ウィンダム・ヒルの掲示板


TRUE / Jeff Oster


Produced by Will Ackerman.
Engineered by Corin Nelson,
Additional Dexter Brown, Bill Esses, Bryan Carrigan.
Mixed by Corin Nelson,
Bruce Swedien, Bryan Carrigan and Jeff Oster.
Recorded at Imaginary Road Studios.

All songs Composed by Jeff Oster.
except where noted.
   

♪ ♪ ♪

01. Saturn Calling
Jeff Oster; Flugelhorn, Loop Programming, Synthesizer
Keith Carlock; Drums / T Bone Wolk; Electric Guitar, Bass / Philip Aaberg; Piano, Synthesizer
Eugene Friesen; Cello / Melissa R.Kaplan; Vocals / Bryan Carrigan; Sound Design


02. This Place
Jeff Oster; Trumpet, Flugelhorn
Jan Pulsford; Logic Pro Key, Beats, Programming
/ Philip Aaberg; Piano, Synthesizer
Michael Manring; Bass / Bryan Carrigan; Sound Design


03. Seregeti
Jeff Oster; Flugelhorn, Synthesizer, Loop Programming
Samite; Vocal / Keith Carlock; Drums / T Bone Wolk; Electric Guitar, Bass
Philip Aaberg; Synthesizer

04. VioletJeff Oster/Patrick Gorman)
Jeff Oster; Flugelhorn
Patrick Gorman; Guitar
/ Philip Aaberg; Piano, Synthesizer
Michael Manring; Bass / Eugene Friesen; Cello

05. Tibet
Jeff Oster; Flugelhorn, Loop Programming
Keith Carlock; Drums / T Bone Wolk; Electric Guitar, Bass / Philip Aaberg; Piano, Synthesizer
Ngakpa Ozer Dorge; Vajrasattva, Tibetan Throat Chant / Jovica Storer; Vocal Loops

06. Sounds Like Sunshine
Jeff Oster; Flugelhorn, Synthesizer, Loop Programming
Keith Carlock; Drums / T Bone Wolk; Bass / Philip Aaberg; Synthesizer
Noah Wilding; Vocals / Bryan Carrigan; Sound Design

07. Once In A Blue Moonlight
Jeff Oster; Flugelhorn, Synthesizer, Loop Programming
Keith Carlock; Drums / T Bone Wolk; Bass / Jan Pulsford; Logic Pro Key, Beats, Programming
Melissa R.Kaplan; Vocals / Bryan Carrigan; Sound Design

08. On One Knee(Jeff Oster/Will Ackerman)
Jeff Oster; Flugelhorn
Will Ackerman; Guitar / Philip Aaberg; Piano

09. From The Dreamtime
Jeff Oster; Flugelhorn, Synthesizer, Loop Programming
Samite; Vocal / Michael Manring; Bass / Philip Aaberg; Synthesizer
Derrik Jordan; Djembe, Cuica, Cuiro

10.Mumbai
Jeff Oster; Trumpet, Flugelhorn /
Keith Carlock; Drums / T Bone Wolk; Bass
/ Will Ackerman; Electric Guitar
Bryan Carrigan; Rhythm Guitar, Sound Design / Melissa R.Kaplan; Vocals


11. You Shine
Larry Allen Brown;Vocals, Guitar /
Tom Eaton; Accordion, Percussion / Charlie Bisharat; Violin / Eugene Friesenz; Cello

Tony Levin; Bass / Steve Holley; Drums, Percussion

 

 2005年の『RELEASED』に続き、Imaginary Roads Studiosにてアッカーマンのプロデュース。ウィンダム・ヒル・ファンにとっては嬉しいアーバーグやマンリングの名前も見つけることができます。そしてアッカーマンのエレキにも注目(1曲だけですが)したいところです。それと参加メンバーの中には、共作とギタリストとして名を連ねているPatrick Gormanもいます。

 ウィンダム・ヒル・ファンにとっては“On One Knee”でのジェフ、アーバーグ、アッカーマンのトリオ演奏のような曲ばかりだと嬉しいのですが、全編フュージョン系で、今までのようなアコースティック・サウンドを期待して聴くと、ちょっと驚き。ただ、本人とのやり取りの中で、NASAの土星探査機カッシーニから届いた音を使って作曲した曲も入っている、という話を聴いていたので、アルバムが届く前から実はワクワクしていました(笑)。

NASAのページ

 その曲はオープニングに登場しますが、冨田勲の『DAWN CHORUS』と同じく、ジェフもカッシーニから届いた土星のオーロラの電波を音に変換したものをサンプリングとして使っています。実際には電波という形で受信しているので、耳を澄ませば聞こえる音ではありませんが(おそらく地球のオーロラの音と同じ原理で起きている現象なので、地球のオーロラも同じ音に聞こえる)、「これが土星から届いたオーロラの音」というだけで、私たちにはいろいろな想像が働くのではないでしょうか?ましてや芸術家ともなれば、私のような凡人と違って様々な形でそれを表現してくれるのです。ジェフはこの音に、自らのトランペットやフリューゲルホーンを重ね合わせ、実に雄大な空間を作り上げてくれました。まさに私が探し求め続ける「天界の音楽」であり「天球の音楽」というわけです。

 ちなみに冨田のアルバムでは、天界に存在する無数の変光星の光度曲線を音の波形に使い、ヴァイオリン、チェロ、ソプラノなどの楽器に似た波形を選びフル・オーケストラとして組織しました。また、ジェフのように実際の音を使った曲もあり、実に興味深い作品集です。波形は各地の天文台から頂いたそうです。

 
Photo by Toshiharu Minagawa.