私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務める「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように、「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがヒットチャートですが、その時その時に流行っていた曲を聴けば時代が見えてくる。個人的には当時の自分も見えてきます。こう書くとオーバーなと笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲が絡んで聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。これが、何の脈絡もない曲で並んだ「ビルボードナンバーワンソングリレー」の醍醐味でもあるのです。そして、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファアブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。
 1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。
 他にもまだドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 さて、このページは1965年の全米ナンバーワンソングを紹介します。特に後半鳥肌者は、ビートルズ→ストーンズ→シュープリームス→バーズといったバトンタッチでしょうか?

 iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです。

 なお、ビルボードのネット上でのランキング発表は、1週間前の木曜日に発表されます。たとえば2012年11月24日付のチャートであれば11月15日に発表されることになります。(最新のチャートはこちら

Billboard.com|2012/11/15更新|

Peak ナンバーワンの期間
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100圏内のランクイン総週
Top100 年間チャートの順位


Peak 1964/12/26-1965/01/09♪♪♪
Song I Feel Fine / The Beatles
Writter John Lennon, Paul McCartney
Action 5(1964/12/12)、2、1、1、1、2、4(1965/01/23)
Weeks 11
Top100 年間チャートにランクインせず
 この曲はジェフ・ベックがフィードバック奏法を編み出すことになる偶然から生まれたイントロで始まり(効果が面白いのでそのまま使おう、というプロデューサーの意見)、サウンド的にも今までのポップスにはない「作り込まれた」音楽ではないところが受けたのかもしれません。

 1964年はThe Beatles大旋風の一年となり、この年最後のチャートを締めくくったのもThe Beatlesでした。イギリスの彼等(ブリティッシュ・インヴェイション)に対抗したのは、この曲に王座を奪われつつも再び「同じ曲」で返り咲いたThe Suprimes。熾烈なヒットチャート争いが幕を明けた年にもなりました。

-12月26日-
1位; I Feel Fine
4位; She's A Woman

-1月2日-
1位; I Feel Fine
4位; She's A Woman


★ビートルズ・ナンバーワン・リスト(1964-1965)
♪I Want to Hold Your Hand (1964)
♪She Loves You (1964)
♪Can't Buy Me Love (1964)
♪Love Me Do (1964)
♭A World Without Love / Peter & Gordon (1964)
♪A Hard Day's Night (1964)
♪I Feel Fine (1965)


Peak 1964/12/19、1965/01/16♪
Song Come See About Me / The Supremes
Writter Brian Holland, Lamont Dozier, Edward Holland, Jr.
Action 8(1964/12/05)、4、1、2、2、2、1、5、8(1965/01/30)
Weeks 14
Top100 年間チャートにランクインせず
 翌週12/26-01/09までの3週間、The Beatlesの“I Feel Fine”に1位の座を明け渡しましたが、再び1/16に1位返り咲くという人気ぶり。12/5-12/12に掛けて、10/31から4週間ナンバーワンの座についていた「Baby Love」と同時にTop10ランクインとなりました。

-12月5日-
5位; Baby Love
8位; Come See About Me

-12月12日-
4位; Come See About Me
8位; Baby Love


★シュープリームス・ナンバーワン・リスト(1964)
♪Where Did Our Love Go (1964)
♪Baby Love (1964)
♪Come See About Me (1964)


Peak 1965/01/23-01/30♪♪
Song Downtown / Petula Clark
Writter Tony Hatch
Action 5(1965/01/09)、4、1、1、2、2、3、4、10(1965/03/06)
Weeks 15
Top100 No.6 1965
 ♪ダアーゥンタァーン!

 サビのメロディがとてもポップスで、オケとの盛り上がりが心地よいです。

DOWNTOWN



Peak 1965/02/06-02/13 ♪♪
Song You've Lost That Lovin' Feelin' / The Righteous Brothers
Writter Phil Spector, Barry Mann, Cynthia Weil
Action 9(1965/01/09)、5、2、2、1、1、2、2、3(1965/03/06)
Weeks 16
Top100 No.5 1965
 ウォール・オブ・サウンドのフィル・スペクターが楽曲に関わった曲です。確かにヴォーカルを始めとするサウンド全てがスケールの大きな曲。メロディそのものも大らかな香り。

 ライチャス・ブラザースといえば、この曲よりも映画『ゴースト』で使われた「」の方が日本では人気があるようです。

YOU'RE LOST THAT LOVIN' FEELIN'


Peak 1965/02/20-02/27 ♪♪
Song This Diamond Ring / Gary Lewis & The Playboys
Writter Al Kooper, Bob Brass, Irwin Levine
Action 7(1965/01/30)、4、3、1、1、2、4、8、10(1965/03/27)
Weeks 12
Top100 No.17 1965
 アル・クーパーといったら、ボブ・ディランの『追憶のハイウェイ61』や、マイク・ブルームフィールドとの『セッション』といった、ブルースよりの、どちらかといえば玄人好みのサウンドと思っていましたが、まさかここで全米ナンバーワンのお仕事をしていたとは!(笑) キャッチーなメロディーで再び驚愕です! でもバックのキーボードなど、ちゃんと本人の主張をしてます(笑)
THIS DIAMOND RING


Peak 1965/03/06
Song My Girl / The Temptations
Writter Smokey Robinson Ronald White
Action 8(1965/02/06)、5、4、3、1、2、7、9(1965/03/27)
Weeks 13
Top100 No.10 1965
 テンプテーションズの代名詞といったらこの曲かなぁ。

THE TEMPTATIONS SING SMOKEY

☆THE TEMPTATIONS SING SMOKEY(35位)
♪Baby, Baby I Need You
♪My Girl(1位)
♪It's Growing(18位)
♪What Love Has Joined Together


Peak 1965/03/13-03/20 ♪♪
Song Eight Days A Week / The Beatles
Writter John Lennon, Paul McCartney
Action 5(1965/03/06)、1、1、4、7(1965/04/03)
Weeks 10
Top100 No. 1965
 ビートルズ旋風は翌年も止まらず・・・

★ビートルズ・ナンバーワン・リスト(1964-1965)
♪I Want to Hold Your Hand (1964)
♪She Loves You (1964)
♪Can't Buy Me Love (1964)
♪Love Me Do (1964)
♭A World Without Love / Peter & Gordon (1964)
♪A Hard Day's Night (1964)
♪I Feel Fine (1965)
♪Eight Days A Week(1965)


Peak 1965/03/27-04/03 ♪♪
Song Stop! In The Name Of Love / The Supremes
Writter Brian Holland, Lamont Dozier, Edward Holland
Action 3(1965/03/13)、2、1、1、2、2、5、10(1965/05/01)
Weeks 12
Top100 No.20 1965
 


☆MORE HITS BY THE SUPREMES(6位)
♪Stop! In The Name Of Love (1位)
♪Back in My Arms Again (1位)
♪Nothing But Heartaches (11位)
★シュープリームス・ナンバーワン・リスト(1964-1965)
♪Where Did Our Love Go (1964)
♪Baby Love (1964)
♪Come See About Me (1964)
♪Stop! In The Name Of Love (1965)
★ホーランド=ドジャー=ホーランド・ナンバーワン・リスト(1964-1965)
♭Where Did Our Love Go / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Baby Love / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Come See About Me / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Stop! In The Name Of Love / Diana Ross & The Supremes(1965)


Peak 1965/04/10-04/17 ♪♪
Song I'm Telling You Now / Freddie & The Dreamers
Writter Freddie Garrity, Mitch Murray
Action 3(1965/04/03)、1、1、3、4、8(1965/05/08)
Weeks 11
Top100 No.42 1965
 古き良きアメリカ! という雰囲気をもったポップス。途中のギターのストロークもいい。

I'M TELLING YOU NOW


Peak 1965/04/24 ♪
Song Game Of Love / Wayne Fontana & The Mindbenders
Writter Clint Ballard, Jr.
Action 7(1965/04/10)、3、1、2、4(1965/05/08)
Weeks 11
Top100 No.34 1965
 前後のポップな曲に挟まれて(私の中でも)印象の薄い(笑)曲ですが、イントロなどのサウンドは玄人好みのサウンド。とはいえ、途中のダンサブルな転調は「ダンス・ミュージック」を意識したようなテンポ。
GAME OF LOVE


Peak 1965/05/01-05/15 ♪♪♪
Song Mrs. Brown, You've Got a Lovely Daughter / Herman's Hermits
Writter Trevor Peacock
Action 2(1965/04/24)、1、1、1、2、4、6(1965/05/08)
Weeks 11
Top100 No.19 1965
 バックでひたすら聞こえてくるリズム・ギターのサウンドがいい。

♪カッカラ カッカラ カッカラ カッカラ ・・・・

映画『レッツ・ゴー! ハーマンズ・ハーミッツ』の主題曲。

-4月24日-
2位; Mrs. Brown, You've Got a Lovely Daughter
10位; Silhouettes

-5月1日-
1位; Mrs. Brown, You've Got a Lovely Daughter
8位; Silhouettes



Peak 1965/05/22 ♪
Song Ticket To Ride / The Beatles
Writter John Lennon, Paul McCartney
Action 3(1965/05/08)、3、1、2、5、9(1965/06/12)
Weeks 11
Top100 No.31 1965
 この曲がビートルズのオリジナルだと知ったのは、初めてカレン・カーペンターの歌声で聞いてからずっと後のことです。カレンの滑らかな歌声と比べると、リードを取っているジョンの声のなんと濁声かと(笑)

★ビートルズ・ナンバーワン・リスト(1964-1965)
♪I Want to Hold Your Hand (1964)
♪She Loves You (1964)
♪Can't Buy Me Love (1964)
♪Love Me Do (1964)
♭A World Without Love / Peter & Gordon (1964)
♪A Hard Day's Night (1964)
♪I Feel Fine (1965)
♪Eight Days A Week(1965)
Ticket To Ride(1965)


Peak 1965/05/29-06/05 ♪♪
Song Help Me, Rhonda / The Beach Boys
Writter Brian Wilson, Mike Love
Action 6(1965/05/15)、4、1、1、5、7、9(1965/06/26)
Weeks 14
Top100 No.11 1965
 1985年のライヴ・エイドのステージでも披露してくれたビーチ・ボーイズの代表曲。軽いサウンド、絶妙のコーラス。ビーチ・ボーイズ・ワールド全開といった曲。


☆TODAY!(6位)
♪When I Grow Up (To Be A Man) (9位)
♪Help Me, Rhonda (1位)
♪Dance, Dance, Dance (8位)
★ビーチ・ボーイズ・ナンバーワン・リスト(1964-1956)
♪I Get Around (1964)
♪Help Me, Rhonda (1965)


Peak 1965/06/12
Song Back In My Arms Again / The Supremes
Writter Brian Holland, Lamont Dozier, Edward Holland
Action 6(1965/05/22)、3、3、1、5(1965/06/19)
Weeks 11
Top100 No.37 1965

 火照った体を冷ましてくれるような爽やかな香りのするメロディとサウンド。


☆THE SUPREMES SING HOLLAND-DOZIER-HOLLAND(6位)
♪You Keep Me Hangin' On (1位)
♪Love Is Here And Now You're Gone (1位)
★シュープリームス・ナンバーワン・リスト(1964-1965)
♪Where Did Our Love Go (1964)
♪Baby Love (1964)
♪Come See About Me (1964)
♪Stop! In The Name Of Love (1965)
♪Back In My Arms Again (1965)
★ホーランド=ドジャー=ホーランド・ナンバーワン・リスト(1964-1965)
♭Where Did Our Love Go / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Baby Love / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Come See About Me / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Stop! In The Name Of Love / Diana Ross & The Supremes(1965)
♭Back In My Arms Again / Diana Ross & The Supremes(1965)


Peak 1965/06/19、07/03 ♪♪
Song I Can't Help Myself / The Four Tops
Writter Brian Holland, Lamont Dozier, Edward Holland
Action 7(1965/06/05)4、1、2、1、2、2、3、6、9(1965/08/07)
Weeks 14
Top100 No.2 1965
 Holland-Dozier-Hollandのチームによる2曲(週)連続のナンバーワン。Lennon-McCartney来の快挙となりました。しかし、1、2位独占には到らず。当時のヒットチャートのめまぐるしさを感じさせます(逆に達成することが難しいということ)。

☆FOUR TOPS' SECOND ALBUM(20位
♪I Can't Help Myself (1位)
♪It's the Same Old Song(5位)
★ホーランド=ドジャー=ホーランド・ナンバーワン・リスト(1964-1965)
♭Where Did Our Love Go / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Baby Love / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Come See About Me / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Stop! In The Name Of Love / Diana Ross & The Supremes(1965)
♭Back In My Arms Again / Diana Ross & The Supremes(1965)
♭I Can't Help Myself / The Four Tops(1965)


Peak 1965/06/26 ♪
Song Mr. Tambourine Man / The Byrds
Writter Bob Dylan
Action 6(1965/06/12)2、1、3、3、9(1965/07/24)
Weeks 13
Top100 No.25 1965


☆MR.TAMBOURINE MAN(6位)
♪Mr.Tambourine Man(1位)
♪All I Really Want To Do(40位)


Peak 1965/07/10-07/31 ♪♪♪♪
Song (I Can't Get No) Satisfaction / The Rolling Stones
Writter Mick Jagger, Keith Richards
Action 4(1965/06/26)、2、1、1、1、1、2、2、6(1965/08/21)
Weeks 14
Top100 No.3 1965

 ストーンズ初の全米ナンバーワン。邦題が「サティスファクション」と名付けられたことから、多くの誤解を招いた曲。

「満足できない!」
I can't get no satisfacitonなのに!


☆OUT OF OUR HEADS(1位)
♪(I Can't Get No) Satisfaction(1位)
♪The Last Time(9位)
♪Play With Fire(96位)


Peak 1965/08/07 ♪
Song I'm Henery the Eighth, I Am / Herman's Hermits
Writter Robert Patrick Weston
Action 3(1965/07/17)、2、2、1、4、6(1965/08/21)
Weeks 10
Top100 No.19 1965


Peak 1965/08/14-08/28 ♪♪♪
Song I Got You Babe / Sonny & Cher
Writter Sonny Bono
Action 5(1965/08/07)、1、1、1、6、7、9(1965/09/18)
Weeks 14
Top100 No.16 1965
 1974年の「Dark Lady」以来のナンバーワンです。Billboardにランクされた曲以外は聞いていないので、この25年の隔たりによる音楽性の変化にはビックリしました。歌手と言うよりも女優として最初に存在を知ったので、バーバラ・ストライザンドとシェールを同じ感じに思っていたりしています。性格は(たぶん)全然違うと思いますが。

 この曲は1999年のグラミーにおいて「Best Dance Recording」を受賞したりなんかしていますが、年間チャートでも堂々の1位になりましたが、最初に火が付いたのは英国で(歴代1位のシングルセールス)、アメリカではもっとも高齢(でも52歳だ)な女性アーティストになっています。アルバムもシェールにとって最高位に達しました。

Cher.com


☆LOOK AT US(2位)
♪I Got You Babe(1位)
♪Why Don't They Let Us Fall In Love(2位)
♪Just You(20位)
♪Sing C'est La Vie
♪The Letter(75位)


Peak 1965/09/04-09/18 ♪♪♪
Song Help! / The Beatles
Writter John Lennon, Paul McCartney
Action 3(1965/08/21)、2、1、1、1、5(1965/09/25)
Weeks 13
Top100 No.7 1965
 ジョンの私情を色濃く反映させた歌詞にもかかわらず、当時の取り巻きは全く気付かなかったという曲。明るい曲調から言っても、アイドル視されていた彼らのことなど、周囲は誰も気にも止めていなかったのでしょう。


★ビートルズ・ナンバーワン・リスト(1964-1965)
♪I Want to Hold Your Hand (1964)
♪She Loves You (1964)
♪Can't Buy Me Love (1964)
♪Love Me Do (1964)
♭A World Without Love / Peter & Gordon (1964)
♪A Hard Day's Night (1964)
♪I Feel Fine (1965)
♪Eight Days A Week(1965)
♪Ticket To Ride(1965)
♪Help!(1965)


Peak 1965/09/25 ♪
Song Eve Of Destruction / Barry McGuire
Writter P.F.Sloan
Action 9(1965/09/04)、3、2、1、2、4、10(1965/10/16)
Weeks 11
Top100 No.29 1965


Peak 1965/10/02 ♪
Song Hang On Sloopy / The McCoys
Writter Wes Farrell, Bert Russell
Action 7(1965/09/18)、2、1、2、3、6、9(1965/10/30)
Weeks 14
Top100 No.30 1965
HANG ON SLOOPY


Peak 1965/10/09-10/30 ♪♪♪♪
Song Yesterday / The Beatles
Writter John Lennon, Paul McCartney
Action 3(1965/10/02)、1、1、1、1、3(1965/11/06)
Weeks 11
Top100 ランクインせず
 「もっともカヴァー数の多い曲」と、ギネスにも登録されている名曲中の名曲。アイドルだった彼ら(というのりポール)の、類い希なる作曲能力の高さが大噴出した曲。それを証明するかのように、先のギネス記録。もっとも、この曲を作曲したポールが、プロデューサのジョージ・マーティンに「マントヴァーニーはイヤだ」といってフルオーケストラによるアレンジを拒んだそう。それに答えてマーティンが施したのが弦楽四重奏による伴奏。今風に言えばビートルズ・フューチャリング・ポール・マッカートニーとなっていたはずです。ポール以外、レコーディングに参加しておらず。


★ビートルズ・ナンバーワン・リスト(1964-1965)
♪I Want to Hold Your Hand (1964)
♪She Loves You (1964)
♪Can't Buy Me Love (1964)
♪Love Me Do (1964)
♭A World Without Love / Peter & Gordon (1964)
♪A Hard Day's Night (1964)
♪I Feel Fine (1965)
♪Eight Days A Week(1965)
♪Ticket To Ride(1965)
♪Help!(1965)
♪Yesterday(1965)


Peak 1965/11/06-11/13 ♪♪
Song Get Off Of My Cloud / The Rolling Stones
Writter Mick Jagger, Keith Richards
Action 4(1965/10/23)、3、1、1、3、5(1965/11/27)
Weeks 12
Top100 ランクインせず


☆DECEMBER'S CHILDREN(4位)
♪Get Off Of My Cloud(1位)
♪As Tears Go By(6位)
★ローリング・ストーンズ・ナンバーワン・リスト(1965-1965)
♪(I Can't Get No) Satisfaction(1965)
♪Get Off Of My Cloud (1965)


Peak 1965/11/20-11/29♪♪
Song I Hear A Symphony / The Supremes
Writter Brian Holland, Lamont Dozier, Edward Holland, Jr.
Action 5(1965/11/13)、1、1、2、2、5(1965/12/18)
Weeks 10
Top100 ランクインせず
 クラップが良い味を出しているミドルテンポの曲。ビートルズに対抗しえるアメリカ代表だったシュープリームスの初ナンバーワンソング。この年はビートルズに引っ張られるようにして、ナンバーワンヒットが計3曲も誕生します。

 シュープリームスの楽曲は、ほとんどがHolland/Dozier/Holland Jr.の三人によるもので、まるでレノン/マッカートニーのようなソングライターチームです。



Peak 1965/12/04-12/18 ♪♪♪♪
Song Turn! Turn! Turn! / The Byrds
Writter Pete Seeger
Action 6(1965/11/20)、2、1、1、1、2、4、9(1965/12/25)
Weeks 14
Top100 ランクインせず


☆TURN! TURN! TURN!(17位)
♪Turn! Turn! Turn! (1位)
♪Set You Free This Time(63位)
♪It Won't Be Wrong


Peak 1965/12/25♪
Song Over And Over / The Dave Clark Five
Writter Bobby Day, Mike Smith
Action 10(1965/12/04)、5、2、1、5、6(1966/01/14)
Weeks 12
Top100 年間チャートにランクインせず
  Nエルヴィスを意識したようなコーラスワークとでも言ったら良いでしょうか。繰り返し繰り返し(まさにオーバーアンドオーバー)のメロディに陶酔しそうなポップソングです。もっと長いのが聴きたい!(笑)

★ボビー・ヴィントン・ナンバーワン・リスト(1962-1964)
♪Roses Are Red(1962)
♪Blue Velvet (1963)
♪There! I've Sait It Again (1964)
♪Mr. Lonely (1964)


 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。 

さて、コチラ(1965)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。


もどるhome|1965年レビュー|

1965年度第8回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; A Taste Of Honey/Herb Alpert
♪Album Of The Year ; September Of My Years/Frank Sinatra
♪Song Of The Year ; The Shadow Of Your Smile/Johnny Mandel & Paul Francis Webste
♪Best New Artist ; Tom Jones