ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。

 さて、このページでは1995年度のチャートでナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえば最新チャートは2021年5月1日です。発表は4月27日(最新の1位はコチラ)。

Billboard.com|2021/05/01更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)


 

Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Peak 2位に留まった期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
No.1 その時1位だった曲
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャート


Song Candy Rain/ Soul For Real
Writter Ali Shaheed Muhammad, Hamish Stuart, Dwight Myers, Malik Taylor, Owen McIntyre, Samuel Barnes, Jean-Claude Olivier, Terri Robinson
Peak Highest charted position No.2, 1995/03/18 - 04/08♪♪♪♪
Action 7(1995/02/18)、6、4、3、2、2、2、2、3、3、4、6(1995/05/06)
No.1 Take A Bow / Madonna
Weeks 25(No.71 ; 1995/01/07 - No.43 ; 1995/06/24)
Top100 No.25 1995

Taken from Album CANDY RAIN



 Top10圏外14位からランクイン。アダルトコンテンポラリーな曲。ダリリンプル四兄弟によるグループで、リード・シンガーは末子のジェイソン・ダリリンプル(ジャクソンズを彷彿とさせます)。この時はまだ14歳!


☆CANDY RAIN(23位
♪Candy Rain(2位)
♪Every Little Thing I Do(17位)







Song Red Light Special/ TLC
Writter Babyface
Peak Highest charted position No.2, 1995/04/15 - 04/29 ♪♪♪
Action 5(1995/03/18)、4、4、4、2、2、2、3、3、7、8、10(1995/06/03)
No.1 This Is How We Do It/ Montell Jordan
Weeks 22(No.39 ; 1995/03/04 - No.50 ; 1995/07/29)
Top100 No.28 1995

Taken from Album CRAZYSEXYCOOL



 Top10圏外18位からランクイン。

Tionne Watkins.comRozonda Thomas.com

☆CRAZYSEXYCOOL(3位
♪Creep(1位)
♪Red Light Special(2位)
♪Waterfalls(1位)
♪Diggin' On You(5位)

1995年度第38回グラミー
♪Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal :Creep
♪Best R&B Album







Song Freak Like Me/ Adina Howard
Writter Eugene Hanes, Marc Valentine, Loren Hill, William Collins, George Clinton
Peak Highest charted position No.2,1995/05/06 - 05/13 ♪♪
Action 6(1995/04/15)、4、3、2、2、3、5、6、7、8、10、9(1995/07/01)
No.1 This Is How We Do It / Montell Jordan
Weeks 30(No.54 ; 1995/02/11 - No.46 ; 1995/09/02)
Top100 No.13 1995

Taken from Album DO YOU WANNA RIDE?



 Top10圏外12位からランクイン。1位になっていれば、Top10の全てのランクを制覇できたのに。おしかった! しかし、かなーり挑発的なジャケット(とタイトル)じゃありませんか!


☆DO YOU WANNA RIDE?(39位
♪Freak Like Me (2位)
♪My Up and Dow (68位)







Song Water Runs Dry/ Boyz II Men
Writter Babyface
Peak Highest charted position No.2, 1995/06/17
Action 10(1995/05/06)、7、6、3、5、4、2、
            4、6、6、4、4、7、7、9、10(1995/08/19)
No.1 Have You Ever Really Loved A Woman ? / Bryan Adams
Weeks 28(No.38 ; 1995/04/29 - No.50 ; 1995/11/04)
Top100 No.12 1995

Taken from Album II



 Top10圏外38位からランクイン。Babyfaceには残念ながらの、2曲目の2位どまり。

Boyz II Men.com

☆II(1位、1994/09/17 - 09/24、10/08、10/29、1995/03/11♪♪♪♪
♪4 Seasons Of Loneliness(1位)
♪A Song For Mama(7位)
♪I'll Make Love To You(1位)
♪On Bended Knee(1位)

1994年度第37回グラミー
♪Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal ; I'll Make Love To You
♪Best Rhythm & Blues Song ; I'll Make Love To You
♪Best R&B Album 







Song Total Eclipse Of The Heart/ Nicki French
Writter Jim Steinman
Peak Highest charted position No.2, 1995/06/24
Action 8(1995/05/20)、6、4、3、3、2、4、5、5、5、8(1995/07/29)
No.1 Have You Ever Really Loved A Woman ? / Bryan Adams
Weeks 27(No.88 ; 1995/04/01 - No.50 ; 1995/09/30)
Top100 No.19 1995

Taken from Album SECRETS



 Top10圏外16位からランクインしたこの曲は、1983年にボニー・タイラーが全米ナンバーワンに届かせた歌唱で私のお気に入り。そのカヴァーはかなりアップテンポにアレンジされ、オリジナル、カヴァー共に全米1位という記録を作ることはできませんでした。

Nicki French.com

☆SECRETS(151位
♪Total Eclipse Of The Heart(2位)







Song Don't Take It Personal (Just One Of Dem Days) / Monica
Writter Dallas Austin
Peak Highest charted position No.2, 1995/07/01 - 07/08、08/05 ♪♪♪
Action 10(1995/05/27)、7、5、4、3、2、2、3、3、3、2、3、7、8(1995/08/26)
No.1 Have You Ever Really Loved A Woman ? / Bryan Adams
Waterfalls/ TLC
Weeks 29(No.82 ; 1995/04/29 - No.50 ; 1995/09/30)
Top100 No.9 1995

Taken from Album MISS THANG



 Top10圏外22位からランクイン。

Monica.com

☆MISS THANG(36位
♪Don't Take It Personal (Just One Of Dem Days)(2位)
♪Like This and Like That(7位)
♪Before You Walk Out Of My Life(7位)
♪Why I Love You So Much(9位)







Song One More Chance/Stay With Me/
  The Notorious B.I.G. featuring Faith Evans & Mary J.Blige
Writter Mark DeBarge, Bunny DeBarge, El DeBarge,
       Sean Combs, Christopher Wallace, Rashad Smith
Peak Highest charted position No.2, 1995/07/15 - 07/29 ♪♪♪
Action 5(1995/06/24)、3、3、2、2、2、3、5、4、10(1995/08/26)
No.1 Waterfalls/ TLC
Weeks 20(No.5 ; 1995/06/24 - No.57 ; 1995/11/04)
Top100 No.23 1995

Taken from Album READY TO DIE



 豪華で賑やかな共演があり、デバージのStay With Meをサンプリングしましたが、今一歩及ばず…

Faith Evans.comMary J.Blige.com

☆READY TO DIE(15位
♪Juicy(27位)
♪Big Poppa(6位)
♪One More Chance/Stay With Me(2位)





コチラ(1995)ページでは全米ナンバーワンになった曲を紹介しています。

もどる1995年レビュー


home(一番星のなる木)