iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです。(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。次をなんとか考えなくちゃ…)

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務める「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように、「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがヒットチャートですが、その時その時に流行っていた曲を聴けば時代が見えてくる。個人的には当時の自分も見えてきます。こう書くとオーバーなと笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲が絡んで聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。これが、何の脈絡もない曲で並んだ「ビルボードナンバーワンソングリレー」の醍醐味でもあるのです。そして、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。
1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。
他にもまだドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

このページは2009年の全米ナンバーワンソングを紹介します。約20年ぶりにリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが、「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボードナンバーワンソング! 今まではレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、ネット時代の昨今、日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かな(笑)

 
なお、ビルボードのネット上でのランキング発表は、1週間前の木曜日に発表されます。たとえば2014年11月29日付のチャートであれば11月20日に発表されることになります。(最新のチャートはこちら

Billboard.com|2014/11/25更新|
Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです。
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks *最新チャートにてランク中
Top100 年間チャートの順位



Peak 2008/12/13、12/27-2009/01/10 ♪♪♪♪
Song Single Ladies (Put a Ring on It) / Beyonce
Writter Beyonce Knowles, Christopher Stewart, Terius Nash, Kuk Harrell
Action 2(2008/12/06)、1、2、1、1、1、2、2、2、3、2、5、9(2009/02/28)
Weeks 26
Top100 No.8 2009
 ビヨンセ、ソロになってから通算5曲目の1位です。Destiny's Child時代から数えると9曲目。2000年代の女王といっても良いのではないでしょうか。Top10圏外(28位)からのジャンプアップで、12/6から翌年1/10までの6週間、前曲の「If I Were A Boy」(ボーイの方は最高3位)と2曲同時ランクインとなりました。

アルバムは12月6日付けで初登場1位。トップはこの週のみ。

Beyonce.com


☆I AM・・・SANSHA FIERCE(1位)
♪If I Were a Boy(3位)
♪Single Ladies (Put a Ring on It)(1位)
♪Diva(19位)
♪Halo(5位)
♪Ego(39位)
♪Sweet Dreams(10位)
♪Broken-Hearted Girl
♪Video Phone(65位)

2009年度第52回グラミー賞
♪Song Of The Year ; Single Ladies (Put A Ring On It)
♪Best Female Pop Vocal Performance(最優秀女性ポップヴォーカル賞) -Halo-
♪Best Female R&B Vocal Performance
♪Best Traditional R&B Vocal Performance -At Last-
♪Best R&B Song
♪Best Contemporary R&B Album

★ビヨンセ・ナンバーワン・リスト(1998-2009)
♪Bills, Bills, Bills / Destiny's Child (1998)
♪Say My Name / Destiny's Child (2000)
♪Independent Women Part I / Destiny's Child (2000/2001)
♪Bootylicious / Destiny's Child (2001)
♪Crazy in Love / Beyonce featuring Jay-Z (2003)
♪Baby Boy / Beyonce featuring Sean Paul (2003)
♪Check on It / Beyonce featuring Slim Thug (2006)
♪Irreplaceable / Beyonce (2006/2007)
♪Single Ladies(Put a Ring On It) / Beyonce(2008/2009)


Peak 2009/01/17-01/31 ♪♪♪
Song Just Dance / Lady Gaga featuring Colby O'Donis
Writter Lady Gaga, RedOne, Akon
Action 7(2008/12/06)、5、4、3、3、2、1、1、1、2、4、3、5、7、7、7、10、10、9(2009/04/11)
Top100 No.3 2009
 Top10圏内に19週間もランクインという大ヒット。この間、2/28から4/11までは、この後にヒットする「Poker Face」と同時ランクインというヒットとなりました。なかなかTop10内から離れなかったのは、続く曲のヒットに引きずられてということなんでしょう。共作にAkonが加わっています。

 デビューアルバムは2010年1月16日付けで最高2位まで昇ってきました。話題のアーティストなのでナンバーワンになっていないのが、ちょっと意外。

02/28
No5 ; Just Dance
No10 ; Poker Face

03/07(アルバム『THE FAME』がようやくTop10入)
No6 ; Poker Face
No7 ; Just Dance

03/14
No3 ; Poker Face
No7 ; Just Dance

03/21-03/28
No3 ; Poker Face
No7 ; Just Dance

04/04
No2 ; Poker Face
No10 ; Just Dance

04/11
No1 ; Poker Face
No9 ; Just Dance


☆THE FAME (2位)
♪Just Dance (1位)
♪Poker Face (1位)
♪Eh, Eh (Nothing Else I Can Say)
♪LoveGame (5位)
♪LoveGame (5位)
♪Paparazzi (6位)

2009年度第52回グラミー賞
♪Best Dance Recording
♪Best Electric/Dance Album

★レディ・ガガ・ナンバーワン・リスト(2009)
♪Just Dancee (2009)
★エイコン・ナンバーワン・リスト(2006-2009)
♪I Wanna Love You / Akon featuring Sonnp Doggy (2006)
♪Don't Matter (2007)
♪Just Dancee (2009)


Peak 2009/02/07-02/14 ♪♪
Song My Life Would Suck Without You / Kelly Clarkson
Writter Max Martin, Dr.Luke, Claude Kelly
Action 1(2009/02/07)、1、1、4、8、10、10、9、5、6、7(2009/04/11)
Weeks 18
Top100 No.23 2009
 チャートをしばらく休んでいたので、「アメリカンアイドル」出身、などと紹介せずとも歌唱力のあるヴォーカリストということで納得してしまいますが、ケリーにとって2曲目のナンバーワンは7年ぶりのトップ。実力があるだけに、一発ヒットに留まらず良い作品をリリースして欲しいですね。

 なんと1/31付で97位からのジャンプアップ。1位を離れた後のチャートアクションもしぶとくTop10内にとどまっていたのはご覧の通り。

アルバムは3月28日付けで初登場1位。翌週と合わせて2週間ナンバーワン。


☆ALL I EVER WANTED (1位)
♪My Life Would Suck Without You (1位)
♪I Do Not Hook Up (20位)
♪Already Gone (13位)
★ケリー・クラークソン・ナンバーワン・リスト(2002-2009)
♪A Moment Like This / Kelly Clarkson (2002)
♪My Life Would Suck Without You (2009)


Peak 2009/02/21
Song Crack A Bottle / Eminem, Dr. Dre & 50 Cent
Writter Marshall Bruce Mathers III, C.Jackson, A.Young, D.Parker, M.Batson, T.Lawrence, J.Renard
Action 1(2009/02/21)、3、5、8(2009/03/14)
Top100 No.47 2009

 チャートアクションを見ると、いかにも初登場1位ですが、2/14付けで78位でした。ポーンとジャンプアップです。久々にNo1登場のラッパーたち。Top10圏内にはわずか4週間のみのランクインでした。

アルバムは6月6日付けで初登場1位。翌週と合わせて2週間ナンバーワン。


☆RELAPSE (1位)
♪Crack a Bottle (1位)
♪We Made You (9位)
♪Beautiful (17位)

2009年度第52回グラミー賞
♪Best Rap Performance By A Duo Or Group
♪Best Rap Album

★エミネム・ナンバーワン・リスト(2002-2009)
♪Loose Yourself / Eminem (2002/2003)
♪Crack A Bottle (2009)

★50セント・ナンバーワン・リスト(2002-2009)
♪In Da Club / 50 Cent (2003)
♪21 Questions / 50 Cent featuring Nate Dogg (2003)
♪Candy Shop / 50 Cent featuring Olivia(2005)
♪Crack A Bottle (2009)



Peak 2009/02/28-04/04 ♪♪♪♪
Song Right Round / Flo Rida
Writter Tramar Dillard, Lukasz Gottwald, H. Lane, Tim Mosley, A.Grigg, J.Franks, P.Lawrence, B.Mars, Pete Burns, Wayne Hussey, Mike Percy, Tim Lever, Steve Coy
Action 1(2009/02/28)、1、1、1、1、1、2、3、3、3、5、6、9(2009/05/23)
Weeks 19
Top100 No.6 2009
 2008年の年間チャート1位になったLowに続くナンバーワンで、今回はソロとしてクレジットされています(Hip/Hop系はfeaturingが多くて…)。この曲、聞く前にタイトルだけで「もしかしてデッド・オア・アライブのカヴァー?(You Spin Me Round 」なんて思っていたら大当たり。

 この手のアーティストはサンプリングとか言う手法で昔の曲を安易(じゃないんだろうけど)に使ってます。なんだかこういうのを聞くにつれ、オリジナルが作れないのかなぁ、などと勘ぐってしまいます。ま、レコード会社の思惑が大きく働いているのでしょうけどね。なお、ソングライターのクレジットで、Peter Burns以降が、デッド・オア・アライブの作者たちです。

 なお、5/16付で5位に「Sugar」(最高5位)、6位に「Right Round」、5/23付で6位に「Sugar」、9位に「Right Round」がTop10圏内同一アーティスト複数曲として同時ランクインしました。前曲同様、チャートアクションを見ると、いかにも初登場1位ですが、こちらもランク外からのジャンプアップ。2/21付けで58位でした。

 アルバムは4月18日に初登場8位が最高位でした。

Flo Rida.com


☆ROOTS (8位)
♪Right Round (1位)
♪Sugar (5位)
♪Jump (54位)
♪Be on You (19位)
★フロー・ライダー・ナンバーワン・リスト(2008-2009)
♪Low / Flo Rida featuring T-Pain(2008)
♪Right Round (2009)


Peak 2009/04/11
Song Poker Face / Lady Gaga
Writter Lady Gaga, RedOne
Action 10(2009/02/28)、6、3、3、3、2、1、2、2、2、2、3、2、2、2、2、5、7(2009/06/27)
Top100 No.2 2009
 Lady Gagaにとって今年度2曲目のナンバーワンソングとなりました。最初に1位になった曲より、こっちの方が好きか。Black Eyed Peasの「Boom Boom Pow」とタイミングがずれていたら、少なくとも1週だけの首位だけに留まらなかったのではないでしょうか。

 なお、2/28から4/11までは、この前にヒットしていた「Just Dance」とTop10圏内同時ランクインというヒットとなりました。

 2009年の暮れには『THE FAME MONSTER』というアルバムがリリースされました。Disk1が『モンスター』、そしてDisk1が『THE FAME』という構成になっています。


☆THE FAME (2位)
♪Just Dance (1位)
♪Poker Face (1位)
♪Eh, Eh (Nothing Else I Can Say)
♪LoveGame (5位)
♪LoveGame (5位)
♪Paparazzi (6位)

2009年度第52回グラミー賞
♪Best Dance Recording
♪Best Electric/Dance Album

★レディ・ガガ・ナンバーワン・リスト(2009)
♪Just Dancee (2009)
♪Poker Face (2009)



Peak 2009/04/18-07/04 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ Year End No.1 of 2009
Song Boom Boom Pow / Black Eyed Peas
Writter William Adams, Allen Pineda, Stacy Ferguson, Jaime Gomez
Action 1(2009/04/18)、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、2、2、3、6、7、8、10(2009/08/22)
Weeks 22
Top100 No.1 2009
 約三ヶ月(12週間)にわたり1位をキープしたモンスターヒット。個人的には「なんでこんな曲が・・・」と思ってしまいましたが、この記録、これだけに留まらず、とんでもないことになりました。ひとつは初登場1位。もうひとつは12週連続1位。

 1990年以降、何度かチャートの集計方法が変わり、初登場1位も、10週連続なんていうチャートアクションも珍しい現象ではなくなった感があるので、12週というのは大して驚かなくなりましたが、それでも「え〜!? こんな曲がぁ?」というのが本音です。(以下に続く)

アルバムは6月27日付けで初登場1位。その後7月11日で返り咲きましたが、意外にもアルバムは2週1位にとどまりました。


☆THE E・N・D (1位、06/27、07/11♪♪)
♪Boom Boom Pow (1位)
♪I Gotta Feeling (1位)
♪Meet Me Halfway (7位)
♪Imma Be (1位)
♪Rock That Body

2009年度第52回グラミー賞
♪Best Pop Performance By A Duo Or Group With Vocal -I Gotta Feeling-
♪Best Pop Vocal Album
♪Best Short Form Music Video -Boom Boom Pow-



Peak 2009/07/11-10/10 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Song I Gotta Feeling / Black Eyed Peas
Writter William Adams, Allen Pineda, Jaime Gomez, Stacy Ferguson, David Guetta
Action 2(2009/06/27)、2、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、5、6、8、9(2009/11/07)。
8(2010/01/16)。 9(2010/02/20)
Top100 No.4 2009/No.29 2010
 12週続けて1位をキープしたBlack Eyed Peasを追い抜くのはどのアーティストかと思っていたら、なんと本人たちが自分自身を蹴落としてしまいました。こんな事ってあるんですね。1964年のビートルズに始まって、昨年のT.I.以来です。過去には、アーティストは違えどソングライターの曲が続いたことはありましたが、今回のすごい記録は26週間トップの座に居座ったほかに、6月27日から7月18日までの4週に渡り1、2位を独占という記録も作りました。

 個人的にはBoom Boom Powよりもこちらの方が聞きやすいかなあ、と思います。それにしても12週+14週=26週間トップの座を守り続けたBlack Eyed Peas本人が一番驚いているのではないでしょうか?

 10/31、11/7付けのTop10に3rdシングルとなる「Meet Me Halfway」と2曲同時ランクイン。

 2010/01/16で、01/09付けの14位から8位、そして。2/20付に9位と三度Top10にランクされています。


☆THE E・N・D (1位、06/27、07/11♪♪)
♪Boom Boom Pow (1位)
♪I Gotta Feeling (1位)
♪Meet Me Halfway (7位)
♪Imma Be (1位)
♪Rock That Body

2009年度第52回グラミー賞
♪Best Pop Performance By A Duo Or Group With Vocal -I Gotta Feeling-
♪Best Pop Vocal Album
♪Best Short Form Music Video -Boom Boom Pow-

★ブラック・アイド・ピーズ・ナンバーワン・リスト(2009)
♪Boom Boom Pow / Black Eyed Peas(2009)
♪I Gotta Feeling(2009)


Peak 2009/10/17、10/31 ♪♪
Song Down / Jay Sean featuring Lil Wayne
Writter Jay Sean, Lil Wayne, Baby & Slim, J-Remy, Bobby Base, Jared Cotter, J.Perkins
Action 6(2009/08/15)6、7、3、2、2、2、3、2、1、2、1、3、4、5、5、7、10、9、10、10、8、7、7、10(2010/01/23)
Weeks 40
Top100 No.20 2009
26週間ナンバーワンの座が不動(同一アーティスト)だったので、一体誰がその座を奪還(オーバー過ぎ)するのかと毎週のようにチャートを気にするようになりましたが、10/17にようやく王座が変わりました。あいかわらずラップというのがなんだかぁ、というのが個人的な心境です。本人にとって可哀相(?)なのは、ながらく2位をキープしていたので、たった1週間という短い期間で終わってしまいましたが、翌週再び返り咲いています。

Top10圏内には実に25週間(2009/08/15〜2010/01/30)ランクインしていました。

Jay Sean.com


☆ALL OR NOTHING (37位)
♪Down (1位)
♪Do You Remember (10位)


Peak 2009/10/24
Song 3 / Britney Spears
Writter Max Martin, Shellback, Tiffany Amber
Action 1(2009/10/24)、5、8、8、8、6、9、10、9、9、10(2010/01/31)
Weeks 17
Top100 No.87 2009/No.69 2010
 通算3曲目のナンバーワンはブリトニーにとって初登場ナンバーワンというオマケ付き。しかも、ここ数年、シングルでの初登場1位というのは、アメリカンアイドル出身のアーティストばかりで、それ以外のアーティストによる初登場は久しぶりのこと。昨年ニューアルバムを出したばかりで、今回はシングルコレクションの中に含まれた新曲。 元気よく初登場1位できましたが、2週目にして5位。


☆THE BRITNEY SINGLE COLLECTION (22位)
♪3 (1位)
★ブリトニー・スピアーズ・ナンバーワン・リスト(2000-2009)
♪..Baby One More Time(2000)
♪Womanizer(2008)
♪3(2009)


Peak 2009/11/07、11/21 ♪♪
Song Fireflies / Owl City
Writter Owl City, Adam Young
Action 9(2009/10/24)、7、1、2、1、2、3、4、5、5、5、4、5、5、9(2010/01/30)
Weeks 31
Top100 No.60 2009/No.30 2010
 My Spaceから火が付いた(最近、こうしたネットからの人気というのが多いです)アーティストの2ndアルバム。バンドの中心的人物Adam Youngのソロプロジェクトという形でリリースされました。どこか懐かしいサウンド。毎年、「これは!」と思うようなヒップホップ系以外のアーティストは、シンプルなサウンドで耳が洗われるような気分にさせてくれますが、まさにそんな感じの一曲です。11/14は下記のJason DeRuloにトップを明け渡しましたが、ふたたび11/21に1位に返り咲きました。

アルバムは最高8位(2009/11/07付)


☆OCEAN EYES (8位)
♪Fireflies (1位)
♪Vanilla Twilight (72位)
♪Umbrella Beach


Peak 2009/11/14♪
Song Whatcha Say / Jason DeRulo
Writter Jason DeRulo, J-Lex, Keisean Anderson, Jonathan Rotem
Action 9(2009/09/19)、7、10、5、4、2、2、1、3、3、4、6、6、7、7、6、8(2010/01/16)
Top100 No.34 2009
 Black Eyed Peas以降めまぐるしくナンバーワンが交替していきます。しっとりとしたR&Bの世界ですが、今風のサウンド(オートチューン処理)になっています。デビュー前にレディ・ガガのオープニングアクトですでに話題に上っていた新人アーティストで、晴れてのシングルデビューとなりました。それがいきなりのナンバーワンなのですから、期待以上のヒットと言えるのではないでしょうか?


Peak 2009/11/28-12/26 ♪♪♪♪
Song Empire State Of Mind / Jay-Z & Alicia Keys
Writter S. Carter, A. Shuckburgh, A. Keys, A. Hunte, J. Sewell-Ulepic
Action 3(2009/11/14)、2、1、1、1、1、1、2、5、4、3、3、8(2010/02/06)
Top100 No.62 2009/No.21 2009
 Black Eyed Peas以降めまぐるしくナンバーワンが交替していきます。今度は(笑)NBAのニュージャージー・ネッツのオーナーという経歴をもつJay-Zのシングル。先にリリースされた「Run This Town」も、2位となるヒットを飛ばしています。ラッパーとしては後輩達からも広く慕われている存在だとかで、MTVから「世界的にもっとも偉大な輝きが衰えないラッパー」という称号を与えられました。この曲はTop10圏外13位から3位へとジャンプアップして、毎週一段ずつ上昇して3週目にしてナンバーワン獲得となりました。アリシア・キーズがフューチャーされているパート、♪ニューヨークが耳に残ります。

アルバムは9月26日付けで初登場1位。翌週と合わせて2週間ナンバーワン。

Jay-Z.com


☆THE BLUEPRINT 3 (1位)
♪D.O.A. (Death of Auto-Tune) (24位)
♪Run This Town (2位)
♪Empire State of Mind (1位)
♪On to the Next One
♪Young Forever (41位)

2009年度第52回グラミー賞
♪Best Rap Solo Performance -D.O.A. (Death Of Auto-Tune)-
♪Best Rap/Sung Collaboration -Run This Town-
♪Best Rap Song -Run This Town-



 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。 

さて、コチラ(2009)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。



2009年度第52回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; Use Somebody/Kings Of Leon
♪Album Of The Year ; Fearless/Taylor Swift
♪Song Of The Year ; Single Ladies (Put A Ring On It)/Beyonce
♪Best New Artist ; Zac Brown Band