私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務める「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように、「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがヒットチャートですが、その時その時に流行っていた曲を聴けば時代が見えてくる。個人的には当時の自分も見えてきます。こう書くとオーバーなと笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲が絡んで聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。これが、何の脈絡もない曲で並んだ「ビルボードナンバーワンソングリレー」の醍醐味でもあるのです。そして、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファアブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。
 1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。
 他にもまだドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 さて、このページは1962年の全米ナンバーワンソング21曲を紹介します。

 iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです。

 なお、ビルボードのネット上でのランキング発表は、1週間前の木曜日に発表されます。たとえば2012年11月24日付のチャートであれば11月15日に発表されることになります。(最新のチャートはこちら

Billboard.com|2012/11/15更新|

Peak ナンバーワンの期間
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100圏内のランクイン総週
Top100 年間チャートの順位


Peak 1961/12/23-1962/01/06♪♪♪
Song The Lion Sleeps Tonight / The Tokens
Writter Solomon Linda, Hugo Peretti, Luigi Creatore, George David Weiss, Albert Stanton
Action 6(1961/12/16)、1、1、1、2、3、6、10(1962/02/03)
Weeks 15
Top100 ランクインせず
 本来は1961年の12月までは月曜日が集計発表日(1961/12/25が最終日)になっていたのですが、1962年からは土曜日に振り返られました。そのためライオンは「寝ている」状態のランキングで、1週間飛んでしまいました。つまり、12/25から12日間チャートが存在せず(本来なら1月1日に発表されるはずだったのに、方針が変わってしまったので)、1962年の初チャート発表が1月6日になったのです。

*Billboard.comのページでも1962年1月1日は以下のようなメッセージが表示されています。

Sorry.
There is no chart data for this week. Please try another, more recent chart.

(ただし、現在は1961年以前のチャートに関しても土曜日にランキングが掲載されています)



Peak 1960/09/19、1962/01/13-01/20♪♪
Song The Twist / Chubby Checker
Writter Hank Ballard
Action 6(1961/12/09)、4、4、3、2、1、1、2、3、3、3、4、5(1962/03/03) *1962年のアクション
Weeks 39(1960年から通算して)
Top100 No.9 1962
 この大記録、2011年11月現在でも未だに破られず。一体何が起こったのか? 実はこのヒットはリヴァイヴァルで、それもただのリヴァイヴァルではなく、ビルボード史上例を見ない二度目のナンバーワンヒット。オリジナルヒットは1960年9月19日。というわけで近年発表されたビルボード50年のTop100では見事に1位にランクされたのです。



Peak 1963/01/27-02/10♪♪♪
Song Peppermint Twist / Joey Dee & The Starliters
Writter Joey Dee, Henry Glover
Action 10(1961/12/18)、6、4、3、2、1、1、1、2、7、9(1962/03/03)
Weeks 18
Top100 No.25 1962
まあ、とにかく「Twist」流行で、

♪Slow Twistin'/Chubby Checker,Dee Dee Sharp(3位)、
♪Twistin' The Night Away/Sam Cooke(9位)
♪Dear Lady TwistSlow Twistin'/Gary U.S. Bonds(10位)
♪Twist, Twist Senora/Dee Dee Sharp(9位)



Peak 1962/02/17-03/03 ♪♪♪
Song Duke Of Earl / Gene Chandler
Writter Gene Chandler, Earl Edwards, Bernice Williams
Action 7(1962/02/03)、2、1、1、1、25、5(1962/03/24)
Weeks 15
Top100 No.13 1962


Peak 1962/03/10-03/24 ♪♪♪
Song Hey! Baby / Bruce Channel
Writter Margaret Cobb, Bruce Channel
Action 5(1962/02/24)、2、1、1、1、2、6、10(1962/04/14)
Weeks 15
Top100 No.11 1962


Peak 1962/03/31
Song Don't Break The Heart That Loves You / Connie Francis
Writter Benny Davis, Ted Murry
Action 4(1962/03/10)、3、2、1、2、7(1962/04/14)
Weeks 13
Top100 No.31 1962
 邦題「泣かせないでね」は、フィル・スペクターの「ウォール・オブ・サウンド」も真っ青のエコーたっぷりの曲。でも、今にして思えば、これがチープなAMラジオから流れてくることを考えると、普通のステレオに聞こえるのかもしれません。遠い昔の音楽を聴いているようで、これはこれで心地よかったりします。



Peak 1962/04/07-04/14 ♪♪
Song Johnny Angel / Shelley Fabares
Writter Lyn Duddy, Lee Pockriss
Action 3(1962/03/31)、1、1、2、2、3、4、4、9(1962/05/26)
Weeks 15
Top100 No.6 1962
 「泣かせないでね」に引き続いてのエコーたっぷりの曲。


Peak 1962/04/21-04/28 ♪♪
Song Good Luck Charm / Elvis Presley
Writter Aaron Schroeder, Wally Gold
Action 9(1962/03/31)、3、2、1、1、5、5(1962/05/12)
Weeks 13
Top100 No.20 1962


Peak 1962/05/05-05/19 ♪♪♪
Song Soldier Boy /The Shirelles
Writter Luther Dixon, Florence Green
Action 6(1962/04/21)、4、1、1、1、2、3、4(1962/06/09)
Weeks 14
Top100 No.10 1962


Peak 1962/05/26 ♪
Song Stranger On The Shore / Mr.Acker Bilk
Writter Acker Bilk
Action 10(1962/04/21)、7、4、3、2、1、2、2、2、5、9(1962/06/30)
Weeks 21
Top100 No.1 1962


Peak 1962/06/02-06/30 ♪♪♪♪
Song I Can't Stop Loving You / Ray Charles
Writter Don Gibson
Action 4(1962/05/26)、1、1、1、1、1、3、3、3、4、7(1962/08/04)
Weeks 18
Top100 No.2 1962
 最近ではカップヌードルのCMで流れてました。永遠に歌い継がれてゆくべき名曲です。


Peak 1962/07/07 ♪
Song The Stripper / David Rose
Writter David Rose
Action 8(1962/06/16)、2、2、1、2、4、5、9、10(1962/08/11)
Weeks 17
Top100 No.5 1962
 ジャケットに目を奪われてしまいそうですが・・・。曲はビッグバンドによるゴージャスな楽曲。これでストリップを踊る、ということなのでしょうか?


Peak 1962/07/14-08/04 ♪♪♪♪
Song Roses Are Red (My Love) / Bobby Vinton
Writter Paul Evans, Al Byron
Action 5(1962/06/30)、2、1、1、1、1、2、3、6、8(1962/09/01)
Weeks 15
Top100 No.4 1962

なんとなく抑揚が「ケセラ・セラ」に似てなくもない曲です。



Peak 1962/08/11-08/18 ♪♪
Song Breaking Up Is Hard To Do / Neil Sedaka
Writter Neil Sedaka, Howard Greenfield
Action 8(1962/07/28)、2、1、1、2、3、6(1962/09/08)
Weeks 14
Top100 No.15 1962


Peak 1962/08/25
Song The Loco-Motion / Little Eva
Writter Gerry Goffin, Carole King
Action 8(1962/08/04)、4、2、1、2、3、4(1962/09/15)
Weeks 16
Top100 No.7 1962

 ジェリー・ゴフィンとキャロル・キングのコンビが放つ名曲中の名曲。初ヒットはリトル・エヴァ(ベビーシッターからナンバーワン歌手に、という、当時としてはアメリカン・ドリームとして話題になっていたそうです)。のちに、なんとグランド・ファンクがカバーし、これもナンバーワンに。誰が歌ってもヒットしてしまうポップスの王様のような曲といえるでしょう。名曲だけに、多くのカバーが存在します。 


★ジェリー・ゴフィン & キャロル・キング・ナンバーワン・リスト(1960-1962)
♭Will You Love Me Tomorrow / The Shirelles(1960)
♭Take Good Care Of My Baby / Bobby Vee(1961)
♭The Loco-Motion / Little Eva (1962)


Peak 1962/09/01-09/08 ♪♪
Song Sheila / Tommy Roe
Writter Tommy Roe
Action 5(1962/08/25)、1、1、2、3、5(1962/09/29)
Weeks 14
Top100 No.22 1962


Peak 1962/09/15-10/13 ♪♪♪♪
Song Sherry / The Four Seasons
Writter Bob Gaudio
Action 1(1962/09/15)、1、1、1、1、2、5(1962/10/27)
Weeks 14
Top100 No.55 1962
 圏外からのナンバーワンです。それだけキャッチーなメロディでありヴォーカルです。
SHERRY & 11 OTHERS


Peak 1962/10/20-10/27 ♪♪
Song Monster Mash / Bobby "Boris" Pickett & The Crypt-Kickers
Writter Bobby Pickett, Leonard L. Capizzi
Action 4(1962/09/29)、2、2、1、1、4、8(1962/11/10)
Weeks 14
Top100 ランクインせず
 ちょうどハロウィンにヒットしたポップスで、フランケンシュタインとかドラキュラとか狼男が登場します。


Peak 1962/11/03-11/10 ♪♪
Song He's a Rebel / The Crystals
Writter Gene Pitney
Action 4(1962/10/20)、2、1、1、3、8、9(1962/12/01)
Weeks 18
Top100 ランクインせず


Peak 1962/11/17-12/15 ♪♪♪♪
Song Big Girls Don't Cry / The Four Seasons
Writter Bob Crewe, Bob Gaudio
Action 6(1962/11/03)、2、1、1、1、1、1、5、5、5(1963/01/05)
Weeks 16
Top100 ランクインせず
 5週間もトップの座にいながら1962年にも1963年の年間チャートにもランキングされませんでした。しかし、キャッチーなポップスであるこの曲は、一度メロディを聴いてしまったら、なかなか耳から離れないのではないでしょうか?
SHERRY & 11 OTHERS


Peak 1962/12/22-1963/01/05♪♪♪
Song Telstar / The Tornados
Writter Joe Meek
Action 7(1962/12/08)、5、1、1、1、2、2、8(1963/01/26)
Weeks 16
Top100 ランクインせず


 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。 

さて、コチラ(1962)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。


もどるhome1962年レビュー|

1962年度第5回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; I Left My Heart In San Francisco/Tony Bennett
♪Album Of The Year ; The First Family/Vaughn Meader
♪Song Of The Year ; What Kind Of Fool Am I/Anthony Newley & Leslie Bricusse
♪Best New Artist ; Robert Goulet