ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。

 さて、このページでは1973年度のチャートでナンバーワンになれなかった7曲を紹介します。

  2018年から、ストリーミングデータ(音楽配信)の集計方法を変更しました。また、これまではチャートの日付の1週間前の火曜日(つまり11日前)に発表されていましたが、データ集計から発表までの期間が短くなり、日付の4日前に発表され、よりリアルタイムに近い発表になりました。 たとえば最新チャートは2020年10月10日です。発表は10月6日(最新の1位はコチラ)。

Billboard.com|2020/10/11更新|

 20年ぶり(←このように書いてから10年以上経っていますねぇ、しみじみ)にリアルタイムでチャートを追いかけられるようになりました。それにしても音楽性が大きく変わったことに驚いています。最初はとまどいもありましたが「ナンバーワンソングだから」という偏った思考でありながら、聴き続けていると耳に馴染むようになってきました。さすがはビルボード・ナンバー・ワン・ソング!
 何年もの間、図書館も含めたレンタルCDなどで曲の収集をしていましたが、今やネット時代の昨今。日本国内のサイトでは実現はまだまだ先の事でしょうが、海外のサイトではチャートのナンバーワンを始めとする、ほとんどの曲がネット上からダウンロードして聴く事が出来るようになりました。私もその恩恵を受けた一人です。本当ならちゃんとした音質で手元に置いておきたいところですが、まぁ、iPodで聴く分にはmp3で充分かなということで(笑)


 

Song 曲目 / アーティスト(オフィシャル・ビデオにリンク)
Writter 作詞・作曲 etc.
Peak 2位に留まった期間 ♪ひとつが1週間、5週目毎にです(第1週目のみBillboad.com)
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
No.1 その時1位だった曲
Weeks Hot100内の総週(初登場と最終位のランクと日付)
Top100 年間チャート


Song Clair / Gilbert O'Sullivan
Writter Gilbert O'Sullivan
Peak Highest charted position No.2, 1972/12/30 - 1973/01/06 ♪♪
Action 9(1972/12/09)、7、4、2、2、4、7(1973/01/20)
No.1 Me And Mrs.Jones / Billy Paul
You're So Vain / Carly Simon
Weeks

16(No.86 ; 1972/10/28 - No.28; 1973/02/10

Top100 No.17 1972

Taken from Album BACK TO FRONT

Gilbert O'Sullivan.com

 ギルバート・オサリバンといったらなんといっても「Alone Again」しかイメージが浮かんで来ないと言う方が多いのですが、この曲も佳曲です。口笛やハーモニカがいい雰囲気を出しています。なんでもこの歌に歌われているクレアとは、当時、彼のマネージャーだったゴードン・ミルズの娘クレア・ミルズのことなんだそうです。歌の内容も、たわいのない語らいのようなものです。そんな普段の会話が、そのまま歌になってしまい、誰の心をもつかんでしまう曲に仕立ててしまうなんて、ギルバートのソングライティング力というのは非凡なものだったんですね。

最後に登場する笑い声はクレアちゃん?



☆BACK TO FRONT
♪Clair(2位)






Song Dueling Banjos / Eric Weissberg & Steve Mandell
Writter Arthur 'Guitar Boogie' Smith, Don Reno, Eric Weissberg, Steve Mandell
Peak Highest charted position No.2,1973/02/24 - 03/17 ♪♪♪♪
Action 4(1973/02/17)、2、2、2、2、7(1973/03/24)
No.1 Killing Me Softly With His Song / Roberta Flack
Weeks 14(No.80 ; 1972/01/13 - No.31; 1973/04/14
Top100 No.61 1973

Taken from Album DUELING BANJOS



 邦題「脱出のテーマ」はバート・レイノルズの出世作となった映画「DELIVERANCE(脱出)」に使われていますが、こんな曲もヒット・チャートに顔を出すなんて懐が深いです。アダルト・コンテンポラリー・チャートの方では1位になっています。



☆DUELING BANJOS
♪Dueling Banjos(2位)






Song Also Sprach Zarathustra(2001) / Deodato
Writter Richard Strauss
Peak Highest charted position No.2, 1973/03/31
Action 8(1973/03/03)、6、4、3、2、9(1973/04/07)
No.1 Killing Me Softly With His Song / Roberta Flack
Weeks 12(No.74 ; 1973/02/03 - No.23; 1973/04/21
Top100 No.90 1973

Taken from Album PRELUDE

Eumir Dedoato.com

 こんな曲がヒットしていたんて思っても見ませんでした。グラミーでベスト・ポップ・インストロメンタル・パフォーマンス賞を授賞するほどのヒットとなりました。そういえばプロレスラーのリック・フレアーがこの曲とともに入場してきますね。たぶんDeodatoの演奏ではないんでしょうけどね。

 この曲がポピュラーになったのは、やはりスタンリー・キューブリックの『2001年宇宙の旅』のおかげでしょう。Deodatoのタイトルに2001とあるのは、キューブリックにあやかっているようです。
  なお、2017年に英国のVocalionからマルチチャンネル(Q4なので4ch)のSACDとしてリ・イシューされました。



☆PRELUDE
♪Also Sprach Zarathustra(2001) / Deodato






Song Neither One Of Us(Wants To Be The First To Say) / Gladys Knight & The Pips
Writter Jim Weatherly
Peak Highest charted position No.2,1973/04/07 - 04/14 ♪♪
Action 8(1973/03/17)、4、3、2、2、6(1973/04/21)
No.1 The Night The Lights Went Out In Georgia / Vicki Lawrence
Weeks 16(No.86 ; 1973/01/27 - No.43; 1973/05/12
Top100 No.45 1973

Taken from Album NEITHER ONE OF US

Eumir Dedoato.com

 邦題「さよならは悲しい言葉」



☆NEITHER ONE OF US(9位)
♪Neither One Of Us(Wants To Be The First To Say) (2位)






Song The Cisco Kid / War
Writter Morris Dickerson, Charles Miller, Thomas Allen, Harold Brown, Howard Scott, Lee Oskar, Lonnie Jordan
Peak Highest charted position No.2, 1973/04/28 - 05/05 ♪♪
Action 10(1973/04/07)、6、4、2、2、4(1973/05/12)
No.1 Tie A Yellow Ribbon Round The Ole Oak Tree / Dawn featuring Tony Orlando
Weeks 15(No.79 ; 1973/03/03 - No.32; 1973/06/09
Top100 No.55 1973

Taken from Album THE WORLD IS A GHETTO



 



☆THE WORLD IS A GHETTO(1位、 1973/02/17-02/24♪♪)
♪The Cisco Kid(2位)






Song Daniel / Elton John
Writter Elton John, Bernie Taupin
Peak Highest charted position No.2, 1973/06/02
Action 9(1973/05/12)、5、3、2、4、5、8(1973/06/23)
No.1 My Love / Paul McCartney & Wings
Weeks 15(No.77 ; 1973/04/07 - No.58; 1973/07/14
Top100 No.48 1973


Elton John.com

 



☆ DON'T SHOOT ME I'M ONLY THE PIANO PLAYER(1位、 1973/03/03-03/10♪♪)
♪Daniel(2位)
♪Crocodile Rock(1位)






Song Playground In My Mind / Clint Holmes
Writter Paul Vance, Lee Pockriss
Peak Highest charted position No.2, 1973/06/16 - 06/23 ♪♪
Action 10(1973/06/02)、5、2、2、7、6、7、9(1973/07/21)
No.1 My Love / Paul McCartney & Wings
Weeks 23(No.83 ; 1973/03/24 - No.62; 1973/08/25
Top100 ランクインせず

Taken from Album PLAYGROUND IN MY MIND

Clint Homes.com

 



☆ DON'T SHOOT ME I'M ONLY THE PIANO PLAYER(1位、 1973/03/03-03/10♪♪)
♪Daniel(2位)
♪Crocodile Rock(1位)






Song Kodachrome / Paul Simom
Writter Paul Simom
Peak Highest charted position No.2, 1973/07/07 - 07/14 ♪♪
Action 9(1973/06/16)、7、5、2、2、2、5、7(1973/07/28)
No.1 Will It Go Round In Circles / Billy Preston
Weeks 14(No.82 ; 1973/05/19 - No.58; 1973/08/13
Top100 No.27 1973

Taken from Album
THERE GOES RHYMIN' SIMON

Paul Simon.com

 



☆ THERE GOES RHYMIN' SIMON(2位)
♪Kodachrome(2位)
♪Loves Me Like A Rock(2位)
♪American Tune(35位)
♪Take Me To The Mardi Gras
♪Something So Right
♪St. Judy's Comet






Song Yesterday Once More / The Carpenters
Writter Richard Carpenter, John Bettis
Peak Highest charted position No.2, 1973/07/28 ♪
Action 8(1973/07/07)、6、3、2、5、8(1973/08/11)
No.1 Bad, Bad, Leroy Brown / Jim Croce
Weeks 14(No.79 ; 1973/06/02 - No.35; 1973/09/01)
Top100 No.70 1973

Taken from Album NOW AND THEN

The Carpenters.com

 洋学を初めて聴いたのは、ビートルズでありカーペンターズからでした。自分からではなく、姉がもっていたレコード。ベスト盤でしたが、このアルバムからシングルカットされた曲は全部入っていました。アルバム自体がベスト盤のような出来。エーブリーシャラララー。歌詞の「私が若かった頃」でたとえるなら、10歳前後かな?小学3、4年。



☆ NOW & THEN(2位)
♪Sing(3位)
♪Yesterday Once More(2位)
♪Jambalaya (On the Bayou)






Song Live And Let Die / Wings
Writter Paul McCartney, Linda McCartney
Peak Highest charted position No.2, 1973/08/11-08/25 ♪♪♪
Action 3(1973/08/04)、2、2、2、5、7、9(1973/09/15)
No.1 The Morning After / Maureen McGovern
Touch Me In The Morning / Diana Ross
Brother Louie / The Stories
Weeks 14(No.69 ; 1973/07/07 - No.36; 1973/10/06)
Top100 No.56 1973

Taken from Album LIVE AND LET DIE

Paul McCartney.com

 「死ぬのは奴らだ」ポール・マッカートニーがウィングス名義でレコーディングした映画『007死ぬのは奴らだ』の主題曲。冒頭はゆっくりとしたポールらしいメロディアスな曲調が、映画のシーンをダイジェストで思わせるようなスリリングな展開を見せます。1991年にGun's N' Rosesが『USE YOUR ILLUSION』の中でカヴァーしています。



☆ LIVE AND LET DIE
♪Live And Let Die / Wings(2位)






Song Loves Me Like A Rock / Paul Simom
Writter Paul Simom
Peak Highest charted position No.2, 1973/10/06 ♪
Action 9(1973/09/01)、6、4、4、4、2、7(1973/10/13)
No.1 Half-Breed / Cher
Weeks 16(No.60 ; 1973/08/04 - No.35; 1973/11/17)
Top100 No.27 1973

Taken from Album
THERE GOES RHYMIN' SIMON

Paul Simon.com

 



☆ THERE GOES RHYMIN' SIMON(2位)
♪Kodachrome(2位)
♪Loves Me Like A Rock(2位)
♪American Tune(35位)
♪Take Me To The Mardi Gras
♪Something So Right
♪St. Judy's Comet






Song Ramblin' Man / The Allman Brothers Band
Writter Dicky Betts
Peak Highest charted position No.2, 1973/10/13 ♪
Action 10(1973/09/29)、7、2、3、4、7(1973/11/03)
No.1 Half-Breed / Cher
Weeks 16(No.85 ; 1973/08/25 - No.51; 1973/12/08)
Top100 No.79 1974

Taken from Album BROTHERS AND SISTERS

The Allman Brother Band.com
Gregg Allman.comDickey Betts.com

 アルバムがナンバー・ワンになるのは納得できますが、まさかシングルがここまで昇って来るなんて誰が想像したでしょう(笑) 彼らの長い歴史の中で、アルバム、シングルともにここまで顔を出すのはこレだけ。作曲はDickey Bettsでヴォーカルも担当。



☆ BROTHERS AND SISTERS(1位、09/08-10/06♪♪♪♪
♪When Will I See You Again(2位)
♪Jessica(65位)






Song Goodbye Yellow Brick Road / Elton John
Writter Elton John/Bernie Taupin
Peak Highest charted position No.2, 1973/12/08-12/22 ♪♪♪
Action 9(1973/11/24)、5、2、2、2、5、7(1974/01/05)
No.1 Top Of The World / The Carpenters
The Most Beautiful Girl / Charlie Rich
Weeks 17(No.62 ; 1973/10/27 - No.55; 1974/02/16)
Top100 No.72 1974

Taken from Album
GOODBYE YELLOW BRICK ROAD

Elton John.com

 アルバムは初登場1位という、ビルボード史上初の快挙を成し遂げましたが、シングルの方はカーペンターズとチャーリー・リッチに阻まれてしまいました。



☆ GOODBYE YELLOW BRICK ROAD(1位、11/10-11/24、12/01-12/29♪♪♪♪♪♪♪)
♪Goodbye Yellow Brick Road(2位)
♪Saturday Night's Alright For Fighting(12位)



コチラ(1973)ページでは全米ナンバーワンになった曲を紹介しています。

もどるhome|1973年レビュー|