ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。

 さて、このページでは1975年度のチャートでナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

  2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえば最新チャートは2020年9月26日です。発表は9月22日(最新の1位はコチラ)。

Billboard.com|2020/09/24更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)


 

Song 曲目 / アーティスト(オフィシャル・ビデオにリンク)
Writter 作詞・作曲 etc.
Peak 2位に留まった期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです(第1週目のみBillboad.com)
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
No.1 その時1位だった曲
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャート



Song You're The First, The Last My Everything / Barry White
Writter Peter Radcliffe, Tony Sepe, Barry White
Peak Highest charted position No.2, 1975/01/04 - 01/11 ♪♪
Action 7(1974/12/15)、7、5、3、2、2、4(1975/01/18)
No.1 Lucy In The Sky With Diamonds / Elton John with John Lennon
Weeks 15(No.60 ; 1974/11/02 - No.54; 1975/02/08)
Top100 No.48 1975

Taken from Album CAN'T GET ENOUGH



 



☆CAN'T GET ENOUGH(1位、10/26♪)
♪You're The First, The Last My Everything(2位)
♪Can't Get Enough Of Your Love, Babe(1位)






Song When Will I Be Loved / Linda Ronstadt
Writter Phil Everly
Peak Highest charted position No.2, 1975/06/21 - 06/28 ♪♪
Action 10(1975/05/31)、6、3、2、2、8、9(1975/07/12)
No.1 Love Will Keep Us Together / Captain & Tennille
Weeks 19(No.81 ; 1975/04/05 - No.47; 1975/08/16)
Top10 No.47 1975

Taken from Album HEART LIKE A WHEEL

Linda Ronstadt.com

 アルバムからは「You're No Good(悪いあなた)」が全米ナンバーワンに。この曲はエヴァリー・ブラザースがオリジナル。



☆HEART LIKE A WHEEL(1位、1975/02/15♪)
♪I Can't Help It (If I'm Still in Love with You)
♪You're No Good(1位)
♪When Will I Be Loved(2位)

1975年度第18回グラミー賞
♪Best Country Vocal Performance, Female ; I Can't Help It (If I'm Still In Love With You)







Song I'm Not In Love / 10cc
Writter Eric Stewart, Graham Gouldman
Peak Highest charted position No.2, 1975/07/26-08/09 ♪♪♪
Action 10(1975/07/12)、3、2、2、2(1975/08/09)
No.1 The Hustle / Van McCoy & The Soul City Symphony
One Of These Night / Eagles
Jive Talkin' / Bee Gees
Weeks 17(No.84 ; 1975/05/17 - No.51; 1975/09/06)
Top10 No.42 1975

Taken from Album THE ORIGINAL SOUNDTRACK

10cc.comGraham Gouldman.comKevin Godley.com

 数多くのアーティストにカバーされた楽曲で、CMに使われたこともあって、当時洋学なんて聞かない私も知っていた数少ないメロディ。ビルボードでのヒットは、これ一発で終わってしまいましたが、のちのゴドレイ&クリームといえば、最先端の技術を駆使して数々のMVを手がけたことで才能を発揮することになります。



☆THE ORIGINAL SOUNDTRACK(7位)
♪I'm Not In Love(2位)
♪Life Is a Minestrone(104位)
1975年度第18回グラミー賞
♪Best Pop Vocal Performance By A Duo, Group Or Chorus ; Lyin' Eyes






Song Lyin' Eyes / Eagles
Writter Don Henley, Glenn Frey
Peak Highest charted position No.2, 1975/11/08 - 11/15 ♪♪
Action 10(1975/10/11)、4、4、4、2、2(1975/11/15)
No.1 Island Girl / Elton John
Weeks 14(No.79 ; 1975/09/13 - No.53; 1975/12/13)
Top100 ランクインせず

Taken from Album ONE OF THESE NIGHTS

Eagles.comDon Henley.comGlenn Frey.com


 名曲「呪われた夜」に続けてカットされたさわやか〜な「いつわりの瞳」。シングル第三弾もTop10ヒットとなり、アルバムも大ヒットとなりました。
  なんとも奇妙なことに、この曲に対してグラミーはBest Pop Vocal Performance By A Duo, Group Or Chorusを受賞させました。このあとの「Hotel Carifornia」へのバンドの態度は、どういった心境の変化をもたらせたのでしょう?



☆ON OF THESE NIGHT(1位、1975/07/26-08/23♪♪♪♪
♪One Of These Nights(1位)
♪Lyin' Eye(2位)
♪Take It To The Limit(4位)

1975年度第18回グラミー賞
♪Best Pop Vocal Performance By A Duo, Group Or Chorus ; Lyin' Eyes




コチラ(1975)ページでは全米ナンバーワンになった曲を紹介しています。

もどるhome1975年レビュー