iPodに入れて楽しんでいたビルボードNo.1ソングでしたが、2008年にiPhoneを購入し、今までのiPodよりも容量が大きいので新しく入れ直しました。せっかくだからと自分用のリストを作ろうと思い立ったのがこのページです。

 私がチャートをリアルタイムで聞いていたのは1983年暮れ。イエスの“ロンリー・ハート”が上位にねらいを付けている頃でした。その頃聴いていたのは湯川れい子さんがDJを務める「アメリカントップ40」でしたが、まだその番組を知らず、FM東京でオンエアされていたキャッシュボックス誌のチャートでした。確かDJは声優の野沢那智さんでした。

 そして本格的にチャートを聴くようになったのは“ロンリー・ハート”になった頃。その後、私が洋楽にのめり込むきっかけを作った出来事が英国で始まったのです。ボブ・ゲルドフが提唱した「バンド・エイド」このイベントのおかげで、芋蔓式に(そして今もそのスタイルであれやこれやと手を出してしまう癖が付いてしまった)アーティストからアーティストへと繋がっていったのです。 

 たかがヒットチャートですが、その時その時に流行っていた曲を聴けば時代が見えてくる。個人的には当時の自分も見えてきます。こう書くとオーバーなと笑われるかもしれませんが、特定のアーティストのアルバムを丸々聴いているときと違って、前後のヒット曲が絡んできこえ、ヒットチャートのドラマが生まれてくるのです。これが、何の脈絡もない順番で並んだ「ビルボードナンバーワンソングリレー」の醍醐味でもあるのです。そして、この並び順に大きな意味が見えてくるのです。たとえばナンバーワンばかりを集めた曲集でも、トップに立った順番ではなく、バラバラに並べられていると、その楽しみが半減してしまいます。リレーだからこそ意味があるのです。

 たとえば1973年にはポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」の後を次いだのは、同じビートルのジョージ・ハリスンが放った「ギヴ・ミー・ラヴ」だったり、1986年のジェネシスの「インビジブル・タッチ」を抜いたのがピーター・ガブリエルの「スレッジ・ハンマー」だったり。これって意図的に組まれた順番ではなく、時代が創り上げたドラマです。たまたまそういうヒットが重なっただけなのに、あまりにも皮肉な順番ではないでしょうか。 他にもまだドラマは隠されて入るんでしょうけど、コレからも何度も何度も繰り返しながらおもしろい発見をするのだろうなぁと、ワクワクしながら現在、過去、そして未来のビルボードを楽しみにしているのです。

 さて、このページは2001年の全米ナンバーワンソング15曲を紹介します。

 なお、ビルボードのネット上でのランキング発表は、1週間前の木曜日に発表されます。たとえば2014年11月15日付のチャートであれば11月6日に発表されることになります。(最新のチャートはこちら

Billboard.com|2014/11/11更新|

Peak ナンバーワンの期間
Song 曲目 / アーティスト
Writter 作詞・作曲 etc.
Action Top10圏内の動き(Top10圏内初登場の日付)
Weeks Hot100圏内のランクイン総週
Top100 年間チャートの順位




Peak 2000/11/18-2001/01/27 ♪♪♪♪♪♪♪♪
Song Independent Women Part I / Destiny's Child
Writter Beyonce Knowles, Sam Barnes, Jean-Claude Olivier, Cory Rooney
Action 7(2000/11/04)、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、1、2、3、7、10(2001/02/24)
Weeks --
Top100 No.97 2000 / No.10 2001
 キャメロン・ディアズ主演の映画「チャーリーズ・エンジェル」の主題歌。

 1970年代、日本テレビ系列、毎週日曜日の夜10時30分から、アメリカのテレビドラマがシリーズでずっと続いていた時代がありました。私が見た記憶は「地上最強の美女たち! チャーリーズ・エンジェル」、「白バイ野郎ジョン&パンチ」、「トラック野郎BJ」、「アメリカン・ヒーロー」・・・ その時、ファラフォー・セットというゴージャスな女優が出演していたのが「チャーリーズ・エンジェル」でした。最終回で「えーっ」という仕掛けがしてあったのを懐かしく思います。


☆CHARLIE'S ANGELS
♪Independent Women Part I(1位)

2000年度第43回グラミー賞
♪Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal : Say My Name
♪Best R&B Song : Say My Name
2001年度第44回グラミー賞
♪Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal : Survivor

★デスティニーズ・チャイルド・ナンバーワン・リスト(1998-2000)
♪Bills, Bills, Bills / Destiny's Child (1998)
♪Say My Name / Destiny's Child (2000)
♪Independent Women Part I / Destiny's Child (2000)


Peak 2001/02/03-02/10 ♪♪
Song lt Wasn't Me / Shaggy featuring Ricardo "RikRok" Ducent
Writter Orville Burrell, RikRok, Shaun Pizzonia, Braun Thompson
Action 10(2000/12/02)、7、4、2、3、3、2、2、1、1、3、2、2、6、7(2001/03/17)
Weeks 50
Top100 No.12 2001
 久々に聞くレゲエはいいなぁ、と思わせてくれた楽曲でした。驚異の50週ランクインのビッグヒットです。 次のシングルもチャートにランクインし、Top10圏内はレゲエの嵐が吹き荒れたような形になりました。

02/17
No3 ;It Wasn't Me / Shaggy featuring Ricard "RikRok"Ducent
No9 ; Angel / Shaggy featuring Rayvon

02/24
No2 ;It Wasn't Me / Shaggy featuring Ricard "RikRok"Ducent
No7 ; Angel / Shaggy featuring Rayvon

03/03
No2 ;It Wasn't Me / Shaggy featuring Ricard "RikRok"Ducent
No5 ; Angel / Shaggy featuring Rayvon

03/10
No3 ; Angel / Shaggy featuring Rayvon
No6 ;It Wasn't Me / Shaggy featuring Ricard "RikRok"Ducent

03/17
No3 ; Angel / Shaggy featuring Rayvon
No7 ;It Wasn't Me / Shaggy featuring Ricard "RikRok"Ducent

Shaggy.com


☆HOT SHOT(1位、
♪Luv Me, Luv Me / Shaggy featuring Samantha Cole & Janet Jackson(76位)
♪Dance & Shout/Hope
♪It Wasn't Me / Shaggy featuring Ricard "RikRok"Ducent(1位)
♪Angel / Shaggy featuring Rayvon(1位)


Peak 2001/02/17
Song Ms.Jackson / Outkast
Writter Andre Benjamin, Antwan Patton, David Sheats
Action 9(2000/12/16)、6、6、6、7、6、7、3、2、1、5、7(2001/03/03)
Weeks 23
Top100 No.25 2001

 なんとも不思議な雰囲気を持った曲。歌なのか語りなのか。

Outcast.com


☆STANKONIA(2位)
♪B.O.B. (Bombs Over Baghdad)
♪Ms.Jackson(1位)
♪So Fresh, So Clean(30位)

2001年度第44回グラミー賞
♪Best Rap Performance By A Duo Or Group : Ms. Jackson
♪Best Rap Album



Peak 2001/02/24-03/17 ♪♪♪♪
Song Stutter / Joe featuring Mystikal
Writter Ernest E.Dixon, Roy"Royalty"Hamilton
Action 9(2001/02/03)、7、2、1、1、1、1、3、4、9、9、7、9、8(2001/05/05)
Weeks 52
Top100 No.13 2001
 丸1年間チャートにランクインしていたシングルです。ジョーにとっては、マライヤ・キャリーと共演した「Thank God I Found You」に続くナンバーワンヒットとなりました。

Joe.com


☆MY NAME IS JOE(2位
♪Thank God I Found You / Mariah Carey featuring Joe & 98 Degrees(1位)
♪Crybaby / Mariah Carey featuring Snoop Dogg)(28位)
♪Can't Take That Away (Mariah's Theme)(28位)
♪Against All Odds
★ジョ−・ナンバーワン・リスト(2000-2001)
♪Thank God I Found You / Mariah Carey featuring Joe & 98 Degrees(2000)
♪Stutter / Joe featuring Mystikal


Peak 2001/03/24、04/07 ♪♪
Song Butterfly / Crazy Town
Writter Shifty Shellshock, Epic Mazur
Action 2(2001/03/10)、2、1、2、1、4、6、7(04/28)
Weeks 23
Top100 No.29 2001
 突然こういった曲がチャートに食い込んでくると、つくづくアメリカは・・・なんて思ってしまいます。エッジが弾きそうなギターのリフぐらいしか私の頭には印象が残ってまへん!

 圏外11位からポーンと2位に浮上して、勢い2週後にはナンバーワンに。しかも一度明け渡した後に再び1位となりました。


☆THE GIFT OF GAME(9位)
♪Toxic
♪Darkside
♪Butterfly(1位)
♪Revolving Door


Peak 2001/03/31
Song Angel / Shaggy featuring Ricardo "RikRok" Ducent
Writter Ahmet Ertegun, Eddie Curtis, Chip Taylor, Steve Miller
Action 1(2000/01/15)、1、2、2、3、3、4(02/26)
Weeks 24
Top100 No.17 2001
 連続でナンバーワンを生んだシャギーは、時のアーティストとなりましたが、この曲はスティーヴン・ミラーの「The Joker」とMerrilee Rushの「Angel Of The Morning」がサンプリングに使われていますが、スティーヴにとっては思わぬ拾い物となった感じでしょうか?シャギーさまさま?(笑)

02/17
No3 ;It Wasn't Me / Shaggy featuring Ricard "RikRok"Ducent
No9 ; Angel / Shaggy featuring Rayvon

02/24
No2 ;It Wasn't Me / Shaggy featuring Ricard "RikRok"Ducent
No7 ; Angel / Shaggy featuring Rayvon

03/03
No2 ;It Wasn't Me / Shaggy featuring Ricard "RikRok"Ducent
No5 ; Angel / Shaggy featuring Rayvon

03/10
No3 ; Angel / Shaggy featuring Rayvon
No6 ;It Wasn't Me / Shaggy featuring Ricard "RikRok"Ducent

03/17
No3 ; Angel / Shaggy featuring Rayvon
No7 ;It Wasn't Me / Shaggy featuring Ricard "RikRok"Ducent

Shaggy.com


☆HOT SHOT(1位、2001/02/17-03/10、03/31-04/07♪♪♪♪♪)
♪Luv Me, Luv Me / Shaggy featuring Samantha Cole & Janet Jackson(76位)
♪Dance & Shout/Hope
♪It Wasn't Me / Shaggy featuring Ricard "RikRok"Ducent(1位)
♪Angel / Shaggy featuring Rayvon(1位)
★シャギー・ナンバーワン・リスト(2001)
♪It Wasn't Me / Shaggy featuring Ricard "RikRok"Ducent(2001)
♪Angel / Shaggy featuring Rayvon(2001)
★スティーヴン・ミラー・ナンバーワン・リスト(1974-2001)
♪The Joker(1974)
♪Rock'n Me(1976)
♪Abracadabra(1982)
♭Angel / Shaggy featuring Rayvon(2001)

Peak 2001/04/14-05/26 ♪♪♪♪♪♪
Song All For You / Janet Jackson
Writter Janet Jackson, James Harris III, Terry Lewis, David Romani, Wayne Garfield, Mauro Malavasi
Action 10(2000/08/05)、10、5、1、1、1、2、2、3、3、7、8(2000/10/21)
Weeks 18
Top100 No.3 2001
 1980年代、1990年代、そして2000年代というサード・ディケイドに渡る1位になるという記録を、女性アーティストとしては初の快挙となりました。


☆ALL FOR YOU(1位、2001/05/12♪)
♪Doesn't Really Matter(1位)
♪All For You(1位)
♪Son Of A Gun / Janet Jackson featuring Missy Elliott & Carly Simon(28位)
♪Come On Get Up

2001年度第44回グラミー賞
♪Best Dance Recording : All For You

★ジャネット・ジャクソン・ナンバーワン・リスト(1986-2000)
♪When I Think Of You (1986)
♪Miss You Much (1989)
♪Escapade (1990)
♪Black Cat (1990)
♪Love Will Never Do (Without You) (1991)
♪That's The Way Love Goes (1993)
♪Again (1993)
♪Together Again (1998)
♪Doesn't Really Matter (2000)
♪All For You (2001)
★ジェームズ・ハリス・ナンバーワン・リスト(1990-2000)
♭Escapade / Janet Jackson(1990)
♭That's The Way Love Goes / Janet Jackson(1993)
♭Doesn't Really Matter / Janet Jackson(2000)
♭All For You / Janet Jackson(2001)
★テリー・ルイス・ナンバーワン・リスト(1986-2000)
♭When I Think Of You / Janet Jackson(1986)
♭Human / Human League(1986)
♭Miss You Much / Janet Jackson(1989)
♭Escapade / Janet Jackson(1990)
♭Love Will Never Do(Without You) / Janet Jackson(1991)
♭Romantic / Karyn White(1991)
♭That's The Way Love Goes / Janet Jackson(1993)
♭Again / Janet Jackson(1993)
♭On Bended Knee / Boyz II Men (1994/1995)
4 Seasons Of Loneliness / Boyz II Men (1997)
♭Together Again / Janet Jackson(1998)
♭Thank God I Found You / Mariah Carey featuring Joe & 98 Degrees (2000)
♭Doesn't Really Matter / Janet Jackson(2000)
♭All For You / Janet Jackson(2001)


Peak 2001/06/02-06/30 ♪♪♪♪
Song Lady Marmalade / Christina Aguilera, Lil' Kim, Mya & P!nk
Writter Bob Crewe, Kenny Nolan
Action 9(2000/09/23)、9、11、1、1、1、1、4、8(2000/11/18)
Weeks 21
Top100 No.24 2001
 映画『ムーラン・ルージュ』のためにニュー・レコーディングされた曲で、オリジナルはパティ・ラベル率いるラベルが1974年に、同じくこのポジションに着いた楽曲。今回は映画用に華やかなアーティストが集結してレコーディングされたもの。主役(というかファーストクレジット)のクリスティーナ以外は、まだこの時点で1位を単独では保持していません(のちにピンクが到達)。

 曲の後半で、それぞれの名前が呼ばれてソロを取り(クリスティーナ→ピンク→リルキム→ミーヤ)、最後にハモるという構成はファンにはたまらない感じがします。レコーディング時のフィーリングがそのまま活かされたような感じじゃないでしょうか。そういうのは聞いていて楽しいです。


☆MOULIN ROUGE(1位
♪Lady Marmalade / Christina Aguilera, Lil' Kim, Mya & P!nk(1位)
♪What A Girl Wants(1位)
♪I Turn To You(3位)
♪Come On Over Baby (All I Want Is You)(1位)

2001年度第44回グラミー賞
♪Best Pop Collaboration With Vocals

★クリスティーナ・アギレラ・ナンバーワン・リスト(1999-2001)
♪Genie In A Bottle(1999)
♪What A Girl Wants(2000)
♪Come On Over Baby (All I Want Is You)(2000)
♪Lady Marmalade / Christina Aguilera, Lil' Kim, Mya & P!nk


Peak 2001/07/07-07/28 ♪♪♪♪
Song U Remind Me / Usher
Writter Anita McCloud, Edmund "Butler" Clement
Action 10(2010/04/24)、8、6、1、2、1、1、1、2、2、2、3(07/10)
Weeks
Top100 No.15 2001

 スティール・ドラムのリフが心地よい、ちょっとレゲエチックな楽曲。暮れにロック・バンドニッケルバックが同名の曲を(UがYouになっているのは混乱を避けるため?)ナンバーワンにするという珍事(同年に同名異曲が1位になること)が起こりました。

Usher.com


☆8701 (4位)
♪Pop Ya Collar(60位)
♪U Remind Me(1位)
♪U Got It Bad(1位)
♪U Don't Have To Call(3位)
♪U-Turn

2001年度第44回グラミー賞
♪Best Male R&B Vocal Performance

★アッシャー・ナンバーワン・リスト(1998-2001)
♪Nice and Slow(1998)
♪U Remind Me(2001)


Peak 2001/08/04-08/11 ♪♪
Song Bootylicious / Destiny's Child
Writter Beyonce Knowles, Rob Fusari, Falonte Moore, Frank Tai, Stevie Nicks
Action 1(2000/03/18)、1、1、2、2、3、5、5、7、10(05/27)
Weeks 32
Top100 No.42 2001
 年初では映画『チャーリーズ・エンジェル』の曲が大ヒットを記録し、満を持してのニューアルバムからもナンバーワンソングを生み出しました。誰も彼女達の勢いを止められない、といったぐらいの順風です。ヒットチャート上ではね(メンバーが脱退しているし)。


☆SURVIVOR(1位、2001/05/19-05/26♪)
♪Survivor(2位)
♪Bootylicious(1位)
♪Emotion(10位)
♪Nasty Girl

2001年度第44回グラミー賞
♪Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal : Survivor

★デスティニーズ・チャイルド・ナンバーワン・リスト(1998-20001
♪Bills, Bills, Bills (1998)
♪Say My Name(2000)
♪Independent Women Part I (2000/2001)
♪Bootylicious (2001)


Peak 2001/08/18-09/01、09/29-10/13 ♪♪♪♪
Song Fallin' / Alicia Keys
Writter Alicia Keys, Kerry Brothers Jr., George D. Harry
Action 10(2001/08/04)、7、1、1、1、2、2、2、1、1、1、2、2、3、3、4、7、9、10(2001/12/08)
Weeks 31
Top100 No.2 2001
 2001年にデビューしたアリシア・キーズ。新人ながらアルバム、シングル共にナンバーワンを取り、グラミーでも5部門受賞という快挙を達成。新人とは思えないほどの落ち着いた歌いっぷりには脱帽です。

 それにしてもアルバムタイトルがクラシック的で、そんじょそこらのアーティストとは一線を画している模様(笑)。ジャージーな雰囲気を漂わせています。

 チャートアクションがすさまじく、この後に1位に立つジェニファー・ロペスとデッドヒートを繰り広げます。 


☆SONGS IN A MINOR (1位、2001/07/28-08/04 ♪♪)
♪Fallin(1位)
♪A Woman's Worth(7位)
♪How Come You Don't Call Me(59位)
♪Girlfriend

2001年度第44回グラミー賞
♪Best New Artist
♪Song Of The Year ; Fallin'
♪Best Female R&B Vocal Performance
♪Best R&B Song ; Fallin'
♪Best R&B Album



Peak 2001/09/08-09/22、10/20-10/27 ♪♪♪♪
Song I'm Real / Jennifer Lopez featuring Ja Rule
Writter Jennifer Lopez, Troy Oliver, Cory Rooney, L.E.S
Action 9(2001/08/11)、4、2、2、1、1、1、2、2、2、1、1、2、2、2、4、6、7、10(2001/12/15)
Weeks 21
Top100 No.5 2001
 サビの後ろでなっているメロディが印象的で、新人のアリシアとトップの座を争った楽曲。

☆J.LO(1位、2001/02/10)
♪Love Don't Cost a Thing (3位)
♪Play(18位)
♪Ain't It Funny(1位)
♪I'm Real(1位)
★ジェニファー・ロペス・ナンバーワン・リスト(1999-2001)
♪If You Had My Love (1999)
♪I'm Real / Jennifer Lopez featuring Ja Rule (2001)


Peak 2001/11/03-12/08 ♪♪♪♪
Song Family Affair / Mary J.Blige
Writter Mary J. Blige, Andre Young, Bruce Wallenstein, Louis Pierre, Luchana N. Lodge,
Camara Kambon, Michael Elizondo, Melvin Bradford, Asiah Kewis
Action 2(2000/08/05)、1、1、2、2、4、5、5、7、8、10、10、9(2000/10/28)
Weeks 17
Top100 No.30 2001
 最初はスライ・ストーンのカヴァー曲かと思っていましたが、まったくの異曲でした。

Mary J. Blige.com


☆NO MORE DORAMA(2位)
♪Family Affair(1位)
♪Dance for Me
♪No More Drama(15位)
♪Rainy Dayz / Mary J.Blige featuring Ja Rule


Peak 2001/12/15、2002/01/19-02/16 ♪♪♪♪
Song U Got It Bad / Usher
Writter Anita McCloud, Edmund "Butler" Clement
Action 8(2001/11/03)、6、5、2、2、2、1、2、2、2、2、1、1、1、1、1、3、6、7、9(2002/03/16)
Weeks 32
Top100 No.9 2001

 2001年から2002年に掛けて、都合6週間、途中ロックバンド、ニッケルバックに首位の座を4週間も明け渡しているにも関わらずの首位を獲得するというアクションを展開しました。

Usher.com


☆8701 (4位)
♪Pop Ya Collar(60位)
♪U Remind Me(1位)
♪U Got It Bad(1位)
♪U Don't Have To Call(3位)
♪U-Turn
★アッシャー・ナンバーワン・リスト(1998-2001)
♪Nice and Slow(1998)
♪U Remind Me(2001)
♪U Got It Bad(2001)


Peak 2001/12/22-2002/01/12 ♪♪♪♪ Year End No.1 of 2002
Song How You Remind Me / Nickelback
Writter Chad Kroeger, Ryan Peake, Mike Kroeger, Daniel Adair
Action 9(2001/11/17)、5、4、3、3、1、1、1、1、2、2、2、2、2、2、2、3、3、4、3、6、9、9(2002/04/20)
Weeks 49
Top100 No.1 2002
 あいかわらずロックの連中がこのポジションに着くのはバラード系というのが納得いかないのですが、良い曲には代わりはありません。見事年間チャートの1位となりました。このシングルが収録されているアルバムには収録されていませんが、彼らの楽曲としては、ゲストにZZ Topのビリー・ギボンズが参加している「Rock Star」や「Follow You Home」なんかゾクゾクします。

 昨年(2000年)のクリードもやはりバラード系でのナンバーワンでしたねぇ。


☆SILVER SIDE UP(2位
♪How You Remind Me(1位)
♪Too Bad(42位)
♪Never Again


 ビルボードでナンバーワンソングになったかならなかったかは、「金メダルと銀メダル」の違いほどの差があるようです。たかがチャート上の話ですが、聴き手も「1位」と「2位」を意識させられてしまいます(私か? メディアに踊らされてるなぁ)。 

さて、コチラ(2001)ページでは全米ナンバーワンになれなかった曲を紹介します。


もどるhome|2001年レビュー|アルバムチャート

2001年度第44回グラミー主要四部門受賞アーティストおよび作品
♪Record Of The Year ; Walk On/U2
♪Album Of The Year ; O Brother, Where Art Thou?
♪Song Of The Year ; Fallin'/Alicia Keys
♪Best New Artist ; Alicia Keys
 2000年、2001年と連続してU2が、しかも同じアルバム『ALL THAT YOU CAN'T LEAVE BEHIND』からの楽曲がレコード・オブ・ザ・イヤーになりました。