Grenade (2010)
♪Locked Out Of Heaven (2012)


年間チャート2012
YE
HP
WK
Songs / Airtists
1
1
59
Somebody That I Used to Know / Gotye featuring Kimbra
2
1
49
Call Me Baby / Carly Rae Jepsen
3
1
42
We Are Young / fun. featuring Janelle Monae
4
2
31
Payphone/Maroon 5 featuring Wiz Khalifa
5
2
57
Lights / Ellie Goulding
6
2
42
Mirrors / Justin Timberlake
7
1
37
(Stronger) What Doesn't Kill You / Kelly Clarkson
8
1
39
We Found Love / Rihanna featuring Calvin Harris
9
5
31
Starships / Nicki Minaj
10
4
34
What Makes You Beautiful / One Direction
YE: Year End / HP: High Posision / WK: Weeks



 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。 

さて、コチラ(2012)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。