ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。

さて、このページでは1973年度のチャートでナンバーワンになれなかった12曲を紹介します。

 なお、ビルボードのネット上でのランキング発表は、1週間前の木曜日に発表されます。たとえば2012年11月17日付のチャートであれば11月8日に発表されることになります。(最新のチャートはこちら

Billboard.com|2012/11/09更新|

Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Peak 2位に留まった期間
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
No.1 その時1位だった曲
Weeks Hot100圏内のランクイン総週
Top100 年間チャート



Song Clair / Gilbert O'Sullivan
Writter Gilbert O'Sullivan
Peak Highest charted position No.2, 1972/12/30-1973/01/06 ♪♪
Action 9(1972/12/09)、7、4、2、2、4、7(1973/01/20)
No.1 Me And Mrs.Jones / Billy Paul
You're So Vain / Carly Simon
Weeks 16
Top100 No.17 1972

  ギルバート・オサリバンといったらなんといっても「Alone Again」ですが、こちらの曲も佳曲です。口笛やハーモニカがいい雰囲気を出しています。なんでもこの歌に歌われているクレアとは、当時、彼のマネージャーだったゴードン・ミルズの娘クレア・ミルズのことなんだそうです。歌の内容も、たわいのない語らいのようなものです。そんな普段の会話が、そのまま歌になってしまい、誰の心をもつかんでしまう曲に仕立ててしまうなんて、ギルバートのソングライティング力というのは非凡なものだったんですね。

最後に登場する笑い声はクレアちゃん?


☆BACK TO FRONT
♪Clair(2位)



Song Dueling Banjos / Eric Weissberg & Steve Mandell
Writter Arthur'Guitar Boogie'Smith, Don Reno, Eric Weissberg, Steve Mandell
Peak Highest charted position No.2,1973/02/24-03/17 ♪♪♪♪
Action 4(1973/02/17)、2、2、2、2、7(1973/03/24)
No.1 Killing Me Softly With His Song / Roberta Flack
Weeks 14
Top100 No.61 1973

 邦題「脱出のテーマ」は映画「DELIVERANCE」に使われている


☆DUELING BANJOS
♪Dueling Banjos(2位)


Song Also Sprach Zarathustra(2001) / Deodato
Writter Richard Strauss
Peak Highest charted position No.2, 1973/03/31 ♪
Action 8(1973/03/03)、6、4、3、2、9(1973/04/07)
No.1 Killing Me Softly With His Song / Roberta Flack
Weeks 12
Top100 No.90 1973

 こんな曲がヒットしていたんて思っても見ませんでした。グラミーでベスト・ポップ・インストロメンタル・パフォーマンス賞を授賞するほどのヒットとなりました。そういえばプロレスラーのリック・フレアーがこの曲とともに入場してきますね。たぶんDeodatoの演奏ではないんでしょうけどね。

 この曲がポピュラーになったのは、やはりスタンリー・キューブリックの『2001年宇宙の旅』のおかげでしょう。Deodatoのタイトルに2001とあるのは、キューブリックにあやかっているようです。


☆PRELUDE
♪Also Sprach Zarathustra(2001) / Deodato


Song Neither One Of Us(Wants To Be The First To Say) / Gladys Knight & The Pips
Writter Jim Weatherly
Peak Highest charted position No.2,1973/04/07-04/14 ♪♪
Action 8(1973/03/17)、3、3、2、2、6(1973/04/21)
No.1 The Night The Lights Went Out In Georgia / Vicki Lawrence
Weeks 16
Top100 No.45 1973

邦題「さよならは悲しい言葉」


☆NEITHER ONE OF US(9位)
♪Neither One Of Us(Wants To Be The First To Say) (2位)


Song The Cisco Kid / War
Writter Morris Dickerson, Charles Miller, Thomas Allen, Harold Brown, Howard Scott, Lee Oskar, Lonnie Jordan
Peak Highest charted position No.2, 1973/04/28-05/05 ♪♪
Action 10(1973/04/07)、6、4、2、2、4(1973/05/12)
No.1 Tie A Yellow Ribbon Round The Ole Oak Tree / Dawn featuring Tony Orlando
Weeks 15
Top100 No.55 1973

THE WORLD IS A GHETTO


☆THE WORLD IS A GHETTO(1位、 1973/02/17-02/24♪♪)
♪The Cisco Kid(2位)


Song Daniel / Elton John
Writter Elton John, Bernie Taupin
Peak Highest charted position No.2, 1973/06/02 ♪
Action 9(1973/05/12)、5、3、2、4、5、8(1973/06/23)
No.1 My Love / Paul McCartney & Wings
Weeks 15
Top100 No.48 1973


☆ DON'T SHOOT ME I'M ONLY THE PIANO PLAYER(1位、 1973/03/03-03/10♪♪)
♪Daniel(2位)
♪Crocodile Rock(1位)


Song Playground On My Mind / Clint Holmes
Writter Paul Vance, Lee Pockriss
Peak Highest charted position No.2, 1973/06/16-06/23 ♪♪
Action 10(1973/06/02)、5、2、2、7、6、7、9(1973/07/21)
No.1 My Love / Paul McCartney & Wings
Weeks 23
Top100 ランクインせず

☆PLAYGROUNDO ON MY MIND
♪Playground On My Mind(2位)


Song Kodachrome / Paul Simom
Writter Paul Simom
Peak Highest charted position No.2, 1973/06/30-07/14 ♪♪♪
Action 9(1973/07/16)、7、2、2、2、5、7(1973/07/28)
No.1 Will It Go Round In Circles / Billy Preston
Weeks 14
Top100 No.27 1973


☆ THERE GOES RHYMIN' SIMON(2位)
♪Kodachrome(2位)
♪Loves Me Like A Rock(2位)
♪American Tune(35位)
♪Take Me To The Mardi Gras
♪Something So Right
♪St. Judy's Comet


Song Yesterday Once More / The Carpenters
Writter Richard Carpenter, John Bettis
Peak Highest charted position No.2, 1973/07/28 ♪
Action 8(1973/07/07)、6、3、2、5、8(1973/08/11)
No.1 Bad, Bad, Leroy Brown / Jim Croce
Weeks 14
Top100 No.70 1973

Yesterday Once More / The Carpenters


☆ NOW & THEN(2位)
♪Sing(3位)
♪Yesterday Once More(2位)
♪Jambalaya (On the Bayou)


Song Live And Let Die / Wings
Writter Paul McCartney, Linda McCartney
Peak Highest charted position No.2, 1973/08/11-08/25 ♪♪♪
Action 3(1973/08/04)、2、2、2、5、7、9(1973/09/15)
No.1 The Morning After / Maureen McGovern
Touch Me In The Morning / Diana Ross
Brother Louie / The Stories
Weeks 14
Top100 No.56 1973

 「死ぬのは奴らだ」ポール・マッカートニーがウィングス名義でレコーディングした映画『007死ぬのは奴らだ』の主題曲。冒頭はゆっくりとしたポールらしいメロディアスな曲調が、映画のシーンをダイジェストで思わせるようなスリリングな展開を見せます。1991年にGun's N' Rosesが『USE YOUR ILLUSION』の中でカヴァーしています。


☆ LIVE AND LET DIE(--位)
♪Live And Let Die / Wings(2位)


Song Loves Me Like A Rock / Paul Simom
Writter Paul Simom
Peak Highest charted position No.2, 1973/10/06 ♪
Action 9(1973/09/01)、6、4、4、4、2、7(1973/07/21)
No.1 Half-Breed / Cher
Weeks 16
Top100 No.27 1973


☆ THERE GOES RHYMIN' SIMON(2位)
♪Kodachrome(2位)
♪Loves Me Like A Rock(2位)
♪American Tune(35位)
♪Take Me To The Mardi Gras
♪Something So Right
♪St. Judy's Comet


Song Ramblin' Man / The Allman Brothers Band
Writter Dicky Betts
Peak Highest charted position No.2, 1973/10/13 ♪
Action 10(1973/09/29)、7、2、3、4、7(1973/11/03)
No.1 Half-Breed / Cher
Weeks 16
Top100 No.79 1974


☆ BROTHERS AND SISTERS(1位、09/08-10/06♪♪♪♪
♪When Will I See You Again(2位)


Song Goodbye Yellow Brick Road / Elton John
Writter Elton John/Bernie Taupin
Peak Highest charted position No.2, 1973/12/08-12/22 ♪♪♪
Action 9(1973/11/24)、3、2、2、2、5、7(1974/01/05)
No.1 Top Of The World / The Carpenters
The Most Beautiful Girl / Charlie Rich
Weeks 17
Top100 No.72 1974


☆ GOODBYE YELLOW BRICK ROAD(1位、11/10-11/24、12/01-12/29♪♪♪♪♪♪♪)
♪Goodbye Yellow Brick Road(2位)
♪Saturday Night's Alright For Fighting(12位)


コチラ(1973)ページでは全米ナンバーワンになった曲を紹介しています。


もどるhome|1973年レビュー|