ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。

さてこのページでは1963年度のチャートでナンバーワンになれなかった10曲を紹介します。

 なお、ビルボードのネット上でのランキング発表は、1週間前の木曜日に発表されます。たとえば2012年11月24日付のチャートであれば11月15日に発表されることになります。(最新のチャートはこちら

Billboard.com|2012/11/15更新|

Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Peak 2位に留まった期間
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
No.1 その時1位だった曲
Weeks Hot100圏内のランクイン総週
Top100 年間チャート



Song Rudy Baby / Dion
Writter Jerry Leiber, Mike Stoller
Peak 1963/02/23-03/09 ♪♪♪
Action 7(1963/02/09)、4、2、2、2、6(1963/03/16)
No.1 Hey Paula / Paul & Paula
Walk Like A Man / The Four Seasons
Weeks 13
Top100 No.40 1963


Song End Of The World / Skeeter Davis
Writter Arthur Kent, Sylvia Dee
Peak 1963/03/23 ♪
Action 7(1963/03/09)、4、2、3、3、4(1963/04/13)
No.1 Our Day Will Come / Ruby & The Romantics
Weeks 17
Top100 No.3 1963


Song Can't Get Used to Losing You / Andy Williams
Writter Jerome "Doc" Pomus, Mort Shuman
Peak 1963/04/13-05/04 ♪♪♪♪
Action 5(1963/04/06)、2、2、2、2、5、9(1963/05/18)
No.1 Can's So Fine / The Chiffons
I Will Follow Him / Little Peggy March
Weeks 15
Top100 No.11 1963


Song Puff, The Magic Dragon / Peter, Paul & Mary
Writter Leonard Lipton, Peter Yarrow
Peak 1963/05/11 ♪
Action 8(1963/04/13)、4、4、3、2、3(1963/03/18)
No.1 I Will Follow Him / Little Peggy March
Weeks 14
Top100 No.16 1963
MOVING


Song Wipe Out / The Surfaris
Writter Bob Berryhill, Pat Connolly, Jim Fuller, Ron Wilson
Peak 1963/08/10 ♪
Action 10(1963/07/13)、7、5、5、2、4、7(1963/08/24)
No.1 Fingertips Part.2 / Little Stevie Wonder
Weeks 16
Top100 No.20 1963



Song Blowin' In The Wind / Peter, Paul & Mary
Writter Bob Dylan
Peak 1963/08/17 ♪
Action 8(1963/07/27)、6、4、2、6、5、9(1963/09/07)
No.1 Fingertips Part.2 / Little Stevie Wonder
Weeks 15
Top100 No.17 1963
 カレッジで歌っていたボブ・ディランも、当時人気を誇っていたPPMなどに楽曲を取り上げてもらうことで、徐々に名前が売れるようになりました。

☆IN THE WIND(1位、1963/10/26-1963/11/30 ♪♪♪♪
♪Blowin' In The Wind (2位)


Song Hello Muddah, Hello Fadduh/Allan Sherman
Writter Allan Sherman
Peak 1963/08/24-09/07 ♪♪♪
Action 7(1963/08/17)、2、2、2、4、9(1963/09/21)
No.1 Fingertips Part.2 / Little Stevie Wonder
My Boyfriend's Back / The Angels
Weeks 10
Top100 No.82 1963

OUT OF OUR HEADS MY SON,
THE NUT

☆OUT OF OUR HEADSMY SON, THE NUT(1位、1963/08/24-1963/10/19 ♪♪♪♪♪♪♪♪)
♪Hello Muddah, Hello Fadduh (2位)


Song Sally Go 'Round the Roses/The Jaynetts
Writter Lona Stevens, Zell Sanders
Peak 1963/09/28-10/05 ♪♪
Action 9(1963/09/14)、5、2、2、5、6(1963/10/19)
No.1 Blue Velvet / Bobby Vinton
Weeks 12
Top100 No.66 1963



Song Be My Baby / The Ronettes
Writter Phil Spector, Jeff Barry, Ellie Greenwich
Peak 1963/10/12-10/26 ♪♪♪
Action 3(1963/09/28)、3、2、2、2、8(1963/11/02)
No.1 SugarShack / Jimmy Gilmer & The Fireballs
Weeks 13
Top100 No.45 1963

 「お風呂場サウンド」、「Wall of Sound」という音場を作り上げた稀代のプロデューサー、フィル・スペクターの楽曲で、歌うは奥様のロニー・スペクターが華のロネッツ。

♪ビーマイ、ビマイベイベェ〜

というサビがレトロな感じがしますが、後にエディ・マネーは1985年に「Take Me Home Tonight」で、このさびを大胆に使用。今で言うところのサンプリングとしてこのメロディを使い、しかもロニー本人に歌わせるという大胆さ!実は、私が「Be My Baby」のメロディをはじめて聞いたのが、こちらでしたが、見事にマッチングした名曲です。


Take me home tonight, listen honey just like a Ronnie sang.
Be my little baby(ロニーのパート)



Song Washington Square / The Village Stompers
Writter Bobb Goldsteinn, David Shire
Peak 1963/11/23 ♪
Action 8(1963/10/26)、3、3、3、2、3、9(1963/12/07)
No.1 I'm Leaving It Up To You / Dale & Grace
Weeks 14
Top100 No.9 1963



Song Louie Louie / The Kingsmen
Writter Richard Berry
Peak 1963/12/14-12/21、1964/01/04-01/25 ♪♪♪♪
Action 4(1963/12/07)、2、2、3、2、2、2、2、6(1964/02/01)
No.1 Dominique / The Singing Nun
There! I've Said It Again / Bobby Vinton
Weeks 16
Top100 No.99 1964
 今でこそガレージバンドを思わせる音作り、という感じで聞いてしまいますが、当時は斬新な演奏だったので、「お〜、ロックじゃん!」という曲にビックリしました。最初はコーラスグループと勘違いしてましたが、自ら楽器を演奏するバンドでした。そんな斬新さが受け手か、チャート上でも6週間2位をキープするヒットになりました。

 アメリカでは「ブルースの精神をうまく生かした特色ある新しいロック・グループ」と紹介されていたようです。映画『さらば青春の光』にも収録されました。



 コチラ(1964)ページでは全米ナンバーワンになった曲を紹介しています。



Billboardhome|1963年レビュー|