私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務める「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。DJは声優の野沢那智さんでした。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”がナンバーワンにになった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まりました。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。 ブルース・スプリングスティーンがかつて語ったように、「3分間のレコードから世の中を知った」ということを身をもって感じました。これからも私はロックと共に転がり続けてゆくのだと思います。

 たかがヒットチャートですが、その時その時に流行っていた曲を聴けば時代が見えてくる。個人的には当時の自分も見えてきます。こう書くとオーバーなと笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲が絡んで聞こえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。これが、何の脈絡もない曲で並んだ「ビルボードナンバーワンソングリレー」の醍醐味でもあるのです。そして、この並び順に大きな意味が見えきます。これがナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると(たとえばアーティスト順とか)、その楽しみが半減してしまいます。

この曲の次に1位になったのがこの曲で、それを抜いたのがこの曲、というようにリレーで聴くからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じファアブ・フォーのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり。
 1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのが、ジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。
 他にもまだドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 さて、このページは1963年の全米ナンバーワンソングを紹介します。

 iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです。

 なお、ビルボードのネット上でのランキング発表は、1週間前の木曜日に発表されます。たとえば2012年11月24日付のチャートであれば11月15日に発表されることになります。(最新のチャートはこちら

Billboard.com|2012/11/15更新|

Peak ナンバーワンの期間
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100圏内のランクイン総週
Top100 年間チャートの順位


Peak 1962/12/22-1963/01/05♪♪♪
Song Telstar / The Tornados
Writter Joe Meek
Action 7(1962/12/08)、5、1、1、1、2、2、8(1963/01/26)
Weeks 16
Top100 ランクインせず


Peak 1963/01/12-01/19♪♪
Song Go Away Little Girl / Steve Lawrence
Writter Gerry Goffin, Carole King
Action 10(1962/12/15)、7、4、2、1、1、3、4、10(1963/02/09)
Weeks 17
Top100 No.91 1963
 のちにシンガーとしてデビューすることになるキャロル・キングの初全米ナンバーワンソング。そしてこの曲は、1970年代にも再登場。さて、一体何位にランクされるか?



Peak 1963/01/26-02/02♪♪
Song Walk Right In / The Rooftop Singers
Writter Gus Cannon, Hosea Woods
Action 1(1963/01/26)、1、2、2、4、5、10(1963/03/09)
Weeks 13
Top100 No.34 1963
 まるで初登場1位的なアクションですが、圏外からのジャンプアップ。


Peak 1963/02/09-02/23 ♪♪♪
Song Hey Paula / Paul & Paula
Writter Ray Hildebrand
Action 10(1963/01/19)、2、2、1、1、1、3、4、7(1963/03/16)
Weeks 15
Top100 No.7 1963
洋楽を全く聴かなかった年齢にあっても、この曲は知っていました。確かコマーシャルに使われていたか何か。その後、中学生になってから洋楽を漁るようになって、以前聴いた曲をラジオから録音して、その頃から「ああ、懐かしい」などと思ってしまったほどです。
YOU'RE LOST THAT LOVIN' FEELIN'


Peak 1963/03/02-03/16 ♪♪♪
Song Walk Like A Man / The Four Seasons
Writter Bob Crewe, Bob Gaudio
Action 6(1963/02/09)、3、3、1、1、1、5(1963/03/23)
Weeks 13
Top100 No.24 1963


Peak 1963/03/23
Song Our Day Will Come / Ruby & The Romantics
Writter Bob Hilliard, Mort Garson
Action 6(1963/03/09)、2、1、2、2、6(1963/04/13)
Weeks 13
Top100 No.42 1963


Peak 1963/03/30-03/20 ♪♪♪♪
Song He's So Fine / The Chiffons
Writter Ronald Mack
Action 10(1963/03/16)、4、1、1、1、1、3、5、8(1963/06/01)
Weeks 15
Top100 No.5 1963
 7年後にジョージ・ハリスンが「My Sweet Road」の作曲を巡って盗作を訴えられた元歌です。今ならサンプリングで片付いてしまいそうな感じ。



Peak 1963/04/27-05/11 ♪♪♪
Song I Will Follow Him / Little Peggy March
Writter Franck Pourcel, Paul Mauriat, Arthur Altman, Norman Gimbel
Action 7(1963/04/13)、3、1、1、1、2、2、8(1963/06/01)
Weeks 14
Top100 No.26 1963
作曲にポール・モーリアが関わっていたとは、ちょっと驚きです。


Peak 1963/05/18-05/25 ♪♪
Song If You Wanna Be Happy /Jimmy Soul
Writter Frank Guida
Action 6(1963/05/04)、3、1、1、2、7(1963/06/08)
Weeks 14
Top100 No.35 1963
 最近ではジュリア・ロバーツが出演していた『マイ・ベスト・フレンズ・ウェディング』でも聴くことが出来ました。


Peak 1963/06/01-06/08 ♪♪
Song It's My Party / Lesley Gore
Writter Walter Gold, John Gluck Jr., Herb Weiner
Action 9(1963/05/25)、1、1、2、2、2、5(1963/07/05)
Weeks 13
Top100 No.29 1963
 17歳の女の子が歌ったポップな曲。かなり低年齢ですがジャケットで見る限り、もっと大人のように思えてしまいます。この頃から低年齢層のアーティストを売り出していたとは驚きですが、もっと驚きがこの後に・・・


Peak 1963/06/15-06/29 ♪♪♪
Song 上を向いて歩こう(Sukiyaki) / 坂本九
Writter 永六輔, 中村八大
Action 10(1963/06/01)、2、1、1、1、2、6、8(1963/07/20)
Weeks 14
Top100 No.13 1963
 私のカラオケでの十八番でもある「上を向いて歩こう」。海の向こうで2011年現在でも唯一の日本語で歌われた曲。海外の友人に歌ってあげると大絶賛される歌です。ボブ・ディランも九ちゃんの事故死(雄高山)直後の好演では「キュー、サカモトォ」と言って、一人舞台に戻り、ギターソロでこの曲を演ってくれました。


Peak 1963/07/06-07/13 ♪♪
Song Easier Said Than Done / The Essex
Writter William Linton, Larry Huff
Action 5(1963/06/29)、1、1、2、4、7、9(1963/08/10)
Weeks 13
Top100 No.39. 1963
邦題は右のシングルジャケットの通り。


Peak 1963/07/20-07/27 ♪♪
Song Surf City / Jan & Dean
Writter Brian Wilson, Jan Berry
Action 7(1963/07/06)、2、1、1、3、7(1963/08/10)
Weeks 13
Top100 No.28 1963
 はじめて聞いたときは「ビーチボーイズ」が歌っているもんだとばかり思っていました。それもそのはず、曲を書いているのがブライアン・ウィルソン。

また、ビーチボーイズの代名詞とも言える「Surfin' U.S.A.」が大ヒットしましたが、年間チャートの2位となるも、レギュラーチャートでは3位にとどまっています。



Peak 1963/08/03
Song So Much in Love / The Tymes
Writter George Williams, Bill Jackson, Roy Straigis
Action 9(1963/07/06)、4、3、2、1、5、8(1963/08/17)
Weeks 15
Top100 No.15 1963

私がこの曲を最初に耳にしたのは、ティモシーBシュミットのカヴァーでした。



Peak 1963/08/10-08/24 ♪♪♪
Song Fingertips Part. 2 / Little Stevie Wonder
Writter Clarence Paul, Henry Cosby
Action 6(1963/07/20)、3、2、1、1、1、3(1963/08/31)
Weeks 15
Top100 No.8 1963
 スティーヴィー・ワンダーの歴史はここから始まったとも言える、若干12歳の歌声(レコードジャケットにも「天才」とか「若干12歳」などといったコピーも。お客(子供たち?)を乗らせ、ブリッジの部分ではハーモニカによる♪メーリさんの羊ぃ〜 を吹き飛ばす愛嬌も・・・


Peak 1963/08/31-09/14 ♪♪♪
Song My Boyfriend's Back / The Angels
Writter Bob Feldman, Jerry Goldstein, Richard Gottehrer
Action 10(1963/08/17)、4、1、1、1、2、5、6、7(1963/10/12)
Weeks 14
Top100 No.12 1963



Peak 1963/09/21-10/05 ♪♪♪
Song Blue Velvet / Bobby Vinton
Writter Bernie Wayne, Lee Morris
Action 4(1963/09/07)、2、1、1、1、3、3、5(1963/10/26)
Weeks 15
Top100 No.6 1963


Peak 1965/10/12-11/09 ♪♪♪♪
Song Sugar Shack / Jimmy Gilmer & The Fireballs
Writter Keith McCormack, Jimmy Torres
Action 4(1963/10/05)、1、1、1、1、1、2、4、4、6(1963/12/07)
Weeks 15
Top100 No.1 1963


Peak 1963/11/16
Song Deep Purple / Nino Tempo & April Stevens
Writter Peter DeRose
Action 9(1963/10/19)、3、2、2、1、3、8(1963/11/30)
Weeks 15
Top100 No.19 1963


Peak 1963/11/23-11/30 ♪♪
Song I'm Leaving It Up To You / Dale & Grace
Writter Dewey Terry, Donald Harris
Action 6(1963/11/09)、4、1、1、2、4、8(1963/12/21)
Weeks 15
Top100 No.18 1963


Peak 1963/12/07-12/28 ♪♪♪♪
Song Dominique / The Singing Nun
Writter Noel Regney
Action 9(1963/11/23)、2、1、1、1、1、3、4、6(1964/01/18)
Weeks 13
Top100 ランクインせず
 清らかなソプラノと、ジャカジャカと掻き鳴らされるギターの弾き語りによる。家の息子もこの曲が気に入っていて、♪「ドミニーク、ニクニク〜」と始まると、一緒に歌い出します。ここだけ。

最近、ベストがリリースされたようで、店頭に顔写真を発見したときはちょっと驚きました。


☆THE SINGING NUN(1位、1963/12/07-1964/02/08 ♪♪♪♪♪♪♪♪
♪Dominique (1位)


 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。 

さて、コチラ(1963)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。


もどるhome1963年レビュー|

1963年度第6回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; A Taste Of Honey/Herb Alpert
♪Album Of The Year ; September Of My Years/Frank Sinatra
♪Song Of The Year ; The Shadow Of Your Smile/Johnny Mandel & Paul Francis Webste
♪Best New Artist ; Tom Jones