ウィンダム・ヒルの掲示板

A WINDHAM HILL CHRISTMAS II -2003-

Produced by Dawn Atkinson.

01. In Dulci Jubilo / Paul MCcandless
Paul McCandless; Oboe, English Horn, Keyboards
Robert Ward; French Horn / William Coulter; Guitar / Michael Manring; Bass
Produced by Paul McCandless and Dawn Atkinson.

02. Joy To The World / Steve Erquiaga
Steve Erquiaga; Nylon-String Guitar
Produced by Steve Erquiaga.

03. God Rest Ye Merry Gentleman/ Philip Aaberg
Philip Aaberg; Piano
Produced by Philip Aaberg.

04. Away In A Manger / Tracy Silverman & Thea Suits
Tracy Silverman; Violin, Viola, Electric 6-String Violin, Keyboards / Thea Suits; Flute
Produced by Tracy Silverman.

05. Patapan / Barbara Higbie
Barbara Higbie; Piano, Celtic Harp, Hammered Dulcimer, Violin, Synthesizer
Nina Gerber; Acoustic Guitars
Produced by Barbara Higbie.

06. The First Noel / Jim Brickman
Jim Brickman; Piano
Produced by Jim Brickman.

07. The Waits' Song0/ Jeff Johnoson & Brian Dunning
Jeff Johnoson; Keyboards, Piano, Percussion / Brian Dunning; Accordion, Pennywhistles, Flute
Sean Whelan; Guitar / Billy O'Reilly; Bass
Produced by Jeff Johnoson.

08. I Wonder As I Wander0/ Will Ackerman & David Cullen
Will Ackerman; Baritone Guitar, Hopi Drum / David Cullen; Guitar, Bass, Keyboard
Produced by Will Ackerman.

09. Hark! The Herald Angels Sing0/ Tim Story
Tim Story; Piano, Synthesizers
Kimberly Bryden; Oboe / Martha Reikow; Cello
Produced by Tim Story.

10. Bring A Torch, Jeanette Isabella / Liz Story
Liz Story; Piano
Produced by Dawn Atkinson.

11. Angels We Have Heard On High / Alex de Grassi
Alex de Grassi; Guitar / Todd Phillips; Bass
Produced by Alex de Grassi.

12. O Tannenbaum / Richard Schongerz
Richard Schongerz; Keyboard, Percussion Programming
Produced by Richard Schongerz.

13. Silver Bells / George Winston
George Winston; Piano
Produced by George Winston and Howard Johnston.


 1985年にシリーズが始まった『A WINTER'S SOLSTICE(ウィンター・コレクション)』も、レーベル25周年を持って、その幕を閉じてしまったようですが、それを引き継ぐ形で昨年リリースされた『CHRISTMAS』。過去に『THE CAROLS OF CHRISTMAS』や『SIMPLE GIFT』などがあったから、はたしてシリーズになるのかと一部のファンの間で話題になりましたが2005年現在、第4作までリリースされているので、完全にシリーズ化しているようです。
 収録曲に関しては今回もオリジナルはなく、讃美歌やクリスマスキャロル、トラディショナルなど。そして基本となっているのはピアノとギター。
 前回参加していなかったPhilip Aabergが帰ってきたのは個人的に嬉しく思いました。2000年にレコーディングした、フィルのソロアルバム『CHRISTMAS』は、特別な意味合いを持ったアルバムなので、特に聴いてもらいたい一枚です。
 Liz Storyは、彼女の1994年の『THE GIFT』という素晴らしいキャロル集の続編ともいうべきレコーディングとして、いつもこの冬のシリーズは楽しみにしている。今回選んだ曲は、そのアルバムのオープニングを飾った曲で、その時はJoel DiBartoloのベースをフューチャーしていたが、今回はピアノソロ。
 他のアーティストとの関係もそうですが、このウィンダム・ヒルの冬のシリーズは、何度も同じ曲が取り上げられています。しかしそれぞれを聴き比べる楽しさがあって、同じ雰囲気を持っていません。アーティストの個性が前面に押し出されているところがアーティスト魂を感じさせるといってよいでしょう。
 ジャケットも真っ白(白は突き詰めてゆくと青っぽくなって行く)を基調にウィンダム・ヒルという名前と、人物の赤が共通してインパクトを持たせています。センスいい。