ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。

 さて、このページでは2021年度のチャートでナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

  2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえ最新チャートは2021年4月17日です。発表は4月13日(最新の1位はコチラ)。

Billboard.com|2021/04/14更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)


 

Song 曲目 / アーティスト(オフィシャル・ビデオにリンク)
Writter 作詞・作曲 etc.
Peak 2位に留まった期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです(第1週目のみBillboad.com)
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
No.1 その時1位だった曲
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャート

Song Rockin' Around The Christmas Tree/ Brenda Lee
Writter Johnny Marks
Peak Highest charted position No.2,2019/12/28 - 2020/01/04、2021/01/02 ♪♪♪
Action 8(2019/12/14)、3、2、2(2020/01/04)
4(2020/12/12)、3、3、2(2021/01/02)
No.1 All I Want For Christmas Is You/ Mariah Carey
Weeks 39*(No.8; 2019/12/14 - No.2; 2020/01/04
  No.43; 2020/11/28 - No.12; 2021/01/09)

 1958年のシングル。2019年暮れから2020年初めまで、クリスマス・ソングが大挙ランクイン。01/04付けではチャート史上初1?3位を独占し、5曲もランキングしています。そしてTop100のうち21曲がクリスマスソング!

 そして2020年暮れ、再びリ・エントリーをはじめました(11/28付けで43位)。今回もマライアに阻まれ同じく2位止まりとなってしまいました。

Brenda Lee.com



2021/01/02付けでクリスマス・ソングが35曲ランクインしました。
(Top10のうち9曲がクリスマスソング!、20位まではホリデー以外がわずか3曲のみ)
1; All I Want For Christmas/ Mariah Carey(1994)
2; Rockin' Around The Christmas Tree/ Brenda Lee(1958)
3; Jingle Bell Rock/ Bobby Helms(1957)
4; A Holly Jolly Christmas/ Burl Ives(1965)
5; It's The Most Wonderful Time Of The Year/ Andy Williams(1963)
6; Feliz Navidad/ Jose Feliciano(1970)
8; Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow/ Dean Martin(1974)
9; Last Christmas/ Wham!(1984)
10; Run Rudolph Run / Chuck Berry(1958)
11; The Christmas Song (Merry Christmas To You) / Nat King Cole(1944)
12; Underneath The Tree/ Kelly Clarkson(2020)
13; Sleigh Ride/ The Ronettes(1963)
15; It's Beginning To Look A Lot Like Christmas
/ Perry Como & Fontane Sisters with Mitchell Ayres & His Orchestra(1951)
16; Rudolph The Red-Nosed Reindeer/ Gene Autry(1949)
18; Happy Holiday/The Holiday Season/ Andy Williams(1963)
19; Christmas (Baby Please Come Home) / Darlene Love(1963)
20; White Christmas/ Bing Crosby(1941)
22; (There's No Place Like) Home For The Holidays/ Perry Como(1954)
23; It's Beginning To Look A Lot Like Christmas/ Michael Buble(2011)
26; Here Comes Santa Claus (Right Down Santa Claus Lane)/ Gene Autry(1947)
28; Wonderful Christmastime/ Paul McCartney(1979)
33; Blue Christmas/ Elvis Presly(1957)
36; Mele Kalikimaka(Merry Christmas)/ Bing Crosby & The Andrews Sisters(1949)
39; This Christmas/ Donny Hathaway(1970)
45; Please Come Home For Christmas/ Eagles(1978)
46; Santa Claus Is Comin' To Town/ Jackson5(1970)
47; Little Saint Nick/ The Beach Boys(1963)
48; Take Me Home For Christmas/ Dan+Shay(2020)
49; Have Yourself A Merry Christmas/ Michael Buble(2016)
50; I'll Be Home For Christmas/ Bing Crosby(1943)
54; Hallelujah/ Carrie Underwood & John Legend(2020)
61; Rockin' Around The Christmas Tree/ Justin Bieber(2020)
75; Underneath The Mistletoe/ Kelly Clarkson & Brett Eldredge(2020)
78; The First Noel/ Gabby Barrett(2020)
94; Silent Night/ Carrie Underwood(2020)






Song 34+35/ Ariana Grande featuring Doja Cat & Megan Thee Stallion
Writter Albert Stanaj, Ariana Grande, Courageous Xavier, Herrera Peter, Lee Johnson,
Scott Nicholson, Steven Franks, Tayla Parx, Tommy Brown, Victoria Monetl
Peak Highest charted position No.2, 2021/01/30
Action 2(2021/01/30)、4、4、6、2、4、4、9、9(2021/03/27)
No.1 Drivers License/ Olivia Rodrigo
Weeks 23*(No.8; 2020/11/14 - No.15; 2021/04/17)

Taken from Album POSITIONS



 当初ソロ作だったこの曲も、Doja Cat & Megan Thee Stallionとのリミックスを配信(リリース)がチャートを上昇しました。コミック風のPVがなかなか目をひく楽曲。

Ariana Grande.com
Doja Cat.comMegan Thee Stallion.com

☆POSITIONS(1位、2020/11/14 - 11/21 ♪♪)
♪Positions(1位)
♪34/35/ Ariana Grande featuring Doja Cat and Megan Thee Stallion(2位)






Song Wants And Need/ Drake featuring Lil Baby
Writter Aubrey Graham, Dominique Jones, Ronald LaTour Jr., Dylan Cleary-Krell, Noah Shebib
Peak Highest charted position No.2, 2021/03/20
Action 2(2021/03/20)、10(2021/03/27)
No.1 What's Next/ Drake
Weeks 5*(No.2; 2021/03/20 - No.38; 2021/04/17)

Taken from Album SCARY HOURS 2



 ビルボード史上初となる初登場Top3独占(当然のことながら1、2位独占)。個人的には2(3)曲とも似たり寄ったりの曲調なので、何年もあとに振り返ったとき、記録は覚えていても曲を覚えているか… 自信ない… しかし、ビルボードの記録としては面白いので、チャートは見ていて、聴いていて飽きないですよ。

Drake.comLil Baby.com

☆SCARY HOUR2
♪What's Next(1位)
♪Wants And Need/ Drake featuring Lil Baby(2位)
♪Lemon Pepper Freestyle/ Drake featuring Rick Ross(3位)







コチラ(2021)ページでは全米ナンバーワンになった曲を紹介しています。

もどる|2021年レビュー|


home(一番星のなる木)