ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。

さて、このページでは1995年度のチャートでナンバーワンになれなかった7曲を紹介します。

なお、ビルボードのネット上でのランキング発表は、1週間前の木曜日に発表されます。たとえば2012年10月27日付のチャートであれば10月18日に発表されることになります。(最新のチャートはこちら

Billboard.com|2012/10/19更新|

Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Peak 2位に留まった期間
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
No.1 その時1位だった曲
Weeks Hot100圏内のランクイン総週
Top100 年間チャート



Song Candy Rain / Soul For Real
Writter Heavy D & The Boyz, J.C. Olivier, Samuel Barnes, Terri Robinson
Peak Highest charted position No.2, 1995/03/18-04/08♪♪♪♪
Action 7(1995/02/18)、6、4、3、2、2、2、2、3、3、4、6(1995/05/06)
No.1 Take A Bow / Madonna
Weeks 25
Top100 No.25 1995

 Top10圏外14位からランクイン。アダルトコンテンポラリーな曲。ダリリンプル四兄弟によるグループで、リード・シンガーは末子のジェイソン・ダリリンプル(ジャクソンズを彷彿とさせます)。この時はまだ15歳!


CANDY RAIN(23位)
♪Candy Rain(2位)
♪Every Little Thing I Do(17位)
♪If You Want It


Song Red Light Special / TLC
Writter Janet Jackson, James Harris III, Terry Lewis
Peak Highest charted position No.2, 1995/04/15-04/29 ♪♪♪
Action 5(1995/03/18)、4、4、4、2、2、2、3、3、7、8、10(1995/06/03)
No.1 This Is How We Do It / Montell Jordan
Weeks 22
Top100 No.28 1995

 Top10圏外18位からランクイン。


☆CRAZYSEXYCOOL(3位
♪Creep(1位)
♪Red Light Special(2位)
♪Waterfalls(1位)
♪Diggin' On You(5位)

1995年度第38回グラミー賞
♪Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal :Creep
♪Best R&B Album



Song Freak Like Me / Adina Howard
Writter Eugene Hanes, Marc Valentine, Loren Hill, William Collins, George Clinton
Peak Highest charted position No.2,1995/05/06-05/13 ♪♪
Action 6(1995/04/15)、4、3、2、2、3、5、6、7、8、10、9(1995/07/01)
No.1 This Is How We Do It / Montell Jordan
Weeks 30
Top100 No.13 1995

  Top10圏外12位からランクイン。かなーり挑発的なジャケット(とタイトル)じゃありませんか!


☆DO YOU WANNA RIDE?(39位
♪Freak Like Me (2位)
♪My Up and Dow (68位)
♪"It's All About You


Song Water Runs Dry / Boyz II Men
Writter Babyface
Peak Highest charted position No.2, 1995/06/17 ♪
Action 10(1995/05/13)、7、6、3、5、4、2、4、6、6、4、4、7、7、9、10(1995/08/19)
No.1 Have You Ever Really Loved A Woman ? / Bryan Adams
Weeks 28
Top100 No.12 1995

 Top10圏外38位からランクイン。


☆II(1位、1994/09/17-09/24、10/08、10/29、1995/03/11♪♪♪♪
♪4 Seasons Of Loneliness(1位)
♪A Song For Mama(7位)
♪I'll Make Love To You(1位)
♪Water Runs Dry(2位)
♪Can't Let Her Go
♪Doin' Just Fine


Song Total Eclipse Of The Heart / Nicki French
Writter Jim Steinman
Peak Highest charted position No.2, 1995/06/24 ♪
Action 8(1995/05/20)、6、4、3、3、2、4、5、5、8(1995/07/29)
No.1 Have You Ever Really Loved A Woman ? / Bryan Adams
Weeks 27
Top100 No.19 1995

 Top10圏外16位からランクインしたこの曲は、1983年にボニー・タイラーが全米ナンバーワンに届かせた歌唱で私のお気に入り。そのカヴァーはかなりアップテンポにアレンジされ、オリジナル、カヴァー共に全米1位という記録を作ることはできませんでした。


☆SECRETS(151位)
♪Total Eclipse Of The Heart(2位)
♪For All We Know
♪Did You Ever Really Love Me
♪Is There Anybody Out There?
♪Stop! In the Name of Love


Song Don't Take It Personal (Just One Of Dem Days) / Monica
Writter Dallas Austin
Peak Highest charted position No.2, 1995/07/01-07/08、08/05 ♪♪♪
Action 10(1995/05/27)、7、5、4、3、2、2、3、3、3、2、3、7、8(1995/08/26)
No.1 Have You Ever Really Loved A Woman ? / Bryan Adams
Waterfalls/ TLC
Weeks 33
Top100 No.9 1995

 Top10圏外22位からランクイン。


☆MISS THANG(36位)
♪Don't Take It Personal (Just One Of Dem Days)(2位)
♪Like This and Like That(7位)
♪Before You Walk Out Of My Life(7位)
♪Why I Love You So Much(9位)


Song One More Chance/Stay With Me / The Notorious B.I.G. featuring Faith Evans & Mary J.Blige
Writter Christopher George Latore Wallace
Peak Highest charted position No.2, 1995/07/15-07/29 ♪♪♪
Action 5(1995/06/24)、3、3、2、2、2、3、5、4、10(1995/08/26)
No.1 Waterfalls/ TLC
Weeks 20
Top100 No.23 1995


☆READY TO DIE(13位)
♪Juicy(27位)
♪Big Poppa(6位)
♪One More Chance/Stay With Me(2位)


コチラ(1995)ページでは全米ナンバーワンになった曲を紹介しています。