しし座(獅子座)
学名:Leonis
20時南中:4月25日
 春を代表する星座といったら、まずこのしし座といえるでしょう。北の空に昇った北斗七星と背中合わせにのぼるこの星座は、長い冬の眠りから目覚めた猛獣の如く東の空から一気に駆け上り、百獣の王らしく天頂へと掛かります。太陽の通り道である黄道星座ですが、特にこの星座に太陽が入る8月頃は一年中でもっとも暑く、頭の上から太陽の灼熱がふりそそぎます。これは太陽がこの獣から力を借りるためだと古代人は考えました。

★写真をクリックすると星の結び方が現れます。ただし、この結び方には決まりがありませんので、ここで紹介している結び方が正しいというわけではありません。

もどる