iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。現在はiPod Classicに入れて流していますが、ジャケット表示が小さくて、なんだか物足りなさも感じてます…)。

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは昭和時代の1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。
  その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務めるラジオ日本(AM1422kHz)「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京(FM80.0MHz)でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。湯川さんの番組はFEN(AM810kHz)でもオン・エアしてましたね。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。

 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがポップス、たかがヒットチャートですが、その時その時代に流行っていた曲を耳にするだけで、時代が見えてくる。そして個人的にも当時の自分も見えてきます。
  こう書くと「そんなオーバーな!」と笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲との絡みまでもが聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。

  これが、曲同士、アーティスト同士が何の脈絡もない曲の並んだ「ビルボード・ナンバー・ワン・ソング・リレー」の醍醐味でもあるのです。そうすることで、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。

  他にもまだチャート上のドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 このページでは1968年の全米ナンバーワンソングを紹介します。

  2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえば最新チャートは2021年2月27日です。発表は2月23日(最新の1位はコチラ)。

Billboard.com|2021/03/01更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)


 

Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャートの順位



Peak 1967/12/30-1968/01/13 ♪♪♪
Song Hello, Goodbye / The Beatles
Writter John Lennon, Paul MaCartney
Action 8(1967/12/09)、3、3、1、1、1、3、6(1968/01/27)
Weeks 11(No.45 ; 1967/12/02 - No.31; 1968/02/10)
Top100 ランクインせず

Taken from Album MAGICAL MYSTERY TOUR

 ビートルズの主演映画『マジカル・ミステリー・ツアー』で、この曲の演奏シーンを見ることができますが、まぁ、曲と衣裳があってないことよ(笑)。ポップでキャッチーなサウンドは、さすがメロディメーカーぶりを発揮したポールならではの作風です。
 今ではこのシングルのB面に収められたジョンの「I Am The Walrus」の方が評価が高く、チャート上では彼らのナンバーワンソングになったシングルのB面として最低の記録の56位になってしまいましたが…。また、この曲が全米No.1となり、1967年度に3回の最多登場となりました。



☆MAGICAL MYSTERY TOUR(1位、1968/01/06-02/24 ♪♪♪♪
♪♪♪)
♪Penny Lane (1位)
♪Strawberry Fields Forever(8位)
♪All You Need Is Love (1位)
♪Baby, You're A Rich Man(34位)
♪Hello, Goodbye(1位)
♪I Am The Walrus(56位)

1967年度第10回グラミー賞
♪Album Of The Year ; Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
♪Best Contemporary Album ; The Beatles, George Martin
♪Best Engineered Recording - Non-Classical ; Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band/Geoff E. Emerick
♪Best Album Cover, Graphic Arts ; Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band/Jann Haworth & Peter Blake
♪Best Contemporary Song


★ビートルズおよびレノン/マッカートニー・ナンバーワン・リスト(1964-1967)
♪I Want To Hold Your Hand (1964) / The Beatles
♪She Loves You (1964) / The Beatles
♪Can't Buy Me Love (1964) / The Beatles
♪Love Me Do (1964) / The Beatles
♭A World Without Love (1964) / Peter & Gordon
♪A Hard Day's Night (1964) / The Beatles
♪I Feel Fine (1965) / The Beatles
♪Eight Days A Week (1965) / The Beatles
♪Ticket To Ride (1965) / The Beatles
♪Help! (1965) / The Beatles
♪Yesterday (1965) / The Beatles
♪We Can Work It Out (1966) / The Beatles
♪Paperback Writer (1966) / The Beatles
♪Penny Lane (1967) / The Beatles
♪All You Need Is Love (1967) / The Beatles
♪Hello, Goodbye (1967) / The Beatles





Peak 1968/01/20-01/27 ♪♪
Song Judy In Disguise (With Glasses) / John Fred & His Playboy Band
Writter John Fred, Andrew Bernard
Action 6(1967/12/30)、3、2、1、1、1、4、9(1968/02/17)
Weeks 16(No.99; 1967/11/25 - No.30; 1968/02/17)
Top100 No.9 1968

Taken from Album AGNES ENGLISH

 


☆AGNES ENGLISH
♪Up and Down
♪Agnes English(8位)
♪Judy in Disguise (With Glasses)(1位)






Peak 1968/02/03 ♪
Song Green Tambourine / The Lemon Pipers
Writter Paul Leka, Shelly Pinz
Action 9(1968/01/13)、5、3、1、2、2、7(1968/02/24)
Weeks 13(No.68; 1967/12/16 - No.25; 1968/03/09)
Top100 No.23 1968

Taken from Album GREEN TAMBOURINE

 


☆GREEN TAMBOURINE(90位)
♪Green Tambourine(1位)






Peak 1968/02/10-03/09 ♪♪♪♪
Song L'amour Est Bleu / Paul Mauriat
Writter Andre Popp
Action 7(1968/02/03)、1、1、1、1、1、3、2、2、9(1968/04/06)
Weeks 18(No.99; 1968/01/06 - No.35; 1968/05/04)
Top100 No.3 1968


 邦題「恋は水色」として知られる、私も子供の頃から知っているメロディ。まさかこの曲がチャートのトップに立っていただなんて!クラシックを聴かないリスナーが、初めてチェンバロの音に接する機会を作った曲、などと何処かで紹介されていましたが。確かに新鮮に響いてきます。

 この曲は同時期に異なるアーティストによってレコーディングされチャートインしました。
♪Al Martino(No.57)
♪Claudine Longet(No.71)
♪Manny Kellem - His Orchestra & Voices(No.96)
 


 





Peak 1968/03/16-04/06 ♪♪♪♪
Song (Sittin' On) The Dock Of The Bay / Otis Redding
Writter Otis Redding, Steve Cropper
Action 6(1968/02/17)、5、3、3、1、1、1、1、3、6、7(1968/04/27)
Weeks 16(No.67; 1968/01/27 - No.35; 1968/05/11)
Top100 No.6 1968

Taken from Album THE DOCK OF THE BAY

 
 後世に絶大な影響を与えたソウル・シンガー、オーティス・レディング最大のヒット。しかし、ヒット曲の多さが偉大さを表しているのではないということを、ものの見事に言い表してくれるのがこの人。

 この曲は同時期に異なるアーティストによってレコーディングされチャートインしました。
♪King Curtis & The Kingpins(No.84)


☆THE DOCK OF THE BAY
♪(Sittin' On) The Dock Of The Bay(1位)






Peak 1968/04/13-05/11 ♪♪♪♪
Song Honey / Bobby Goldsboro
Writter Bobby Russell
Action 10(1968/04/06)、1、1、1、1、1、3、5、5、10(1968/06/08)
Weeks 15(No.64; 1968/03/23 - No.41; 1968/06/29)
Top100 No.5 1968

Taken from Album DOUBLE FANTASY

  

Bobby Goldsboro.com

☆HONEY (5位)
♪Honey (1位)






Peak 1968/05/18-05/25 ♪♪
Song Tighten Up / Archie Bell & The Drells
Writter Archie Bell, Billy Buttier
Action 9(1968/04/27)、5、2、1、1、4、2、6、9(1968/06/22)
Weeks 15(No.81; 1968/03/30 - No.33; 1968/07/06)
Top100 No.14 1968

Taken from Album TIGHTEN UP

  



☆TIGHTEN UP
♪Tighten Up(1位)






Peak 1968/06/01-06/15 ♪♪♪
Song Mrs.Robinson / Simon & Garfunkel
Writter Paul Simon
Action 9(1968/05/11)、2、2、1、1、1、3(1968/06/22)
Weeks 13(No.58; 1968/04/27 - No.29; 1968/07/29)
Top100 No.11 1968

Taken from Album BOOKENDS

 映画『卒業』への挿入歌としてのヒットと、その後『BOOKEND』に収録されたこともあって、アルバムチャートでは、それぞれ収録されたアルバムが1、2位を独占し追い抜き、起き越されるという大ヒットになりました。この2枚のアルバムで16週間連続1位になっています。



☆THE GRADUATE(1位、
1968/04/06-05/18、06/15-06/22♪♪♪♪♪♪♪♪)

☆BOOKENDS(1位、 1968/05/27-06/08、06/29-07/20♪♪♪♪♪♪)
♪A Hazy Shade Of Winter(13位)
♪At the Zoo" / "The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)(16位)
♪Mrs.Robinson(1位)


★サイモン&ガーファンクル・ナンバーワン・リスト(1966-1968)
♪The Sounds Of Silence(1966)
♪Mrs. Robinson(1968)





Peak 1968/06/22-07/13 ♪♪♪♪
Song This Guy's In Love With You / Herb Alpert
Writter Burt Bacharach, Hal David
Action 3(1968/06/08)、2、1、1、1、1、4、7(1968/07/27)
Weeks 14(No.72; 1968/05/18 - No.41; 1968/08/17)
Top100 No.8 1968

Taken from Album THE BEAT OF THE BRASS

  |Herb Alpert.com



☆THE BEAT OF THE BRASS(1位、1968/07/27-08/03♪♪)
♪This Guy's In Love With You(1位)






Peak 1968/07/20-07/27 ♪♪
Song Grazing In The Grass / Hugh Masekela
Writter Philemon Hou
Action 5(1968/07/06)、5、1、1、4、4、9(1968/08/17)
Weeks 12(No.83; 1968/06/08 - No.20; 1968/08/24)
Top100 No.37 1968

Taken from Album THE PROMISE OF A FUTURE



☆THE PROMISE OF A FUTURE
♪Grazing In The Grass(1位)






Peak 1968/08/03-08/10 ♪♪
Song Hello, I Love You / The Doors
Writter Jim Morrison, Ray Manzarek, John Densmore, Robby Krieger
Action 9(1968/07/20)、9、1、1、2、3、4、5、9(1968/09/14)
Weeks 12(No.77; 1968/07/06 - No.23; 1968/09/21)
Top100 No.13 1968

Taken from Album WAITING FOR THE SUN



☆WAITING FOR THE SUN(1位、1968/09/07-09/21♪♪♪)
♪The Unknown Soldier(39位)
♪Hello, I Love You(1位)





Peak 1968/08/17-09/14♪♪♪♪
Song People Got To Be Free / The Rascals
Writter Felix Cavaliere, Eddie Brigati
Action 5(1968/08/10)、1、1、1、1、1、2、3、7(1968/10/05)
Weeks 14(No.64; 1968/07/20 - No.27; 1968/10/19)
Top100 No.7 1968

Taken from Album FREEDOM SUITE

 シングルの邦題は「自由への讃歌」、アルバムのタイトルは「自由組曲」


☆FREEDOM SUITE
♪People Got To Be Free(1位)





Peak 1968/09/21♪
Song Harper Valley PTA / Jeannie C. Riley
Writter Tom T. Hall
Action 7(1968/08/31)、4、2、1、2、2、2、4、8(1968/10/26)
Weeks 13(No.81; 1968/08/24 - No.35; 1968/11/16)
Top100 No.16 1968

Taken from Album HARPER VALLEY P.T.A.


 カントリーシンガー、特に女性アーティストがこのポジションに到達したのは初めてのことで、このあとドリー・パートンが1981年に「9 To 5」で名を乗せるまでありません。

 この曲は同時期に異なるアーティストによってレコーディングされチャートインしました。
♪King Curtis & The Kingpins(No.93)
♪Ben Colder(No.67)
 





Peak 1968/09/28 - 11/23♪♪♪♪♪♪♪♪ Year End No.1 of 1968
Song Hey Jude/ The Beatles
Writter John Lennon, Paul McCartney
Action 10(1968/09/14)、3、1、1、1、1、1、1、1、1、1、2、2、6(1968/12/14)
Weeks 19(No.10; 1968/09/10 - No.38; 1969/01/18)
Top100 No.1 1968




 ビートルズ最大のヒット。9週間連続ナンバーワンとなり、1968年のチャートも制覇。これは同一アーティストによる年間チャート2曲目。エルヴィス・プレスリーに次ぐ二組目の快挙です。また、アップル・レコードからリリースされた二枚目のシングル、ポール・マッカートニーがプロデュースを務めたメリー・ホプキンの「悲しき天使」が2位となり、ポール・マッカートニーがアーティストとして、プロデューサーとしてチャートの1、2位独占というオマケ付きのヒットとなっています。

 この曲はシングルのみのリリースですが、のちに米国ではコンピレーション『HEY JUDE』に収録され、ソウルシンガーWilson Pikettによってレコーディングされ最高23位まで上昇しました。


☆HEY JUDE(2位
♪Paperback Writer(1位)/Rain(23位)
♪Hey Jude(1位)
♪Lady Madonna(4位)
♪The Ballad of John and Yoko(8位)/Old Brown Shoe


The Beatles.com

★ビートルズおよびレノン/マッカートニー・ナンバーワン・リスト(1964-1969)
♪I Want To Hold Your Hand (1964)
♪She Loves You (1964)
♪Can't Buy Me Love (1964)
♪Love Me Do (1964)
♭A World Without Love (1964) / Peter & Gordon
♪A Hard Day's Night (1964)
♪I Feel Fine (1965)
♪Eight Days A Week (1965)
♪Ticket To Ride (1965)
♪Help! (1965)
♪Yesterday (1965)
♪We Can Work It Out (1966)
♪Paperback Writer (1966)
♪Penny Lane (1967)
♪All You Need Is Love (1967)
♪Hello, Goodbye (1967)
♪Hey Jude (1968)
♪Get Back (1969)






Peak 1968/11/30 - 12/07 ♪♪
Song Love Child/ Diana Ross & The Supremes
Writter R.Dean Taylor, Frank Wilson, Pam Sawyer, Deke Richards
Action 9(1968/11/02)、3、3、2、1、1、2、2、3、7、9(1969/01/11)
Weeks 16(No.43; 1968/10/19 - No.29; 1969/02/01)
Top100 No.4 1968

Taken from Album LOVE CHILD


☆LOVE CHILD(14位
♪Some Things You Never Get Used To (30位)
♪Love Child (1位)

Diana Ross.com

★シュープリームス・ナンバーワン・リスト(1964-1968)
♪Where Did Our Love Go (1964)
♪Baby Love (1964)
♪Come See About Me (1964)
♪Stop! In The Name Of Love (1965)
♭Back In My Arms Again (1965)
♪I Hear A Symphony (1965)
♪You Can't Hurry Love (1966)
♪You Keep Me Hangin' On (1966)
♪Love Is Here And Now You're Gone (1967)
♪The Happening (1967)
♪Love Child (1968)





Peak 1968/12/14 - 1969/01/25 ♪♪♪♪♪♪
Song I Heard It Through the Grapevine / Marvin Gaye
Writter Norman Whitfield, Barrett Strong
Action 4(1968/12/07)、1、1、1、1、1、1、1、5、7、8(1969/02/15)
Weeks 15(No.34; 1968/11/23-No.28; 1969/03/01)
Top100 No.2 1968/No.88 1969

Taken from Album IN THE GROOVE



 1968年暮れから1位の座をキープしたまま7週連続年越しナンバーワンに。モータウンからリリースされたシングルとしては、1981年の?エンドレス・ラヴに抜かれるまで最大のヒットとなりました。邦題「悲しいうわさ」。

 この曲は1967年にグラディス・ナイト&ティップスが2位となるヒットを飛ばしています。マーヴィンのヒットは、そのカヴァーという扱いになっていますが、レコーディング自体はマーヴィンの方が先。マーヴィンのソロは、いささかスリリング、という感じで、彼の非凡なヴォーカルをゾクゾクと感じることが出来るアレンジになっていて、両者の違いを聞き比べるのが楽しい曲です。

 なお、この曲がナンバーワンになった週のうち、4週に渡りモータウン・アーティストがTop3を独占するという記録が生まれました。


☆IN THE GROOVE(63位
♪I Heard It Through the Grapevine(1位)



 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。 

さて、コチラ(1968)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。



1968年度第11回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; Mrs. Robinson/Simon & Garfunkel
♪Album Of The Year ; By The Time I Get To Phoenix/Glen Campbell
♪Song Of The Year ; Little Green Apples/Roger Miller & ALSO O.C. Smith
♪Best New Artist ; Jose Feliciano

 

 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。さて、コチラ(1968)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

もどる1968年レビューアルバムチャート



home(一番星のなる木)