iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。現在はiPod Classicに入れて流していますが、ジャケット表示が小さくて、なんだか物足りなさも感じてます…)。


 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは昭和時代の1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。
  その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務めるラジオ日本(AM1422kHz)「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京(FM80.0MHz)でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。湯川さんの番組はFEN(AM810kHz)でもオン・エアしてましたね。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。

 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがポップス、たかがヒットチャートですが、その時その時代に流行っていた曲を耳にするだけで、時代が見えてくる。そして個人的にも当時の自分も見えてきます。
  こう書くと「そんなオーバーな!」と笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲との絡みまでもが聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。

  これが、曲同士、アーティスト同士が何の脈絡もない曲の並んだ「ビルボード・ナンバー・ワン・ソング・リレー」の醍醐味でもあるのです。そうすることで、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲

というようにリレーで聴くからこそ醍醐味があり、時代を知る意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。

  他にもまだチャート上のドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 このページでは1992年の全米ナンバーワンソングを紹介します。

 2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえば最新チャートなら2021年4月24日、発表は4月20日となります(最新の1位はコチラ)。



Billboard.com|2021/04/24更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)


Peak ナンバーワンの期間(♪ひとつが1週間、5週目毎に、第1週目のみBillboad.com)
Song 曲目 / アーティスト(オフィシャル・ビデオ)
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャートの順位



Peak 1991/12/07 - 1992/01/18 ♪♪♪♪♪♪
Song Black Or White/ Michael Jackson
Writter Michael Jackson, Bill Bottrell
Action 3(1991/11/30)、1、1、1、1、1、1、1、4、9(1992/02/01)
Weeks 20(No.35 ; 1991/11/23 - No.83 ; 1992/04/04)
Top100 No.14 1992

Taken from Album DANGEROUS


 ビートルズが1969年にリリースした「Get Back」以来、リリース3週目(初登場は35位)にトップの座につきました。1960年代としては驚異的なスピードで、まだシングルの初登場1位はなかったような時代の出来事として語り継がれている記録です。

 ビデオがゴドレー&クリーム。そのビデオでは、イントロ部分にカルキン君、そのカルキン君がノリノリになってエア・ギターを弾いている音が、当時Guns N' Rosesのギタリストだったスラッシュという豪華な組み合わせでした。ちなみにラップと、リードギターはプロデューサーのビル・ボトレル。


☆DANGEROUS(1位、1991/12/14 - 01/04 ♪♪♪♪)
♪Black Or White(1位)
♪Remember The Time(3位)
♪In The Closet(6位)
♪Jam(26位)
♪Who Is It(14位)
♪Heal The World(27位)
♪Give In To Me
♪Will You Be There(7位)
♪Gone Too Soon

Michael Jackson.com

★マイケル・ジャクソン・ナンバーワン・リスト(1970-1991)
♪Want You Back / The Jackson 5 (1970)
♪ABC / The Jackson 5 (1970)
♪The Love You Save / The Jackson 5 (1970)
♪I'll Be There / The Jackson 5 (1970)
♪Ben (1972)
♪You Haven't Done Nothin' / Stevie Wonder featuring The Jackson 5 (1974)
♪Don't Stop 'Til You Get Enough (1979)
♪Rock with You (1980)
♪Billie Jean (1983)
♪Beat It (1983)
♪Say Say Say / Paul McCartney & Michael Jackson (1983)
♪I Just Can't Stop Loving You / Michael Jackson & Siedah Garrett (1987)
♪Bad (1987)
♪The Way You Make Me Feel(1988)
♪Man In The Mirror(1988)
♪Dirty Diana(1988)
♪Black Or White(1991)





Peak 1992/01/25
Song All 4 Love/ Color Me Badd
Writter Keith Sweat, Roy Murray
Action 7(1991/11/30)、5、5、3、3、3、2、2、1、3、5、6、9、10(1992/02/29)
Weeks 28(No.37 ; 1991/11/09 - No.48 ; 1992/05/16)
Top100 No.9 1992

Taken from Album CMB



 白人黒人の混合コーラスグループColor Me Badd。略してCMB。それだけでも話題性が十分ですが、それをとっても余るほどの実力の持ち主だからこそ、いきなりのデビューアルバムから1位2曲、2位1曲という驚異のヒットを放つことができたのではないでしょうか? 前作の曲より私はこちらの曲の方が好きですね。

Color Me Badd.com

☆C.M.B.(3位
♪I Wanna Sex You Up(2位)
♪I Adore Mi Amor (1位)
♪All 4 Love(1位)
♪Thinkin' Back(16位)
♪Slow Motio(18位)









Peak 1992/02/01
Song Don't Let The Sun Go Down On Me/ George Michael & Elton John
Writter Elton John, Bernie Taupin
Action 8(1992/01/11)、4、3、1、3、4、6、7(1992/02/29)
Weeks 20(No.72 ; 1991/12/07 - No.57 ; 1992/04/18)
Top100 No.26 1992




 ジョージ・マイケル名義(彼のライヴ・パフォーマンスからのカット)です。エルトンがオリジナルでシングルカットしたのは1974年。その時は2位まで上り詰めました。



George Michael.com

★ジョージ・マイケル・ナンバーワン・リスト(1984-1992)
♪Wake Me Up Before You Go-Go / Wham ! (1984)
♪Everything She Wants / Wham ! (1984)
♪I Knew You Were Waiting (For Me) / Aretha Franklin & George Michael(1987)
♪Faith (1987/1988)
♪Praying For Time (1990)
♪Don't Let The Sun Go Down On Me / George Michael with Elton John(1992)

Elton John.com

★エルトン・ジョン・ナンバーワン・リスト(1973-1992)
♪Crocodile Rock / Elton John(1973)
♪Bennie And The Jets (1974)
♪Lucy In The Sky With Diamonds (1974)
♪Whatever Gets You Thru The Night / John Lennon with Elton John (1974)
♪Philadelphia Freedom (1975)
♪Island Girl (1975)
♪Don't Go Breaking My Heart / Elton John with Kiki Dee (1976)
♪That's What Friends Are For / Dionne & Friends(1986)
♪Don't Let The Sun Go Down On Me / George Michael with Elton John (1992)


★バーニー・トーピン・ナンバーワン・リスト(1973-1992)
♭Crocodile Rock / Elton John(1973)
♭Bennie And The Jets / Elton John(1974)
♭Philadelphia Freedom / Elton John (1975)
♭Island Girl (1975)
♭Don't Go Breaking My Heart / Elton John with Kiki Dee (1976)
♭We Built This City / Starship (1985)
♭These Dreams / Heart (1986)
♭Don't Let The Sun Go Down On Me / George Michael with Elton John (1992)








Peak 1992/02/08 - 02/22 ♪♪♪
Song I'm Too Sexy/ Right Said Fred
Writter Fred Fairbrass, Richard Fairbrass, Rob Manzoli
Action 10(1992/01/25)、6、1、1、1、2、2、2、5、5、6、8(1992/04/11)
Weeks 21(No.67 ; 1991/12/21 - No.35 ; 1992/05/09)
Top100 No.13 1992

Taken from Album UP



 危険な香りがプンプン、いやビデオの方が。曲はノリノリのディスコサウンドといったところでしょうか? このビートに酔いしれた人々がどれだけいたことか!

|Right Said Fred.com|

☆UP(46位
♪I'm Too Sexy(1位)
♪Don't Talk Just Kiss(76位)
♪Deeply Dippy
♪Those Simple Things/Daydream









Peak 1992/02/29 - 03/14 ♪♪♪
Song To Be With You/ Mr.Big
Writter Eric Martin, David Grahame
Action 8(1992/02/08)、5、2、1、1、1、2、4、5(1992/04/04)
Weeks 24(No.82 ; 1991/12/21 - No.48 ; 1992/05/30)
Top100 No.12 1992

Taken from Album LEAN INTO IT



 そんじょそこらのHR/HMのバラードとは違うアレンジ(エレアコではなくアコギだし。ちゃんと弾ける人じゃないと音出ないし)で、その差を見せつけてくれた1曲じゃないでしょうか? これとよく似たタイプの曲がエクストリームのMore Than Wordsです。

|Mr.Big.com|

☆LEAN INTO IT(15位
♪To Be With You(1位)
♪Just Take My Heart(16位)









Peak 1992/03/21 - 04/18 ♪♪♪♪
Song Save The Best For Last/ Vanessa Williams
Writter Phil Galdston, Wendy Waldman, Jon Lind
Action 5(1992/03/07)、4、1、1、1、1、1、2、2、3、4、7、10(1992/05/30)
Weeks 27(No.92 ; 1992/02/01 - No.47; 1992/08/01)
Top100 No.4 1992

Taken from Album THE COMFORT ZONE



 エキゾチックな雰囲気を持つ女優としても活動しているヴァネッサの歌唱の素晴らしさを堪能できるシングルです。

|Vanessa Williams.com|

THE COMFORT ZONE(17位
♪Running Back to You(18位)
♪The Comfort Zone(62位)
♪Save The Best For Last(1位)
♪Just for Tonight(11位)
♪Work To Do(52位)








Peak 1992/04/25 - 06/13 ♪♪♪♪♪♪♪
Song Jump/ Kris Kross
Writter Anthony'Treach'Ciss
Action 3(1992/04/18)、1、1、1、1、1、1、1、1、3、4、4、7(1992/07/11)
Weeks 21(No.61 ; 1992/04/04 - No.46; 1992/08/22)
Top100 No.3 1992

Taken from Album TOTALLY KROSSED OUT



 

|Kris Kross.com|

☆TOTALLY KROSSED OUT(1位、1992/05/23、06/06♪)
♪Jump(1位)
♪Warm It Up(13位)
♪I Missed The Bus(63位)








Peak 1992/06/20 - 06/27 ♪♪
Song I'll Be There / Mariah Carey
Writter Berry Gordy, Bob West, Hal Davis, Willie Hutch
Action 4(1992/06/06)、2、1、1、2、2、2、5(1992/07/25)
Weeks 20(No.13 ; 1992/05/30 - No.41; 1992/10/17)
Top100 No.16 1992

Taken from Album MTV UNPLUGGED



 マライアの流行りのアコースティック・ライヴ(MTVアンプラグド)からのシングルで、オリジナルはジャクソン5のナンバーワン・ソング。少年の声を思わせます。カバーでナンバー・ワンを取りに来たっ、てところでしょうか(笑)



☆MVP UNPLUGGED (3位
♪Make It Happen(5位)
♪I'll Be There / Mariah Carey featruing Trey Loren(1位)

Mariah Carey.com

★マライア・キャリー・ナンバーワン・リスト(1990-1994)
♪Vision Of Love(1990)
♪Love Takes Time (1990)
♪Someday (1991)
♪I Don't Wanna Cry (1991)
♪Emotions (1991)
♪I'll Be There (1992)





Peak 1992/07/04 - 08/01 ♪♪♪♪
Song Baby Got Back/ Sir Mix-a-Lot
Writter Sir Mix-a-Lot
Action 5(1992/05/30)、5、4、2、2、1、1、1、1、1、2、4、5、5、8(1992/09/05)
Weeks 28(No.75 ; 1992/04/11 - No.41; 1992/10/17)
Top100 No.2 1992

Taken from Album MACK DADDY



 ラッパーソング。のちに♪Anaconda (ニッキー・ミナージュ)がサンプリングで使用して、こちらは2位まで上り詰めました。

|Sir Mix-a-Lot.com|

☆MACK DADDY (9位
♪Baby Got Back(1位)
♪One Time's Got No Case








Peak 1992/08/08
Song This Used to Be My Playground/ Madonna
Writter Madonna, Shep Pettibone
Action 7(1992/07/18)、2、2、1、3、3、4、5(1992/09/05)
Weeks 20(No.35 ; 1992/07/04 - No.88; 1992/11/14)
Top100 No.21 1992

Taken from Album
THE IMMACULATE COLLECTION



 マドンナ人気は衰えることなく、圏外17位から7位へとジャンプアップしてのTop10入り。トム・ハンクスとジーナ・デイビスの映画『プリティ・リーグ』のエンドタイトル曲です。いちおうマドンナも出演し、エンドタイトルであるこの曲も提供しています。しかしサントラには収録されてなかったのですが、1995年のバラードばかりを集めたベスト盤に収録されました。



☆THE IMMACULATE COLLECTION(2位
♪Justify My Love/ Madonna(1位)


Madonna.com

★マドンナ・ナンバーワン・リスト(1985-1991)
♪Like A Virgin(1985)
♪Crazy for You(1985)
♪Live To Tell (1986)
♪Papa Don't Preach (1986)
♪Open Your Heart (1987)
♪Who's That Girl (1987)
♪Like A Prayer (1989)
♪Vogue (1990)
♪Justify My Love (1991)
♪This Used To Be My Playground (1992)





Peak 1992/08/15 - 11/07 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Song End Of The Road/ Boyz II Men
Writter Kenneth'Babyface' Edmonds, Antonio'L.A.'Reid, Daryl Simmons
Action 8(1992/08/01)、4、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、
2、4、6、10(1992/12/05)
Weeks 32(No.53 ; 1992/07/18 - No.45; 1993/02/20)
Top100 No.1 1992

Taken from Album THE BODYGUARD

Boyz II Men.com

 堂々1992年のチャート1位となったバラードは、このあと常連となるボーイズ・トゥ・メンにとっての初のポジション。ソングライターのベビーフェースにとっては2曲目。 エディ・マーフィ主演の映画『ブーメラン』 の挿入曲です。連続14週間トップの座に居座り続けました。その間TLCのBaby-Baby-Babyが6週間2位、Patty Smyth with Don HenleyのSometimes Love Just Ain't Enoughが6週間2位につけながらも牙城を崩すことができずに力つきてしまいました。

☆BOOMERANG(4位
♪Give U My Heart / Babyface featuring Toni Braxton
♪I'd Die Without You / P.M.Dawn(3位)
♪End Of The Road / Boyz II Men(1位)
♪Love Shoulda Brought You Home / Toni Braxton

1993年度第36回グラミー
♪Best R&B Performance By A Duo or Group With Vocal ; End Of The Road/Boyz II Men
♪Best R&B Song ; End Of The Road/Babyface, Daryl Simmons, L.A. Reid


★ベビーフェース・ナンバーワン・リスト(1990-1992)
♪I'm Your Baby Tonight(1990)
♪End Of The Road/ Boyz II Men(1992)








Peak 1992/11/14 - 11/21 ♪♪
Song How Do You Talk To An Angel/ The Heights
Writter Steve Tyrell, Barry Coffing, Stephanie Tyrell
Action 6(1992/10/24)、4、2、1、1、2、4、5、6、9(1992/12/26)
Weeks 20(No.48 ; 1992/10/03 - No.75; 1993/02/13)
Top100 No.59 1992

Taken from Album THE BODYGUARD


 テレビ・ミュージカル・ドラマ『ザ・ハイツ 青春のラプソデイー』の主題曲。ギターワークは、セッション・ミュージシャンのマイケル・ランドゥ。下記に、これまで彼が参加したシングルのナンバー・ワン・ソングを調べてみました。

Michael Landau.com

★マイケル・ランドゥ・ナンバーワン・リスト(1987-1992)
♪Hold On to the Nights/ Richard Marx(1987)
♪Heaven Is a Place on Earth/ Belinda Carlisle (1987)
♪Satisfied/ Richard Marx(1989)
♪How Am I Supposed to Live Without You/ Michael Bolton(1990)
♪Emotion/ Mariah Carey(1991)








Peak 1992/11/28 - 1993/02/27 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ Year End No.1 of 1993
Song I Will Always Love You/ Whitney Houston
Writter Dolly Parton
Action 1(1992/11/28)、
      1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、2、7(1993/03/13)。
7(2012/02/25)、3(2012/03/03)
Weeks 29(No.40 ; 1992/11/14 - No.49; 1993/05/08。
  No.7 ; 2012/02/25 - No.30 ; 2012/03/10)
Top100 No.1 1993

Taken from Album THE BODYGUARD



 ケビン・コスナー主演の映画『ボディガード 』のヒットのおかげもあって、なんと14週連続のナンバーワンという大ヒット。オリジナルはドリー・パートンが1974年に書いたカントリーで、ホイットニーが朗々と歌い上げています。ヒットに関係なく、この歌唱力には多くの人に聴いてもらいたい歌声です。なお、ドリーのオリジナルはカントリー・チャートでナンバーワンになっています。
 Top10圏内初登場1位(前週12位からのジャンプアップ)。また、同時にサントラからシングルカットされたI'm Every WomanもTop10入りし、ホイットニーの曲が1ヶ月に渡り2曲同時にランクインしました。

 2012年2月25日付のチャートにホイットニーの死(2012年2月11日)を受けて20年振りにランクインしました。

☆THE BODYGUARD
1位、1992/12/12-1993/03/06、
    04/03、04/17-05/01、05/15-05/29 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

♪I Will Always Love You / Whitney Houston (1位)
♪I Have Nothing / Whitney Houston (4位)
♪I'm Every Woman / Whitney Houston (4位)
♪Queen Of The Night / Whitney Houston
♪Run To You / Whitney Houston (31位)
♪Someday (I'm Coming Back) / Lisa Stansfield
♪It's Gonna Be A Lovely Day (34位)

1993年度第36回グラミー
♪Record Of The Year ; I Will Always Love You/ Whitney Houston
♪Album Of The Year ; The Bodyguard
♪Best Pop Vocal Performance, Female ; I Will Always Love You/ Whitney Houston



Whitney Houston.comDolly Parton.com

★ホイットニー・ヒューストン・ナンバーワン・リスト(1985-1990)
♪Saving All My Love For You(1985)
♪How Will I Know (1986)
♪Greatest Love Of All (1986)
♪I Wanna Dance With Somebody (Who Loves Me) (1987)
♪Didn't We Almost Have It All (1987)
♪So Emotional(1988)
♪Where Do Broken Hearts Go(1988)
♪I'm Your Baby Tonight(1990)
♪I Will Always Love You(1992)


1992年度第35回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; Tears In Heaven/Eric Clapton
♪Album Of The Year ; Unplugged
♪Song Of The Year ; Tears In Heaven/Eric Clapton & Will Jennings
♪Best New Artist ;Arrested Development
 



 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。さて、コチラ(1992)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

もどる1992年レビューアルバムチャート

home(一番星のなる木)