iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです。(でも初代iPhoneだから容量が小さくて、もう1000曲を超えるナンバーワンソングに、1位になれなかった2位の曲まで入っているから、もうパンパン状態です。次をなんとか考えなくちゃ…)

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務める「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように、「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがヒットチャートですが、その時その時に流行っていた曲を聴けば時代が見えてくる。個人的には当時の自分も見えてきます。こう書くとオーバーなと笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲が絡んで聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。これが、何の脈絡もない曲で並んだ「ビルボードナンバーワンソングリレー」の醍醐味でもあるのです。そして、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。
1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。
他にもまだドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 このページは1960年の全米ナンバーワンソング20曲を紹介します。

 約20年ぶりにリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが、「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボードナンバーワンソング! 今まではレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、ネット時代の昨今、日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かな(笑)

なお、ビールボードのネット上でのランキング発表は、1週間前の木曜日に発表されます。たとえば2014年12月20日付のチャートであれば12月11日に発表されることになります。

Billboard.com|2014/12/11更新|
Peak ナンバーワンの期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです。
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks *最新チャートにてランク中
Top100 年間チャートの順位




Peak 1960/01/04-01/11 ♪♪
Song El Paso / Marty Robbins
Writter Marty Robbins
Action 3(1959/12/21)、2、1、1、3、2、3、4、10(1960/02/15)
Weeks 22
Top100 No.15 1960


Peak 1960/01/18-02/01♪♪♪
Song Running Bear / Johnny Preston
Writter Jiles Perry "J. P." Richardson, Jr.
Action 4(1960/01/04)、4、1、1、1、2、2、6、7、10(1960/03/07)
Weeks 27
Top100 No.4 1960
オープニングの♪ムバムバ(と聞こえる)というところ聴く度に、映画『ファインディング・ニモ』で、ニモが歯医者の水槽の中で、先人達に迎え入れられるシーンで歌われた曲を思い出してしまいます。



Peak 1960/02/08-02/15♪♪
Song Teen Angel / Mark Dinning
Writter Jean Surrey, Red Surrey
Action 7(1960/01/18)、4、2、1、1、2、4、6、7(1960/03/14)
Weeks 18
Top100 No.5 1960


Peak 1960/02/22-04/18 ♪♪♪♪♪♪♪
Song Theme from A Summer Place / Percy Faith
Writter James Owen, Max Steiner
Action 6(1960/02/15)、1、1、1、1、1、1、1、1、1、4、9(1960/05/02)
Weeks 21
Top100 No.1 1960
映画「夏の日の恋」のテーマ曲。

Peak 1960/04/25-05/16 ♪♪♪♪
Song Stuck On You / Elvis Presley
Writter J. Leslie McFarland, Aaron Schroeder
Action 6(1960/04/18)、1、1、1、1、1、1、1、1、1、4、9(1960/05/30)
Weeks 16
Top100 No.9 1960

 35位からジャンプアップで2位へ、2週目でナンバーワンに。アイドル的存在だったエルヴィスから、殺し文句のようなこと歌われちゃー。



 




Peak 1960/05/23-06/20 ♪♪♪♪
Song Cathy's Clown / EThe Everly Brothers
Writter Don Everly, Phil Everly
Action 3(1960/05/09)、2、1、1、1、1、1、2、5(1960/07/04)
Weeks 17
Top100 No. 1960


Peak 1960/06/27-07/04 ♪♪
Song Everybody's Somebody's Fool / Connie Francis
Writter Jack Keller, Howard Greenfield
Action 8(1960/06/06)、2、2、1、1、3、3、4(1960/07/25)
Weeks 18
Top100 No. 1960


Peak 1960/07/11
Song Alley Oop / The Hollywood Argyles
Writter Dallas Frazier
Action 6(1960/06/20)、3、2、1、2、3、5(1960/08/01)
Weeks 15
Top100 No. 1960


Peak 1960/07/18-08/01 ♪♪♪
Song I'm Sorry / Brenda Lee
Writter Dub Albritton, Ronnie Self
Action 6(1960/06/27)、3、2、1、1、1、2、3、5、4、5(1960/09/05)
Weeks 23
Top100 No. 1960


Peak 1960/08/08 ♪
Song Itsy Bitsy Teenie Weenie Yellow Polka Dot Bikini / Brian Hyland
Writter Paul Vance, Lee Pockriss
Action 10(1960/07/18)、5、2、1、2、2、6、6(1960/09/05)
Weeks 15
Top100 No. 1960
 邦題「ビキニスタイルのお嬢さん」

Peak 1960/08/15-09/12 ♪♪♪♪
Song It's Now or Never / Elvis Presley
Writter Wally Gold, Aaron Schroeder
Action 3(1960/08/01)、3、1、1、1、1、1、3、6、7、11、10(1960/10/17)
Weeks 20
Top100 No. 1960

 オーソレミオー



 

Peak 1960/09/19 ♪
Song The Twist / Chubby Checker
Writter Hank Ballard
Action 8(1960/08/15)、4、3、2、2、1、2、4、5、5、3、4(1960/10/31)
Weeks 39(1960年、1962年を通算して)
Top100 No.10 1961

 この大記録、2012年3月現在でも未だに破られず(2012年1月に亡くなったホイットニー・フーストンの「I Always Love you」がそれに続いてしまうのかと思いましたが、2枚目の大記録にはとどきませんでした。一体何が起こったのか?1960年は最初に大ヒットになりました。



 



Peak 1960/09/26-10/03 ♪♪
Song My Heart Has A Mind Of Its Own / Connie Francis
Writter Jack Keller, Howard Greenfield
Action 9(1960/09/05)、3、2、1、1、3、2、4、3、6(1961/11/07)
Weeks 17
Top100 No. 1960



Peak 1960/10/10 ♪
Song Mr.Custer / Larry Verne
Writter Al DeLory, Fred Darian, Joseph Van Winkle
Action 4(1960/09/12)、4、4、3、1、7、9(1960/10/24)
Weeks 13
Top100 No. 1960


Peak 1960/10/17、 10/31-11/07 ♪♪♪
Song Save The Last Dance For Me / The Drifters
Writter Doc Pomus, Mort Shuman
Action 10(1960/09/26)、6、4、1、2、1、1、5、10(1960/11/21)
Weeks 18
Top100 No. 1960




Peak 1960/10/29 ♪
Song I Want To Be Wanted / Brenda Lee
Writter Kim Gannon, Pino Spotti, Alberto Testa
Action 9(1960/10/15)、4、1、2、2、4(1960/11/19)
Weeks 15
Top100 No. 1960


Peak 1960/11/14 ♪
Song Georgia On My Mind / Ray Charles
Writter Hoagy Carmichael, Stuart Gorrell
Action 10(1960/10/31)、4、1、5、10(1960/11/28)
Weeks 13
Top100 No. 1960


Peak 1960/11/21
Song Stay / Maurice Williams & The Zodiacs
Writter Maurice Williams
Action 7(1960/11/07)、6、1、3、4(1960/12/05)
Weeks 18
Top100 No. 1960

Peak 1960/11/28-1961/01/02 ♪♪♪♪
Song Are You Lonesome Tonight ? / Elvis Presley
Writter Lou Handman, Roy Turk
Action 2(1960/11/21)、1、1、1、1、1、1、2、2、6(1961/01/23)
Weeks 16
Top100 No.96 1961

 35位からジャンプアップで2位へ、2週目でナンバーワンに。アイドル的存在だったエルヴィスから、殺し文句のようなこと歌われちゃー。



 




 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。 

さて、コチラ(1960)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。


もどるhome1960年レビュー|

1960年度第4回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; I Left My Heart In San Francisco/Tony Bennett
♪Album Of The Year ; The First Family/Vaughn Meader
♪Song Of The Year ; What Kind Of Fool Am I/Anthony Newley & Leslie Bricusse
♪Best New Artist ; Robert Goulet