ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。 さて、このページでは2013年度のチャートでナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

 なお、ビールボードのネット上でのランキング発表は、1週間前の木曜日に発表されます。たとえば2014年2月1日付のチャートであれば1月23日に発表されることになります。

Billboard.com2014/01/24更新|
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Peak 2位に留まった期間
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
No.1 その時1位だった曲
Weeks Hot100内の総週
Top100 年間チャートの順位

Song I Knew You Were Trouble. / Taylor Swift
Writter Kesha Sebert, Lukasz Gottwald, Benjamin Levin, Henry Walter, Nate Ruess
Peak Highest charted position No.2,2013/01/12 ♪
Action 10(2012/12/29)、4、2、3、4、5、4、5、5、5、4、4、6、7、10(2013/04/06)
No.1 Locked Out Of Heaven / Bruno Mars
Weeks 36
Top100 No.16 2013

 またまたカントリーシンガーの鬼門となってしまうのでしょうか。またまた2位どまりとなってしまいました。ま、ステージでのスタイルは「カントリー」ですが、売り方は完全なる「ポップ」ですけどね…
Taylor Swift.com

RED (1位、11/10-11/24、12/22-2013/01/12 ♪♪♪♪♪♪)
♪We Are Never Ever Getting Back Together (1位)
♪Begin Again (7位)
♪I Knew You Were Trouble (2位)
♪22 (20位)
♪All Too Well (80位)
♪Stay Stay Stay (91位)
♪Red (6位)

 


Song Mirrors / Justin Timberlake
Writter Justin Timberlake Timothy Mosley Jerome "J-Roc" Harmon James Fauntleroy
Peak Highest charted position No.2,2013/06/15 ♪
Action 7(2013/04/27)、7、5、3、3、3、3、2、4、5、7、7、7、9、10(2013/08/03)
No.1 Can't Hold Us / Macklemore & Ryan Lewis featuring Ray Dalton
Weeks 42
Top100 No.6 2013

 ここまで来たのはおよそ6年ぶり。通常にリリースしたアルバムと、10月に入ってからリリースした2枚組のタイトルも初登場1位となっています。
Justin Timberlake.com

THE 20/20 EXPERIENCE (1位、04/06-04/20 ♪♪♪)
THE 20/20 EXPERIENCE 2/2 (1位、10/19 ♪)
♪Suit & Tie/Justin Timberlake featuring Jay-Z (3位)
♪Mirrors (2位)


 


Song Get Lucky / Daft Punk featuring Pharrell Williams
Writter Thomas Bangalter, Guy-Manuel de Homem-Christo, Pharrell Williams, Nile Rodgers
Peak Highest charted position No.2,2013/06/29-07/27 ♪♪♪♪
Action 10(2013/06/01)、4、3、3、2、2、2、2、2、4、5、4、4、7、10(2013/09/07)
No.1 Blurred Lines / Robin Thicke Featuring T.I. + Pharrell
Weeks 28
Top100 No.14 2013

ソングライターにナイル・ロジャースの名前!


なお、この曲にフューチャーされているPharrellことPharrell WilliamsはRobin Thicke featuring T.I. & Pharrellの♪Blurred Linesにも名を連ねているので、1、2位独占のアーティストになっています。2009のThe Balck Eyed Peas以来の快挙。

Daft Punk.com

RANDOM ACCESS MEMORIES (1位、06/08-06/15 ♪♪)
♪Get Lucky (2位)


 


Song We Can't Stop / Miley Cyrus
Writter Miley Cyrus Mike L, Williams II, Timothy Thomas, Theron Thomas, Douglas Davis, Ricky Walter
Peak Highest charted position No.2,2013/08/03、08/17-08/24 ♪♪♪
Action 5(2013/07/06)、3、3、3、2、3、2、2、3、3、4(2013/09/14)
No.1 Blurred Lines / Robin Thicke Featuring T.I. + Pharrell
Weeks 26
Top100 No.17 2013

 まー、ずいぶんお騒がせ娘になってしまったこと!(笑)2009年にヒットした♪Party In The U.S.A.以来のポジション。
Miley Cyrus.com

☆BANGERZ(1位、2013/10/26 ♪)
♪We Can't Stop (2位)
♪Wrecking Ball (1位)

 

Song Best Song Ever / One Direction
Writter Wayne Hector, John Ryan, Julian Bunetta, Ed Drewett
Peak Highest charted position No.2,2013/08/10 ♪
Action 2(2013/08/10)
No.1 Blurred Lines / Robin Thicke featuring T.I. + Pharrell
Weeks 21

英国のポップ・グループの初登場2位! こういう時のジンクスってありなんでしょうか?(笑)すなわち
2011年♪What Makes You Beautiful(4位)
2012年♪Live While We're Young(3位)
そして
2013年♪Best Song Ever(2位)結局Top10には初登場2位を決めてから、翌週(8/17付)には圏外(15位)へ出て行ってしまいました。また、100位圏内からも二度出て2013年度最終週(12/28付)で94位にリエントリーしています。


 

One Direction.com

 

 


年間チャート2013
YE
HP
WK
Songs / Airtists
1
1
49
Thrift Shop. / Macklemore & Ryan Lewis featuring Wanz
2
1
35*
Blurred Lines/ Robin Thicke featuring T.I. & Pharrell
3
3
68
Radioactive / Imageine Dragons
4
1
20
Harlem Shake /Baauer
5
1
38
Can't Hold Us / Macklemore & Ryan Lewis featuring Ray Dalton
6
2
42
Mirrors / Justin Timberlake
7
1
36
Just Give Me A Reason / P!nk featuring Nate Ruess
8
1
35
When I Was Your Man / Bruno Mars
9
4
35
Cruise / Florida Georgia Line featuring Nelly
10
1
19*
Roar / Katy Perry
YE: Year End / HP: High Posision / WK: Weeks / *: 最新チャートにランク中

 


コチラ(2013)ページでは全米ナンバーワンになった曲を紹介しています。


もどるhome2013年アルバムレビュー









もどるhome|2013年レビュー|アルバムチャート