ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。

 さて、このページでは2004年度のチャートでナンバーワンになれなかった曲を紹介します。

  2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえば最新チャートは2021年6月12日です。発表は6月8日(最新の1位はコチラ)。

Billboard.com|2021/06/10更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)

 

Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Peak 2位に留まった期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
No.1 その時1位だった曲
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャート

Song One Call Away/ Chingy featuring J.Weav
Writter Howard Bailey Jr.
Peak Highest charted position No.2, 2004/03/13 - 04/10♪♪♪♪
Action 6(2004/02/28)、4、2、2、2、2、2、4、7(2004/04/24)
No.1 Yeah! / Usher featuring Lil Jon & Ludacris
Weeks 20(No.54 ; 2004/01/31 - No.62 ; 2004/06/12)
Top100 No.25 2004

Taken from Album JACKPOT



 声質がエミネムに似てるでしょうか?ラップはみんなこんな感じ、と言われたらそれまでですが(笑)。バックトラックのサウンドが、ずーーーっと同じテンポを繰り返し。


☆JACKPOT(2位
♪Right Thurr(2位)
♪Holidae In/ Chingy featuring Ludacris & Snoop Dogg(3位)
♪One Call Away/ Chingy featuring J-Weav(2位)







Song Tipsy/ J-Kwon
Writter Jerrell Jones, Joe Kent, Mark Williams
Peak Highest charted position No.2, 2004/04/17
Action 8(2004/02/28)、5、4、3、3、3、2、3、4、5、8、8(2004/05/15)
No.1 Yeah! / Usher featuring Lil Jon & Ludacris
Weeks 30(No.96 ; 2004/01/17 - No.48 ; 2004/08/07)
Top100 No.11 2004

Taken from Album HOOD HOP



 なんかオカルティック名な雰囲気(ゴーストバスターズ?)、というかこういうアレンジだと、どうしても思い浮かべてしまうのがクイーンのWe Will Rock You! でしょ? 

J-Kwon.twitter

☆HOOD HOP(7位
♪Tipsy / J-Kwon(2位)
♪You & Me / J-Kwon featuring Sadiyyah(58位)
♪Hood Hop(101位)







Song I Don't Wanna Know/ Mario Winans featuring Enya & P.Diddy
Writter Phalon Alexander, Missy Elliott, Ciara Harris
Peak Highest charted position No.2, 2004/04/24 - 06/12♪♪♪♪♪♪♪
Action 9(2004/04/03)、4、3、2、2、2、2、2、2、2、2、3、4、6(2004/07/03)
No.1
Yeah! / Usher featuring Lil Jon & Ludacris
Burn / Usher
Weeks 30(No.72 ; 2004/02/21 - No.50 ; 2004/09/11)
Top100 No.7 2004

Taken from Album HURT NO MORE



 ラップっぽくも、ギターの音色やメロディが一服の清涼剤となってくれるよう(笑)。このサウンドアレンジは P.Diddyでしょうか。8週連続2位、アッシャー強し。


☆HURT NO MORE(2位
♪I Don't Wanna Know / Mario Winans featuring Enya & P.Diddy(2位)







Song The Reason/ Hoobastank
Writter Douglas Robb, Dan Estrin
Peak Highest charted position No.2, 2004/06/19
Action 10(2004/05/15)、8、5、5、5、2、3、3、4、4、4、7、9、9(2004/08/14)
No.1 Burn/ Usher
Weeks 38(No.62 ; 2004/03/20 - No.43 ; 2004/11/04)
Top100 No.6 2004

Taken from Album THE REASON



アッシャー強し。前曲共々、こんなにも良い歌がトップの座を拒まれ弾かれてしまうとは!


☆THE REASON(3位
♪The Reason(2位)
♪Disappea(101位)








Song Sunshine/ Lil' Flip featuring Lea
Writter Lil' Flip
Peak Highest charted position No.2, 2004/08/28 - 09/04♪♪
Action 10(2004/08/07)、5、3、2、2、3、3、3、3、5、7(2004/10/16)
No.1 Lean Back/ Terror Squad
Weeks 23(No.78 ; 2004/06/19 - No.49 ; 2004/11/20)
Top100 No.5 2004

Taken from Album U GOTTA FEEL ME



曲のタイトルとは裏腹に、ペナペナという音のギター、けだるさの日陰みたいな雰囲気の曲。主役のラッパーより、相手の女子の方に気が行ってしまう曲。ビデオも声も(笑)。ペラペラな感じの曲ですが、フックがあって繰り返し聞いても飽きることない不思議な曲。


☆U GOTTA FEEL ME(4位
♪Game Over(15位)
♪Sunshine / Lil' Flip featuring Lea(2位)




 

コチラ(2004)ページでは全米ナンバーワンになった曲を紹介しています。


もどる|2004年レビュー|


home(一番星のなる木)