iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。現在はiPod Classicに入れて流していますが、ジャケット表示が小さくて、なんだか物足りなさも感じてます…)。

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは昭和時代の1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。
  その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務めるラジオ日本(AM1422kHz)「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京(FM80.0MHz)でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。湯川さんの番組はFEN(AM810kHz)でもオン・エアしてましたね。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。

 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがポップス、たかがヒットチャートですが、その時その時代に流行っていた曲を耳にするだけで、時代が見えてくる。そして個人的にも当時の自分も見えてきます。
  こう書くと「そんなオーバーな!」と笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲との絡みまでもが聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。

  これが、曲同士、アーティスト同士が何の脈絡もない曲の並んだ「ビルボード・ナンバー・ワン・ソング・リレー」の醍醐味でもあるのです。そうすることで、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。

  他にもまだチャート上のドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 このページでは1961年の全米ナンバーワンソングを紹介します。

  2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえば最新チャートは2020年6月20日です。発表は6月16日(最新の1位はコチラ)。

Billboard.com|2020/06/20更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)


 

Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャートの順位

Peak 1960/11/28-1961/01/02 ♪♪♪♪
Song Are You Lonesome Tonight ? / Elvis Presley
Writter Lou Handman, Roy Turk
Action 2(1960/11/21)、1、1、1、1、1、1、2、2、6、10(1961/01/30)
Weeks 16
Top100 No.96 1961
 35位からジャンプアップで2位へ、2週目でナンバーワンに。アイドル的存在だったエルヴィスから、殺し文句のようなこと歌われちゃー。


Peak 1961/01/09-01/23♪♪♪
Song Wonderland By Night / Bert Kaempfert
Writter Bert Kaempfert
Action 4(1960/12/12)、3、2、2、1、1、1、4、6、8(1961/02/13)
Weeks 17(No.50; 1960/11/14 - No.45; 1961/03/06)
Top100 No.72 1961

 ゆったりとしたトランペットのメロディ。当時の雰囲気が少なからず伝わって来そうな楽曲。邦題は「星空のブルース」なんとなく雰囲気からしても、クラシックのセレナーデやノクターンを連想させます。

 このケンプフェルトはプレスリー(G.I.ブルース)、シナトラ(♪夜のストレンジャー)、ビートルズ(♪マイ・ボニーなどのポリドールセッションのプロデューサー)と関わった唯一のアーティスト(ミュージシャン)です。




Peak 1961/01/30-02/06♪♪
Song Will You Love Me Tomorrow / The Shirelles
Writter Gerry Goffin, Carole King
Action 5(1961/01/09)、4、4、1、1、2、3(1961/02/20)
Weeks 19(No.87; 1960/11/21 - No.42; 1961/03/27)
Top100 No.16 1961
1961/02/25
No3 ; Will You Love Me Tomorrow / The Shirelles
No9 ; Dedicated To The One I Love / The Shirelles


Peak 1961/02/13-02/20 ♪♪
Song Calcutta / Lawrence Welk
Writter Lawrence Welk
Action 5(1961/01/16)、3、2、2、1、1、2、6、8(1961/03/13)
Weeks 17(No.95; 1960/12/12 - No.42; 1961/04/03)
Top100 No.11 1961


Peak 1961/02/27-03/13 ♪♪♪
Song Pony Time / Chubby Checker
Writter Don Covay, John Berry
Action 9(1961/02/13)、4、1、1、1、2、2、4(1961/04/03)
Weeks 16(No.49; 1961/01/23 - No.54; 1961/05/08)
Top100 No.7 1961


Peak 1961/03/20-03/27 ♪♪
Song Surrender / Elvis Presley
Writter Doc Pomus, Mort Shuman
Action 4(1961/02/27)、2、2、1、1、3、7、10(1961/04/17)
Weeks 12(No.24; 1961/02/20 - No.42; 1961/05/08)
Top100 No.51 1961


Peak 1961/04/03-04/17 ♪♪♪
Song Blue Moon / The Marcels
Writter Richard Rodgers, Lorenz Hart
Action 6(1961/03/27)、1、1、1、2、5、5、7(1961/05/15)
Weeks 14(No.87; 1961/03/06 - No.47; 1961/06/05)
Top100 No.40 1961
オリジナルは1934年です。





Peak 1961/04/24 - 05/15 ♪♪♪♪
Song Runaway / Del Shannon
Writter Del Shannon, Max Crook
Action 9(1961/04/03)、4、2、1、1、1、1、2、6(1961/05/29)
Weeks 21(No.77; 1961/03/06 - No.55; 1961/06/26)
Top100 No.5 1961

Taken from Album RUNAWAY WITH DEL SHANNON

Del Shannon.com

 トラヴェリング・ウィルベリーズの一員と噂されつつも、自ら衝撃の幕引きをしてしまったデル唯一の全米ナンバーワンソング。のちのちのことを考えてみれば、同じ時期にはロイ・オービソンもチャートに名を連ね、このあたりに起源があるのかと思い知ることができて、ファンにとっては嬉し楽しやの時期でしたね。



☆RUNAWAY WITH DEL SHANNON
♪Runaway (1位)




Peak 1961/05/22 ♪
Song Mother-in-Law / Ernie K-Doe
Writter Allen Toussaint
Action 9(1961/04/10)、3、3、2、2、2、1、5(1961/05/29)
Weeks 14(No.55; 1961/03/27 - No.46; 1961/06/26)
Top100 No.21 1961
まあ、確かにそうなんでしょうけど、邦題は「ままはは」


Peak 1961/05/29、06/12 ♪♪
Song Travelin' Man / Ricky Nelson
Writter Jerry Fuller
Action 8(1961/05/15)、5、1、2、1、2、5、7(1961/07/03)
Weeks 16(No.55; 1961/04/24 - No.38; 1961/08/07)
Top100 No.23 1961
 1989年に、リッキーの息子たち、すなわちネルソンが同じポジションへ。親子でナンバーワンはフランク & ナンシー・シナトラ、パット & デビー・ブーン、ママス・アンド・パパス & ウィルソンズがいます。

 一旦、ロイ・オービソン(あ〜、いい時代だなぁ!)に王座を明け渡しましたが、再びナンバーワンへ。



Peak 1961/06/05 ♪
Song Running Scared / Roy Orbison
Writter Roy Orbison, Joe Melson
Action 7(1961/05/22)、3、1、3(1961/06/12)
Weeks 17(No.71; 1961/04/10 - No.40; 1961/07/31)
Top100 No.13 1961
 ロイにとっては初の全米チャート制覇となりました。先のデル・シャノンは、このロイ・オービソンの後任としてトラヴェリング・ウィルベリーズに加わる予定でした。


Peak 1961/06/19 ♪
Song Moody River / Pat Boone
Writter Gary D. Bruce
Action 7(1961/06/05)、2、1、3、6、7(1961/07/10)
Weeks 15(No.95; 1961/05/01 - No.36; 1961/08/07)
Top100 No.59 1961
 先のリッキー・ネルソンに続き、親子でナンバーワンになったパット・ブーン。歴史は連なるようにして、この年は、後のつながりを持つアーティスト作品が並びます。デル&ロイしかり。


Peak 1961/06/26-07/03 ♪♪
Song Quarter To Three / Gary U.S. Bonds
Writter Gene Barge, Frank Guida, Joseph Royster
Action 9(1961/06/12)、3、1、1、3、3、3、6(1961/07/31)
Weeks 15(No.99; 1961/05/22 - No.83; 1961/07/31)
Top100 No.31 1961

「ボス」こと、ブルース・スプリングスティーンのライブのアンコールの定番にもなっている「真夜中のロック・パーティ」サックスが軽快に歌うこの曲を聴くと、どうしてもクラレンス・クレモンスの姿が思い浮かべちゃうのは、仕方ないですね(笑)オリジナルのボンズの演奏を聴いても、ブルースがどうステージで料理しているのか、なんとなくわかってしまいます。1978年の演奏は今や伝説とかしています。



Peak 1961/07/10-08/21 ♪♪♪♪♪♪
Song Tossin' And Turnin' / Bobby Lewis
Writter Ritchie Adams, Malou Rene
Action 7(1961/06/19)、4、2、1、1、1、1、1、1、1、2、3(1961/09/04)
Weeks 23(No.91; 1961/04/24 - No.52; 1961/09/25)
Top100 No.1 1961

この時期にしては珍しい23週間チャートにランクインしていました。その甲斐あって年間チャートのナンバーワンにも輝きました。 ビルボードの60周年チャートにも36位に位置しています。



Peak 1961/08/28
Song Wooden Heart (Muss I Denn) / Joe Dowell
Writter Fred Wise, Ben Weisman, Kay Twomey, Bert Kaempfert
Action 9(1961/08/07)、5、2、1、2、6、8(1961/09/18)
Weeks 16(No.98; 1961/06/28 - No.63; 1961/10/09)
Top100 No.10 1961

 作者の一人であるバート・ケンフェルトは、自身の演奏である楽曲が1961年初頭にナンバー・ワンになっているので、今年2曲目のナンバーワンソングとなりました。この曲は元々エルヴィス・プレスリーのために書かれた曲(英国では大ヒット)でしたが、本国ではチャートインしませんでした(記録としては107位…)。この曲は、ジョーをはじめとする多くのアーティストによってカバーされています。

  ジョー・ダウエルの声質は、どことなくエルヴィスに似てなくもないですが… ベースと基調としたアレンジは牧歌的であります。


★バート・ケンフェルト・ナンバーワン・リスト(1961)
Wonderland By Night / Bert Kaempfert(1961)
♭Wooden Heart (Muss I Denn) / Joe Dowell(1961)


Peak

1961/09/04-09/11 ♪♪

Song Michael Row The Boat Ashore / The Highwaymen
Writter traditional
Action 10(1961/06/12) 6、3、3、1、1、2、3、6(1961/10/02)
Weeks 17(No.100; 1961/07/10 - No.62; 1961/10/09)
Top100 No.3 1961
 キャンプなどでは定番となっている(?)名曲。こんなところに原曲(実はこれもカヴァーで、オリジナルとされるのは1867年。口承によって広がった曲)があったなんてねぇ〜、などと妙に懐かしさを憶えてしまいました。邦題は「漕げよマイケル」


Peak 1961/09/18-10/02 ♪♪♪
Song Take Good Care of My Baby / Bobby Vee
Writter Gerry Goffin, Carole King
Action 6(1961/09/04)、2、1、1、1、3、6(1961/10/16)
Weeks 15(No.87; 1961/08/07 - No.54; 1961/11/13)
Top100 No.12 1961


 ゴフィン&キングのソングライター・チームは、1961年に早くも2曲目のナンバーワンソング。



ジェリー・ゴフィン&キャロル・キング・ナンバーワン・リスト(1961)
♭Will You Love Me Tomorrow / The Shirelles
♭Take Good Care of My Baby / Bobby Vee




Peak 1961/10/14-10/21 ♪♪
Song Hit The Road Jack / Ray Charles
Writter Percy Mayfield
Action 4(1961/10/02)、1、1、4、4、4、6、7(1961/11/20)
Weeks 13(No.55; 1961/09/11 - No.47; 1961/12/04)
Top100 No.19 1961


Peak 1961/10/23-10/30 ♪♪
Song Runaround Sue / Dion
Writter Dion DiMucci, Ernie Maresca
Action 4(1961/10/09)、2、1、1、2、2、2、2、4(1961/12/04)
Weeks 14(No.42; 1961/09/25 - No.55; 1961/12/25)
Top100 No.46 1961


Peak 1961/11/06-12/04 ♪♪♪♪
Song Big Bad John / Jimmy Dean
Writter Roy Acuff, Jimmy Dean
Action 8(1961/10/16)、3、3、1、1、1、1、1、2、9(1961/12/18)
Weeks 16(No.53; 1961/10/02 - No.74; 1962/01/20)
Top100 No.86 1961


Peak 1961/12/16♪
Song Please Mr. Postman / The Marvelettes
Writter Georgia Dobbins, William Garrett, Freddie Gorman, Brian Holland, Robert Bateman
Action 9(1961/11/13)、8、3、2、1、2、7(1961/12/25)
Weeks 23(No.95; 1961/09/11 - No.67; 1962/02/10)
Top100 No.14 1961
 私などのように洋楽経験の浅いリスナーにとっては、この曲はカーペンターズ(あるいはビートルズか)が歌ったヴァージョンが最初になるのですが、それよりも10年も前にモータウンでの大ヒットがオリジナル。しかも作者には、後にシュープリームスでヒットを連発するブライアン・ホランドの名前が見えています。


Peak 1961/12/18-1962/01/06♪♪♪
Song The Lion Sleeps Tonight / The Tokens
Writter Solomon Linda, Hugo Peretti, Luigi Creatore, George David Weiss, Albert Stanton
Action 6(1961/12/11)、1、1、1、2、3、6、10(1962/01/20)
Weeks 15(No.55; 1961/11/20 - No.39; 1962/02/24)
Top100 ランクインせず
 本来は1961年の12月までは月曜日が集計発表日(1961/12/25が最終日)になっていたのですが、1962年からは土曜日に振り返られました。そのためライオンは「寝ている」状態のランキングで、1週間飛んでしまいました。つまり、12/25から12日間チャートが存在せず(本来なら1月1日に発表されるはずだったのに、方針が変わってしまったので)、1962年の初チャート発表が1月6日になったのです。

*Billboard.comのページでも1962年1月1日は以下のようなメッセージが表示されています。

Sorry.
There is no chart data for this week. Please try another, more recent chart.

(現在は1961年以前のチャートに関しても土曜日がチャートの公式なランキングに修正掲載されています)





1961年度第5回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; I Left My Heart In San Francisco/Tony Bennett
♪Album Of The Year ; The First Family/Vaughn Meader
♪Song Of The Year ; What Kind Of Fool Am I/Anthony Newley & Leslie Bricusse
♪Best New Artist ; Robert Goulet

 

 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。さて、コチラ(1961)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

もどる|1961年レビュー|アルバムチャート

home(一番星のなる木)