ようこそ、ホルストの『惑星』のページへ。ここでは、英国の作曲家ホルストが書いた『惑星』についての解説と、各曲のお薦め演奏、ディスクガイドを紹介しています。また、『惑星』に関するニュースや、ホルストの生きていた時代に起きた天文現象をクラシックの世界と平行して年表を作ってみました。そこに何が見えてくるでしょう?
 
メールhome
惑星の曲順について
この組曲について、多くの方が天文や宇宙の世界から誘われて耳にしているのではないでしょうか?或いはオーディオ的な・・・

 ホルストが書いたこの7つの管弦楽組曲に対し、少なくとも誰もが最初に感じる疑問があると思います。それは曲順です。思い出すのは「すい・きん・ち・か・もく・ど・てん・かい・めい」です。これは太陽系のシステム、つまり太陽から近い順に並んだ惑星の名前を覚えるために、多くの人が学校から、家族で習ってのではないでしょうか? しかしホルストの書いた惑星の順番を、同様に言ってみると「か・きん・すい・もく・ど・てん・かい」となります。これは一体どういう並びなのでしょうか? 作曲者の気まぐれ?大きい順?あるいは・・・

 この疑問がすぐに解けた方は、そうとうの星占いマニア!(笑) ホルストが占星術にハマリ、「お気に入りの悪癖」と自ら呼んだ没頭した占星術に答えがあります。占星術と言えば思い出すのは星座、黄道十二宮です。 占星術に必要なアイテムとして十二の星座、正確には十二の宮(領域)があります。肉眼で見る事のできる星座に惑わされて、本来の伝統的な占星術が使用している「宮」とは別物なのですが、ここで黄道十二宮と実際の星座たちの関連を隠すペースは無いので割愛させていただきまず。それを理解していない一派が「十三星座占い」などという滑稽な星座占い(こちらは星座占いと表現した方がよいでしょう)を作り出しました。あくまでも解釈側の一方的な考えで。 話が横道にそれてしまいましたが、この十二宮にはそれぞれ守護星というのがあるそうです。それらを順に並べてみましょう。

守護星
白羊宮
火星
金牛宮
金星
双児宮
水星
巨蟹宮
獅子宮
太陽
処女宮
水星
天蠍宮
火星
天秤宮
金星
人馬宮
木星
磨羯宮
土星
宝瓶宮
天王星
双魚宮
海王星
 白羊宮が最初なのは太陽の通り道である黄道と、天の赤道が交わる春分点が位置していたからです。この春分点を基点し、十二等分すると30度の領域ができ、その「均等な30度の領域が宮」となります。これを1930年に制定された星座の領域に移し替えてしまうと、太陽が通過する期間が全てバラバラになってしまい、結果、「十三星座占い」なんていうのを生んでしまったわけです。

 さて、この守護星の順番に注目してみると、なんとなく答えが見えてきます。最初に火星。ホルストの組曲「惑星」の第1曲です。続いて金星、水星と並んでいきます。組曲の第三曲までが並んでいます。月と太陽は惑星ではないので省かれ、処女宮からは既に適用されている惑星が再び登場しているので更に省きます。すると次は木星、土星、天王星、海王星と並んでいます。つまり、これが(占星術)ホルストの組曲「惑星」の曲順に採用した順番となるのです。 なお、1930年にアメリカの天文学者トンボーが発見した新しい天体の存在も、ホルストの耳に届いていたようですが、彼は書き加えることはありませんでした。 というのも、ホルストがこの組曲を書くに当たって、もっとも影響を受けたとされるアラン・レオ(1860-1917)の著作に当然、冥王星の記述がないからです。

 
 私は星のソムリエとしてカール・セーガン的立場にいるので、あくまでも占星術を話題にするのは「余興」程度であって、占星術が生まれた背景や、その後に辿った歴史に興味はありますが、占星術の解釈に対して、ホルストのように傾倒し、興味があるわけではではありません(笑)。 息子が毎朝テレビの「占い」に一喜一憂する姿を見てニヤニヤするばかり・・・

 

おしまいに…
 この組曲には地球と、当時はまだ発見されていなかった冥王星が作曲されていません。しかし2000年になってこの組曲の最終曲、つまり海王星のあとに“冥王星”を付け加えて演奏される機会が増えてきているようです。

 これはホルストが作曲したものではなく、ケント・ナガノがホルスト協会の会長であるコリン・マシューズに作曲依頼をしてマシューズが書いた曲です。

冥王星-再生をもたらす者
(The Renewer)

 と名づけられた曲は、英国で習慣になりつつあるという噂を聞いていますが、それは全くの別物であり、ホルストの『惑星』として、あるいは海王星の後に続けて(らしい)演奏されるのはどうかと思います。まして冥王星の象徴となっている神話でのプルトーは冥土の神であり、再生は望んでいない(神話の中では死人を生き返らせた医師アスクレピオスを殺害依頼しているぐらい)神です。これは作曲者の研究不足としか言いようがありません。しかし、占星術の世界では、新しい惑星が発見されると、発見された当時の世界観を当てはめ、冥王星は「再生、破壊」という意味をあてはめているんだとか…(はぁそうですか…)
ちなみに、世界初録音は、上記ジャケットのマーク・エルダー指揮、ハレ管弦楽団によるもので、リリース当初はかなり話題に昇ったようですが、私はラトルが指揮したディスクを購入し「とうとう」耳にしてしまいました。

 2006年8月24日に冥王星は、分類上、矮惑星という天体に属することになり(降格という表現をしているところもあった)、惑星から外れてしまいました。今後、マシューズの冥王星は、ボーナスディスクに収められている曲と共にアンコールピースとして演奏したらどうでしょうか。せっかく作曲してくれたんだし。

 
 2007年7月26日の演奏会でとうとう聴く機会を得ました。ホルストと同じ軸で演奏するのはどうかと思いました。やはりアンコールピース(でも海王星の神秘で深遠な宇宙を体験して終わりたい)、いや、前菜として前に演奏した方が良いんじゃないでしょうか、などと思いました。コーラスも入っちゃうけど。
 
 ホルストが作曲していた当時の宇宙観は、それまでの宇宙観とは比べ物にならないほどの広がりと無機質な「空間」に変り果てました。というよりも、人間の叡智によって観測と解釈がなされ、だだっ広い空間だけの姿として解釈され始めました。まだアインシュタインの相対性理論(1905/1916)も、ハッブルの膨張宇宙論(1929)も、ホルストの作曲時期と同じ時間で展開されつつあっただけなので、今現在の私たちの宇宙観には到達していません。
 そんな空虚な空間に嫌気がさして、昔のような人間と宇宙との関わりを求めた結果、天文学には見切りをつけて、昔ながらの天文学(つまり占星術)に興味を持ったホルストの「惑星」は生み出されたのではないでしょうか。
 全体が7つの小品でまとめられたのは、当然、当時の惑星の数であり、海王星のエンディングで女声だけのヴォカリーズを配置したのは、ホルストからさかのぼること900年も前のヒルデガルド・フォン・ビンゲンの「天体のハルモニア」に通じるところがあるように思います。土星の外側の恒星天に天使の存在を見ていたビンゲンの楽曲たちをほうふつとさせるスタイルを海王星に持たせ、人間と宇宙のつながりを求めたのかもしれません。

 

 


組曲の曲順について
 
 
 

背景画像は「Adagio」と書かれていますが、「金星」の直筆譜です。

このページは、元http://homepage.mac.com/tupichan/Planets/Planets.htmlです。

Copyright©tupichan All Rights Reserved.