iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。現在はiPod Classicに入れて流していますが、ジャケット表示が小さくて、なんだか物足りなさも感じてます…)。

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは昭和時代の1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。
  その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務めるラジオ日本(AM1422kHz)「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京(FM80.0MHz)でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。湯川さんの番組はFEN(AM810kHz)でもオン・エアしてましたね。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。

 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがポップス、たかがヒットチャートですが、その時その時代に流行っていた曲を耳にするだけで、時代が見えてくる。そして個人的にも当時の自分も見えてきます。
  こう書くと「そんなオーバーな!」と笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲との絡みまでもが聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。

  これが、曲同士、アーティスト同士が何の脈絡もない曲の並んだ「ビルボード・ナンバー・ワン・ソング・リレー」の醍醐味でもあるのです。そうすることで、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。

  他にもまだチャート上のドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 このページでは1993年の全米ナンバーワンソングを紹介します。

  2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえば最新チャートなら2021年5月8日、発表は5月4日となります(最新の1位はコチラ)。
Billboard.com|2021/05/05更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)





Peak ナンバーワンの期間(♪ひとつが1週間、5週目毎に、第1週目のみBillboad.com)
Song 曲目 / アーティスト(オフィシャル・ビデオ)
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャートの順位


Peak 1992/11/28 - 1993/02/27 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ Year End No.1 of 1993
Song I Will Always Love You/ Whitney Houston
Writter Dolly Parton
Action 1(1992/11/28)、
      1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、2、7(1993/03/13)。
7(2012/02/25)、3(2012/03/03)
Weeks 29(No.40 ; 1992/11/14 - No.49; 1993/05/08。
  No.7 ; 2012/02/25 - No.30 ; 2012/03/10)
Top100 No.1 1993

Taken from Album THE BODYGUARD



 ケビン・コスナー主演の映画『ボディガード 』のヒットのおかげもあって、なんと14週連続のナンバーワンという大ヒット。オリジナルはドリー・パートンが1974年に書いたカントリーで、ホイットニーが朗々と歌い上げています。ヒットに関係なく、この歌唱力には多くの人に聴いてもらいたい歌声です。なお、ドリーのオリジナルはカントリー・チャートでナンバーワンになっています。
 Top10圏内初登場1位(前週12位からのジャンプアップ)。また、同時にサントラからシングルカットされたI'm Every WomanもTop10入りし、ホイットニーの曲が1ヶ月に渡り2曲同時にランクインしました。

 2012年2月25日付のチャートにホイットニーの死(2012年2月11日)を受けて20年振りにランクインしました。

☆THE BODYGUARD
1位、1992/12/12-1993/03/06、
    04/03、04/17-05/01、05/15-05/29 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

♪I Will Always Love You / Whitney Houston (1位)
♪I Have Nothing / Whitney Houston (4位)
♪I'm Every Woman / Whitney Houston (4位)
♪Queen Of The Night / Whitney Houston
♪Run To You / Whitney Houston (31位)
♪Someday (I'm Coming Back) / Lisa Stansfield
♪It's Gonna Be A Lovely Day (34位)

1993年度第36回グラミー
♪Record Of The Year ; I Will Always Love You/ Whitney Houston
♪Album Of The Year ; The Bodyguard
♪Best Pop Vocal Performance, Female ; I Will Always Love You/ Whitney Houston



Whitney Houston.comDolly Parton.com

★ホイットニー・ヒューストン・ナンバーワン・リスト(1985-1990)
♪Saving All My Love For You(1985)
♪How Will I Know (1986)
♪Greatest Love Of All (1986)
♪I Wanna Dance With Somebody (Who Loves Me) (1987)
♪Didn't We Almost Have It All (1987)
♪So Emotional(1988)
♪Where Do Broken Hearts Go(1988)
♪I'm Your Baby Tonight(1990)
♪I Will Always Love You(1992)





Peak 1993/03/06
Song A Whole New World/ Peabo Bryson & Regina Belle
Writter Alan Menken, Tim Rice
Action 9(1993/01/23)、6、3、2、2、2、1、2、4、8(1993/03/27)
Weeks 23(No.54 ; 1992/12/19 - No.46 ; 1993/05/22)
Top100 No.18 1993

Taken from Album ALADDIN



 モンスターヒットのあとにひっそりと1週だけナンバーワンになった曲で、ウォルト・ディズニーの長編アニメ『アラジン 』(31作目)のテーマ曲。オリジナル以外にも様々なアーティストにカバーされつつけています。アカデミー賞では主題歌賞およびオリジナル作曲賞を受賞に輝きました。プロデュースはデビッド・フォスター。

David Foster.com|Walter Afanasieff.com|

☆ALADDIN(6位
♪A Whole New World(1位)

1993年度第36回グラミー
♪Song Of The Year ; Alan Menken & Tim Rice
♪Best Pop Performance By A Duo Or Group With Vocal
♪Best Musical Album For Children ; Aladdin
♪Best Instrumental Composition Written For A Motion Picture Or For Television
♪Best Song Written Specifically For A Motion Picture Or For Television
                 ; A Whole New World /Alan Menken & Tim Rice
♪Producer Of The Year ; David Foster









Peak 1993/03/13 - 04/24 ♪♪♪♪♪♪
Song Informer/ Snow
Writter Edmond Leary, Darrin O'Brien, Shawn Moltke
Action 10(1993/02/27)、4、1、1、1、1、1、1、1、2、3、4、10(1993/05/22)
Weeks 25(No.79 ; 1993/01/09 - No.52 ; 1993/06/26)
Top100 No.10 1993

Taken from Album 12 INCHES OF SNOW



 1993年当時としては斬新なサウンド(ラップっぽい早口)で長らく首位の座をキープしました。また珍記録として、3/27〜4/24までの5週間連続1〜3位に変動がありませんでした。

3/27〜4/24
No1 ; Informer / Snow
No2 ; Freak Me / Silk
No3 ; Nuthin But A "G"Thang / Dr.Dre


☆12 INCHES OF SNOW(5位
♪Informer(1位)
♪Girl I've Been Hurt(19位)









Peak 1993/05/01 - 05/08 ♪♪
Song Freak Me/ Silk
Writter Keith Sweat, Roy Murray
Action 6(1993/03/13)、3、2、2、2、2、2、1、1、
                2、2、2、2、2、4、4(1993/07/26)
Weeks 24(No.42 ; 1993/02/20 - No.47 ; 1993/07/31)
Top100 No.5 1993

Taken from Album LOSE CONTROL



 5月に2週連続でナンバーワンになりましたが、前後5週間、トータルで10週に渡り2位をキープするという大ヒットになっています。前後がラップに挟まれて健闘しました(笑)。 また、3/27〜5/1までの5週間連続1〜3位に変動がありませんでした。

3/27〜5/1
No1 ; Informer / Snow
No2 ; Freak Me / Silk
No3 ; Nuthin But A "G"Thang / Dr.Dre


☆LOSE CONTROL(7位
♪♪Happy Days(86位)
♪Freak Me(1位)
♪Lose Control/Girl U for Me(26位)
♪It Had to Be You(109位)








Peak 1993/05/15 - 07/03♪♪♪♪♪♪♪
Song That's The Way Love Goes/ Janet Jackson
Writter Janet Jackson, James Harris III, Terry Lewis
Action 2(1993/05/08)、1、1、1、1、1、1、1、1、2、4、4、6、8(1993/08/07)
Weeks 23(No.14 ; 1993/05/01 - No.47 ; 1993/10/02)
Top100 No.4 1993

Taken from Album JANET



 当然のことながらアルバムもナンバーワンになりましたが、結構ショッキング(というか、目を引く)ジャケットでした。右の写真からは解りませんが、見開くと後ろから回っている両手が、ジャネットの乳房を隠しているというモノ。14位からランクインしたバラード。ほてった体をクールダウンさせるには良い曲。

Janet Jackson.com

☆JANET(1位、1993/06/05 - 07/10 ♪♪♪♪♪)
♪That's The Way Love Goes(1位)
♪If(4位)
♪Again(1位)
♪Because Of Love(1位)
♪Any Time, Any Place(2位)
♪You Want This(8位)

1993年度第36回グラミー
♪Best Rhythm & Blues Song ; That's The Way Love Goes

★ジャネット・ジャクソン・ナンバーワン・リスト(1986-1991)
♪When I Think of You (1986)
♪Miss You Much(1989)
♪Escapade/ Janet Jackson(1990)
♪Black Cat(1990)
♪Love Will Never Do (Without You)(1991)
★テリー・ルイス・ナンバーワン・リスト(1986-1993)
♭When I Think Of You / Janet Jackson(1986)
♭Human / Human League(1986)
♭Miss You Much / Janet Jackson(1989)
♭Escapade / Janet Jackson(1990)
♭Romantic / Karyn White(1991)
♭That's The Way Love Goes / Janet Jackson(1993)
★ジェームズ・ハリス・ナンバーワン・リスト(1990-1993)
♭Escapade / Janet Jackson(1990)
♭That's The Way Love Goes / Janet Jackson(1993)







Peak 1993/07/10 - 07/17 ♪♪
Song Weak/ SWV
Writter Brian Alexander Morgan
Action 8(1993/05/22)、4、4、4、2、2、2、1、1、2、3、3、3、6、10(1993/08/28)
Weeks 26(No.58 ; 1993/04/24 - No.46 ; 1993/10/16)
Top100 No.6 1993

Taken from Album IT'S ABOUT TIME



デビューアルバムの4曲目に収められたバラードで、当時まだ18歳、19歳だった彼女たちの歌唱には舌を巻いてしまいます。特にサビとなる部分の、グッとキーを落としたハーモニーには引きつけられてしまいました。また、5/22から5週に渡り、Top10に2曲ランクインさせる人気グループとなりました。
05/22
No6 ; I'm So Into You
No8 ; Weak

05/29
No4 ; Weak
No7 ; I'm So Into You

06/05
No4 ; Weak
No6 ; I'm So Into You

06/12
No4 ; Weak
No7 ; I'm So Into You

06/19
No2 ; Weak
No10 ; I'm So Into You



☆IT'S ABOUT TIME(8位
♪Right Here(92位)
♪I'm So into You(6位)
♪Weak(1位)
♪Right Here(Human Nature Remix)/Downtown(2位)
♪You're Always On My Mind(54位)
♪Anything(18位)








Peak 1993/07/24 - 09/04 ♪♪♪♪♪♪
Song Can't Help Falling in Love / UB40
Writter George David Weiss, Hugo E.Peretti, Luigi Creatore
Action 7(1993/07/03)、4、2、1、1、1、1、1、1、1、2、3、4、6、6(1993/10/09)
Weeks 29(No.100 ; 1993/05/15 - No.49 ; 1993/11/27)
Top100 No.3 1993

Taken from Album PROMISES AND LIES



 UB40にとって通算2曲目のナンバー1で、2曲ともカバー。最初は1988年の♪Red Red Wine(ニール・ダイヤモンド)。今回はシャローン・ストーン主演の映画『硝子の塔(SILVER) 』の挿入曲で、エルヴィス・プレスリーがオリジナルで2位になったのは1961年。
  その後様々なアーティストにカヴァーされていますが、前年に映画『ハネムーン・イン・ヴェガス 』で、U2のボノがプレスリー張りに甘ったるく(そのアルバムでは一番の聴きどころか)カバーしています。Zoo Tourのラストでこのレコードがかかったような気がします。

☆PROMISES AND LIES(6位
♪(I Can't Help) Falling In Love With You(1位)
♪Higher Ground(45位)

UB40.comNeil Diamond.com

★UB40・ナンバー・ワン・リスト(1988-1993)
♪Red Red Wine(1988)
♪Can't Help Falling in Love(1993)





Peak 1993/09/11 - 10/30 ♪♪♪♪♪♪♪
Song Dreamlover/ Mariah Carey
Writter Mariah Carey, Dave Hall, Walter Afanasieff
Action 9(1993/08/21)、3、2、1、1、1、1、1、1、1、1、5、6、10(1993/11/20)
Weeks 29(No.40 ; 1993/08/07 - No.49 ; 1994/02/19)
Top100 No.8 1993

Taken from Album MUSIC BOX



 曲のタイトルからも、なんとなくその歌詞の内容が解りそうなぐらい、明るい曲調のマライア節。スタジオアルバムとしては3枚目。デビューしてまだ3年目なのに、すでにナンバーワンが7曲目というスピード!


☆MUSIC BOX
1位、1993/12/25-1994/01/08、01/22-02/05、03/05-03/12♪♪♪♪♪♪)
♪Dreamlover(1位)
♪Hero(1位)
♪Without You(3位)
♪Never Forget Your(3位)
♪Anytime You Need a Friend(12位)


Mariah Carey.com

★マライア・キャリー・ナンバーワン・リスト(1990-1993)
♪Vision Of Love(1990)
♪Love Takes Time (1990)
♪Someday (1991)
♪I Don't Wanna Cry (1991)
♪Emotions (1991)
♪I'll Be There (1992)
♪Dreamlover (1993)








Peak 1993/11/06 - 12/04 ♪♪♪♪
Song I'd Do Anything for Love (But I Won't Do That)/ Meat Loaf
Writter Jim Steinman
Action 9(1993/10/09)、6、3、2、1、1、1、1、1、2、4、4、5、9(1994/01/08)
Weeks 22(No.68 ; 1993/09/18 - No.50 ; 1994/02/12)
Top100 No.36 1993




 久々のリリースは圏外25位からのランクイン。『地獄のロックライダー』生還!! といったところでしょうか。有名どころではボストンも一枚一枚のスパンが長い(8年)ことでも有名ですが、前作からこ7年振り、第二弾としては16年振りです。メロディアスなナンバーで約12分という長いシングル。ジム・スタイマンにとって10年ぶりのナンバーワンソング。

☆BAT OUT OF HELL II : BACK INTO HELL(1位、1993/10/30 ♪)
♪I'd Do Anything for Love (But I Won't Do That)(1位)
♪Rock and Roll Dreams Come Through(13位)
♪Objects in the Rear View Mirror May Appear Closer Than They Are(38位)

1993年度第36回グラミー
♪Best Rock Vocal Performance, Solo ; I'd Do Anything For Love (But I Won't Do That)



Meat Loaf.comJim Steinman.com

★ジム・スタイマン・ワン・リスト(1983-1993)
♭Total Eclipse of the Heart/ Bonnie Tyler(1983)
♭ I'd Do Anything for Love (But I Won't Do That)/ Meat Loaf(1993)





Peak 1993/12/11 - 12/18 ♪♪
Song Again/ Janet Jackson
Writter Janet Jackson, James Harris III, Terry Lewis
Action 9(1993/10/30)、4、3、2、2、2、1、1、2、2、4、4、4、5、8(1994/02/05)
Weeks 23(No.15 ; 1993/10/23 - No.44 ; 1994/03/26)
Top100 No.74 1993

Taken from Album JANET



 オープニングのキーボード(ピアノ)のメロディの美しさ。「Black Cat」を歌っていた同一人物とは思えません(私はBlack Cat大好き)

Janet Jackson.com

☆JANET(1位、1993/06/05-07/10 ♪♪♪♪♪)
♪That's The Way Love Goes(1位)
♪If(4位)
♪Again(1位)
♪Because Of Love(1位)
♪Any Time, Any Place(2位)
♪You Want This(8位)

1993年度第36回グラミー
♪Best Rhythm & Blues Song ; That's The Way Love Goes

★ジャネット・ジャクソン・ナンバーワン・リスト(1986-1991)
♪When I Think of You (1986)
♪Miss You Much(1989)
♪Escapade/ Janet Jackson(1990)
♪Black Cat(1990)
♪Love Will Never Do (Without You)(1991)
♪That's The Way Love Goes / Janet Jackson(1993)
♪Again / Janet Jackson(1993)
★テリー・ルイス・ナンバーワン・リスト(1986-1993)
♭When I Think Of You / Janet Jackson(1986)
♭Human / Human League(1986)
♭Miss You Much / Janet Jackson(1989)
♭Escapade / Janet Jackson(1990)
♭Romantic / Karyn White(1991)
♭That's The Way Love Goes / Janet Jackson(1993)
♭Again / Janet Jackson(1993)
★ジェームズ・ハリス・ナンバーワン・リスト(1990-1993)
♭Escapade / Janet Jackson(1990)
♭That's The Way Love Goes / Janet Jackson(1993)
♭Again / Janet Jackson(1993)







Peak 1993/12/25 - 1994/01/15♪♪♪♪
Song Hero/ Mariah Carey
Writter Mariah Carey, Walter Afanasieff
Action 8(1993/11/20)、7、6、4、3、1、1、1、1、
              2、2、2、4、6、7、10(1994/03/05)
Weeks 30(No.71 ; 1993/10/23 - No.49 ; 1994/05/14)
Top100 No.5 1994

Taken from Album MUSIC BOX



 前作「Dreamlover」と引き継ぐように、Top10入では両者が顔を合わせるように大ヒットとなりました。こちらは更にグッとテンポを落としたバラード。


☆MUSIC BOX
1位、1993/12/25-1994/01/08、01/22-02/05、03/05-03/12♪♪♪♪♪♪)
♪Dreamlover(1位)
♪Hero(1位)
♪Without You(3位)
♪Never Forget Your(3位)
♪Anytime You Need a Friend(12位)


Mariah Carey.com

★マライア・キャリー・ナンバーワン・リスト(1990-1993)
♪Vision Of Love(1990)
♪Love Takes Time (1990)
♪Someday (1991)
♪I Don't Wanna Cry (1991)
♪Emotions (1991)
♪I'll Be There (1992)
♪Dreamlover (1993)
♪Hero (1993/1994)

★ウォルター・アファナシェフ・ナンバーワン・リスト(1993)
♭Dreamlover / Mariah Carey (1993)
♭Hero / Mariah Carey (1993)








1993年度第36回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; I Will Always Love You/Whitney Houston
♪Album Of The Year ; The Bodyguard
♪Song Of The Year ; A Whole New World/Alan Menken & Tim Rice
♪Best New Artist ;Toni Braxton
 

Billboard Year-End Hot 100 Singles Of 1993
No.
Chart
song
artists
1
1
I Will Always Love You
Whitney Houston
2
1
Whoomp! (There It Is)
Tag Team
3
1
Can't Help Falling In Love
UB40
4
1
That's The Way Love Goes
Janet Jackson
5
1
Freak Me
Silk
6
1
Weak
SWV
7
2
If I Ever Fall In Love
Shai
8
1
Dreamlover
Mariah Carey
9
2
Rump Shaker/div>
Wreckx-n-Effect
10
1
Informer
Snow


 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。さて、コチラ(1993)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

もどる1993年レビューアルバムチャート

home(一番星のなる木)