iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです。

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務める「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように、「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがヒットチャートですが、その時その時に流行っていた曲を聴けば時代が見えてくる。個人的には当時の自分も見えてきます。こう書くとオーバーなと笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲が絡んで聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。これが、何の脈絡もない曲で並んだ「ビルボードナンバーワンソングリレー」の醍醐味でもあるのです。そして、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファアブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。
 1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。
 他にもまだドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 さて、このページは1966年の全米ナンバーワンソング30曲を紹介します。1960年代に限って言えば、もっとも多くのナンバーソングが生まれた年となりました。

 なお、ビルボードのネット上でのランキング発表は、1週間前の木曜日に発表されます。たとえば2012年11月24日付のチャートであれば11月15日に発表されることになります。(最新のチャートはこちら

Billboard.com|2012/11/15更新|

Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです。
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100圏内のランクイン総週
Top100 年間チャートの順位



Peak 1966/01/01、01/22 ♪♪
Song The Sounds Of Silence / Simon & Garfunkel
Writter Paul Simon
Action 5(1965/12/25)、1、2、2、1(1966/01/29)
Weeks 14
Top100 No.54 1966

 姉が聴いていたのを何気に聴いてましたっけ。この解りやすいメロディに難解な歌詞。初めて実感できたのは山登りをしていたときのこと。まさに自然の沈黙を感じ、それが耳を圧迫してきました。「あっ、これって沈黙の音?」多分、サイモンはそんな事を言いたかったのではないだろうけど、友だちが「沈黙の音って聞こえるわけないじゃん」と言っていたのを思い出しました。

 この曲のオリジナルはポールのギター伴奏のみ。でもシングルカットにあたり、ボブ・ディランの「Like A Rolling Stone」を担当したメンバーにバックを務めさせ、バンドバージョンに仕立てといいます。映画『卒業』でも使われていました。


☆SOUNDS OF SILENCE(1位、1970/03/07-05/09 ♪♪♪♪♪♪♪♪
♪The Sounds Of Silence (1位)


Peak 1966/01/08-01/15、01/29 ♪♪♪
Song We Can Work It Out / The Beatles
Writter John Lennon, Paul MaCartney
Action 2(1966/01/01)、1、1、2、1、4、5(1966/02/12)
Weeks 12
Top100 No.16 1966

★ビートルズおよびレノン/マッカートニー・ナンバーワン・リスト(1964-1967)
♪I Want To Hold Your Hand (1964) / The Beatles
♪She Loves You (1964) / The Beatles
♪Can't Buy Me Love (1964) / The Beatles
♪Love Me Do (1964) / The Beatles
♭A World Without Love (1964) / Peter & Gordon
♪A Hard Day's Night (1964) / The Beatles
♪I Feel Fine (1965) / The Beatles
♪Eight Days A Week (1965) / The Beatles
♪Ticket To Ride (1965) / The Beatles
♪Help! (1965) / The Beatles
♪Yesterday (1965) / The Beatles
♪We Can Work It Out (1966) / The Beatles


Peak 1966/02/05-02/12 ♪♪
Song My Love / Petula Clark
Writter Tony Hatch
Action 9(1966/01/29)、1、1、4、6、7(1966/03/05)
Weeks 13
Top100 No.22 1966


☆MY LOVE(68位)
♪My Love(55位)
★ペトゥラ・クラーク・ナンバーワン・リスト(1964-1966)
♪Downtown(1964)
♪My Love (1966)


Peak 1966/02/19
Song Lightnin' Strikes / Lou Christie
Writter Lou Christie, Twyla Herbert
Action 5(1966/02/05)、2、1、2、3、8(1966/03/12)
Weeks 15
Top100 No.23 1966
邦題「恋のひらめき」


Peak 1966/02/26
Song These Boots Are Made for Walkin' / Nancy Sinatra
Writter Lee Hazlewood
Action 2(1966/02/19)、1、2、2、3、4、8(1966/04/02)
Weeks 14
Top100 No.13 1966
 エンター・テイメント界のドン、フランシスことフランク・シナトラの娘さんです。


BOOTS(5位)
♪These Boots Are Made for Walkin' (1位)


Peak 1966/03/05-04/02 ♪♪♪♪
Song Ballad of the Green Berets / SSgt Barry Sadler
Writter Robin Moore, Staff Sgt. Barry Sadler
Action 10(1966/02/19)、3、1、1、1、1、1、5、7(1966/04/16)
Weeks 13
Top100 No.1 1966
 邦題「悲しき戦場」は、年間チャート1位というおまけまで付く大ヒットとなりました。一体何がそうさせたのでしょうか?曲調とは裏腹に、本人のがベトナム戦争での体験談です。しかも行進曲風で曲調だけ聴けば順風満帆のような感じに聞こえてきます。

が、しかし・・・

当時はまさにそんな時代背景があっての大ヒットでした(私はまだ生まれていない・・・)。


☆BALLADS OF THE GREEN BERETS(1位)
♪Ballad of the Green Berets (1位)


Peak 1966/04/09-04/23 ♪♪♪
Song (You're My) Soul And Inspiration / The Righteous Brothers
Writter Barry Mann, Cynthia Weil
Action 8(1966/03/26)、3、1、1、1、2、4、6(1966/05/14)
Weeks 13
Top100 No.3 1966


Peak 1966/04/30
Song Good Lovin / The Young Rascals
Writter Rudy Clark, Arthur Resnick
Action 9(1966/04/16)、6、1、2、2、3、8(1966/05/28)
Weeks 14
Top100 No.17 1966
Groovin'


Peak 1966/05/07-05/21 ♪♪♪
Song Monday, Monday / The Mamas & The Papas
Writter John Phillips
Action 10(1966/05/23)、3、1、1、1、3、6、7(1966/06/11)
Weeks 12
Top100 No.7 1966


☆IF YOU CAN BELIEVE YOUR EYES AND EARS(1位、1966/05/21 ♪)
♪Monday, Monday(1位)


Peak 1966/05/28-06/04 ♪♪
Song When A Man Loves A Woman / Percy Sledge
Writter Calvin Lewis, Andrew Wright
Action 9(1966/05/14)、4、1、1、4、4(1966/06/18)
Weeks 13
Top100 No.20 1966


☆WHEN A MAN LOVES A WOMAN(2位)
♪When A Man Loves A Woman


Peak 1966/06/11-06/18 ♪♪
Song Paint It, Black / The Rolling Stones
Writter Mick Jagger, Keith Richards
Action 4(1966/05/28)、3、1、1、3、4、9(1966/07/09)
Weeks 11
Top100 No.21 1966

 ストーンズらしい一曲。邦題「黒くぬれ!」エキゾチックな感じがまた嫌らしいというか何というか・・・ 彼らじゃなきゃ出来ない、そんな佳曲。


☆AFTERMATH(2位)
♪Ruby Tuesday (1位)
♪Mother's Little Helpe(8位)
♪Lady Jane(24位)
★ローリング・ストーンズ・ナンバーワン・リスト(1965-1966)
♪(I Can't Get No) Satisfaction(1965)
♪Get Off Of My Cloud (1965)
♪Paint It, Black (1966)


Peak 1966/06/25、07/09 ♪♪
Song Paperback Writer / The Beatles
Writter John Lennon, Paul MaCartney
Action 1(1966/06/25)、2、1、5、6(1966/07/23)
Weeks 10
Top100 No.28 1966

★ビートルズおよびレノン/マッカートニー・ナンバーワン・リスト(1964-1966)
♪I Want To Hold Your Hand (1964) / The Beatles
♪She Loves You (1964) / The Beatles
♪Can't Buy Me Love (1964) / The Beatles
♪Love Me Do (1964) / The Beatles
♭A World Without Love (1964) / Peter & Gordon
♪A Hard Day's Night (1964) / The Beatles
♪I Feel Fine (1965) / The Beatles
♪Eight Days A Week (1965) / The Beatles
♪Ticket To Ride (1965) / The Beatles
♪Help! (1965) / The Beatles
♪Yesterday (1965) / The Beatles
♪We Can Work It Out (1966) / The Beatles
♪Paperback Writer (1966) / The Beatles


Peak 1966/07/02
Song Strangers In The Night / Frank Sinatra
Writter Bert Kaempfert, Charles Singleton, Eddie Snyder
Action 10(1966/06/04)、6、5、2、1、3、6(1966/07/16)
Weeks 15
Top100 No.15 1966
 邦題「夜のストレンジャー」を作曲したバート・ケンプフェルトは自らもサックスによるインストゥルメンタルで全米ナンバーワンを保持している作曲家です。この曲は映画『ダイヤモンド作戦』のために作曲され、エンターテイメント界の帝王が大ヒットさせたもの。

♪ドゥビドゥビドゥ〜 オーケストラをバックに朗々と歌うフランシス。スクリーンが目の前に迫ってくるようなアレンジです。


☆STRANGERS_IN_THE_NIGHT(1位、07/23♪)
♪Somethin' Stupid(1位)
♪The World We Knew (Over and Over)(30位)
♪This Town(53位)
★バート・ケンプフェルト・ナンバーワン・リスト(1961-1966)
♪Wonderland By Night / Bert Kaempfert(1961)
♭Strangers In The Night / Frank Sinatra(1966)


Peak 1966/07/16- 07/23♪♪
Song Hanky Panky / Tommy James & the Shondells
Writter Jeff Barry, Ellie Greenwich
Action 6(1966/07/02)、4、1、1、2、7(1966/08/06)
Weeks 12
Top100 No.19 1966
 1980年にジョーン・ジェットもカヴァーした古典(笑)。当時のサイケデリックさが抜きんでた雰囲気を持っています。



Peak 1966/07/30- 08/06♪♪
Song Wild Thing / The Troggs
Writter Chip Taylor
Action 6(1966/07/09)、2、2、1、1、4、4、6(1966/08/27)
Weeks 11
Top100 No.24 1966
 最初にこの曲を耳にしたのは、1988年にヘヴィ・メタル・アーティストを従えてコメディアンの故サム・キニソンがカヴァーしたヴァージョンで、その後、映画『メジャー・リーグ』(1989)で一気に知名度が上がったような気がします。それにしてもこのオリジナルの、ダレた雰囲気はナニっ?(笑)


Peak 1966/08/13- 08/06♪♪
Song Summer In The City / The Lovin' Spoonful
Writter Mark Sebastian, Steve Boone
Action 7(1966/07/30)、3、1、1、1、2、5(1966/09/10)
Weeks 11
Top100 No.11 1966
 ソロとしてのナンバーワンヒットを後に放つことになるジョン・セバスチャンが、60年代に放ったヒット曲で、当時は「グッド・ミュージック」と呼ばれていました。アメリカ人が忘れかけていた心を呼び覚ましてくれるようなトラッドを信条としていたのです。



Peak 1966/09/03♪
Song Sunshine Superman / Donovan
Writter Donovan Leitch
Action 10(1966/08/20)、5、1、2、3、3、9(1966/10/01)
Weeks 13
Top100 No.26 1966
 英国のボブ・ディランと呼ばれたこともあるドノヴァン。そのボブでさえ成し遂げていない全米ナンバーワンになったこの曲は、日本でもCM等に使われています。私が彼に注目したのは、リック・ルービンがプロデュースした1996年の『SUTRAS』から。

Donovan.com



Peak 1966/09/10-09/17 ♪♪
Song You Can't Hurry Love / The Supremes
Writter Brian Holland, Lamont Dozier, Edward Holland
Action 7(1966/08/27)、4、1、1、2、2、8、10(1966/10/15)
Weeks 13
Top100 No.8 1966
 邦題「恋はあせらず」を最初に聴いたのは、一人何役もこなしたVPが笑えたフィル・コリンズのカバーでした。


☆THE SUPREMES A' GO-GO(1位、10/22-10/29 ♪♪)
♪You Can't Hurry Love (1位)
♪Love is Like an Itching in My Heart (9位)
★シュープリームス・ナンバーワン・リスト(1964-1966)
♪Where Did Our Love Go (1964)
♪Baby Love (1964)
♪Come See About Me (1964)
♪Stop! In The Name Of Love (1965)
♪Back In My Arms Again (1965)
♪I Hear A Symphony (1965)
♪You Can't Hurry Love (1966)
★ホーランド=ドジャー=ホーランド・ナンバーワン・リスト(1964-1966)
♭Where Did Our Love Go / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Baby Love / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Come See About Me / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Stop! In The Name Of Love / Diana Ross & The Supremes(1965)
♭Back In My Arms Again / Diana Ross & The Supremes(1965)
♭I Can't Help Myself / The Four Tops(1965)
♭I Hear A Symphony / Diana Ross & The Supremes(1965)
♭You Can't Hurry Love / Diana Ross & The Supremes(1966)
♭Reach Out I'll Be There / The Four Tops(1966)
♭You Keep Me Hangin' On / Diana Ross & The Supremes(1966)
♭Love Is Here And Now You're Gone / Diana Ross & The Supremes(1967)


Peak 1966/09/24-10/08 ♪♪♪
Song Cherish / The Association
Writter Terry Kirkman
Action 4(1966/09/17)、4、1、1、1、2、4(1966/10/22)
Weeks 14
Top100 No.2 1966
AND THEN... ALONG COMES THE ASSOCIATION

☆AND THEN... ALONG COMES THE ASSOCIATION(5位)
♪Cherish (1位)
♪Along Comes Mary (7位)


Peak 1966/10/15-10/22 ♪♪
Song Reach Out I'll Be There / The Four Tops
Writter Brian Holland, Lamont Dozier, Edward Holland
Action 10(1966/09/24)、7、2、1、1、3、4(1966/11/05)
Weeks 15
Top100 No.4 1966
 サビの部分がめっちゃカッコイイ曲。シュープリームスでヒット曲を量産しているチームによる楽曲で、フォートップスにとって2曲目のナンバーワンソングも彼らのペンによる。

☆REACH OUT(14位
♪Reach Out I'll Be There (1位)
♪Standing In The Shadows of Love(6位)
★ホーランド=ドジャー=ホーランド・ナンバーワン・リスト(1964-1967)
♭Where Did Our Love Go / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Baby Love / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Come See About Me / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Stop! In The Name Of Love / Diana Ross & The Supremes(1965)
♭Back In My Arms Again / Diana Ross & The Supremes(1965)
♭I Can't Help Myself / The Four Tops(1965)
♭I Hear A Symphony / Diana Ross & The Supremes(1965)
♭You Can't Hurry Love / Diana Ross & The Supremes(1966)
♭Reach Out I'll Be There / The Four Tops(1966)


Peak 1966/10/29
Song 96 Tears / ? & the Mysterians
Writter Rudy Martinez
Action 8(1966/09/24)、6、3、3、2、1、2、3、8(1966/11/19)
Weeks 15
Top100 No.5 1966
 プリンスも名前を改めマークで呼ぶよう求めたことがありましたが、彼らはその元祖といえるのかもしれませんねぇ。バンド名はクエスチョンマーク・アンド・ミステリアンズ。いかにもサイケデリック全盛期の雰囲気を持っています。
96 TEARS

☆96 TEARS (66位)
♪96 Tears (1位)
♪I Need Somebody(22位)


Peak 1966/11/05 ♪
Song Last Train To Clarksville / The Monkees
Writter Tommy Boyce, Bobby Hart
Action 6(1966/10/08)、4、3、2、1、2、4、7、10(1966/12/03)
Weeks 15
Top100 No.6 1966


☆THE MONKEES(1位、1966/11/12-1967/02/04 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪)
♪Last Train To Clarksville (1位)


Peak 1966/11/12
Song Poor Side Of Town / Johnny Rivers
Writter Johnny Rivers, Lou Adler
Action 7(1966/10/22)、4、3、1、5、5、9(1966/12/03)
Weeks 15
Top100 No.9 1966
CHANGES

☆CHANGES
♪Poor Side Of Town (1位)


Peak 1966/11/19-11/26 ♪♪
Song You Keep Me Hangin' On / The Supremes
Writter Brian Holland, Lamont Dozier, Edward Holland
Action 7(1966/11/12)、1、1、3、5、5(1966/12/17)
Weeks 12
Top100 No.30 1966
 最初に聴いたのは、キム・ワイルドが1987年にカヴァーし、全米ナンバーワンに輝いた曲でした。


☆THE SUPREMES SING HOLLAND-DOZIER-HOLLAND(6位)
♪You Keep Me Hangin' On (1位)
♪Love Is Here And Now You're Gone (1位)
★シュープリームス・ナンバーワン・リスト(1964-1966)
♪Where Did Our Love Go (1964)
♪Baby Love (1964)
♪Come See About Me (1964)
♪Stop! In The Name Of Love (1965)
♪Back In My Arms Again (1965)
♪I Hear A Symphony (1965)
♪You Can't Hurry Love (1966)
♪You Keep Me Hangin' On (1966)
★ホーランド=ドジャー=ホーランド・ナンバーワン・リスト(1964-1967)
♭Where Did Our Love Go / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Baby Love / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Come See About Me / Diana Ross & The Supremes(1964)
♭Stop! In The Name Of Love / Diana Ross & The Supremes(1965)
♭Back In My Arms Again / Diana Ross & The Supremes(1965)
♭I Can't Help Myself / The Four Tops(1965)
♭I Hear A Symphony / Diana Ross & The Supremes(1965)
♭You Can't Hurry Love / Diana Ross & The Supremes(1966)
♭Reach Out I'll Be There / The Four Tops(1966)
♭You Keep Me Hangin' On / Diana Ross & The Supremes(1966)


Peak 1966/12/03、12/17-12/24 ♪♪♪
Song Winchester Cathedral / The New Vaudeville Band
Writter Geoff Stephens
Action 6(1966/11/12)、3、3、1、3、1、1、3、4、8(1967/01/11)
Weeks 15
Top100 No.18 1966
CHANGES

☆CHANGES
♪Poor Side Of Town (1位)


Peak 1966/12/10 ♪
Song Good Vibrations / The Beach Boys
Writter Brian Wilson, Mike Love
Action 4(1966/11/12)、2、2、2、1、3、8(1967/12/24)
Weeks 14
Top100 No.33 1966
 ビーチ・ボーイズにとって、これが「しばらく」最後のナンバーワンソング。次にこのポジションにやってくるのは22年後の「Kokomo」までお待ちを!(笑)


★ビーチ・ボーイズ・ナンバーワン・リスト(1964-1966)
♪I Get Around (1964)
♪Help Me, Rhonda (1965)
♪Good Vibrations (1966)


Peak 1966/12/31-1967/02/11 ♪♪♪♪♪♪
Song I'm A Believer / The Monkees
Writter Neil Diamond
Action 8(1966/12/17)、3、1、1、1、1、1、1、1、2、4、10(1967/03/04)
Weeks 15
Top100 No.5 1967
 個人的にはソングライターとしてニール・ダイヤモンドが脚光を浴びた一曲として注目しています。この頃は、シングル、アルバム共に全米を旋風のモンキーズでした。アルバムチャートは27週に渡りトップを独占状態。


☆MORE OF THE MONKEES(1位、1967/02/11-06/10 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪)
♪I'm A Believer(1位)
♪(I'm Not Your) Steppin' Stone(20位)

 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。 

さて、コチラ(1966)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。




1966年度第10回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; Up, Up And Away/5th Dimension
♪Album Of The Yearr ; Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band/The Beatles
♪Song Of The Year ; Up, Up And Away/5th Dimension
♪Best New Artist ; Ode To Billie Joe/Bobbie Gentry