iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。現在はiPod Classicに入れて流していますが、ジャケット表示が小さくて、なんだか物足りなさも感じてます…)。

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは昭和時代の1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。
  その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務めるラジオ日本(AM1422kHz)「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京(FM80.0MHz)でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。湯川さんの番組はFEN(AM810kHz)でもオン・エアしてましたね。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。

 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがポップス、たかがヒットチャートですが、その時その時代に流行っていた曲を耳にするだけで、時代が見えてくる。そして個人的にも当時の自分も見えてきます。
  こう書くと「そんなオーバーな!」と笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲との絡みまでもが聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。

  これが、曲同士、アーティスト同士が何の脈絡もない曲の並んだ「ビルボード・ナンバー・ワン・ソング・リレー」の醍醐味でもあるのです。そうすることで、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。

  他にもまだチャート上のドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 さて、このページは1997年の全米ナンバーワンソング10曲を紹介します。1994年と同じく10曲のシングルですが、暮れのエルトン・ジョンの曲が2曲(両A面扱い)で認定されているので、レコードの枚数では2002年と同じ9枚で、最もナンバーワンソングの少ない一年になりました。

2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえば最新チャートは2021年6月5日です。発表は6月1日(最新の1位はコチラ)。
Billboard.com|2021/06/05更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)

 

Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャートの順位

Peak 1996/12/07 - 1997/02/15 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Un-Break My Heart / Toni Braxton
Writter Diane Warren
Action 9(1996/11/02)、5、3、3、2、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
2、2、3、3、4、5、7、9、9(1997/04/19)
Weeks 42(No.22 ; 1996/10/26 - No.47 ; 1997/08/09)
Top100 No.81 1996/No.4 1997

Taken from Album SECRETS



 ダイアン・ウォーレンは本当に良い曲を書きます。1996年度2曲目のナンバーワンです。22位からのジャンプアップ。


☆SECRETS(2位
♪You're Makin' Me High(1位)
♪Un-Break My Heart(1位)
♪I Don't Want To(19位)
♪Love Me Some Him(19位)
♪How Could an Angel Break My Heart/ Toni Braxton with Kenny G


Toni Braxton.com

★トニ・ブラクストン・ナンバーワン・リスト(1996-1997)
♪You're Makin' Me High (1996)
♪Un-Break My Heart (1997)

★ダイアン・ウォーレン・ナンバーワン・リスト(1988-1997)
♭Nothings Gonna Stop Us Now / Starship (1987)
♭Look Away / Chicago (1988)
♭When I See You Smile / Bad English (1989)
♭Blame It On The Rain / Milli Vanilli(1989)
♭Love Will Lead You Back / Taylor Dayne
♭Because You Loved Me / Celine Dion (1996)
♭Unbreak My Heart / Toni Braxton (1996/1997)









Peak 1997/02/22 - 03/15♪♪♪♪
Song Wanna Be/ Spice Girls
Writter Matt Rowe, Richard Stannard, Victoria Beckham, Emma Bunton, Melanie Brown,
Melanie Chisholm, Geri Halliwell
Action 6(1997/02/01)、4、2、1、1、1、1、
           2、2、2、2、3、5、6、10(1997/05/10)
Weeks 23(No.11 ; 1997/01/25 - No.45 ; 1997/06/28)
Top100 No.10 1997

Taken from Album SPICE



 なんと言ってもこの曲(グループ)の話題に事欠かないのは、メンバーの一人がヴィクトリア・ベッカムということでしょうか。あのイングランド出身のサッカー選手、ベッカムの奥様。歌はノリノリ

Spice Girls.com

☆SPICE(1位、1997/05/24 - 06/14、07/12
♪Wannabe(1位)
♪Say You'll Be There(3位)
♪Have You Ever?(4位)









Peak 1997/03/22 - 04/26 ♪♪♪♪
Song Can't Nobody Hold Me Down/ Puff Daddy featuring Mase
Writter Sean"Puffy"Combs, Steve Jordan, Carlos Broady, Nasheim Myrick, Mason Betha, Greg Prestopino, Matthew Wilder, Sylvia Robinson, Melvin Glover, Clifton Chase, Edward Fletcher
Action 7(1997/02/08)、5、3、3、2、2、1、1、1、1、1、1、
                     2、3、7、10(1997/05/24)
Weeks 28(No.32 ; 1997/01/25 - No.45 ; 1997/06/28)
Top100 No.5 1997

Taken from Album NO WAY OUT



 たくさんの名前を持つパフ・ダディの本名はショーン・コムズ(Sean Combs)。いちおうソングライターには本名でクレジットを入れていますが、後にはパフだったり、ピーだったり。この曲にはマシュー・ワイルダーの懐かしい曲がサンプリングされています。

Sean Combs.com

☆NO WAY OUT(1位、08/09、08/23 - 08/30、09/13♪♪♪♪
♪Can't Nobody Hold Me Down/ Puff Daddy featuring Mase(1位)
♪I'll Be Missing You/ Puff Daddy & Faith Evans featuring 112(1位)
♪Been Around The World/ Puff Daddy featuring The Notorious B.I.G. & Mase(2位)
♪Victory/ Puff Daddy featuring The Notorious B.I.G. & Busta Rhymes)(19位)

1997年度第40回グラミー
♪Best Rap Album
♪Best Rap Performance By A Duo Or Group
  ; I'll Be Missing You / Puff Daddy & Faith Evans featuring 112









Peak 1997/05/03 - 05/17 ♪♪♪
Song Hypnotize/ The Notorious B.I.G.
Writter Sean "Puffy" Combs, Deric Angelettie, Ron Lawrence, Christopher Wallace, Andy Armer,
Randy Badazz Alpert
Action 2(1997/04/26)、1、1、1、2、2、4、5(1997/06/14)
Weeks 20(No.2 ; 1997/04/26 - No.80 ; 1997/09/06)
Top100 No.25 1997

Taken from Album LIFE AFTER DEATH



 ソングライターのSean "Puffy" Combsはパフ・ダディ。アーティストだけみていると気づきませんが、この曲をもって前曲のCan't Nobody Hold Me Downを追い越しは、同一アーティストによるナンバーワン交代という記録が生まれたことになります。

Sean Combs.com

☆LIFE AFTER DEATH(1位、04/12 - 05/03♪♪♪♪)
♪Mo Money Mo Problems / The Notorious B.I.G. featuring Puff Daddy & Mase(1位)
♪Hypnotize / The Notorious B.I.G.(1位)
♪Sky's the Limit / The Notorious B.I.G. featuring 112)(26位)



★パフ・ダディ(P.ディディ)・ナンバーワン・リスト(1997)
♪Can't Nobody Hold Me Down / Puff Daddy featuring Mase(1997)
♭Hypnotize / The Notorious B.I.G.(1997)
♪I'll Be Missing You / Puff Daddy & Faith Evans featuring 112 (1997)








Peak 1997/05/24 - 06/07 ♪♪♪
Song MMMBop/ Hanson
Writter Isaac Hanson, Taylor Hanson, Zachary Hanson
Action 6(1997/05/10)、2、1、1、1、2、2、2、2、3、4、5(1997/07/26)
Weeks 22(No.16 ; 1997/05/03 - No.50 ; 1997/09/27)
Top100 No.12 1997

Taken from Album MIDDLE OF NOWHERE



 久々に兄弟グループの出現でした(笑)

Hanson.com

☆MIDDLE OF NOWHERE(2位
♪MMMBop(1位)
♪I Will Come To You(9位)










Peak 1997/06/14 - 08/23 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song I'll Be Missing You/ Puff Daddy & Faith Evans featuring 112
Writter Sting, T.Gaither, Faith Evans
Action 1(1997/06/14)、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
                 2、3、7、6、7、9(1997/10/04)
Weeks 33(No.1 ; 1997/06/14 - No.46 ; 1998/01/24)
Top100 No.3 1997

Taken from Album NO WAY OUT



 サミュエル・バーバーの「弦楽のためのアダージョ」がイントロ部分に使われ、ポリスの「見つめていた」をサンプリングに使った曲。初登場1位! アーティストとして開花したパフ・ダディがチャートに旋風を巻き起こした元年といえるのではないでしょうか。9/13〜9/27にかけてTOP10内に3曲ランクインするなど、その人気ぶりは本物!

1997/09/13
No1 ; Honey / Mariah Carey
No2 ; Mo Money Mo Problems / The Notorious B.I.G. featuring Puff Daddy & Mase
No7 ; I'll Be Missing You / Puff Daddy & Faith Evans featuring 112

1997/09/20
No1 ; Honey / Mariah Carey
No4 ; Mo Money Mo Problems / The Notorious B.I.G. featuring Puff Daddy & Mase
No6 ; I'll Be Missing You / Puff Daddy & Faith Evans featuring 112

1997/09/27
No1 ; Honey / Mariah Carey
No6 ; Mo Money Mo Problems / The Notorious B.I.G. featuring Puff Daddy & Mase
No7 ; I'll Be Missing You / Puff Daddy & Faith Evans featuring 112

Sean Combs.com

☆NO WAY OUT(1位、08/09、08/23 - 08/30、09/13♪♪♪♪
♪Can't Nobody Hold Me Down/ Puff Daddy featuring Mase(1位)
♪I'll Be Missing You/ Puff Daddy & Faith Evans featuring 112(1位)
♪Been Around The World/ Puff Daddy featuring The Notorious B.I.G. & Mase(2位)
♪Victory/ Puff Daddy featuring The Notorious B.I.G. & Busta Rhymes)(19位)

1997年度第40回グラミー
♪Best Rap Album
♪Best Rap Performance By A Duo Or Group
  ; I'll Be Missing You / Puff Daddy & Faith Evans featuring 112


★パフ・ダディ(P.ディディ)・ナンバーワン・リスト(1997)
♪Can't Nobody Hold Me Down / Puff Daddy featuring Mase(1997)
♭Hypnotize / The Notorious B.I.G.(1997)
♪I'll Be Missing You / Puff Daddy & Faith Evans featuring 112 (1997)
★スティング・ナンバーワン・リスト(1983-1997)
♪Every Breath You Take / The Police (1983)
♪Money For Nothing / Dire Straits (1985)
♪All For You / Bryan Adams, Rod Stewart, Sting (1994)
♭I'll Be Missing You / Puff Daddy & Faith Evans featuring 112 (1997)








Peak 1997/08/30 - 09/06 ♪♪
Song Mo Money Mo Problems/ The Notorious B.I.G. featuring Puff Daddy & Mase
Writter Bernard Edwards, Mason Betha, Nile Rodgers, Steven Jordan, Sean Combs, Christopher Wallace
Action 4(1997/08/02)、2、2、2、1、1、2、4、6、6、8、10(1997/10/18)
Weeks 30(No.4 ; 1997/08/02 - No.44 ; 1998/02/21)
Top100 No.20 1997

Taken from Album LIFE AFTER DEATH



 サンプリングのおかげでシックのナイル・ロジャース&バーナード・エドワードらの名前がクレジットされています。また、Sean "Puffy" Combsはパフ・ダディ。アーティストだけみていると気づきませんが、この曲をもって前曲のCan't Nobody Hold Me Downを追い越しは、同一アーティストによるナンバーワン交代という記録が生まれたことになります。

Sean Combs.com

☆LIFE AFTER DEATH(1位、04/12 - 05/03♪♪♪♪)
♪Mo Money Mo Problems / The Notorious B.I.G. featuring Puff Daddy & Mase(1位)
♪Hypnotize / The Notorious B.I.G.(1位)
♪Sky's the Limit / The Notorious B.I.G. featuring 112)(26位)



★パフ・ダディ(P.ディディ)・ナンバーワン・リスト(1997)
♪Can't Nobody Hold Me Down / Puff Daddy featuring Mase(1997)
♭Hypnotize / The Notorious B.I.G.(1997)
♪I'll Be Missing You / Puff Daddy & Faith Evans featuring 112 (1997)
♪Mo Money Mo Problems / The Notorious B.I.G. featuring Puff Daddy & Mase (1997)
★ナイル・ロジャース&バーナード・エドワード・ナンバーワン・リスト(1978-1997)
♪Le Freak / Chic (1978)
♪Good Times / Chic (1979)
♭Upside Down / Diana Ross (1980)
♭Mo Money Mo Problems / The Notorious B.I.G. featuring Puff Daddy & Mase (1997)









Peak 1997/09/13 - 09/27 ♪♪♪
Song Honey/ Mariah Carey
Writter Mariah Carey, Puff Daddy, Stevie J, Q-Tip (The Ummah), Bobby Robinson,
Stephen Hague, Ronald Larkins, Malcolm McLaren, Larry Price
Action 1(1997/09/13)、1、1、2、5、5、6、9(1997/11/01)
Weeks 20(No.1 ; 1997/09/13 - No.46 ; 1998/01/24)
Top100 No.32 1997

Taken from Album BUTTERFLY



 初登場1位。ソングライターの中にパフ・ダディ(ショーン・コムズ)の名前が見られますが、8月9日から4週に渡りパフ・ダディ関連の楽曲が1、2位を独占しました。また、6月14日から16週間にわたりパフの楽曲がトップにとどまり、1997年は、まさに彼の才能が花開いた年になりました。また、この曲でビルボード誌史上初三度目の同一アーティストによるナンバーワン交代という記録が生まれました。


☆BUTTERFLY(1位、1997/10/04♪)
♪Honey(1位)
♪Butterfly
♪The Roof
♪Breakdown / Mariah Carey featuring Krayzie Bone & Wish Bone
♪My All(1位)


Mariah Carey.com

★マライア・キャリー・ナンバーワン・リスト(1990-1997)
♪Vision Of Love(1990)
♪Love Takes Time (1990)
♪Someday (1991)
♪I Don't Wanna Cry (1991)
♪Emotions (1991)
♪I'll Be There (1992)
♪Dreamlover (1993)
♪Hero (1993/1994)
♪Fantasy (1995)
♪Always Be My Baby (1996)
♪Honey (1997)
★パフ・ダディ(P.ディディ)・ナンバーワン・リスト(1997)
♪Can't Nobody Hold Me Down / Puff Daddy featuring Mase(1997)
♭Hypnotize / The Notorious B.I.G.(1997)
♪I'll Be Missing You / Puff Daddy & Faith Evans featuring 112 (1997)
♪Mo Money Mo Problems / The Notorious B.I.G. featuring Puff Daddy & Mase (1997)
♭Honey / Mariah Carey (1997)





Peak 1997/10/04
Song 4 Seasons Of Loneliness/ Boyz II Men
Writter James Harris III, Terry Lewis
Action 2(1997/09/27)、1、2、2、4、4、4、4、7、8(1997/11/29)
Weeks 20(No.2 ; 1997/09/27 - No.44 ; 1998/02/07)
Top100 No.30 1997

Taken from Album EVOLUTION



 初登場2位で、翌週トップの座へ。

Boyz II Men.com

☆EVOLUTION(1位、10/11♪)
♪4 Seasons of Loneliness(1位)
♪A Song for Mama(7位)
♪Can't Let Her Go
♪Doin' Just Fine


★ボーイズ II メン・ナンバーワン・リスト(1990-1997)
♪End Of The Road(1992)
♪I'll Make Love To You (1994)
♪On Bended Knee(1994)
♪One Sweet Day / Mariah Carey & Boyz II Men(1995/1996)
4 Seasons Of Loneliness (1997)

★ジェームズ・ハリス・ナンバーワン・リスト(1990-1997)
♭Escapade / Janet Jackson(1990)
♭That's The Way Love Goes (1993)
4 Seasons Of Loneliness / Boyz II Men (1997)

★テリー・ルイス・ナンバーワン・リスト(1986-1997)
♭When I Think Of You / Janet Jackson(1986)
♭Human / Human League(1986)
♭Miss You Much / Janet Jackson(1989)
♭Escapade / Janet Jackson(1990)
♭Romantic / Karyn White(1991)
♭That's The Way Love Goes / Janet Jackson(1993)
♭Again / Janet Jackson(1993)
♭On Bended Knee / Boyz II Men (1994/1995)
4 Seasons Of Loneliness / Boyz II Men (1997)

 






Peak 1997/10/11 - 1998/01/09 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ Year End No.1 of 1997
Song Candle In The Wind 1997/
Something About The Way You Look Tonight / Elton John
Writter Elton John, Bernie Taupin
Action 1(1997/10/11)、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
                        3、5、10(1998/01/30)
Weeks 42(No.1 ; 1997/10/11 - No.49 ; 1998/07/25)
Top100 No.1 1997、No.8 1998




初登場1位で登場、その後14週に渡りトップの座をキープした曲で、年が明けてからも2週間ナンバーワンでした。

 2010年現在、3700万枚という桁外れのセールスを記録し、もっとも売れたシングルとなったこの曲は、1997年8月31日にパパラッチに追われて不慮の事故死をとげた元プリンセスダイアナを追悼してライヴ・レコーディング(プロデュースはジョージ・マーティン)された古い曲です。

 もともとは1973年にマリリン・モンローに捧げられ、邦題も「風の中の灯のように」と名付けられていた曲でしたが、今回は一部歌詞を替えて歌われました。それほどエルトンにとってダイアナは大切な友人だったのです。

♪Goodbye Norma Jean, though I never knew you at all
の部分を
♪Goodbye England's rose, may you ever grow in our hearts


と替えています。



Elton John.com

★エルトン・ジョン・ナンバーワン・リスト(1973-1997)
♪Crocodile Rock / Elton John(1973)
♪Bennie And The Jets (1974)
♪Lucy In The Sky With Diamonds (1974)
♪Whatever Gets You Thru The Night / John Lennon with Elton John (1974)
♪Philadelphia Freedom (1975)
♪Island Girl (1975)
♪Don't Go Breaking My Heart / Elton John with Kiki Dee (1976)
♪That's What Friends Are For / Dionne & Friends(1986)
♪Don't Let The Sun Go Down On Me / George Michael with Elton John (1992)
♪Candle In The Wind 1997/Something About The Way You Look Tonight (1997)

★バーニー・トーピン・ナンバーワン・リスト(1973-1997)
♭Crocodile Rock / Elton John(1973)
♭Bennie And The Jets / Elton John(1974)
♭Philadelphia Freedom / Elton John (1975)
♭Island Girl (1975)
♭Don't Go Breaking My Heart / Elton John with Kiki Dee (1976)
♭We Built This City / Starship (1985)
♭These Dreams / Heart (1986)
♭Don't Let The Sun Go Down On Me / George Michael with Elton John (1992)
♭Candle In The Wind 1997/Something About The Way You Look Tonight (1997)







1997年度第40回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; Sunny Came Home/Shawn Colvin
♪Album Of The Year ; Time Out Of Mind/Bob Dylan
♪Song Of The Year ; Sunny Came Home/Shawn Colvin
♪Best New Artist ;Paula Cole
 

久々にボブ・ディランが年間最優秀賞を受賞しました。「楽曲」でショーン・コルヴィンが独占した形になりました。



 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。さて、コチラ(1997)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。


もどる|1997年レビュー|アルバムチャート

home(一番星のなる木)