星と天界の音楽と(星のソムリエのブログ)




 海豚(いるか)はギリシアでは神聖な動物と考えられていました。それは航海で近隣諸国と貿易を行っていたギリシア人の船乗りたちにとっては、海に出る季節を教えてくれたのと、海神ポセイドンの遣いであると信じられていたためです。


 海神ポセイドンは女神アンフィトリーテを迎えて后としようと考えていたのですが、彼女は恥ずかしがって海中遠くへ逃げていってしまいました。そこでポセイドンは海豚を使者として赴かせ、言葉巧みにアンフィトリーテを口説かせました。そこで彼女もとうとうポセイドンとの結婚を承知して、海神の后となりましたが、海豚はそのこうによって星座にあげられたと伝えられています。

 ギリシアの彫刻や壺の絵に、ポセイドンが海豚を持ち、アンフィトリーテは海豚の導く馬車で海上を走っている絵が題材として良く取り上げられています。



 別の神話では、この海豚は音楽の名手アリオンを助けた海豚として伝えています。
 アリオンはレスポスの島に生まれた吟唱詩人であり、すぐれた音楽家でもありました。ある時、シチリア島で音楽のコンクールがあり、ギリシア中の詩人が集まりました。アリオンもコリントス王のお供をしてその島に渡り、見事に優勝して莫大な賞金を得ました。そして帰国の途中、生まれ故郷のレスポス島へ寄っていこうと船に乗り込みました。
 しかし、海上へ出てまもなくすると、船長や荒くれ水夫たちが刀を突きつけ、アリオンを取り巻いて賞金の袋を奪った上、海へ飛び込めと脅しました。
 タスからぬ命と悟ったアリオンは、紫と金色の衣をつけ、花輪を抱いて船縁へたち、広い海を前に象牙のばちでことをかき鳴らし、最後の歌を唄いました。いつの間に集まったのでしょうか。たくさんの海豚が船の周りに集まってきて、その素晴らしい音色に聞き惚れていました。歌い終わったアリオンは海へ身を躍らせましたが、そこへ一匹の大海豚がフワリと背に受け止め、ラコニア半島を目指して泳ぎ始めました。そして、そのあとに多くの海豚が続きました。
 こうしてアリオンは無事に島のタイナロン岬まで送り届けられて、コリントスの王宮に帰り着くことが出来ました。やがて何食わぬ顔をして帰ってきた船長たちは、王の前に出ると口からでまかせの報告をしましたが、王のそばにアリオンが立っているのを見ると、ひどく慌てました。
 船長たちはたちまち捕らえられ、厳しい罰を受けたといわれています。これによってアリオンの名声はいよいよ高まったということです。
- - - - - ヘロドトス『歴史』巻一 23-24

 これとよく似た伝説に、ホメーロスと並ぶギリシア最大の詩人ヘーシオドスが殺害された時の物語が残されています。
 ホメーロスとの歌競べに勝利したヘーシオドスはデルポイへ向かいました。神に勝利の初穂を献じ神託を伺うためでした。彼が神殿に近づくと神懸かりになった巫女がこう言ったといいます。

“わが社に詣で仕うるこの男は果報者じゃ、この者は不死なるムーサらに崇められるヘーシオドス、彼が誉れは曙の光を照らす涯まで拡がるべし、しかれども、ネメアーなるゼウスの美わしき森には心許すな、汝はそこに果つるさだめぞ”

 何というお告げでしょうか。しかしヘーシオドスは、この神託をペロポンネーソスにあるネメアーのことだと思い、神託の真意を悟らぬままペロポンネーソスへは向かわず、ロクリス地方のオイノエーへ行きました。実はこここそが巫女の言う“ネメアーのゼウス”だったのです。
 ここで彼はペーゲウスの子アンピパネースとガニュクトールの兄弟の許を訪れしばらくやっかいになりました。やがて二人はどうしてか、ヘーシオドスが妹と不義を犯したと邪推して彼を殺害し、その亡骸をエウボイア島とロクリスとの間の海へ投げ込んでしまいました。その三日後、彼の亡骸を海豚が岸に運び届けたというのですが、そこは“アリアドネー祭”の真っ最中でした。島民はその死体がヘーシオドスとしると、犯人探しを始めましたが、発覚を恐れたアンピパネースとガニュクトールの二人はクレタ島へ向かおうと海中へ乗り出したとたん、ゼウスの雷撃を受け海中に沈められたと言うことです。

- - - - - アルキマダース(?)『ホメーロスとヘーシオドスの歌競べ』


もどる(いるか座)

星、宇宙がテーマの音楽集天文学史と音楽史

home(一番星のなる木)