こいぬ座
学名:Canis Minor
20時南中:3月11日
★写真をクリックすると星の結び方が現れます。ただし、この結び方には決まりがありませんので、ここで紹介している結び方が正しいというわけではありません。

 

この星座を宵の空に仰ぐようになると「春はすぐそこ」という感慨に浸ります。

 かつて石田五郎先生が

「シリウスの烈しい瞬きを寒風に凍てついた青氷とするならば、天の川の対岸左上方にやさしく輝くプロキオンは日差しにとけそめた薄氷にもたとえられよう」

と表現した一節を思い出します(星の歳時記)。

 それほどオリオンやシリウスの瞬きから受けるイメージは、葉を落としきった木々の梢の間を渡る北風の冷たさと地上の風景と重なる寒々とした情景です。しかし僅かに天の川を挟んで穏やかに瞬くプロキオンの輝きを眺めていると、春の訪れを感じさせます。冬の到来をカペラのせわしない瞬きから感じるように、私はプロキオンのちょっと落ちついた輝きに春の足音を感じるのです。

この星座の1等星プロキオンは、おおいぬ座のシリウス、オリオン座のベテルギウスと合わせて見事な正三角形を描き、冬の大三角を担っています。

 写真では右下のシリウスと共に収まっているこいぬ座ですが、見た目も性格も名前も、どれを取ってもおおいぬ座とシリウスと似ているというなんとも面白い星座です。

おおいぬ座は、天の川に浸った暗い星々を結んでなんとか犬の形を想像できますが、こいぬ座にいたっては写真に写っている二つの星、α星プロキオンとβ星ゴメイサの二つしか目視することができず、このふたつの星から子犬の姿を想像することは、いくら想像力豊かな人であっても正直難しいでしょう。
(似たような星座にりょうけん座もあり、こちらも主星2つの星だけで二匹の猟犬を描いています)

 とはいえ、この星座はプトレマイオスの頃から知られていた古い星座でした。というのも、このプロキオンという名前が「犬の前に」という意味のギリシア語で、これはまさしく犬星シリウスよりも先駆けて東の地平線から昇ってくることを差しています。
当時、シリウスの昇りは酷暑の始まりである夏を告げる星として、忌み嫌われている星でした。これは、真夏の太陽が地上を焼き焦がすのは、太陽と同時にシリウスが昇ってきて、太陽の暑さを更に倍増させていると思われていたからで、そのためシリウス(焼き焦がすもの)という名前が付けられたぐらいです。そのため、シリウスよりも若干先に昇ってくるプロキオンを見て、近々訪れる夏という季節を知る重要な役割を与えられた命名でした。


 おうし座に木星、ふたご座に金星が大きく輝き、一瞬見落としがちになりますが、東の空からはシリウスの輝きの前に、プロキオンが名前の通り昇ってきました。(2012年8月24日)

 


もどる