9月23日「M2」

 もうそろそろ地上の方も秋の気配を感じさせるように、昼と夜の気温差が大きくなっている。星空の方は旧暦に合わせていくから、すでに立秋あたりから秋の星座が出揃っているので日に日に秋の色に染まっていくのを楽しんでいた。あまり自然を気にしないで生活していると、いつの間にか季節が変わっていた、なんてことになりかねない。雲の形、空や森の色、鳥や虫の鳴き声を普段から気にしていると、ひたひた次の季節の足音が聞こえてくるようで、自分も自然と共に生活しているのに気づくから嬉しい。
 このM2は、倍率を上げても星は分解されず、ザラザラした感じだけが確認できる程度だった。今日はもうひとつNGC7009を見た。青緑がかったその姿が視野の中に入ってきたときには驚いた。なぜかこの瞬間になると“もの凄く遠くへ来てしまった”という気分になる。(02h10m)

---メシエスケッチアルバム(1992)

屈折80ミリ85倍
反射120ミリ144倍
もどる一番星のなる木

8月31日/9月1日/2日/3日/4日/5日/6日/7日/8日/9日/10日/11日/12日/13日/14日/15日/16日
17日/18日/19日/20日/21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日