ウィンダム・ヒルの掲示板

【A WINTER'S SOLSTICE】(1985〜2001)の跡を継ぐような形でスタートした【A WINDHAM HILL CHRISTMAS】は、2005年現在毎年リリースしてくれています。ファンにとっては、再びこの季節は待ち遠しいシーズンになりました。しかもアーティストたちの顔ぶれは、このために古巣に戻ってきてくれているようなメンバーが揃っていて、まさに三作目のタイトル“I'LL BE HOME FOR CHRISTMAS”となっています。





A WINDHAM HILL CHRISTMAS

01. Sussex Carol / Jeff Johnson, Brian Dunning & John Fitzpatrick
02. Angels We Have Heard On High / Steve Erquiaga
03. O Holy Night / Jim Brickman
04. In Dulci Jubilo / Barbara Higbie
05. The First Noel / W.G.Snuffy Walden
06. Christmas is Coming / George Winston
07. It Came Upon a Midnight Clear / Tim Story
08. Silent Night / Tracy Silverman & Thea Suits
09. Medley: Christ the Apple Tree; Once in Royal David's City
  / Alex De Grassi
10. Deck the Halls / Liz Story
11. O Come, O Come Emmanuel / Paul McCandless
12. What Strangers are These / Will Ackerman & David Cullen
13. The Holly and the Ivy / Nightnoise
14. Lo, How a Rose / Paul Schwartz
2002年度作品
日本未発売

 レーベル25周年を記念したSilver Aniversallyとしてリリースされた番号なしの『A WINTER'S SOLSTICE』の続編ではなく、そのものズバリ『CHRISTMAS』。
 内容もシリーズの雰囲気を壊すことなくウィンダム・ヒルのポリシーを貫いていて嬉しく、店頭で発見したときは鳥肌が立ちました。ジャケットも最高。ライナーはプロデューサのDawn Atkinsonが『A WINTER'S SOLSTICE』のこと、冬のシーズンのことを解説してくれています。
 今までシリーズ化していた『A WINTER'S〜』は厳しい季節の中にも、生命の息吹とかを感じさせ、自然界からのメッセージという雰囲気を持っていたのに対して、こちらはあくまでも人間同士の、このシーズンへの思いを感じさせます。つまりキリストの誕生を祝うお祭りムード。
 余談ですが、アルバムの曲目では5と6の順序が入れ替わっています(いわゆるミスプリントですね)。この上の表記が正しいので注意が必要(George Winstonを目当てに5を再生させると「えっ?これジョージ?」ということになる)。
レビュー





A WINDHAM HILL CHRISTMAS II

01. In Dulci Jubilo / Paul McCandless
02. Joy To The World / Steve Erquiaga
03. God Rest Ye Merry Gentleman / Philip Aaberg
04. Away In A Manger / Tracy Silverman & Thea Suits
05. Patapan / Barbara Higbie
06. The First Noel / Jim Brickman
07. The Waits' Song / Jeff Johnson & Brian Dunning
08. I Wonder As I Wander / Will Ackerman & David Cullen
09. Hark! The Herald Angels Sing / Tim Story
10. Bring A Torch, Jeanette Isabella / Liz Story
11. Angels We Have Heard On High / Alex De Grassi
12. O Tannenbaum / Richard Schongerz
13. Silver Bells / George Winston
2003年度作品
日本未発売

 もうこういう時期になったのか… 最初に聞こえてくるクリスマスソングに耳を傾けると、長かったようで短い時の移ろいを感じずにはいられません。
 Paul McCandlessのオーボエに始まり、ウィンダム・ヒルのなじみのアーティストがお気に入りの古いキャロルを持ち寄ったシリーズ第二弾。前作と比べると静かなクリスマスをイメージさせます。どちらかといえば『ウィンター・コレクション』寄りの作品集で、そういうタイトルでも全く違和感もありませんが、『キャロル・オブ・クリスマス I & II』同様、曲は知られた調べばかりで「この曲をあのアーティストが」ということを楽しみましょう。
 このシリーズでは珍しくAlex De Grassiがベーシストと共演したり、Liz Storyが以前ベーシストのJoel DiBartoloと共演した曲をソロで演奏したり、George Winstonがお得意のスラック・ギターでポピュラーを初心者のようにカヴァーしたりと、そういったインフォメーションをさがす楽しみが味わえます。しかし46分という収録時間はあまりにも短すぎ、続編が期待されていると行っても、ファン泣かせ。
 1作目とダブる曲、Barbara HigbieとPaul McCandlessの“In Dulci Jubilo”、W.G.Snuffy WaldenとJim Brickmanの“The First Noel”を聴き比べてみると、同じ曲なのに全く違う雰囲気を持っていて、彼らのアーティスト性と歌い続けられるクリスマスキャロルの普遍性を感じます。(レビュー






A WINDHAM HILL CHRISTMAS I'LL BE HOME FOR CHRISTMAS

01. Bring A Torch Jeanette Isabella
  / Jeff Johnson, Brian Dunning, John Fitzpatrick
02. Good King Wenceslas / Jim Brickman
03. Angels From The Realms Of Glory / Barbara Higbie
04. Christmas Time Is Here / Sean Harkness
05. Holy Night / Tracy Silverman
06. Have Yourself A Merry Little Christmas / Liz Story
07. Little Drummer Boy / Steve Erquiaga
08. A Child Is Born / Paul McCandless
09. Winter Wonderland / Phillipe Saisse
10. I'll Be Home For Christmas / Giovanna Imbesi
11. The Holly and the Ivy / Tim Story
12. Sussex Carol / George Winston
13. The Complete Nutcracker Suite / Philip Aaberg
14. Yazala Abambut
  / Samite, David Cullen, Philip Aaberg, Will Ackerman
2004年度作品
日本未発売

 今回も木をモチーフとしたジャケット。まずはジャケットが気になってしまうウィンダム・ヒルですが、店頭やネット上でジャケットを見た瞬間の「期待感を満足させられた気持ち」は毎度気持ちいい。しかもその内容も期待にどおりだから、毎回毎回楽しみにしてしまいます。
 アルバムタイトルにもなっているように、レーベルから巣立っていった(ウィルでさえ)アーティストが、この時期にだけ帰ってきてくれます。ピアノ、ギター。いつもの楽器にいつものメンバー。それでいて毎回新鮮に聞こえ、これを聴くと次は前作、前々作と聴きたくなってきます。(レビュー






A WINDHAM HILL CHRISTMAS THE NIGHT BEFORE CHRISTMAS

01. Angels We Have Heard on High / Paul McCandless
02. Wassail Song / Philip Aaberg
03. Silent Night / Barbara Higbie
04. O Tannenbaum / Jim Brickman
05. Good King Wenceslas / Alex DeGrassi
06. Morning Has Broken / Jeff Johnson & Brian Dunning
07. O Thou Joyful/O Little Town of Bethlehem / Philip Aaberg
08. The First Noel / Tim Story
09. It Came Upon a Midnight Clear / Giovanna Imbesi
10. Santa Claus Is Coming to Town / Steve Erquiaga
11. Walking in the Air / Fred Simon
12. The Green Trees of Winter / Will Ackerman
13. Have Yourself a Merry Little Christmas / Tracy Silverman
14. Cherry Tree Carol / George Winston
2005年度作品
日本未発売

 タイトルの【Night Before Christmas】とはクリスマス・イヴのこと。暖かく柔らかい光に包まれた静かなクリスマス前夜のひととき。そんな事を予感させるジャケット。このシリーズも2002年から始まって毎年リリースされ今年で4作目。2006年はレーベルにとって発足30周年に当たるため、大々的にツアーを行うようです。ただしこのツアーは【A Winter's Solstice Concert】。このアルバムも30周年前夜祭という意味も含めたアルバムタイトルなのでしょう。(レビュー
 



もどるhome